引越しプラン

単身パックで運べるタンスや衣装ケース 中身の対応の業者ごとの違い

一人暮らしの引越し方法で料金が安く抑えられる方法として単身パックという引越しのプランがあります。

単身パックでは、専用のカーゴ(コンテナボックス)内に引越しの荷物を積み込んで引越しをするプランで、単身赴任の方や荷物が少ない一人暮らしの方には、とてもオススメの引越し方法です。

単身パックの引越し方法を検討する際にタンスや衣装ケースを持っていくことを考えている際に以下のような疑問が湧いてきませんか。

単身パックで運べるタンスは、どれくらいの大きさなの?

単身パックを利用する際は、タンスや衣装ケースの中身は、出したほうが良いの?そのままでも大丈夫なの?

単身パックでは、タンスの梱包は、業者の方できちんとしてもらえるの?

タンスが単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)に入らない場合は、どのような対処法があるの?

などなど様々な疑問が湧いてきますよね。

このページでは、単身パックで運べるタンスの大きさ、単身パックの際のタンスや衣装ケースの中身、単身パックの際のタンスの梱包などについて詳しく紹介をします。

目次

種類別!単身パックで運べるタンス、運べないタンス

タンスには、整理タンス(ローチェスト)、整理タンス(ハイチェスト)、洋服タンス(ワードローブ)など様々な種類があります。

タンスの種類によって、単身パックで運べるタンスもありますし、運べないタンスもあります。

タンスは単身パックのカーゴ(コンテナボックス)にどのように積むの?

単身パックは、上記画像のような専用のカーゴ(コンテナボックス)に引越しの荷物を積み込んで引越しをする単身用の引越しプランです。

単身用の引越しプランの名称は、業者によって、「単身パック」「わたしの引越」「小口引越サービス」「カーゴプラン」など様々です。

タンスを単身パックに積み込む際は、上記画像のようにコンテナボックスに対して、タンスを立てた状態で積み込みます。

タンスを横に倒して積み込む事も出来るのかな?

タンスを横に倒して積み込めるかどうか?は、タンスの強度にもよりますし、単身パックの移動距離にもよりますし、業者によっても判断は変わってきます。

タンスを横に倒して積み込めるかどうか?は、単身パックを依頼する業者に直接確認を取るようにしましょう。

またタンスが大きくなると、単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)の空きスペースが少なくなるので、他の荷物があまり積めなくなります。

次に整理タンス(ローチェスト)や整理タンス(ハイチェスト)などののサイズを紹介しつつ、単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)のサイズとの比較もしてみましょう。

整理タンス(ローチェスト)

参照:Amazon

上記画像の整理タンス(ローチェスト)のサイズは、幅89.5cm、奥行41cm、高さ39.5cmになります。

上記画像の整理タンス(ローチェスト)のサイズであれば、単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に積み込んで運ぶことが可能です。

次に単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズと上記画像の整理タンス(ローチェスト)のサイズを比較してみましょう。

整理タンス(ローチェスト)と単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズの比較

 横幅奥行き高さ
ヤマト
(わたしの引越)
104㎝104㎝170㎝
日通
(単身パックL)
108㎝104㎝175㎝
整理タンス
(ローチェスト)
89.5cm41cm39.5cm

上記表は、ヤマトホームコンビニエンスの単身パック(わたしの引越)と日通の単身パックLのカーゴ(コンテナボックス)整理タンス(ローチェスト)の横幅、奥行き、高さを比較した表です。

整理タンス(ローチェスト)でも様々なサイズがありますが、上記表のようなコンパクトな整理タンス(ローチェスト)であれば、カーゴ(コンテナボックス)に十分載せられます。

横幅が120cmくらいある整理タンス(ローチェスト)の場合は、立てた状態では、カーゴ(コンテナボックス)には入りません。

整理タンス(ハイチェスト)

参照:ニトリ

上記画像の整理タンス(ハイチェスト)のサイズは、幅80cm、奥行42cm、高さ131cmになります。

整理タンス(ハイチェスト)もサイズは、様々ですが、上記画像の整理タンス(ハイチェスト)のサイズであれば、カーゴ(コンテナボックス)に十分載せられます。

しかし、整理タンス(ハイチェスト)でも高さがもっとあったりすると、カーゴ(コンテナボックス)に積み込めない場合もあります。

整理タンス(ローチェスト)と比べると、高さがあるので、カーゴ(ボックス)の空きスペースが少なくなる分、他の荷物があまり積めなくなります。

次に単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズと上記画像の整理タンス(ハイチェスト)のサイズを比較してみましょう。

整理タンス(ハイチェスト)と単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズの比較

 横幅奥行き高さ
ヤマト
(わたしの引越)
104㎝104㎝170㎝
日通
(単身パックL)
108㎝104㎝175㎝
整理タンス
(ハイチェスト)
80cm42cm131cm

上記表は、ヤマトホームコンビニエンスの単身パック(わたしの引越)と日通の単身パックLのカーゴ(コンテナボックス)と整理タンス(ハイチェスト)の横幅、奥行き、高さを比較した表です。

カーゴ(コンテナボックス)と整理タンス(ハイチェスト)の幅、奥行き、高さを比較してみて、カーゴ(コンテナボックス)の方がサイズが大きいので、このようなサイズの整理タンス(ハイチェスト)であれば、単身パックで運べる事が分かります。

ただし、整理タンス(ハイチェスト)でも横幅がもう少し大きかったり、高さが180cmくらいある場合は、カーゴ(コンテナボックス)には載せられないので、単身パックでは運べません。

もし整理タンス(ハイチェスト)が専用のカーゴ(コンテナボックス)に入らない場合は、後ほど紹介する方法のらくらく家財宅急便でタンスだけ送る方法などがあります。

洋服タンス(ワードローブ)

参照:ニトリ

上記画像の洋服タンス(ワードローブ)のサイズは、幅79.5㎝、奥行58㎝、高さ185㎝になります。

上記画像のような洋服タンス(ワードローブ)は、高さが185cmあるので、単身パックのカーゴ(コンテナボックス)には、入りません。

一人暮らしで引越し先に洋服タンス(ワードローブ)を引越し先に持っていきたい場合は、単身パックとは、別の引越しプランを検討する方が良いでしょう。

次に単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズと洋服タンス(ワードローブ)のサイズを比較してみましょう。

洋服タンス(ワードローブ)と単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズの比較

 横幅奥行き高さ
ヤマト
(わたしの引越)
104㎝104㎝170㎝
日通
(単身パックL)
108㎝104㎝175㎝
洋服タンス
(ワードローブ)
79.5㎝58㎝185㎝

上記表は、ヤマトホームコンビニエンスの単身パック(わたしの引越)と日通の単身パックLのカーゴ(コンテナボックス)と洋服タンス(ワードローブ)の横幅、奥行き、高さを比較した表です。

洋服タンス(ワードローブ)の高さは、185cmあるのに対し、ヤマトと日通のカーゴ(コンテナボックス)の高さは、170cmと175cmになるので、洋服タンス(ワードローブ)の方がサイズが大きいので、単身パックでは運べない事が分かります。

衣装ケース

参照:ベルーナインテリアNAON

上記画像の衣装ケースのサイズは、幅39㎝、奥行55㎝、高さ69.5㎝になります。

タンスと比べると衣装ケースは、コンパクトになるので、単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に十分載せられます。

一人暮らしの場合は、タンスよりも衣装ケースを2つ、3つほど持っている場合もあるでしょう。

衣装ケースであれば、横に並べたり、縦に並べる事で単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に2つや3つ載せる事も可能です。

衣装ケースと単身パックのカーゴ(ボックス)のサイズの比較

 横幅奥行き高さ
ヤマト
(わたしの引越)
104㎝104㎝170㎝
日通
(単身パックL)
108㎝104㎝175㎝
衣装ケース39㎝55㎝69.5㎝

上記表は、ヤマトホームコンビニエンスの単身パック(わたしの引越)と日通の単身パックLのカーゴ(コンテナボックス)と衣装ケースの横幅、奥行き、高さを比較した表です。

上記表の衣装ケースのサイズであれば、衣装ケースを2つ横に並べてもカーゴ(コンテナボックス)に十分載せられるのが分かります。

比較表を確認していただくと、単身パックで運べるタンスと運べないタンスがある事が分かりますね。

以上の内容から単身パックで運べるタンスと運べないタンスを以下にまとめます。

単身パックで運べるタンス

整理タンス(ローチェスト)

高さが175cm以内の整理タンス(ハイチェスト)

衣装ケース

単身パックで運べないタンス

高さが175cm以上ある整理タンス(ハイチェスト)

洋服タンス(ワードローブ)

引越し業者のカーゴ(ボックス)のサイズを比較!


単身パックで使用されているカーゴ(コンテナボックス)の大きさは、引越し業者によって様々です。

また、コンテナボックスの大きさは、小さいサイズと大きいサイズの2サイズ展開になっている業者がいくつかあります。

タンスと一緒に他の荷物をあわせて単身パックで引越しをしたい場合、業者ごとの単身パックの専用カーゴ(ボックス)を把握して、どの業者に単身パックを依頼した方が良いか?ある程度の目安をつけておく事も大切です。

各業者の専用のカーゴ(コンテナボックス)の大きさの詳細が知りたい!

それでは、単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)の大きさと1boxの料金の業者さんごとの一覧を紹介しますね。

単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)のサイズ&料金の業者一覧

引越し業者サービス名料金コンテナのサイズ
ヤマトホーム
コンビニエンス
わたしの引越14000円~横幅104㎝
奥行104㎝
高さ170㎝
日本通運単身パックS16,000円~横幅108㎝
奥行74㎝
高さ155㎝
単身パックL18,000円~横幅108㎝
奥行104㎝
高さ175㎝
サカイ
引越センター
小口便
引越サービス
要問合せ横幅105㎝
奥行75㎝
高さ144㎝
ハトのマーク
の引越センター
小鳩パック要問合せ横幅104㎝
奥行74㎝
高さ146㎝
青春引越便
(長距離専用)
要問合せ横幅105㎝
奥行105㎝
高さ180㎝
佐川急便カーゴプラン21,000円~横幅100㎝
奥行75㎝
高さ145㎝
西濃運輸カンガルー
単身MAX+1
1.1立方mタイプ
20,000円~横幅103㎝
奥行74㎝
高さ144㎝
カンガルー
単身MAX+1
2.5立方mタイプ
23,000円~横幅115㎝
奥行128㎝
高さ170㎝
三八五
引越センター
シングルパック
Mサイズ
15,000円~横幅110㎝
奥行80㎝
高さ150㎝
シングルパック
Lサイズ
18,000円~横幅110㎝
奥行110㎝
高さ170㎝

上記の表を見ていただくと分かるようにコンテナボックスのサイズが違っているのが分かります。

各業者のカーゴ(コンテナボックス)のサイズを見ていただくと、ハトのマークの引越センターの青春引越便のカーゴ(コンテナボックス)が一番高さがあり、180cmです。

ヤマトや日通の単身パックのカーゴ(コンテナボックス)では、入らない高さが180cmの整理タンス(ハイチェスト)や洋服タンス(ワードローブ)でもハトのマークの引越センターの青春引越便であれば運ぶ事が可能です。

ただし、ハトのマークの引越センターの青春引越便は、長距離専用になるので、短距離や中距離の場合は、未対応です。

あとは、タンスが単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に載せられる場合は、他の引越し荷物量を考えた上でどの引越し業者のカーゴ(コンテナボックス)だと荷物が積みきれるのか?などを知っておくと良いでしょう。

タンスを単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に載せる場合、スペースがかなり取られる場合は、サイズの大きめのカーゴ(コンテナボックス)を選ぶ必用もあります。

あなたのタンスを含めた荷物量を把握し、どの引越し業者の単身パックだと荷物が積みきれるか?どの業者の単身パックを依頼すると費用が安く抑えられるか?を比較検討するようにしましょう。

事前に調べておいて最適な引越し業者を見つける事が大切なんだね。

単身パックの料金は、引越し業者ごとで違ってきますし、コンテナボックスのサイズ、移動距離によっても異なってきます。

単身パックの料金面など更に詳しく知りたい場合は下記ページをご覧ください。

ヤマトの単身パックのコンテナボックスで運べる荷物量の目安

参照:ヤマトホームコンビニエンス

引越し業者サービス名運べる荷物量
ヤマトホーム
コンビニエンス
わたしの引越
1box分 ケース1
冷蔵庫(2ドア)、洗濯機、電子レンジ、掃除機、
座椅子、テレビ、テレビ台、ダンボール×5個
わたしの引越
1box分 ケース2
ダンボール×15個、テレビ台、ローテーブル、布団、
カラーボックス、衣装ケース×3個、テレビ
わたしの引越
2box分
ダンボール×15個、冷蔵庫(2ドア)、電子レンジ、
衣装ケース×5個、整理タンス、テレビ台、布団、
洗濯機、カラーボックス、ローテーブル、テレビ

上記表は、ヤマトの単身パックのコンテナボックス1台分と2台分で積み込める荷物量の目安になります。

整理タンス(ローチェスト)を積み込むなら、2box分の荷物量が参考になるでしょう。

単身パック1boxに整理タンス(ローチェスト)に2ドア冷蔵庫を積み合わせて引越しをする事も可能です。

衣装ケースを単身パックに載せる場合は、1boxの中に衣装ケースを3つ積み込んで、更にどのような荷物を積み合わせる事が出来るか?参考になりますね。

ワンルームに住んでいて、持っている家財を全て運びたい場合は、コンテナボックス1台分では積み込む事が出来ず、コンテナボックス2台分が必用になる可能性があります。

以下の動画も参考にすると良いです。

日通の単身パックの積載シュミレーションを使う

参照:日通

日通の単身パックの場合は、公式サイトにて、積載シュミレーションが行えます。

参照:日通

タンスや衣装ケースを含めた運びたい家具や家電を選択していくと、単身パックS、単身パックLの専用のカーゴ(コンテナボックス)に荷物が積みきれるか?がある程度、把握出来ます。

ただし、シュミレーションは、あくまで目安になりますので、もう少し詳しく運べる荷物量を知りたい場合は、以下のアプリをお試し下さい。

アプリを使ってタンスを含めた荷物がコンテナボックスに入りきるか確認しよう

参照:GooglePlay

タンスを含めた他の引越しの荷物をコンテナボックスに全て積みきれるか?事前に把握できる便利な方法ってもっとないかな?

単身パックのコンテナボックスにタンスや衣装ケースを含めた引越しの荷物が入りきるかどうか?確認したい場合は、スマートフォンのアプリを使うと便利です。

無料のアプリでオススメなのが「CamToPlan」というアプリです。

「CamToPlan」では、スマホをかざすだけでタンスや衣装ケースや他の引越し荷物などの寸法を簡単に測ることが出来ます。

またタンスの単体の寸法だけでなく、ダンボールや家電を積み上げた状態の寸法を測ることが簡単に出来ます。

ですので「CamToPlan」を使って荷物を積み上げた状態の寸法を測り、コンテナボックスのサイズを確認して、荷物が積み切る事が出来るか、確認しておくと良いでしょう。

「CamToPlan」 – iOS版 / Android版

とっても便利なアプリがあるんだね~!

単身パックの際のタンス、衣装ケースの中身は業者次第?

単身パックでタンスや衣装ケースを運ぶ際に中身の衣類などは、取り出してダンボールに梱包しておいた方が良いのか?タンスや衣装ケースに入れたままでも大丈夫なのか?気になりますよね。

単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に載せる際は、スペースが限られているので、タンスや衣装ケースにいれたままで、荷物が増えないようにした方がありがたいですよね。

中身がそのままで運べるなら、衣類をダンボールに入れなおして梱包する手間もかかりません。

しかし、タンスや衣装ケースの中に衣類などの中身が入ったままだと、単身パックの運搬の際にタンスや衣装ケース本体が歪んでしまう可能性もあります。

実際のところは、タンスや衣装ケースの中身は、取り出した方が良いの?

タンスや衣装ケースの中身を取り出した方が良いのか?どうかは、ケースバイケースです。

細かな事は、引越し業者によって変わってきますので、業者ごとの対応を以下に紹介します。

ヤマトの単身パックの場合

Q「単身者向け引越サービス」は、衣装ケースや箪笥・チェストに服や雑貨などの中身を入れたまま運んでもらえますか?

A 衣類は、いれたままお運びすることができます。
衣類以外のものは、別途ダンボールに箱詰めしていただきますようお願いいたします。

日通の単身パックの場合

Q 整理タンスの中身は箱詰めしなくてもよいですか?

A 整理タンスの中身は、そのままで良い場合と、事前にダンボールに詰めていただく場合と、状況に応じて変わってきます。例えば、タンスの大きさ、中身の重さ、階段などの建物条件、輸送距離などの条件があります。なるべくお客様のご負担にならないように考慮させていただきますが、無理に中身を入れたままにして運ぶと、タンスの歪みの原因になることもありますので、見積もり時に確認のうえ最適な方法をご案内させていただきます。

Q ハンガーにかかっている洋服はどうすればよいですか?

A 引越作業時にハンガーボックスに掛けて運ぶかどうかについて、事前に打合せさせていただきますが、ハンガーボックスで運ぶ衣類については、そのまま何もしなくて大丈夫です。ただし、ハンガーボックスは便利な反面、非常にデッドスペースが多くなるというデメリットがありますので、単身パックS・Lをご利用の場合は、ハンガーボックスを使うことにより他の荷物を入れるスペースが狭くなることを考慮したうえで、ハンガーボックスを使うかダンボールに詰めるかを判断する必要があります。

サカイ引越センターの場合

Q 洋服ダンスの中の衣類はそのままでいいと聞きましたが、大丈夫でしょうか?

A 洋服ダンスのハンガーにかかっている衣類は、引越し当日にお持ちする専用のハンガーケースに移し替えます。和ダンスはそのままで結構ですが、お着物は和装ケースに箱詰めしてください。整理ダンスもそのままで結構ですが、貴重品や小物などは出しておいていただく事になります。

以上のように単身パックの際のタンスや衣装ケースの中身の対応は、業者によって微妙な違いはあるものの、大きな違いは無いようです。

基本的には、タンスや衣装ケースが小さければ、中身が入ったままでも負担にもならないので、入れたままでも大丈夫な業者が多いようです。

中身がそのままで良いなら、ありがたいね。

ただし、タンスが大きかったり、中身が多くて重たくなったり、運搬経路で難易度がある場合は、業者によって対応が変わってくるようです。

またハンガーボックスに衣類を入れて運ぶ場合は、単身パックのカーゴ(コンテナボックス)のスペースを余分に占領してしまいやすいので、ダンボールに衣類を梱包した方が良いケースもあるので、どうしたら良いか?はよく考える必要がありますね。

あとは、注意点としては、割れ物と貴重品は、タンスや衣装ケースの中には入れたままにしないようにしておきましょう。

単身パックの際のタンスや衣装ケースの中身に関して、もう少し詳しく知りたい場合は、単身パックの見積もりの際に直接確認をしてみましょう。

単身パックのタンス、衣装ケースの中身

タンスや衣装ケースが小さい場合は、中身はそのままで大丈夫

タンスが大きい場合は、要確認

タンスの中の衣類が多い場合は、要確認

スペースを考えるとハンガーボックスよりは、ダンボールで運んだ方が良い場合がある

割れ物と貴重品は、入れないように注意する

単身パックでタンス・衣装ケースの梱包は業者でしてもらえる?

タンスや衣装ケースを単身パックで運ぶ場合、梱包作業は必要なのでしょうか。

もし梱包が必要な場合、業者の方でしてもらえるのでしょうか?それとも自分でタンスや衣装ケースの梱包を事前にした方が良いのでしょうか?

単身パックを利用する際にタンスや衣装ケースの梱包に関して、以下に説明をします。

タンスの梱包は引越し業者でしてもらえる

参照:ヤマトホームコンビニエンス

単身パックでは、殆どの業者がダンボールに入らない大型家電や大型家具に関しては、単身パックの当日に業者の方で梱包してもらえます。

もちろんタンスに関しても当日に業者の方で梱包してもらえるので、こちら側で梱包をする必要はありません。

梱包方法は、引越し業者によって違いはありますが、上記画像のような梱包資材で引越し当日に丁寧にしてもらえます。

衣装ケースの梱包は業者でしてもらえる

参照:日通

衣装ケースに関しても殆どの業者の場合は、タンスと同様に引越し業者の方で単身パックの当日に専用の梱包材で梱包してもらえます。

タンス、衣装ケースの事前準備の注意点

単身パックの際にタンスや衣装ケースを運んでもらう際は、梱包に関しては、業者の方でしてもらえますが、梱包してもらう前に事前に準備しておく事があります。

準備することは、タンスや衣装ケースの引き出しが開きやすい場合は、引き出しが飛び出ないように養生テープなどで固定しておくようにしましょう。

衣装ケースで下にキャスターがついている場合は、輸送の際に壊れやすくなるので、キャスターは、外しておくようにしましょう。

タンス、衣装ケースの事前準備の注意点

引き出しを養生テープで固定しておく

キャスター付きの場合は、キャスターを外しておく

タンスが単身パックに入らない場合の対処法

タンスが単身パックの専用カーゴ(コンテナボックス)に入らない場合、何かオススメの方法はあるかな?

タンスや他の荷物が専用カーゴ(コンテナボックス)に入らない場合は、以下の4つの方法を検討してみましょう。

タンスや他の荷物がコンテナボックスに入らない場合

コンテナボックスをもう一つ追加する

引越し業者の大型家電の配送サービスを利用する

赤帽をを利用する

通常の単身の引越しプランを利用する

コンテナボックスをもう一台追加する

タンスがなんとかコンテナボックスに入ったとしても、タンスだけでスペースが埋まり過ぎてしまって、他の引越しの荷物が、カーゴ(コンテナボックス)に入らない場合があります。

もし、カーゴ(コンテナボックス)1台分では、荷物が積みきらない場合は、カーゴ(コンテナボックス)をもう一台追加するという方法があります。

カーゴ(コンテナボックス)を2台にすれば、荷物量も倍の分だけ運べるので、1ルームの一人暮らしの荷物量ぐらいは、運べるようになります。

ただし、コンテナボックスを2台にすると、単身パックの料金も2倍になるので、割高になります。

単身パックのカーゴ(コンテナボックス)を2台にする方法よりも他の方法の方が費用が安くなる場合があります。

大型家電1つから配送できる引越し業者の宅配便を利用する

洋服タンス(ワードローブ)などは、大きな家具になるので、カーゴ(コンテナボックス)に入らない事が殆どです。

もしタンスだけコンテナボックスに積めない場合は、タンスだけを別送便で送ってもらう方法があります。

単身パック(コンテナボックス1台分)とタンスだけを別送便や宅急便で送ってもらう方法は、単身パック(コンテナボックス2台分)よりも安上がりになる事があります。

タンスだけを別送便や宅急便で送ることが出来る業者は、どのような業者なの?

タンス1つや家具1点から別送便や宅配便で送ってくれたり、家電1点のみを運搬してくれるサービスを提供している引越し業者は、以下になります。

家具、家電一点のみから運搬してくれる業者一覧
引越し業者プラン名
ヤマトホームコンビニエンスらくらく家財宅急便
日通単身パックへの
大型の荷物の積載
SGムービング単品プラン
ファミリー引越センター単品輸送便
アーク引越センター大物限定プラン
引越しのムービングエス小口引越
キタザワ引越センター一発予約家財宅配便
ダック引越センター家具だけプラン
らくらく家財宅急便でのタンスの輸送の相場
サイズ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
ローチェスト
(3辺の合計250cm以内)
7,535円8,855円11,935円
ハイチェスト
(3辺の合計300cm以内)
10,945円12,375円16,885円
ワードローブ
(3辺の合計350cm以内)
16,555円19,525円26,235円

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」を利用してタンス1つを輸送する場合の相場は上記の表になります。

タンスの3辺の合計×移動距離によって料金が変わります。

らくらく家財宅急便の場合は、縦×横×奥行の3辺の合計が450㎝以内まで対応可能です。

単身パックの料金+らくらく家財宅急便の料金を計算して、他の引越し方法や業者と比較してどちらの方が安くなるのか?よく検討してみましょう。

らくらく家財宅急便の料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

日通の単身パックの大型のお荷物の積載

参照:日通

日通の単身パックのカーゴ(コンテナボックス)にタンスが入らない場合は、単身パックの申込みと一緒にタンスだけの輸送の申し込みもすれば、同じトラックで一緒に運んでもらう事が出来ます。

ただし、単身パックとは別に料金はかかるので、詳しくは、見積もりの際に料金を確認してみましょう。

ムービングエス(小口引越しプラン)

参照:ムービングエス

ムービングエスの小口引越しプランは、タンスのみの引越しも出来ますし、軽トラック1台分に載せられる分の引越しも可能です。

小口引越しサービスで運べる荷物量は、単身パックと比べると約2.5倍になるので、とてもオススメのサービスの一つです。

単身パックよりも得するサービスは、いろいろあるんだね。

料金も8,000円~(距離によって料金は変わる)となっているので、単身パックより費用を抑えて引越しをする事が可能です。

洋服タンス(ワードローブ)や冷蔵庫、洗濯機など一人暮らしで必要な家具・家電を運ぶ事が出来ます。

ただし、ムービングエスの小口引越しサービスを利用できるエリアは、北海道・東北(青森/秋田/岩手/宮城)・南関東(東京/神奈川)・九州(福岡/宮崎)に限られています。

他の単品輸送取り扱い業者のSGムービング、ファミリー引越センター、アーク引越センターなどの細かな料金に関してはサイトを調べてもきちんとした表示はされていません。

価格は、交渉次第で安くもなりますし、高くもなります。閑散期と繁忙期によっても倍近く費用が変わります。

赤帽を利用する

参照:赤帽

タンスやその他の荷物が単身パックに乗り切らない場合で、引越し先が近距離の場合は、単身パックを利用せず、赤帽を利用した方が引越し料金が安くなる場合があります。

赤帽は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」という個人事業主の団体です。

運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、1点からでも輸送可能です。

赤帽の軽トラックの大きさは、長さ194cm、幅141cm、高さ18cmになります。
最大積載量は、350kgまでの重さであれば、タンス、ベッドなどの家具を一緒に運ぶことも可能です。

赤帽の場合は、引越し先が近距離であれば、「単身パックのコンテナボックス2台分」や「単身パックのコンテナボックス1台分+らくらく家財宅急便」より料金が安くなる場合があります。

しかし、中距離や長距離になると、走行距離によって追加料金が加算されて、「単身パックのコンテナボックス2台分」や「単身パックのコンテナボックス1台分+らくらく家財宅急便」より料金が高くなる場合もあります。

赤帽での引越しの料金相場
時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
7500円~13750円
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

赤帽の場合は、地域によって、多少の費用のばらつきがありますので、詳しい金額は直接問い合わせをしましょう。

また引越しの時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されます。

通常の単身の引越しプランを利用する

単身パックは、専用のカーゴ(コンテナボックス)に荷物が積みきれる場合は、費用が割安になるので、オススメのプランと言えます。

しかし、単身パックのデメリットとして、運べる荷物量が少ない、ハイチェストや洋服タンス(ワードローブ)のような大型家具を運べないなどがあります。

もしタンスが単身パックで運べない、全ての荷物が単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)に入らない場合は、通情の単身の引越しプランの利用を検討してみましょう。

通常の単身の引越しプランは、引越しする荷物量に応じてチャーターするトラックの大きさを決めて、トラック1台に荷物を積み込んで引越しをするプランです。

通常の単身の引越しプランは、引越しする時期や曜日や時間帯、引越しする荷物量、引越しする移動距離によって料金は、変動します。

また、依頼する引越し業者によって、ある業者は、見積もりの際に10万円を提示したり、ある業者は5万円を提示したりするので、同じ条件で引越しをする場合だったとしても料金にばらつきがあります。

そんなにも料金に違いが出ることがあるんだ。

通常の引越しプランは、単身パックと比べると料金が割高になるイメージがありますが、引越しするタイミングや依頼する業者の選び方によっていは、単身パックよりも料金が安くなり、運べる荷物量は、多く運べる場合もあります。

また、通情の単身の引越しプランの場合は、布団袋やダンボールなどの梱包資材も無料で提供してくれたり、レンタルしてくれたりするので、梱包資材を準備する費用や手間も省ける点もありがたいです。

タンスを含めた単身の引越し費用を安くするには?

単身パックのように料金が決まっている場合は、すぐに相場が分かりますが、単身パックを利用せず、通常の単身の引越しプランの利用を検討する場合は、最低3社以上の相見積もりを取ることがとても大切です。

他にもどの業者の引越しプランが安くなるのか?よく分からない場合も相見積もりを取ると良いでしょう。

相見積もりを取る事が大切な理由は、タンスや衣装ケースを含めた単身の引越し料金の相場がよく分かる事や業者間での引越し料金の違いが分かったり、よく比較が出来る事です。

3社以上の相見積もりを取ることで引越し料金が5万円近く安く抑える事も可能です。

そうなんだ。でも数ある引越し業者の中からどの業者をピックアップして相見積もりをすれば良いか?悩むな~

相見積もりを取ることを検討している場合は、無料の引越し一括見積もりサイトを利用すると良いです。

引越し一括見積もりサイトとは?

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、タンスの単身の引越しに最適な引越し業者を見つけることも容易です。

もちろん、単身パックを利用するにしても、あなたにとって最適な引越し業者を比較しながら見つける事も出来ます。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、引越し料金の値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、引越しを安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

単身パックやその他の引越し方法に最適な業者を簡単に見つけられる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

単身のタンスの引越しにオススメの一括見積もりサイト2選!

タンス・衣装ケースの引越し料金の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のタンス・衣装ケースの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「単身パックでタンス・衣装ケースの引越し」「タンスを含めた単身の引越しで安くなる引越しをしたい」などと入力をしましょう。

以下に単身のタンス・衣装ケースの引越しの見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 注意点!単身パックで運べる本棚のサイズ・梱包・中身まとめ

  2. 想定外な値段?ベッドの引越しや運送を格安にするには?

  3. ソファーの移動・運搬の引越し業者、便利屋の料金相場を比較!

  4. 解決! 家具が玄関、階段から通らない、入らない場合の対処法

  5. 机の引越し料金はどれくらい?損せず安くするには?

  6. 注意点!IKEAのベッドの引越し料金 解体・組み立ての業者の対応

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP