自動車、バイクの引越し、輸送

引越しでバイクを輸送するには?料金を安く抑えるコツ!

引越しの荷物の中にバイクがある場合、輸送はどうすればよいの?

ここでは引越し時のバイクの輸送の方法とどのくらいの料金がかかるのか、料金相場についてもまとめてみましょう。

引越しでバイクの輸送がある場合、どうすればよいの?!

引越しの荷物の中にバイクがあるという人は多いでしょう。
近距離の引越しであれば自分で運転して持っていくことができますが、遠距離での引越しとなるとバイクで走行して引越し先まで行くというのは無理があります。

バイクは引越しの荷物と一緒にトラックに積み込んで輸送してくれるの?

実は答えは「NO」なんです。

バイクも一緒にトラックに入れて輸送してくれるはずと安易に考えている人が多いのですが、実はバイクはトラックに入れて輸送してくれません。
ほとんどの引越し業者では同じような対応になるでしょう。

通常の引越し用のトラックではバイクや車などを積載するための装備が備わっていません。

そのため、スペースがあるからと言って荷物を積み込んだトラックにバイクを積み込んでしまうと、バイク自体が破損してしまう恐れがあります。
また周辺の荷物も破損してしまう危険性がでるのです。
そのため、バイクの輸送は一般の荷物の輸送とは別に輸送することになります。

ただし、原付のバイクにかぎっては、引越し業者によっては、トラックの荷台で運んでもらえる場合があります。後ほど詳しく説明します。

引越し時のバイクの3つの輸送方法

引越し時のバイクの輸送方法は、どんな方法があるの?

引越し時のバイクの輸送方法は、以下の3つの方法があります。

引越し時のバイクの3つの輸送方法

引越し業者に依頼する

バイク輸送の専門業者に依頼する

自分でバイクを運搬する

引越し時のそれぞれのおかれている状況によって、引越し業者にバイクの輸送を依頼した方が良い場合もありますし、バイク専門の輸送業者に依頼した方が良い場合もあります。

または、自分でバイクを運搬した方が良い場合もあります。

どの方がお得になるのか?メリット、デメリットについてお伝えしていきます。

バイクの輸送を引越し業者に依頼する

引越し業者においては、バイクの輸送をオプションサービスとして対応してくれます。

通常の引越しとは別にバイクの輸送も同じ業者でオプションサービスとしてお願いしておくと、見積もりも1回で済みますし、対応してくれる担当スタッフも1人になるので当日の手続き、対応も楽になります。

支払いが1つでいいというのもポイントが高いですね。

引越し業者のオプションサービスとしてバイクの輸送をしてもらうことになりますが、実際にバイクの輸送の準備をしてくれるのは車輌輸送専門スタッフになります。

多くの引越し業者では車輌輸送専門業者に業務を委託しているケースがほとんどです。

バイクの輸送方法としてよく用いられる引越し業者のオプションサービスを利用した輸送方法にもメリットデメリットがあります。

メリットとデメリットについて以下に紹介します。

バイクの輸送を引越し業者に依頼するメリット

メリットとしては、手間がかからずに簡単に運ぶことができるという点でしょう。

引越し依頼をした際にバイクの輸送の依頼も同時に行えば、手続きや見積もりが一回で済むので非常にスムーズです。
見積もり時にバイク輸送費用を含めた金額で見積もり書を出してもらえるので価格交渉、比較がしやすいです。

メリット

手間がかからずに簡単に運ぶことができる

手続きや見積もりが引越し業者の一回で済む

価格交渉、比較がしやすい

バイクを引越し業者に依頼するデメリット

デメリットとしては自分で輸送業者に依頼したり、自分で運転していく方法に比べて輸送料金が高額になりやすいです。
引越し業者によってはバイク輸送は別の専門業者に委託していることが多いため、価格が割高になりやすいのです。

また、引越し繁忙期(2月、3月、4月)に依頼すると、バイクの輸送費用が更に割高になってきます。

デメリット

輸送料金が高額になりやすい

引越し繁忙期(2月・3月・4月)に依頼すると更に高額になる

原付などの小型バイクの場合は、トラック一台で輸送してもらえる場合あり

引越し業者によっては、原付バイクが他のバイクと同じオプションプランになれば、プラスの金額が発生します。

ですが、原付バイクがオプションプランではなく、通常プラン内の荷物の一つとして扱われる場合は、オプションプランの追加料金が発生することなく運んでもらえる場合もまれにあります。

基本プラン内で運んでもらえるのか?オプションプランになるのか?は見積もりの際に引越し業者に確認する必要があります。

バイク輸送に対応している大手引越し業者

バイク輸送に対応している大手引越し業者としては、
・ヤマトホームコンビニエンス(軽自動車から大型バイクまで幅広くとりあつかいしており、オンラインでバイクの輸送料金をチェックできる)
・日本通運(専門の陸送会社と提携している、国産車~外車まで対応、バイク、乗用車だけの輸送もOK)
・アート引越センター(引越しのオプションサービスとしてバイクの輸送をしている)
・アリさんマークの引越社(バイク、車の輸送を全国対応で行っている、オプションプランも充実している)
・アーク引越センター(車、バイクの引越しをオプションとして対応している、50㏄までの原付であれば引越しプラン内料金で運搬が可能)
・ハート引越センター(マイカー陸送を行っている、専門スタッフがバイクの輸送を取り行う)

などがあります。

バイク輸送専門の業者に依頼する

引越し業者のオプションサービスとしてバイクの輸送を依頼する方法とは別に、車両輸送専門の業者に直接バイクの輸送を依頼する方法もあります。

自分で車輌輸送の専門業者を探して、直接契約するという方法でバイクを輸送する人もいます。
この場合、引越し業者の仲介手数料は発生しないので、車輌輸送の専門業者に依頼した方がお得に引っ越しができる場合が多いでしょう。

車輌輸送専門の業者では、全国に輸送拠点があるので、新居の最寄りの輸送拠点からバイクを引き取ることができれば、さらに輸送費用を安く抑えることができるでしょう。

ただ引越し業者とは別に業者選びをしなければならないので面倒と感じる場合もあるかもしれません。

手間がかかりますし 、バイクを引越しの荷物と同じ日に到着しておいてもらいという場合には、引越し前日までにバイクの引き取りをお願いしなければなりません。
その際にはスケジュールの調整も必要となってくるでしょう。

バイクのみの引越しであれば、バイク専門の輸送業者がおすすめです。

バイク輸送専門の業者に依頼するメリット

メリットとしては、住所変更などの手続きも追加費用を払えば代行してくれるので非常に便利です。
輸送を専門にしているバイク輸送専門業者の中には行政書士と提携している業者もあるため、各種手続きなどのサービスが充実しています。

また引越しに伴いナンバープレートが変更する場合には、陸運局での登録作業が必要になりますが、これらの面倒な作業も代行してくれ、陸運局での登録作業が完了した状態でお客さんの元に届けてくれるので非常にありがたいです。

輸送専門業者に依頼すれば、バイクの引越しはもちろん、引越しに関連する各種手続きも一気にすんでしまうので、非常に便利ですし、効率がよいでしょう。

メリット

住所変更などの手続きも追加費用を払えば代行してくれる

仲介手数料は発生しないので引越し業者より安くなりやすい

バイク輸送専門の業者に依頼するデメリット

一方デメリットとしては車・バイク輸送の専門業者に依頼すると手間と時間がかかってしまうということです。

引越し業者とは別に自分で輸送してくれる業者を探さなければいけないので業者選びでまずは時間がかかってしまいます。
さらに日付をあわせるなど手続きが必要になるので面倒だと感じる人には向いていません。

引越し日以降でバイクを輸送してもらうためには日程調整が必要であり、その費用の見積もりを出してもらわなければなりません。

引越し業者とのやり取りとは別にこちらの業者ともやり取りをしなければならないというのが手間と感じる人もいるでしょう。

デメリット

引越し業者とは別に業者選びをしなければならない

引越し日以降でバイクを輸送してもらうためには日程調整が必要

自分でバイクを運搬する

バイクの引越しの方法として自分でバイクを運転して新居先へ持っていくという方法もあります。

この引越し方法がもっとも費用を安く抑えることができる方法になります。

同一県内での移動であれば、引越し業者に荷物の輸送を全てお任せして、自分はバイクで現地まで行くということもできるでしょう。

この自分でバイクを輸送する方法は、引越しの移動距離や車種によってできるかできないかは変わってきますし、輸送費用も異なりますが、近距離での引越しであれば自分でバイクを運搬する方が安くすむでしょう。

自分でバイクを運搬するメリット

自分でバイクを運搬するメリットとしては、コストパフォーマンスがよいということでしょう。

引越し業者やバイク運搬専門の業者に依頼するよりも自分で運転して新居先へ運んだ方が断然お得に引っ越しができます。
自分でバイクを運搬する場合に必要な費用はバイクのガソリン費用と高速道路料金のみです。

例えば愛知県から東京都までの引越しをした場合、10000円前後での輸送が可能になります。

メリット

コストパフォーマンスが良い

自分でバイクを運搬するデメリット

一方、自分でバイクを運搬するデメリットとしては、運搬の手間がかかってしまうということです。

大阪~東京への長距離移動の場合、高速道路を使用して最低6時間の運転が必要になります。

長距離だと労力が結構かかるね。

バイクを自分で運転する場合、業者への依頼や手続きなど面倒な対応がない代わりに、自分で引越しをしなければなりません。

引越し準備で疲れているところに、普段以上の長距離運転をしてしまうと事故の危険性も高まります。

長距離のバイク引越しをする場合には、十分に睡眠を確保して、疲れた時にはすぐに休憩するようにしましょう。
無理をせずに安全運転を心がけるようにしましょう。

デメリット

時間と労力がかかる

長距離の運転の場合、注意が必要

引越し時のバイク輸送の料金相場

引越しにはどんな割引がある?

バイク輸送の料金の相場を教えて!

引越し時のバイク輸送の料金相場は、引越しする時期、バイクの大きさ、引越しする移動距離などによって変わってきます。

バイク輸送の料金は、条件によって変わってきますので、相見積もりをとって必ず比較するようにしましょう。

ヤマトホームコンビニエンスのバイク輸送の料金相場

 100cc以下101cc~699cc700cc以上
東京→札幌市55,440円67,540円79,640円
東京→宮城県40,260円52,250円69,300円
東京→東京20,130円22,440円24,640円
東京→愛知県42,460円54,340円67,760円
東京→大阪府51,260円63,910円76,780円
東京→福岡県66,000円79,750円94,050円

ヤマトホームコンビニエンスでバイク輸送を依頼した場合は、上記の料金が目安になります。
ただし、2/1~4/15の申し込み分の作業に関しては下記価格より10%程加算された料金となりますのでご注意ください。

ヤマトホームコンビニエンスは、引越し業者ですが、バイク単体での輸送サービスも対応しています。
実際にバイクを輸送してくれるのは、ヤマトホームコンビニエンスではなく業務委託したバイク輸送の専門業者になります。

ですので、仲介手数料がかかり、バイク輸送の専門業者よりは、割高になる可能性があります。

BASのバイク輸送の料金相場

 125cc以下126cc ~ 750cc751cc ~ 1300cc1301cc以上
東京→札幌市49,610円50,820円51,920円53,130円
東京→宮城県21,340円22,550円23,760円24,860円
東京→東京20,130円20,130円20,130円20,130円
東京→愛知県27,720円28,930円30,140円31,350円
東京→大阪府23,100円24,310円25,520円26,620円
東京→福岡県25,520円26,620円27,830円29,040円

BASでバイク輸送を依頼した場合は、上記の料金が目安になります。

BASは、バイクの輸送専門業者です。

専門業者への直接の依頼となるので、引越し業者へ依頼するよりは、料金は安くなりやすいです。

大手の引越し業者もBASに依頼する場合が多いです。

BASは、バイク輸送に特化した専用のトラックがありますし、全国に支店があるので、全国へのバイク輸送が可能です。
各種保険の加入もしているので、安心して依頼することが出来ます。

ただし、BASは、バイク本体のみの輸送となり、書類、パーツ、ヘルメットなど付属品は運べません。

またBASの場合は、デポの場所は限られているので、場所によっては自分である程度運転をする必要も出てきます。

I-Lineのバイク輸送の料金相場

 125cc以下400cc以下750cc以下750cc以上
東京→北海道53,000円69,000円83,000円108,000円
東京→宮城県16,000円27,000円29,000円47,000円
東京→東京13,000円19,000円21,000円37,000円
東京→愛知県17,000円30,000円32,000円57,000円
東京→大阪府17,000円30,000円32,000円57,000円
東京→福岡県31,000円47,000円49,000円86,000円
I-Lineも、バイクの輸送専門業者です。

I-Lineでバイク輸送を依頼した場合は、上記の料金が目安になります。
上記料金は、すべてドア TO ドア(戸口から戸口)の料金です。

バイクの輸送を業者にお任せする際の注意点

バイクの輸送を業者にお願いする場合、どんな点に注意したらいいの?

ガソリンを抜いておく!

まず、ガソリンは抜いておくようにしましょう。

ガソリンが入っていると事故につながる恐れがあります。事故防止のためにも引火性のあるガソリンは抜いておくようにしましょう。

ただガソリン抜きに関してはバイク輸送業者が行ってくれる場合もあるので一度確認することをおすすめします。

引越し先に届く日を確認しておく

引越し時の家電の処分方法03

また引越し先に届く日はしっかりと確認しておきましょう。

複数のバイクを同時に輸送する場合には、引越し先に届くまでに日数がかかってしまうことがあります。
届く日数を事前に確認しておくと安心ですね。

傷や破損がないか確認をする

傷や破損がないかを確認することもポイントです。

万が一のことを考え、バイク輸送してもらう前には、バイクに傷や破損がないかをチェックしておきましょう。
また詰まれている荷物の有無、走行距離なども確認しておくと安心です。

バイクの引越しは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用しよう

引越し業者が提携するバイク輸送を依頼する場合は、引越し見積もりサイトで見積もりを請求するのが効率がよいでしょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。
10社の見積もりを請求するとどこの引越し業者が安いのか、どこの引越し業者の対応がよいのかなどが一目瞭然です。
10社の見積もりを比較すると安い業者が分かりやすいですし、バイク輸送に対応している業者がどこなのかがすぐに明確になります。
気になる業者があったらいくつかピックアップし、複数の業者と訪問見積もりすれば、安い業者でバイク輸送が可能になります。
引越し見積もり無料一括請求サイトは登録は無料になりますし、見積もり請求もただですので、ぜひ利用してみましょう。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 単身パックで運べる自転車は?自転車のオススメ引越し方法

  2. 引越し時の車の輸送の料金相場 どんな方法がおすすめ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP