地域別

京都~神奈川の引越し料金(単身、2人、家族)の相場はいくら?

このページでは京都~神奈川間の引越し料金の相場がどれぐらいなのか?を紹介させていただきます。

京都~神奈川間の引越しの距離は、長距離になりますので、引越し料金は荷物の量や引越しの時期または、引越しするプランによって大きく変動してきます。

それは単身の場合でも2人暮らし、3人暮らしの場合でも料金は大きく変動します。

ですので、きちんと相場を把握し、どうすればお得に引越しできるかということが大切です。

このページでは京都~神奈川間の引越し料金の相場だけでなく、お得に引越しする方法を詳しく紹介させていただきます。

目次

京都~神奈川間の引越し料金(単身、2人、家族)の相場

京都~神奈川への引越し料金の相場はどれくらいなのかな~?

京都~神奈川の引越し料金の相場を以下の表で記載します。

京都~神奈川の距離を(420km)と想定し、様々な引越しサービスでの情報を調査して料金の平均をまとめました。

 通常期
(5月~2月)
繁忙期
(3月~4月)
単身(荷物少)50,000円前後71,000円前後
単身(荷物多)75,000円前後108,000円前後
2人暮らし108,000円前後178,000円前後
3人暮らし133,000円前後248,000円前後
4人暮らし198,000円前後318,000円前後

引越し料金は、引越し件数が増える繁忙期(3月~4月)は高くなりやすく、引越し件数が比較的落ち着く通常期(5月~2月)は安くなる傾向です。

またチャーターするトラックの大きさ、荷物量など様々な要因で、引越し料金は変動します。

次に京都~神奈川間の単身の引越しの場合、2人暮らしの引越しの場合、3人暮らしの引越しの場合、4人暮らしの引越しの場合を順番に説明していきます。

京都~神奈川間の単身の引越し料金


京都から神奈川間の単身の引越し料金は引越しの時期や荷物量によって大きく変わります。

また単身の場合は引越しのプランがいくつかありましてプランによって料金も大きく変動してきます。

例えば単身の引越しで1番安くなりやすいプランは、単身パックになります。

後はトラックをチャーターする引越し方法もあります。
ただし、トラックをチャーターする引越し方法は単身パックと比べると料金は割高になりやすいです。

それでは単身パックとトラックのチャーター便による引越し方法の詳細を説明していきます。

単身パックによる京都~神奈川間の引越し


単身パックとは、コンテナボックスを使った引越しプランになります。

荷物が少ない1人暮らしの場合、荷物がコンテナボックスに収まりきる場合は、京都~神奈川間の引越し料金を一番安く抑えられます。

例えば、通常のトラックチャーター便の引越し料金が60,000円前後かかるところが単身パックであれば、26,000円前後で引越し出来たりします。

へ~そうなんだ~(^^)

単純に荷物の量の違いで、引越し料金が倍くらい変わってしまいます。

以下に京都~神奈川間の単身パックの料金の相場を記載します。

京都~神奈川間の単身パックの相場
 料金
コンテナサイズ小2,6000円前後
コンテナサイズ大3,1000円前後

単身パックのコンテナサイズは、多くが大きいサイズと小さいサイズの2パターンを提供しています。

荷物の量によっては、小さいサイズに収まりきると、かなり安くで引越しが出来ます。
単身パックの荷物量の目安としては、冷蔵庫(2ドア)、洗濯機、電子レンジ、TV、TV台、テーブル、食器棚(小)、カラーBOX、布団、スーツケース、ハンガーBOX、ダンボール8箱から10箱程度を積み込むことが出来ます。

単身パックについて更に詳しく知りたい場合は、以下の記事をご確認下さい。

トラック便による京都~神奈川間の単身の引越し

トラックをチャーターするトラック便の場合、単身パックの引越しよりは、価格が高くなります。

トラック便の場合は、荷物が少ない場合は、軽トラックでの引越しが可能です。
荷物が多くなると、1tトラックをチャーターする引越しになり、軽トラックでの引越しよりは、料金が割高になります。

軽トラック、1tトラックの荷台の大きさ

軽トラックの荷台は、1.5畳ほどの広さがありますので、単身パックよりもたくさんの荷物を積み込んで引越しすることが可能になります。

例えばベッドやタンス等は単身パックで運ぶことが難しい家具になりますのでベッドやタンスなどを運びたい場合は軽トラックや1tトラックをチャーターして引越しする方が良いです。

1tトラックの場合は、軽トラックよりもさらにたくさんの荷物を積み込んで引越しすることが可能になります。

例えば洋服タンス、食器棚、ドレッサーなどの家具類も一緒に積み込んで1tトラックで引越しすることが可能になります。

トラック便による京都~神奈川間の単身の引越し料金の相場
 通常期
(5月~2月)
繁忙期
(3月~4月)
軽トラック(荷物少)50,000円前後71,000円前後
1tトラック(荷物多)75,000円前後108,000円前後

荷物量と引越しする時期によって料金は、大きく変わるんだね。

京都~神奈川間の2人暮らしの引越し料金

2人暮らしの場合も単身者と同様に引越しする荷物量と引越しする時期によって料金は変わってきます。

2人暮らしの場合は、荷物量によってチャーターするトラックが変わります。

トラック便による京都~神奈川間の2人暮らしの引越し

荷物が少なめの場合は、2tトラックのショートに荷物が乗り切ります。
荷物が多くなると2tロングのトラックが必要になります。

2tトラックショート、2tトラックロングの荷台の大きさ

2tトラックのショートの荷台の大きさは、3畳より少し広めとなり、1k~2kの間取りくらいで荷物が少なければ、荷物を積み込んで引越しが可能です。

2tロングのトラックの荷台の大きさは、4.5畳になり、2k~2dkの間取りの引越しであれば、荷物を積み込んで引越しが可能です。
ただ、荷物がかなり多い場合は、3tトラックでの引越しになりますが、その分、料金も割高になります。

以下にトラックの大きさ別の2人暮らしの京都~神奈川間の引越し料金の相場を記載します。

京都~神奈川間の2人暮らしの引越し料金の相場(トラックの大きさ別)
 通常期
(5月~2月)
繁忙期
(3月~4月)
2tショートトラック
90,000円前後150,000円前後
2tロングトラック140,000円前後220,000円前後

2tショートトラックと2tロングトラックの違いだけでも料金が大きく変わります。

京都~神奈川間の3人~4人暮らしの引越し料金


京都~神奈川間の家族3人、家族4人の引越し料金も引越しするトラックの大きさによって価格は大きく変動します。

トラック便による京都~神奈川間の3人~4人暮らしの引越し


子供がまだ小さい家族3人の場合、子供の家財の分が少なくなるので、引越しする荷物量は少なくなりますので、2tロングのトラックで荷物を乗せて引越しすることが可能です。

3人家族で子供がそこそこ大きくなっている場合、例えば勉強机など子供の家財も多くなります。

すると家族3人の荷物量も多くなるので、チャーターするトラックの大きさも3tトラックや4tトラックになってしまう場合があります。

4人家族になりますと、チャーターするトラックの大きさも4tトラックがメインになってきます。

4tトラックになると人件費も高くなりますので、引越し料金も割高になります。

3tトラック、4tトラックの荷台の大きさ

3tトラックの荷台の広さは、畳6枚ほどになり、間取りは、2DKくらいの広さに住んでいる人の荷物の量が、3tトラックに積めると考えると良いです。

4tトラックの荷台の広さは、畳8枚ほどになり、間取りは、3DKの間取り以上に住んでいる場合が対象になってきます。
4tトラックに積み込める荷物量は、人数分のベッド、ソファー、ダイニングテーブル、冷蔵庫、ドラム式洗濯機など大抵の荷物を積み込むことが出来ます。

京都~神奈川間の3人~4人暮らしの引越し料金の相場(トラックの大きさ別)
 通常期
(5月~2月)
繁忙期
(3月~4月)
3tトラック
155,000円前後265,000円前後
4tトラック190,000円前後320,000円前後

京都~神奈川間の長距離引越しにオススメなプラン


京都~神奈川間の引越しの移動距離は、420km前後あり長距離の引越しになってきます。

長距離の引越しの場合は、引越し業者ごとにお得な引越しのプランがいくつか用意されています。

長距離専用のお得な引越しプランを選択することで引越し料金をかなり安く抑える事も可能になります。

長距離引越し専門のオススメプランには、どのようなプランがあるの?

オススメのプランは以下のようなサービスがあります。

長距離引越し専門のプラン

混載便

帰り便

コンテナ便

順番に説明していきますね。

混載便はどんなサービス?

混載便は、1台のトラックに他のお客さんの荷物も合わせて混載して運ぶ引越しプランです。

混載便とは、トラックの空きスペースを有効活用するために生まれた引越し業者が考えたプランになっております。

同じ方向に引越しをする他のお客さんの引越しの荷物と同じトラックの荷台に乗せて輸送することで、通常の引越し料金の半額以上も安く済ませることが可能になるのでとてもお得なプランといえます。

ガソリン代や高速代、トラック代などを他のお客さんと折半して引越しができるので安く抑えられるわけです。

混載便がオススメな人

他の人の荷物が一緒になるのに抵抗がない人

引越し費用を安く抑えたい人

荷物が少なめの単身者、2人家族、3人家族

混載便のデメリット

同じトラックで運べる案件が複数ないと成立しない

引越し日時の融通が利きにくい

引越しの日数が2~3日以上かかってしまう

帰り便はどんなサービス?

帰り便とは、ある地域から引越しをして荷物をおろした帰るタイミングに自分の荷物を積んで引越しをしてもらうプランです。

引っ越しの帰り便を具体的に説明しますと、
Aさん、1月25日に神奈川から京都へ引越し。
Bさん、1月25日に京都から神奈川へ引越し。

この場合引越し業者は、神奈川から京都へ行って帰りにからのトラックで帰るよりも、相場より少し安くしてでも京都から神奈川への引越しを受注している方が仕事の件数や売り上げも伸びてありがたいわけです。

このように行きの便での引越しと、帰りの便での引越しもすることで引越し業者としては、売り上げが伸ばせるために考えられたサービスになります。

ただしこの帰り便は、デメリットもあります。

それは帰り便は、常にいつでもあるサービスではありません。

この帰り便の配車は、大体引越し日の2日位前にならないと分かりません。

ですので見積もりの際に引越し業者に帰り便について詳しく確認しておいた方が良いです。

帰り便がオススメな人

引越し費用を安く抑えたい人

引越し日時に融通が利く人

帰り便のデメリット

帰り便の案件ないと成立しない

引越し日時の融通が利かない

コンテナ便はどんなプラン?

コンテナ便とは、引越しの荷物をコンテナに載せて、コンテナを貨物列車で輸送する引越し方法です。

コンテナ便は列車を使った引っ越しなので全国どこでも対応してもらえます。

ただし、コンテナ便のプランは長距離の引越しのみに対応したプランになります。

コンテナ便を利用した最大のメリットは、荷物の運送料金を安く抑えられるといった点です。

コンテナ便での引越しのデメリットは、通常の引越しより時間がかかりやすい点です。

コンテナ便がオススメな人

引越し費用を安く抑えたい人

引越し日時に融通が利く人

コンテナ便のデメリット

通常の引越しよりも日数がかかる

京都~横浜間の引越しにかかる日数とスケジュール


京都から神奈川間の引越しの移動距離は、420km前後になり長距離の引越しになります。

車での移動は、高速道路を利用して順調に行けたとしても、5時間半近くはかかります。

渋滞していれば、8時間、9時間位はかかってしまうことを考えておくと良いでしょう。

京都から横浜間の移動距離で6時間から8時間かかり、旧居での荷造りや搬出には、2時間から3時間位かかり、到着してからの荷物の搬入にも2時間から3時間位かかります。

そうすると、引越しの時間を計算すると、15時間位かかる計算になります。

何とか1日で引越しを済ませることも可能ですが、余裕を考えると、京都から神奈川間の引越しは2日を考えておいた方が良いでしょう。

単身で荷物が少ない引越しであれば、1日で引越しを完了することも可能です。

ですが、2人暮らしや3人暮らしの家族の場合は2日で余裕をみて引越しをしておくと、落ち着いて作業ができると思います。

京都~神奈川間の引越しは、余裕をみて2日で考えた方が良さそうだね。

京都~神奈川間の引越し料金を安くする方法


ここからは、京都から神奈川間の引越し料金を安くする方法をいくつか紹介していきます。

引越し料金は、以下の要因によって価格が変動します。

京都~神奈川間の引越し費用が変動するポイント

引越し時期

荷物の量

引越し業者選び

1つずつ順番に説明をしていきます。

引越し時期

引越しする時期によって引越し料金は、倍近く変わることが多々あります。

そんなにも変わるの??

では、どのような時期が引越し料金が高くて、どのような時期が引越し料金が安くなるのでしょうか?

引越し料金が高くなる時期は、引越し繁忙期と言われている3月、4月になります。

繁忙期は、新学期が始まったり、会社でも移動しやすい時期になるので、人の移動が多くなるので、引越し件数も増えるので引越し料金は、高くなってしまいます。

逆に5月から2月までは、引越し通常期と言われていて、引越し料金は、繁忙期と比べると安くなる傾向です。

また日曜日や祝日は、引越し料金は高くなりやすく、平日は安くなりやすいです。

引越しの時間帯は、午前便は高くなりやすく、午後便やフリー便と言われる便は、引越し料金が安くなります。

引越し料金を安くなるのは、5月~2月の平日の午後便が安くなりやすい。

引越しする荷物量

引っ越しする荷物量に関しては、前途したようにトラックの大きさによって料金は変わってきます。

荷物が少なければチャーターするトラックも小さくなり、人件費も少なくなるので、引越し費用を安く抑えることができます。

荷物が多くなれば、チャーターするトラックが大きくなり、人件費も高くなるので、引越し料金も高くなってしまいます。

引越し料金をできるだけ安く抑えるには、引っ越しする荷物を少なくすることが大切です。

いらなくなった荷物はゴミとして処分したり、リサイクルショップで売るなどして、荷物量をできるだけ減らす工夫をしましょう。

引越し業者選び

引越し業者選びは実はとても重要です。

引越しの見積もりを比較せずにそのまま依頼してしまうと、引っ越し費用が50,000円から100,000円変わることもザラです。

後々後悔しないためには、複数の引越し業者から相見積もりを取ることがとても大切になってきます。

めんどくさがらずに相見積もりが重要なんだね。

相見積もりを取るときは、一括引越し見積もりサイトを使うことをお勧めします。

なぜなら引越し一括見積もりサイトは単に引越し料金を比較できることだけでは無いからです。

引越し一括見積もりサイトによって得られる最大のメリットは、引越し業者間が価格競争による値引き合戦をするので、引越し料金が大幅に値下がりする可能性があるという事です。

引越し業者ごとに個別に見積もりを依頼した場合、価格競争が大きく起きることがあまりありません。

ですが一括の見積もりをすることによって、引越し業者が限界ギリギリまで値下げ競争をしてくれるので、引越し料金をかなり安く抑えることができます。

もしあなたが引越し料金をできるだけ安く抑えたいと思うなら、引越し一括見積もりサイトを利用してみると良いでしょう。

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍


引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し


SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. まだ悩んでる?船橋~東京間の引越し料金(単身、2人、家族)の相場

  2. 料金を相場以下にするには?草津市内の単身引越しの場合

  3. すぐにできる!神戸のベッドの引越し費用を安くする方法

  4. 大阪~神奈川の引越し料金(単身、2人、家族)を安く抑える

  5. 【知って得する】横浜市~さいたま市間の引越し料金の相場 格安業者

  6. 相場より安くできる?さいたま市の引越し料金の節約のコツ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP