家具の移動、引越し

下駄箱の引越し料金、敷地内の移動料金の相場は?靴箱の梱包方法

下駄箱(靴箱、シューズボックス)のみの引越しは可能なのか?
下駄箱を引越しする場合、どの引越し業者に依頼すると安くなるのか?
下駄箱を同じ敷地内に移動させたいけどもどの業者にお願いすれば良いのか?
下駄箱を引越しする場合、靴の梱包はどうすれば良いのか?

下駄箱の移動、下駄箱の引越しを考えた時にこのような疑問がいろいろ湧いてくると思います。

このページでは下駄箱の引越し、移動方法と下駄箱を引越しする際の靴の梱包方法について紹介していきます。

目次

下駄箱(靴箱、シューズボックス)とは?

下駄箱(靴箱、シューズボックス)は、靴を入れる箱のことであり、サイズや材質は様々です。

天井までの高さの下駄箱もあれば、腰や胸位の高さまでのロータイプの下駄箱もあります。

一戸建ての場合、下駄箱(靴箱、シューズバック)が必要な場合がありますし、マンションの場合は備え付けの下駄箱がある場合があります。

もし引越し先に下駄箱が必要であれば、下駄箱の引っ越し費用をしっかり把握した上で業者を決めて引越しする必要があります。

下駄箱の分解、組み立ては業者が行ってくれるの?

下駄箱を引越し、移動する場合分解は必要なの?

よっぽど大きな下駄箱でない場合、分解や解体をする必要はありません。

下駄箱が天井まで届く位のハイタイプの場合、場合によっては分解や解体が必要になるかもしれません。

引越し業者や移動業者は、状況に応じて下駄箱の分解や解体、引っ越し先や移動先での組み立てをしてもらうことも可能です。

ただし、分解や解体を依頼する場合は、オプション料金がかかってきますので、見積もりの際に分解や解体をしてもらえるのか?またしてもらえる場合は追加料金がどれぐらいかかるのか?をきちんと確認しておきましょう。

下駄箱の引越し料金、敷地内移動料金の相場は?

下駄箱は商品によってその大きさ、重さ、形状などはまちまちです。

様々なタイプの下駄箱があるので、一概に下駄箱はいくらで引越しできると言いにくいのですが、引越し料金の相場を知っておくことは引越し業者選びの際にも重要になってきます。

下駄箱の引越し料金ってどれくらいなの?

同一県内での下駄箱(横幅80×奥行41.5×高さ97.7の3辺の合計が219.2㎝)の引越し相場であれば、以下になります。

距離料金
同一県内5,000~12,000円程度

分解、解体、組み立てなどの作業が入ってこの価格で行ってくれる場合もあれば、分解、組み立てに関しては別途費用が必要になる場合もあるので注意が必要でしょう。

また下駄箱の大きさや引越しの距離によって費用は、変わりますので、料金の詳細を知りたい場合は、見積もりを取る必要があります。

宅急便業者、引越し業者に下駄箱のみの引越しを依頼する場合の料金相場を比較!

下駄箱を業者にお願いする場合、どこがおすすめなの?

様々なおすすめ業者がありますので、紹介しますね。

ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

参照:ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

クロネコヤマトのヤマト運輸の中でも引越し業者を担っているのがヤマトホームコンビニエンスになります。

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は、下駄箱1つなど家具、家電1つからの引越しに対応してくれます。

らくらく家財宅急便はネーミング通り、家財を宅急便のように、輸送してくれる引越しサービスになります。
下駄箱など家財1点からの輸送が可能であり、梱包や設置は通常の引越し作業と同じように行ってくれます。

らくらく家財宅急便での下駄箱の引越し費用の相場

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」は下駄箱(靴箱、シューズボックス)の大きさ(高さ+横幅+奥行の3辺の合計)と移動距離によって価格が変動します。

参照:ニトリ

ここでは、上記画像の幅80×奥行41.5×高さ97.7cm=3辺の合計219.2㎝の下駄箱(靴箱、シューズボックス)の引越し料金を紹介します。

サイズ東京都内東京~大阪間東京~福岡間
219.2㎝
(3辺合計)
7,535円8,855円11,935円

料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

オプションサービス

天井まであるハイタイプの下駄箱の場合、分解・組み立てが必要になる場合があります。

工具を使う分解、組み立てをお願いする場合、オプションサービスになります。

また、2階まで吊り上げや吊り下げが必要になったり、クレーン吊り上げが必要な場合もオプションサービスになります。

オプション料金は以下になります。

作業内容料金
家具の分解3,000円
家具の組み立て4,500円
家具の吊り上げ/吊り下げ
(2階まで)
10,000円
クレーン吊り上げ
(提携業者作業)
要相談

赤帽

参照:赤帽

赤帽は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」という個人事業主の団体です。

運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、1点から輸送可能です。

赤帽の軽トラックの大きさは、長さ194cm、幅141cm、高さ18cmになります。
最大積載量は、350kgまでの重さであれば、運搬可能です。

ここでは、幅80×奥行41.5×高さ97.7cm=3辺の合計219.2㎝の下駄箱(靴箱、シューズボックス)の引越し料金を紹介します。

赤帽の場合は、下駄箱(靴箱、シューズボックス)の引越しが近距離であれば、料金が安くなりやすいですが、中距離や長距離になると、走行距離によって追加料金が加算されて割高になります。

赤帽での下駄箱の引越しの料金相場
時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
7500円~13750円
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

赤帽の場合は、地域によって、多少の費用のばらつきがありますので、詳しい金額は直接問い合わせをしましょう。

また引越しの時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されます。

その他の下駄箱だけの引越しも可能な単品輸送取り扱い業者

ヤマトホームコンビニエンスや赤帽以外にも下駄箱だけの引越しを受け付けてくれる引越し業者は他にもありますので紹介しますね!

単品輸送取り扱い業者一覧
引越し業者プラン名
SGムービング単品プラン
ファミリー引越センター単品輸送便
アーク引越センター大物限定プラン
引越しのムービングエス小口引越
キタザワ引越センター一発予約家財宅配便
ダック引越センター家具だけプラン
単品輸送取り扱い業者での下駄箱の引越し費用の相場

ここでは単品輸送取り扱いの引越し業者で下駄箱を引越しする場合の費用の相場を紹介します。

大きさ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
3辺の合計219.2㎝の
下駄箱
5,000円~
17,000円
7,000円~
20,000円
8,000円~
25,000円

上記費用は、数ある引越し見積もりサイトの料金の相場を参考にしてまとめた料金の目安です。

細かな費用については、SGムービング、ファミリー引越センター、アーク引越センターのサイトを調べてもきちんとした表示はされていません。

価格は、交渉次第で安くもなりますし、高くもなりますし、時期や曜日によっても変動します。

ですので、下駄箱の引越しを行ってくれる業者選びはしっかりと判断することが大切です。

下駄箱の単品での引越しをする際には、引越し料金を複数の業者から見積もりをしてきちんと相場を把握し、どの業者にお願いするのが良いのか?を知っておくことが大切です。

見積もり相場を知っておくことで、その見積もり額が妥当なものかどうかをチェックすることができます。

逆に相場を知らないで見積もりを見てしまうと、その金額が妥当なものなのか、安いものなのかを判断することができません。

下駄箱の敷地内移動、引越しは、必ず相見積もりを取ろう

下駄箱(靴箱、シューズボックス)を敷地内で移動料金、引越し料金は、どの業者に依頼するかによって、料金はマチマチです。

例えばハイタイプの下駄箱を引越しする時、業者によっては分解しないままという業者がありますし、ある業者の場合は、下駄箱を分解してから引越しする業者もあります。

分解や組み立てをするかどうかによって料金は大きく変わってきます。

また引越し業者のトラックの空き状況、忙しさなどによっても料金は大きく変わることがあります。

ですので、下駄箱の移動、引越しを業者に依頼する場合は、最低3つの業者からは相見積もりを取るようにしましょう。

ただ3社の相見積もりを取るにしてもどの業者が安いのか?を一つ一つ調べてピックアップしていくのにはとても手間がかかります。

そんな時におすすめなのが引越し一括見積もりサイトを利用することです。

引越し一括見積もりサイトとは?

引越し一括見積もりサイトは、一度の簡単な入力で複数の引越し業者に見積もりを依頼できる画期的なサービスです。

通常の場合は、1社1社に荷物量や住所などを伝えて見積もりをしなければいけないのですが、引越し一括見積もりサイトを利用すれば、1度の入力で済みますので、手間いらずです。

更には、一番安い引越し業者が比較的簡単に見つけられるので、オススメです。

引越し一括見積もりサイトを利用して一番安い業者を見つける

インターネットの無料サービスの引越し一括見積もりサイトを使うと、下駄箱だけを安く運べる引越し業者が一番簡単に見つけられます。

引越し一括見積もりサイトは、パソコンからでもスマートフォンからでも24時間いつでも申し込み可能ですし、料金が高く感じるなら気軽に断ることも可能です。

1度の簡単な入力で10社からの見積もりを取ることができるので、下駄箱を1番安く引越しできる業者をすぐに見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトの注意点

引越し一括見積もりサイトの注意点は、「申し込み直後、電話がたくさんかかってきた」というしつこい電話営業という評判があります。


何も知らずに引越し一括見積もりサイトを利用すると、沢山電話がかかってきてビックリする方もいるようです。

では、引越し一括見積もりサイトを利用するのは、良くないのか?というとそうではありません。

引越し一括見積もりサイトは、利用した方が良いサービス?

引越し一括見積もりサイトは、オススメの引越し一括見積もりサイトを利用すれば、費用が半額近く値下がりするので、利用した方が良いサービスと言えます。

上記の口コミでもあるように、オススメの引越し一括見積もりサイトを利用すれば、引越し費用を安く抑える事が出来ます。

また、しつこい電話営業が苦手な人の場合は、電話が一切かかってこなくてメールのみで完結する引越し一括見積もりサイトもあるので、あとで紹介するメールで完結する引越し一括見積もりサイトを利用すると良いです。

下駄箱の引越し料金の見積もりを取る方法

荷物情報の一覧に「下駄箱」がないので、「備考欄」に「下駄箱(横幅×奥行×高さ)」を入力すると見積もり可能です。

下駄箱の引越し一括見積もりにオススメのサービス 引越し侍


引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

下駄箱の引越し一括見積もりにオススメなサービス SUUMO引越し


SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

下駄箱の梱包、靴の梱包方法

ここでは下駄箱の梱包と靴の梱包方法について紹介します。

下駄箱の梱包について

下駄箱の梱包は自分でしたほうがいいの?それとも業者にお願いできるの?

もし下駄箱の敷地内での移動や引越しを業者に依頼する場合は、その他の家電や家具と一緒に業者の方で梱包してもらうことが可能です。

ただし、当日までに靴は自分で梱包し、下駄箱を空にしておく必要があります。

靴の梱包方法

引越し時の家電の処分方法02

下駄箱を引越しする場合、事前に靴を取り出して梱包しておく必要があります。

ただし、靴の梱包も引越し業者に依頼すればしてもらうことが可能ですが料金は割高になります。

ここでは靴を梱包する4つの方法を紹介します。

ダンボール箱を使って靴を梱包する

ダンボールは、引越し業者に準備してもらえることが多いので(ただしダンボールが有料の場合あり)靴をダンボールに詰め込んで梱包をするのが基本的な方法です。

靴を買った時の箱を使って梱包する

高価な靴を購入した場合、靴が入っていた箱を残している場合もあると思います。

箱が残っている場合は、それを使用して梱包をする方法もあります。

百均のシューズケースを使って梱包する

百均にシューズケースが売っています。
大切な靴を一つ一つ梱包したい場合は、百均に売ってるシューズケースの中に靴を入れて梱包をすると良いでしょう。

引越し業者が用意するシューズボックスに靴を梱包する

シューズボックスとは、引越し業者が用意してくれる梱包アイテムの1つです。
引越し業者によってはオプション料金がかかる場合があるので、事前に引越し業者に確認をしましょう。

例えば以下の引越し業者はシューズボックスの取り扱いがあります。

シューズボックスを取り扱いしている引越し業者

サカイ引越センター

アート引越センター

日本通運

ヤマトホームコンビニエンス

引越し業者が準備してくれているシューズボックスは、靴の梱包のために作られたものなので、とても梱包しやすくなっています。
オプション料金が気にならなければ、利用してみると良いでしょう。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. ソファー 引越し

    ソファーの引越し料金を安くしたいあなたへ!奥の手教えます

  2. ベッドの吊り上げ、吊り下げの料金相場は?格安業者を探す方法

  3. ソファーの移動・運搬の引越し業者、便利屋の料金相場を比較!

  4. これで解決!名古屋のベッドの引越し料金の節約方法を知る!

  5. オフィスデスク(事務机)のみの引越し料金の相場を比較!おすすめ業者は?…

  6. 2段ベッドの引越しの注意点!料金を安くするには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP