家具の移動、引越し

もう迷わない!物置の引越し、配送料金の相場と分解方法

物置が家庭にある家も多いでしょう。
物置を配送したい、物置1点を引越ししたい、物置と他の荷物も一緒に配送したい、そんな時は、どの業者に依頼すれば良いのでしょうか?

物置の分解は、業者にお願いできるのだろうか?

物置は、とても大きなものなので、様々な疑問が出てくると思います。

このページでは物置の引越し、配送方法と、物置の配送料金、物置の分解方法などを詳しく説明していきます。

物置とは?

物置とは、ガーデニングなどの野外作業で使うものを収納したりする小屋になります。

ガーデニングのものはなどを家の中におかずに物置に入れておくと取り出しやすいし、家の中もすっきりするので物置があると、とても便利ですよね。

物置の人気メーカーと言えば、いくつかのメーカーがあります。

ここでは、物置の人気メーカーを簡単に紹介します。

イナバ物置

参照:イナバ物置

イナバ物置は、稲葉製作所が作っているする商品で、物置の中でも有名です。

イナバ物置の配送方法はどうすればいいのかと考え中の方もいることでしょう。

ヨド物置

参照:ヨド物置

ヨド物置は、淀川製鉄所のエクステリアの主力製品です。

ヨド物置の特徴は、耐久性に優れたガルバリウム鋼鉄仕様と言う点にあります。

ヨド物置の配送を検討している方も多いことでしょう。

タクボ物置

参照:タクボ物置

タクボ物置は、田窪工業所の製品です。
田窪工業所は、小物物置のグランプレステージシリーズ、中型、大型物置のMRトールマン、MRストックマンなどが有名です。

タクボ物置の配送、引越しを検討している方も多いことでしょう。

物置の引越しはした方が良い?それとも処分した方が良い?

物置の配送や引越しって大変そうだし、処分してしまった方が良いのかな?

結論から言いますと、持っていきたい気持ちが強いなら、まずは費用の見積もりをしてから検討する事をオススメします。

物置の配送、引越しをしようか考えた場合、物置はとても大きなものなので、分解や解体するのにも手間がかかるし費用もかさむので処分をした方が良いのかと考える場合があると思います。

ただ物置の相場は、100,000円から200,000円近くかかるものもあるので、処分をするのももったいないと考えるかもしれません。

物置を処分するか、引越し先に持っていくかを検討する場合は、まずは物置の配送料金や引越し料金の相場、物置の分解や解体の相場を調べてから思ったより料金が安ければ持っていけば良いでしょう。

思ったより料金が高くなるようであれば、処分することを検討してみても良いでしょう。

物置の分解、解体、組み立てはどうしたら良いの?

古いタイプの物置なら解体したら組み立てができないタイプもあります。

新しいタイプのものであれば分解も比較的しやすいですし、引越し先で組み立てて使うことも可能です。

物置の分解、解体は業者が行ってくれるの?

物置の分解、解体は、大工さんや工務店にお願いしてしてもらうことが可能です。

または便利屋でも引き受けてくれる場合もあるので見積もりを依頼してもらうと良いと思います。

ただ引越しの際に物置を持っていく場合は、引越し業者の方で物置の分解や組み立てもしてもらえるので、引越し業者に運んでもらうのと一緒に分解や組み立ても併せてお願いするのが1番良いでしょう。

物置を自分で解体する場合

物置を解体するのは意外と大変かと思いきや固定されてるネジを外していくだけで思ったより簡単にバラしていくことも可能です。

もし物置の分解、解体費用を出来るだけ安く抑えたい場合は、自分で分解しても良いでしょう。

物置の解体方法をいかに説明します。

屋根を外す

まず屋根部分についているネジを外していきます。
すると、屋根を持ち上げて外していくことが可能です。
ただし屋根が重たい場合は、持ち上げるときに手伝ってもらったほうが安全です。

扉を外す

次に扉を外していきます。家の引き戸を外すように頭を持ち上げて外せば扉を外すことができます。

棚を外す

次に中にある棚を外していきます。
棚は比較的簡単に外せます。

扉の上の部分を外す

扉の上の部分は、どこでか固定されているのかを調べる必要があります。
内側からビスで固定されている場合もあるので、まずビスがあるところを調べて、ビスをドライバーで外すと扉の上の部分も外れます。

側面と裏面を外す

側面の板は、ビスで固定されているのでビスを緩めるだけで簡単に外すことが可能です。一つ一つを細かく分解することで小さくまとまって少ない容量で配送できます。

物置の種類によって分解方法は違うので、YouTubeで検索して詳しい分解方法を調べてみましょう。

物置の配送料金、引越し料金の相場は?

物置は商品によってその大きさ、重さ、形状などはまちまちです。

様々なタイプの物置があるので、一概に物置はいくらで配送、引越しできると言いにくいのですが、料金の相場を知っておくことは業者選びの際にも重要になってきます。

物置の引越し料金ってどれくらいなの?

同一県内での物置の引越し相場であれば、以下になります。

距離料金
同一県内間20,000~60,000円程度

物置の場合、分解、解体、組み立てなどの作業をしてもらうのか?作業をしてもらう場合は、追加料金がどれくらいかかるか?は業者によってマチマチです。

ですので、必ず相見積もりを取るようにしましょう。

物置の配送、引越しは、必ず相見積もりを取ろう

物置の配送料金、引越し料金は、どの業者に依頼するかによって、料金はマチマチです。

例えば物置を配送する時、業者によっては分解しないまま配送するという業者がありますし、ある業者の場合は、物置を分解してから引越し、配送する業者もあります。

分解や組み立てをするかどうかによって料金は大きく変わってきます。

また配送業者、引越し業者のトラックの空き状況、忙しさなどによっても料金は大きく変わることがあります。

ですので、物置の引越しを業者や配送業者に依頼する場合は、最低3つの業者からは相見積もりを取るようにしましょう。

ただ3社の相見積もりを取るにしてもどの業者が安いのか?を一つ一つ調べてピックアップしていくのにはとても手間がかかります。

そんな時におすすめなのが引越し一括見積もりサイトを利用することです。

引越し一括見積もりサイトとは?

引越し一括見積もりサイトは、一度の簡単な入力で複数の引越し業者に見積もりを依頼できる画期的で便利なサービスです。

通常の場合は、1社1社に荷物量や住所などを伝えて見積もりをしなければいけないのですが、引越し一括見積もりサイトを利用すれば、1度の入力で済みますので、手間いらずです。

更には、一番安い引越し業者を探せるので、おすすめです。
現在、引越し一括見積もりサイトを上手に利用して、引越し費用を安く抑える方法が主流になっています。

引越し一括見積もりサイトを利用して一番安い業者を見つける

インターネットの無料サービスの引越し一括見積もりサイトを使うと、物置だけを安く運べる引越し業者が一番簡単に見つけられます。

引越し一括見積もりサイトは、荷物の量、必要条件を一度入力するだけで複数の引越し業者からの見積もり金額を簡単に知ることが出来るとても便利なサービスです。

引越し一括見積もりサイトは、パソコンからでもスマートフォンからでも24時間いつでも申し込み可能ですし、料金が高く感じるなら気軽に断ることも可能です。

1度の簡単な入力で10社からの見積もりを取ることができるので、物置を1番安く引越しできる業者をすぐに見つけることが可能です。

物置の引越し料金の見積もりを取る方法

荷物情報の一覧に「物置」がないので、「備考欄」に「物置(横幅×奥行×高さ)」を入力すると見積もり可能です。

物置の引越し一括見積もりにオススメのサービス 引越し侍


引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

物置の引越し一括見積もりにオススメなサービス SUUMO引越し


SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 引越し 県外 家具 家電02

    無駄なお金を使わず県外引越しの家具・家電を運ぶ方法

  2. 【必見!】本棚の移動料金を相場より安くなる業者の見つけ方

  3. 机の引越し料金はどれくらい?損せず安くするには?

  4. 埼玉 ベッド

    ポイントは3つ!埼玉でのベッドの引っ越しが安くなる方法

  5. 簡単解決!福岡、北九州でのベッドの引越し料金を節約する方法

  6. 引越し 大型家具

    なんと無料!ベッド引越しの料金相場の調べ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP