地域別

簡単解決!福岡、北九州でのベッドの引越し料金を節約する方法

ベッドの引越しはサイズが大きく大型家具なので自力での引越しは無理だ…と考えがちです。
本当にベッドの引越しは自力で行うのは無理なのでしょうか?引越し業者などに依頼しなければいけないのでしょうか?

運ぶのが大変なベッドの引越し

ベッドは家具の中でも最も大型になります。
ベッドにはシングルベッド、ソファベッドなどの比較的コンパクトなサイズから、セミダブル、ダブル、クイーン、キングなどサイズが大きいものまで種類は様々です。

教得 太郎さん

サイズが大きくなればなるほど、ベッドの配送は大変になります。

引越 安子さん

まあそうだよね。大きいベッドはやっぱり自分では運べないかな…

小さいサイズのベッドであれば自力で運ぶこともできますが、ダブルベッド以上のサイズになると、1人で運ぶのは無理ですし、専門の業者に任せてトラックなどで輸送しなければなかなか運ぶことはできないでしょう。

自力でのベッドの引越しは分解するのが基本

教得 太郎さん

ベッドの引越しは基本的に分解、解体作業をしてから運ぶことになります。
新居に搬入してから組み立て作業をして設置して終了です。

シングルベッドでは、パイプ式のベッドも多いですよね。
このパイプ式ベッドは分解した後も容積を取らないので非常にコンパクトになります。
しかし木製ベッドの場合、分解しても容積が大きい場合もありますし、分解できないものもあるので、どうしても大きいままになってしまいます。
またベッドには組み立て式と折り畳み式があります。折りたたみ式は折りたたんだ状態で運ぶことになりますので、半分くらいのサイズになります。組み立て式は細かく分解して運ぶことでサイズを小さくできます。

分解するときの注意点
引越 安子さん

分解しちゃえば小さくなるなら自分たちで運べるよね??

教得 太郎さん

分解しても部品の量は非常に多く、ベッドの材質によっては重量がかなり重いため、自力で運ぼうとなると非常に大変ですし、危険を伴いますよ!!

分解すれば自分で引越しできるだろうと安易に考えがちですが、ほとんどの場合基本的にはベッドは自力で運ぶのは大変であり、引越し業者に依頼するのが理想的でしょう。
例えばシングルベッドの場合、木製の材質であれば50キロ、パイプは20キロ、レザーは22キロ、ファブリックは42キロほどの重量があります。

引越 安子さん

えー?!そんなに重いの??

50キロのベッドを1人で運ぼうというのは不可能でしょう。パイプは分解すれば部品が細かくなり、20キロの重さであれば自力での引越しも可能な場合もあります。
ただそれでも1人で運ぶのは大変ですので、2人以上で作業するのが安全でしょう。

組み立てるときの注意点

ベッドを分解するのは素人でもできるのですが、組み立てる時にねじが足りなくなったり、組み立て方を忘れてしまったりするトラブルが多いのが現状です。
ベッドの分解、組み立て、さらには搬出、搬入はやはり引越し業者や専門の運搬業者に依頼するのが無難と言えるでしょう。

引越 安子さん

やっぱり自分で分解して組み立てるのって難しいね…

教得 太郎さん

ベッドの分解して運搬するときの注意点として

  • 分解、組立時に部品を壊さないこと
  • 運搬中に部品をなくさないこと
  • 運搬時に床や壁などを傷つけないこと

があります

ベッドの分解は形が複雑になるため、壁や床を傷つけやすいです。また運ぶ時にはベッドの角が当たらないようにしっかりと養生して行うようにしましょう。

ベッドの引越しは無理に自分でやるよりも専門業者に依頼するのがおすすめ

ベッドの引越しは大きさが大きさだけに、他の荷物と比べて自力で引越し作業をするのが難しい傾向にあります。

搬入、搬出の経路が確保できるのか、分解できるベッドなのかによっても、その引越し作業の仕方が変わってきますし、重量もあるため、落としてケガをする恐れもあります。
また壁や床に傷をつけてしまうトラブルが発生する可能性もあります。
ベッドの引越しに関しては、無理に自力で行うよりも引越し業者など専門のスタッフに依頼した方が安全ですし、無難と言えるでしょう。

ベッドの引越しは引越し前の荷造りは特に必要なし!

ベッドの引越しは、分解、解体作業もオプションで付けくわえている場合、全て業者が行ってくれます。
そしてもちろん配送も業者が行ってくれるので、引越し前に梱包したり、荷造りしたりするデメリットはありません。

教得 太郎さん

ただベッドの引越しを依頼する時には、ベッドから荷物は全て出した状態にしておくことと、引き出しなどがある場合には、その中の中身を全て抜き取っておくようにしましょう。

小さいベッドであれば単身パックでも引越しできる?!

ベッドのサイズによりますが、他の荷物がほとんどなく、小さいサイズのベッドであれば単身パックでの引越しができる場合もあります。
ただほとんど場合では、単身パックには入らないベッドのサイズになるので、手軽な単身パックでベッドの引越しができると安易に考えない方が無難でしょう。

福岡、北九州でのベッドの引越しはどのような業者に依頼するのがベスト?!

福岡や北九州でのベッドの引越しは、引越し業者の他、ベッドなどの大型荷物を配送する運搬業者、便利屋などがあります。

その中でもやはり安心してお任せできるは引越し業者でしょう。

引越 安子さん

どうして引越し業者が安心できるの??

教得 太郎さん

 

引越し業者はベッドの引越しに手馴れているスタッフが多いのです。

引越し業者はベッド単体での引越しにも柔軟に対応してくれます。

通常の引越しでもベッドなどの大型荷物があるご家庭は多いです。
そのためベッドの引越し作業を日ごろから行っているスタッフが対応してくれるので安心です。

一方便利屋や他の運搬業者は日ごろからベッドの配送をしているケースは稀ですのでやはり引越し業者に依頼するのが無難でしょう。

教得 太郎さん

引越し業者の中には大型家財を単品から輸送する引越しサービスを用意しているところもあります。

宅配業大手のクロネコヤマトでは、らくらく家財宅急便と呼ばれるプランを提案しています。
このらくらく家財宅急便は引越しとベッドの分解、組み立てがセットになっているので、非常に便利なプランになります。
その他にもベッドだけの引越しに対応してくれる業者は多く、それ専用のプランを提供している業者もあるので調べてみるとよいでしょう。

福岡、北九州でのベッドの引越し費用の節約には?

ベッドの引越し費用は決して安くはありません。

また福岡でベッドの引越しをする場合、運搬するベッドの大きさやベッドを引越しする時期によって価格は変動します。

福岡、北九州のベッドの引越し費用の相場は?

折りたたみができるシングルサイズのベッドであれば5000~10000円程度、ダブルベッド、キングサイズベッドの場合は20000~40000円になるでしょう。

引越 安子さん

結構高いんだね…

教得 太郎さん

そうですね。しかしこの費用相場もばらつきがあり、安い引越し業者であればもっと安い値段でベッドの引越しに応じてくれる場合もあります。

逆に高い引越し業者の場合は、高い金額設定を請求してくる場合もあります。
つまりベッドの引越し業者を選ぶ時には、それぞれの引越し業者がどのくらいの費用を提示してくるのか?を比較する必要があるのです。

ベッドの引越しは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみよう

教得 太郎さん

ベッドの引越しを安くしたいのであれば、複数の引越し業者から見積もりを請求することです。

引越 安子さん

なんか大変そうだし、どんな業者に請求すればいいのかもわかんないな…

教得 太郎さん

そうですね。1社ずつに見積もりを請求するのはとっても面倒です。
そこでおすすめしたいのが、引越し見積もり無料一括請求サイトです。

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回必要な情報を入力すると、1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。

10社の見積もりをみても、安い業者と高い業者では価格に差が生じているでしょう。
そこで安い見積もりを提示してきた業者だけを3~4社だけピックアップし、その業者と価格交渉を行うことで、さらにベッドの引越し費用を安く抑えることができるかもしれません。
引越し見積もり無料一括請求サイトは無料で利用できますし早く対応してくれる業者の場合、30分以内に返信が来る場合もあるので、引越しまでに時間がない!という人にもおすすめです。

ベッドだけの引越しはそれほど費用がかからないだろう…と思っていても、意外と値段がかかる場合もあります。

教得 太郎さん

しっかり見積もりを見て、安い業者に依頼したいですね。

引越し見積もり無料一括請求サイトには200社以上の引越し業者が登録しており、大手引越し業者の他、地場に根付いた北九州や福岡で強い引越し業者などもあります。数ある引越し業者の中から、自分の要望にあったプランを提案してくれる業者から見積もりが届きますので、業者選びもしやすいでしょう。

福岡、北九州でのベッドの引越しで調べたこと覚書

福岡、北九州でのベッドの引越し料金を節約する方法について調べたことをまとめました。

  • ベッドはシングルベッドや折りたたみベッドなどでないと自力での引越しは難しい
  • シングルベッドでも引越しをするときは分解できるものは分解する
  • シングルベッドでも思っている以上に重量があるので一人で運ぶのは難しい
  • 引越し業者に依頼する場合梱包等はしてもらえる(別料金がかかる場合もある)
  • ベッドのみの引越しでも引越し業者は対応してくれる
  • 引越し業者によってベッドのみの引越し料金も様々
  • ベッドのみの引越しでも必ず複数の見積もりを比較する
  • 見積もりを比較してから値引き交渉をする

引越し料金は業者によって色々なのできちんと比較して引越し料金の節約に努めたいですね!

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 必見!ファミリーで都内の引越しをする場合の料金の節約方法

  2. 大きな家具のみ 大きな家電のみ 引越し

    新生活応援します!大きな家具のみ・大きな家電のみの引越し

  3. 都内引越し料金の平均

    私は損をしてた?都内の引越し料金の平均額ってどれくらい?

  4. 下駄箱の引越し料金、敷地内の移動料金の相場は?靴箱の梱包方法

  5. どうしても高くなる?札幌でのベッドの引越し料金を安く!

  6. 引越し 台東区

    引越し料金はどうやって決まる?台東区内の相場をチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP