引越しプラン

ヤマトか日通?単身パックの洗濯機の引越し・設置・取り付けを比較!

一人暮らしで洗濯機を含めた少量の荷物を引越ししたい場合、単身パックという引越し方法がありますね。

単身パックのサービスでオススメの業者がヤマトホームコンビニエンスと日通がコストパフォーマンスが良くてオススメです。

ただし、ヤマトと日通の単身パックでは、専用のカーゴ(コンテナボックス)の大きさが違いますし、料金にも違いがあります。

洗濯機を専用のカーゴ(コンテナボックス)に載せられるのか?他の荷物との積み合わせも気になるところでしょう。

ヤマトや日通の単身パックを利用する場合は、洗濯機の取り外し・取り付け・設置もどの程度してもらえるのか?料金は追加で必用なのか?なども知りたいところですよね。

また、洗濯機を含めた一人暮らしの引越しでは、ヤマトの単身パックか日通の単身パックのどちらを選ぶと良いのか?または、他の引越し方法の方が良い場合があるのか?なども事前知識として知っておくと、得する事もあるでしょう。

このページでは、洗濯機の引越しでヤマトの単身パック、日通の単身パックの比較、取り付けや設置の事などを詳しく紹介させていただきます。

目次

単身パックでは、全自動洗濯機(縦型)もドラム式洗濯機も運べるの?

単身パックでは、カーゴ(コンテナボックス)のサイズが決まっているため、カーゴ(コンテナボックス)のサイズに収まりきらない荷物は、そもそも運ぶことが出来ません。

単身パックのカーゴ(コンテナボックス)で運べない洗濯機は、あるの?

結論からお伝えしますと、基本的には、全自動洗濯機(縦型)もドラム式洗濯機も殆どの単身パックのカーゴ(コンテナボックス)で運ぶ事が出来ます。

ただし、ファミリーサイズの大きなドラム式洗濯機をカーゴ(コンテナボックス)に積んでしまうと、あまりのスペースが少なくなってしまうので、他の引越しの荷物をあまり積めなくなってしまいます。

まずは、一人暮らし用の全自動洗濯機(縦型)とファミリーサイズのドラム式洗濯機のサイズを確認してみましょう。

SHARP 全自動洗濯機 洗濯4.5kg

参照:ビックカメラ

一人暮らし用の全自動洗濯機(縦型)で洗濯容量は4.5kgです。
幅56.5㎝×奥行き54㎝×高さ89㎝=3辺合計長さは199.5㎝、重量は30㎏でコンパクトな縦型の洗濯機です。

サイズが小さく、重量も軽いので、もちろん単身パックのコンテナボックスには、十分積み込めますし、冷蔵庫や他の家電も一緒にコンテナボックスに積み込む事が可能です。

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機(洗濯11.0kg /乾燥6.0kg)

参照:ビックカメラ

ファミリー用(洗濯11.0kg/乾燥6.0kg)のドラム式洗濯機ですが、中には一人暮らしの人でもこのような大きめのドラム式洗濯機を所有している人もいるでしょう。
幅63.9㎝×奥行き72.2㎝×高さ105.8㎝=3辺合計長さは241.9㎝、重量は79㎏です。

縦型洗濯機と比べると、サイズもかなり大きくなり、重量も重くなりますが、単身パックのカーゴ(コンテナボックス)に殆どの場合は、積み込む事は出来ます。

ただし、前途したようにファミリーサイズのドラム式洗濯機をカーゴ(コンテナボックス)に積み込むと他の引越し荷物があまり運べなくなります。

ヤマトの単身パックの専用カーゴ(コンテナボックス)

参照:ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスの単身パックの正式名称は、「わたしの引越」です。

ヤマトホームコンビニエンスの単身パックでは、トラック1台に専用のカーゴ(コンテナボックス)と他の人の荷物を積み合わせて運ぶ事で通常の引越しと比べて安くで引越しをする事が出来ます。

ヤマトの専用のカーゴ(コンテナボックス)のサイズは、どれくらいなの?

ヤマトの専用のカーゴ(コンテナボックス)のサイズや全自動洗濯機(縦型)、ドラム式洗濯機のサイズの比較、洗濯機と積み合わせて運べる荷物量などを紹介しますね。

ヤマトの単身パックのコンテナボックスのサイズ

参照:ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスの単身パック「わたしの引越」のカーゴ(コンテナボックス)の大きさは、幅104cm、奥行き104cm、高さ170cmになります。

単身パックのカーゴ(コンテナボックス)のサイズ&料金の業者の比較

単身パックのコンテナサイズと1boxの料金のヤマトを含む業者ごとの一覧も紹介します。

引越し業者サービス名料金コンテナのサイズ
ヤマトホーム
コンビニエンス
わたしの引越14000円~横幅104㎝
奥行104㎝
高さ170㎝
日本通運単身パックS16,000円~横幅108㎝
奥行74㎝
高さ155㎝
単身パックL18,000円~横幅108㎝
奥行104㎝
高さ175㎝
サカイ
引越センター
小口便
引越サービス
要問合せ横幅105㎝
奥行75㎝
高さ144㎝
ハトのマーク
の引越センター
小鳩パック要問合せ横幅104㎝
奥行74㎝
高さ146㎝
青春引越便
(長距離専用)
要問合せ横幅105㎝
奥行105㎝
高さ180㎝
佐川急便カーゴプラン21,000円~横幅100㎝
奥行75㎝
高さ145㎝
西濃運輸カンガルー
単身MAX+1
1.1立方mタイプ
20,000円~横幅103㎝
奥行74㎝
高さ144㎝
カンガルー
単身MAX+1
2.5立方mタイプ
23,000円~横幅115㎝
奥行128㎝
高さ170㎝
三八五
引越センター
シングルパック
Mサイズ
15,000円~横幅110㎝
奥行80㎝
高さ150㎝
シングルパック
Lサイズ
18,000円~横幅110㎝
奥行110㎝
高さ170㎝

日通や西濃運輸などの単身パックのカーゴ(コンテナボックス)では、小さいサイズと大きいサイズがありますが、ヤマトの単身パックのカーゴ(コンテナボックス)では、1つのサイズのみになります。

ヤマトのカーゴ(コンテナボックス)の大きさは、サカイ引越センター、佐川急便などの単身パックのカーゴ(コンテナボックス)と比べると、高さもあり、比較的大きめのサイズになります。

ヤマトと日通の単身パックは、他の引越し業者の単身パックと比べるとコストパフォーマンスが良いのが分かりますね。

ヤマトの単身パックのコンテナボックスのサイズと洗濯機のサイズを比較

 横幅奥行き高さ
わたしの引越
コンテナボックス
104㎝104㎝170㎝
全自動洗濯機
(洗濯4.5kg)
56.5㎝54㎝89㎝
ドラム式洗濯乾燥機
(洗濯11.0kg /乾燥6.0kg)
63.9㎝72.2㎝105.8㎝

上記表は、ヤマトの単身パック(わたしの引越)のコンテナボックスのサイズと洗濯機のサイズを比較した表です。

一人暮らし用の全自動洗濯機(4.5kg)のサイズであれば、ヤマトの専用のカーゴ(コンテナボックス)に十分載せられますし、他の引越し荷物の積み合わせも可能です。

ファミリー用のドラム式洗濯乾燥機(洗濯11.0kg /乾燥6.0kg)は、サイズも重量もありますが、ヤマトの専用のカーゴ(コンテナボックス)に載せられます。

ただし、空きスペースが小さくなるので、他に運べる荷物が少なくなってしまいます。

ヤマトの単身パックのコンテナボックスで運べる荷物量の目安

参照:ヤマトホームコンビニエンス

引越し業者サービス名運べる荷物量
ヤマトホーム
コンビニエンス
わたしの引越
1box分 ケース1
冷蔵庫(2ドア)、洗濯機、電子レンジ、掃除機、
座椅子、テレビ、テレビ台、ダンボール×5個
わたしの引越
1box分 ケース2
ダンボール×15個、テレビ台、ローテーブル、布団、
カラーボックス、衣装ケース×3個、テレビ
わたしの引越
2box分
ダンボール×15個、冷蔵庫(2ドア)、電子レンジ、
衣装ケース×5個、整理タンス、テレビ台、布団、
洗濯機、カラーボックス、ローテーブル、テレビ

上記表は、ヤマトの単身パックのコンテナボックス1台分と2台分で積み込める荷物量の目安になります。

洗濯機を積み込むなら、1box分 ケース1のように冷蔵庫(2ドア)、洗濯機、電子レンジ、掃除機、座椅子、テレビ、テレビ台、ダンボール×5個くらいがコンテナボックス1台分で積み込める目安になります。

ワンルームに住んでいて、持っている家財を全て運びたい場合は、コンテナボックス1台分では積み込む事が出来ず、コンテナボックス2台分が必用になる可能性があります。

以下の動画も参考にすると良いです。

ヤマトの単身パックで洗濯機を積むポイント

一人暮らし用の全自動洗濯機であれば、2ドア冷蔵庫と他の荷物も積み合わせて運べる

ファミリー用のドラム式洗濯乾燥機を積む場合は、他の荷物をあまり積めなくなる

洗濯機以外の荷物も多い場合は、コンテナボックス2台分が必用になる

日通の専用カーゴ(コンテナボックス)

参照:日通

続けて、ヤマトと並んで単身パックのサービスでコストパフォーマンスが良い日通の単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)のサイズや洗濯機のサイズの比較、洗濯機と積み合わせて運べる荷物量などを紹介します。

日通の単身パックのコンテナボックスのサイズ

参照:日通

日通の単身パックの専用のカーゴ(コンテナボックス)は、単身パックSと単身パックLの2つのサイズからなっています。

単身パックSの大きさは、幅108cm、奥行き74cm、高さ155cmになり、単身パックLの大きさは、幅108cm、奥行き104cm、高さ175cmになります。

ヤマトの単身パックと比べると、専用のカーゴ(コンテナボックス)の大きさを2つから選べるので、洗濯機の大きさや荷物量に合わせて単身パックSか単身パックLかを選べるのが良いね。

日通の単身パックのコンテナボックスのサイズと洗濯機のサイズを比較

 横幅奥行き高さ
単身パックS108cm74cm155cm
単身パックL108cm104cm175cm
全自動洗濯機
(洗濯4.5kg)
56.5㎝54㎝89㎝
ドラム式洗濯乾燥機
(洗濯11.0kg /乾燥6.0kg)
63.9㎝72.2㎝105.8㎝

上記表は、日通の単身パックS、単身パックLのコンテナボックスのサイズと洗濯機のサイズを比較した表です。

全自動洗濯機(洗濯4.5kg)は、単身パックSでも単身パックLでも十分に載せられます。

ただし、単身パックSに全自動洗濯機(洗濯4.5kg)を積む場合は、他の荷物をあまり積めなくなります。

ドラム式洗濯乾燥機(洗濯11.0kg /乾燥6.0kg)は、奥行きが72.2cmあるのに対し、単身パックSのコンテナボックスの奥行きは、74cmとなるため、洗濯容量が11.0kgあるような大きめのドラム式洗濯機を日通の単身パックで運ぶには、単身パックLを選ぶほうが良いです。

ただし、ドラム式洗濯乾燥機(洗濯11.0kg /乾燥6.0kg)は、単身パックLには、載せられますが、その分、他の荷物はあまり積めなくなります。

日通の単身パックのコンテナボックスで運べる荷物量の目安

参照:YouTube

引越し業者サービス名運べる荷物量
日通単身パックS
1box分
冷蔵庫(2ドア)、薄型テレビ(20インチ)、掃除機、
電子レンジ、テレビ台、カラーボックス3段、姿見、
布団、日通ダンボールMサイズ×4個
日通単身パックL
1box分
冷蔵庫(2ドア)、洗濯機(4kg)、薄型テレビ(20インチ)、
掃除機、電子レンジ、テレビ台、衣装ケース、
カラーボックス3段、姿見、布団、日通ダンボールMサイズ×5個

上記表は、日通の単身パックS、単身パックLのコンテナボックス1台分の積み込める荷物量の目安になります。

単身パックSにも洗濯機(4kg)は載せられますが、冷蔵庫(2ドア)との積み合わせは、出来ません。

洗濯機(4kg)と冷蔵庫(2ドア)を積み合わせたい場合は、単身パックLのサイズを選択する必用があるね。

ヤマトの単身パックと同様にワンルームに住んでいて、持っている家財を全て運びたい場合は、単身パックLの大きなサイズであってもコンテナボックス1台分では積み込む事が出来ず、コンテナボックス2台分が必用になる可能性があります。

日通の単身パックLのコンテナボックスは、ヤマトのコンテナボックスと比べると、少しだけサイズが大きいので、ヤマトのコンテナボックスにギリギリ荷物が積みきれない場合は、日通の単身パックLのコンテナボックスに積みきれる場合もあるので、比較検討してみても良いですね。

以下の動画も参考にすると良いです。

日通の単身パックで洗濯機を積むポイント

全自動洗濯機(縦型)は単身パックS、単身パックLに載せられる

ドラム式洗濯機は、単身パックSには積めない可能性があるので単身パックLにする

全自動洗濯機(縦型)と2ドア冷蔵庫を積み合わせたい場合は、単身パックLにする

アプリを使って洗濯機を含めた荷物がコンテナボックスに入るか?確認しよう

参照:GooglePlay

洗濯機を含めた他の引越しの荷物をコンテナボックスに全て積みきれるか?事前に把握できる便利な方法ってないかな?

単身パックのコンテナボックスに洗濯機を含めた引越しの荷物が入りきるかどうか?確認したい場合は、スマートフォンのアプリを使うと便利です。

無料のアプリでオススメなのが「CamToPlan」というアプリです。

「CamToPlan」では、スマホをかざすだけで洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの寸法を簡単に測ることが出来ます。

また洗濯機の単体の寸法だけでなく、ダンボールや家電を積み上げた状態の寸法を測ることが簡単に出来ます。

ですので「CamToPlan」を使って荷物を積み上げた状態の寸法を測り、コンテナボックスのサイズを確認して、荷物が積み切る事が出来るか、確認しておくと良いでしょう。

「CamToPlan」 – iOS版 / Android版

とっても便利なアプリがあるんだね~!

積載シュミレーションを使う

参照:日通

日通の単身パックの場合は、公式サイトにて、積載シュミレーションが行えます。

参照:日通

運びたい家財を選択していくと、単身パックS、単身パックLの専用のカーゴ(コンテナボックス)に荷物が積みきれるか?がある程度、把握出来ます。

ただし、シュミレーションは、あくまで目安になりますので、先程紹介したアプリの方がより正確に積載量を測れます。

ヤマトの単身パックの料金

料金

単身パックで洗濯機やその他の少量の荷物を利用する際に費用面に関してもヤマトや日通の単身パックの料金を事前に把握しておく事は大切です。

ヤマトの単身パックも日通の単身パックも引越し業界の中では、コストパフォーマンスは良いです。

まずは、ヤマトの単身パック(わたしの引越)を利用する際にどのくらいの料金がかかるか?を紹介します。

ヤマトの単身パックのコンテナボックス1台分の料金(税込み)

 札幌仙台東京名古屋大阪広島福岡
札幌15,400円
仙台35,200円15,400円
東京41,800円28,600円15,400円
名古屋45,100円31,900円28,600円15,400円
大阪48,400円35,200円30,800円26,400円15,400円
広島52,800円40,700円35,200円30,800円28,600円15,400円
福岡56,100円44,000円39,600円34,100円31,900円26,400円15,400円

上記表は、ヤマトの単身パックのコンテナボックス1台分の輸送距離に応じた料金になります。

サカイ引越センターの単身パックなどと比べると、費用は、安めです。

後ほど、日通の単身パックの料金も紹介しますが、距離に応じて、ヤマトのほうが安かったり、日通の方が安かったりしますので、よく確認しておくと良いです。

ヤマトの単身パックの割増料金(税込み)

 割増料金
発送/到着のどちらかが土日祝日+2,200円
発送/到着の両方が土日祝日+4,400円
3/20 ~ 4/10の作業+5,500円

上記表は、ヤマトの単身パックの割増料金の表になります。

作業日が土曜日、日曜日、祝日に該当する場合は、集荷日、お届け日それぞれコンテナボックス1台あたり2,200円の割増料金がかかります。

また集荷日、お届け日の両日共に土日祝の場合は、コンテナボックス1台あたり4,400円の割増料金がかかります。

引越し繁忙期の3/20~4/10の期間に作業をしてもらう場合は、コンテナボックス1台あたり5,500円の割増料金がかかります。

ヤマトの単身パックは、基本的に安いですが、3/20~4/10の期間に依頼して、集荷日とお届け日が両日共に土日祝になる場合は、コンテナボックス1台あたり9,900円の割増料金がかかるので、日程調整はよく考える必用があります。

ヤマトの単身パックを利用する場合は、平日にした方が安上がりなんだね。

ヤマトの単身パックのオプション料金(税込み)

 作業内容オプション料金
全自動洗濯機取り外し1,650円
取り付け3,300円
ドラム式洗濯機取り外し3,300円
取り付け8,250円
照明取り外し1,650円
取り付け3,300円
テレビ周辺機器配線テレビ取り付け3,300円
レコーダー取り付け3,300円

上記表は、ヤマトの単身パックのオプション料金の表になります。

全自動洗濯機(縦型)、ドラム式洗濯機を単身パックで運んでもらう際にヤマトで取り外し、取り付けをしてもらうとオプション料金がかかります。

ドラム式洗濯機の取り外し、取り付けをしてもらう場合は、取り外し3,300円+取り付け8,250円=11,550円のオプション料金がかかります。

洗濯機の取り外し、取り付けをヤマトにしてもらうと費用が高くなりますね。

少しでも費用を安くするために自分で洗濯機の取り外し、取り付けを行いたい場合は、下記ページを参考にしてみて下さい。

注意

単身パックの基本料金だけだと、費用は安く感じますが、割増料金やオプション料金が加算されると、意外と高くなるので注意が必用です。

日通の単身パックの料金

日通の単身パックもヤマトの単身パックと同様に料金は、専用のカーゴ(コンテナボックス)1台分×距離というのが基本的な料金です。

日通の場合は、単身パックSと単身パックLの2サイズに分かれていて、サイズによって費用は変わります。

ヤマトの単身パックと比較して、距離に応じてヤマトの方が安くなったり、日通の方が安くなったりする場合があるので、確認をしたながらよく比較してみて下さい。

また日通の場合は、割引などもあるので、割引などを考慮した上でヤマトの単身パックと比較してみましょう。

日通の単身パックSのコンテナボックス1台分の料金(税込み)

 札幌仙台東京名古屋大阪広島福岡
札幌19,800円
仙台36,300円19,800円
東京42,900円26,400円19,800円
名古屋45,100円30,800円26,400円19,800円
大阪48,400円34,100円28,600円24,200円19,800円
広島53,900円39,600円34,100円28,600円26,400円19,800円
福岡57,200円44,000円38,500円33,000円29,700円24,200円19,800円

上記表は、日通の単身パックSのコンテナボックス1台分の輸送距離に応じた料金になります。

ヤマトの単身パックのコンテナボックス1台分の料金と比べると、日通の単身パックSの方は、距離に応じて、安くなる場合もありますが、高くなっている場合もありますね。

例えばヤマトの単身パックの場合は、東京~大阪間の料金が30,800円に対し、日通の単身パックLの場合は、東京~大阪間の料金は、28,600円になるので、日通の単身パックSの方が安くなります。

ただし、日通の単身パックSのコンテナボックスは、ヤマトの単身パックのコンテナボックスと比べると、サイズが小さくなりますし、両社には割引やオプション料金、割増料金などの違いがあるので、総額の金額を考慮した上で、どちらの業者を選ぶと良いか?を比較検討すると良いでしょう。

少しでも単身パックの料金を安くしたいなら、きちんと比較検討したほうが良さそうだね。

日通の単身パックLのコンテナボックス1台分の料金(税込み)

 札幌仙台東京名古屋大阪広島福岡
札幌22,000円
仙台41,800円22,000円
東京50,600円30,800円22,000円
名古屋53,900円36,300円30,800円22,000円
大阪57,200円39,600円34,100円30,800円22,000円
広島64,900円48,400円40,700円34,100円30,800円22,000円
福岡68,200円52,800円47,300円38,500円35,200円28,600円22,000円

上記表は、日通の単身パックLのコンテナボックス1台分の輸送距離に応じた料金になります。

日通の単身パックLのコンテナボックスは、ヤマトの単身パックのコンテナボックスの大きさと比べると、やや大きめです。

では、日通の単身パックLとヤマトの単身パックのコンテナボックス1台分の料金は、比較してみるとどうでしょうか?

ヤマトの単身パックの場合は、東京~大阪間の料金が30,800円に対し、日通の単身パックLの場合は、東京~大阪間の料金は、34,100円と3,300円の差額があります。

日通の場合は、ここから割引があったりしますし、両社の割増料金やオプション料金、コンテナボックスに入る荷物を考慮した上でどちらを選ぶか?考えると良いでしょう。

日通の単身パックの割増料金(税込み)

 割増料金
平日の夜間配達(18~21時)+2,200円
土日祝日配達+2,200円
土日祝日の夜間配達(18~21時)+4,400円
3/16 ~ 4/15の作業+5,500円

上記表は、日通の単身パックの割増料金の表になります。

日通の場合は、夜間配達や土日祝日配達などが割増料金に該当します。

また引越し繁忙期の3/16~4/15の期間に作業をしてもらう場合は、コンテナボックス1台あたり5,500円の割増料金がかかります。

ヤマトと比べると、割増料金が該当される繁忙期の期間が若干違いがあります。

日通の単身パックも割増料金がプラスされる事で料金が高くなっていきますので、単身パックの合計金額を算出した上で、日通の単身パックを依頼した方が良いか?検討する必用がありますね。

日通の単身パック、ヤマトの単身パック、その他の方法をよく比較検討する必用はあるね。

日通の単身パックのオプション料金(税込み)

 作業内容オプション料金
家具(ベッドや棚など)解体2,200円
組み立て3,300円
全自動洗濯機取り外し無料
取り付け3,300円
ドラム式洗濯機取り外し3,300円
取り付け8,800円

上記表は、日通の単身パックのオプション料金の表になります。

洗濯機を単身パックで運ぶ際にヤマトの単身パックの場合は、全自動洗濯機(縦型)の取り外しに関しては、1,650円のオプション料金が加算されますが、日通の単身パックの場合は、全自動洗濯機(縦型)の取り外しに関しは、無料でしてもらえます。

1,650円というとほんの少しの違いに感じますが、他のオプション料金や割増料金などを追加していくと、ヤマトの単身パックと日通の単身パックで差額が開く場合もあるので、ちょっとした金額の違いも丁寧に比較するようにしましょう。

全自動洗濯機(縦型)の取り付け、ドラム式洗濯機の取り外しのオプション料金は、ヤマトと日通では同じです。

ドラム式洗濯機の取り付け料金は、ヤマトの単身パックが8,250円なのに対し、日通の単身パックは、8,800円で550円の差額があります。

日通の単身パックの割引料金(税込み)

 割引条件割引料金
インターネット割引
パソコン、スマホで公式サイトの
ネット見積もりから申し込む
-2,200円
複数ボックス割引単身パックを2つ以上利用の場合、
1ボックスにつき割引。
1ボックスにつき
-1,100円
開始時間おまかせ割引引越し作業開始時間を日通にお任せ1ボックスにつき
-1,100円

上記表は、日通の単身パックの割引料金の表になります。

日通の単身パックは、ヤマトの単身パックとは違い、割引料金があります。

例えば、単身パックL(1ボックス分)を東京~大阪間で利用する場合、通常は、34,100円になりますが、インターネット割引と開始時間おまかせ割引の条件が該当した場合、-3,300円になるので、合計が30,800円になります。

ヤマトの単身パックも東京~大阪間は、30,800円になりますので、料金は同じになります。

ヤマトの単身パックのコンテナボックスより日通の単身パックLのコンテナボックスの方がサイズは、大きく荷物量も多少、多く積み込めます。

割引料金を考慮すると、日通の単身パックの方がヤマトの単身パックより安くなる場合もありますので、よく比較検討しましょう。

割引料金も考慮した上で比較検討する必用があるね。

ヤマト・日通の単身パックを利用する際の事前準備

荷造り 引越し自分で

ヤマトや日通の単身パックで洗濯機を運んでもらう場合、どのような事前準備が必用なの?他の荷物の事前準備についても詳しく知りたい。

ヤマトも日通も洗濯機の事前準備は、自分でする場合は、水抜きなど必用です。また衣類や小型家電は、自分で事前に梱包しておく必用もあります。

以下にヤマト・日通の単身パックを利用する際に必用になってくる事前準備について紹介します。

ダンボールは自分で用意する

参照:日通

ヤマトの単身パックや日通などの単身パックを利用する場合、梱包材となるダンボールは、自分で用意する必用があります。

日通では、上記画像の梱包資材セットが3,080円税込販売されています。

日通の梱包資材は、

  • ダンボールSサイズ(340×340×320mm) ・・・ 4個
  • ダンボールMサイズ (540×340×320mm) ・・・ 6個
  • クラフトテープ ・・・ 1個
  • フトン袋 ・・・ 1袋

がセットになっています。

ヤマトでもダンボールは、販売されていて、日通と同じような値段で販売されています。

少しでも梱包資材費用を安くしたい場合は、スーパーで余っているダンボールを分けてもらうか、楽天やAmazonでもう少し安くで購入して準備しておくと良いでしょう。

小物類の荷造りは、自分で事前にしておく

ヤマトの単身パックも日通の単身パックも布団、衣類、書籍、食器類、小型家電などの小物類は、事前に自分で荷造り・梱包をしておきます。

布団は、たたんで布団袋に入れておきましょう。

書籍は、小さなダンボールに小分けして梱包しましょう。

食器類は、新聞紙など柔らかい紙で一つずつ包み、立てた状態でダンボールに詰め込み、隙間は、緩衝材か新聞紙を丸めて埋めておくようにします。

ダンボールに収まる小型家電(電子レンジ、炊飯器など)は、緩衝材を使用し、ダンボールの中に詰め込みます。

書籍、食器類、小型家電をダンボールに梱包する際は、詰めすぎに注意しましょう。

ヤマト・日通の単身パックで洗濯機を運ぶ際の事前準備

ヤマトの単身パック、日通の単身パックで洗濯機を運ぶ場合は、洗濯機の事前準備が必用です。

単身パックで洗濯機を運ぶ際の事前準備には、給水ホース、排水ホース、糸くずフィルター(ドラム式洗濯機のみ)の水抜をしておく必用があります。

洗濯機の水抜きって簡単に出来るの?

結構かんたんにできますよ!

自分で洗濯機の給水ホース、排水ホースの取り外しと水抜をしてみる自信がなければ、ヤマトや日通にしてもらうと良いです。

日通であれば、全自動洗濯機(縦型)の給水ホース、排水ホースの取り外しと水抜に関しては、無料でしてもらえます。

ただし、ドラム式洗濯機の給水ホース、排水ホースの取り外しと水抜をヤマトや日通にしてもらうとなると、オプション料金がかかるので、少しでも費用を安くしたいのであれば、自分でしてみると良いでしょう。

単身パックで洗濯機や冷蔵庫を運ぶ事前準備に関して、より詳しく知りたい場合は、下記ページをご確認下さい。

洗濯機などの大型家電・家具はヤマト・日通で梱包してもらえる

参照:YouTube

洗濯機や冷蔵庫などの大型家電や家具類は、集荷日にヤマトや日通の方で専用の梱包材で丁寧に手際よく梱包してもらえるので、事前に自分で梱包しておく必用は、ありません。

また、洗濯機などの専用の梱包資材もヤマトや日通の方で事前に準備して基本料金内で梱包をしてもらえます。

下記動画では、日通の単身パックでの洗濯機や家電、電子レンジ、テレビをどのように梱包してもらえるか?が紹介されています。

引越し後の洗濯機の取り付け

参照:GAONA

ここでは、引越し後の洗濯機の取り付け・設置についても紹介させていただきます。

洗濯機の設置や取り付けって自分でするのは難しそう。

やり方のコツさえつかめば、洗濯機の設置や取り付けは、自力でも十分に行えますよ。

洗濯機を設置場所までは、ヤマトや日通の方で引越し後に運んでもらえますが、その後の排水ホースや給水ホースの取り付けや「防水パン」に洗濯機を設置する際の高さ調整をヤマトや日通にしてもらう場合は、オプション料金がかかります。

全自動洗濯機(縦型)の取り付けは、3,300円のオプション料金がかかりますし、ドラム式洗濯機であれば、ヤマトでは、8,250円ですし、日通では、8,800円のオプション料金がかかるので、割増料金などもかかる場合は、費用が思っていたより高くなります。

少しでも単身パックの費用を安く抑えたいのであれば、洗濯機の取り付けは、自分で行うようにしましましょう。

単身パックを利用する際に自分で洗濯機の設置・取り付けを行いたい場合は、下記ページで取り付け方法を詳しく紹介していますので、ご確認下さい。

ヤマト・日通の単身パックのメリット・デメリット

ここでは、ヤマトの単身パックと日通の単身パックのメリット、デメリットを紹介していきましょう。

ヤマト・日通の単身パックは、費用面でもお得なサービスだけど、メリット・デメリットをおさらいしておきたい。

そうですね。ヤマトと日通の単身パックのメリット・デメリットを知ることも大切ですね。

ヤマトの単身パックのメリット

ヤマトの単身パックのメリットは、以下のような点があります。

コストパフォーマンスが良い

ヤマトの単身パックは、単身パックのサービスの中でも他の引越し業者と比べて、日通の単身パックと並び、とてもコストパフォーマンスが良いサービスです。

洗濯機を含めた少量の単身の引越しであれば、日通の単身パックと比較して、どちらかのサービスを選ぶことで、費用を抑えて引越しをすることが出来ます。

コンテナボックスのサイズが大きい

ヤマトの単身パックのコンテナボックスは、他の引越し業者のコンテナボックスと比べてもサイズが大きめになりますが、費用面は、安めになります。

例えば、佐川急便の「カーゴプラン」、サカイ引越センターの「小口便引越サービス」などのコンテナボックスと比べると、コンテナボックスのサイズは大きいですが、引越しの移動距離に対しての料金は、佐川急便やサカイと比べて安いです。

WEB完結で予約が取れる

通常の単身の引越しプランは、電話でのやり取りや、相見積もりをする必用がありますし、訪問見積もりの際には、細かな条件を伝えたり、値下げ交渉をしたりなど、時間と労力が意外とかかります。

しかし、ヤマトの単身パックでは、WEBで見積もり・予約を完結するので、電話でのやり取りや訪問見積もりをする必用がありません。

WEB上で郵便番号を入力し、希望日を選ぶと、コンテナボックス1台分の料金が出ます。

その上で引越しする洗濯機などの荷物を入力し、洗濯機の取り外しや取り付けを依頼するかどうか?などを選択すれば費用は分かりますし、簡単に申し込みが完了します。

単身パックのサービスの中でもWEB上で予約が完結出来る業者は、少なく、ヤマトの単身パックと日通の単身パックなど少数になります。

ヤマトの単身パックのメリット

コストパフォーマンスが良い

コンテナボックスのサイズが大きい

WEB完結で予約が取れる

ヤマトの単身パックのデメリット

ヤマトの単身パックのデメリットは、以下のような点があります。

割引がない

日通の単身パックと比較した上でヤマトの単身パックのデメリットは、割引がない点です。

ヤマトの単身パックは、旧サービスでは、WEB申し込み割引、平日割引、早期申込割引などがあったのですが、「わたしの引越」というサービス名に変更してから割引がなくなりました。

ダンボールの梱包材は有償

他社の単身パックのサービスでは、ダンボールが無料の場合もありますが、ヤマトの単身パックの場合は、ダンボールなどの梱包材は、自分で用意するか、ヤマトで購入する必用があります。

オプション料金と割増料金が加算されると費用が高くなる

ヤマトの単身パックは、基本的には、コストパフォーマンスが良いですが、エアコンの着脱や洗濯機の取り付け作業などの依頼が多くなってしまったり、土日祝日などに集荷を依頼すると割増料金が加算されてしまいます。

基本料金だけだと、料金が安く済むはずだったけど、オプション料金がいくつか増えたり、割増料金が加算されたりすることで、結果的には、引越し費用が高くなってしまったなどにもなりかねません。

いっけん、安くなりそうだけど、オプション料金や割増料金が加算される場合は、よく考える必用があるんだね。

ヤマトの単身パックは、一見安く思いますが、オプション料金や割増料金が加算されると、思っていたより高くなります。

コンテナボックスに荷物が入り切らない場合は、割高になる

洗濯機を運ぼうとすると、他の荷物がコンテナボックスに入らなってしまって、コンテナボックス2台が必用になる場合は、通常の単身の引越しプランより割高になってしまう場合があります。

またコンテナボックス2台分の近距離の引越しをするなら赤帽を利用して引越しをした方が安くなる場合もあります。

他にも、コンテナボックス1台分+らくらく家財宅急便という組み合わせで引越しをした方が費用が安く抑えられる場合もあります。

引越しする荷物量が少量ではなく、コンテナボックス1台に収まり切らない場合は、ヤマトの単身パック以外の引越し方法も検討すると良いでしょう。

ヤマトの単身パックのデメリット

割引がない

ダンボールの梱包材は有償

オプション料金と割増料金が加算されると費用が高くなる

コンテナボックスに荷物が入り切らない場合は、割高になる

日通の単身パックのメリット

日通の単身パックのメリットは、以下のような点があります。

割引がある

日通の単身パックのメリットは、インターネット申し込み割引などのような割引サービスがある点です。

ヤマトの単身パックと比較して、割引がある点は、日通のメリットと言えます。

日通の割引サービスを上手く利用すれば、ヤマトの単身パックより得して引越しが出来る事があります。

コンテナボックスのサイズが選べる

日通の単身パックは、単身パックS、単身パックLと2サイズから選べます。

ヤマトの単身パックと比較して、コンテナボックスのサイズを選べる点も日通のメリットと言えます。

荷物量が少なくて小さいサイズのコンテナボックスで良ければ、単身パックSを選ぶ事で費用を少しでも安く抑える事が出来ます。

WEB完結で予約が取れる

日通の単身パックもヤマトの単身パックと同様にWEB完結で予約が取れる事も利点の一つです。

仕事で忙しくて日中に電話が出来ない場合でもWEBからの申込みであれば、24時間いつでも予約が出来るのでありがたいですね。

日通の単身パックのメリット

割引がある

コンテナボックスのサイズが選べる

WEB完結で予約が取れる

日通の単身パックのデメリット

日通の単身パックのデメリットは、以下のような点があります。

ダンボールの梱包材は有償

日通の単身パックは、ヤマトの単身パックと同様にダンボールの梱包材は、無料で提供はしてもらえないので、自分で用意するか、日通のダンボールを購入する必用があります。

オプション料金と割増料金が加算されると費用が高くなる

日通の単身パックは、ヤマトの単身パックと同様にオプション料金と割増料金が加算されます。

ヤマトの単身パックと同様に基本料金は、安いですが、オプション料金と割増料金が追加されると、思ったよりも費用が高くなるので注意が必用です。

オプション料金と割増料金をプラスした上でトータルして費用が安くなっているか?を検討する必用があるね。

コンテナボックスに荷物が入り切らない場合は、割高になる

コンテナボックスに洗濯機を載せると他の荷物が入らない場合は、コンテナボックス2台にするか洗濯機だけをヤマトや日通の別送便で送る方法があります。

しかしコンテナボックス2台分になったり、別送便を利用する場合は、通常の単身の引越しプランや赤帽と比べて割高になってしまう場合があります。

日通の単身パックのデメリット

ダンボールの梱包材は有償

オプション料金と割増料金が加算されると費用が高くなる

コンテナボックスに荷物が入り切らない場合は、割高になる

洗濯機を含めた荷物が単身パックに入らない場合の対処法

洗濯機が大きくて、洗濯機との積み合わせで他の荷物が単身パックのコンテナボックスに入らない場合、何かオススメの方法はあるかな?

洗濯機が大きくてや他の荷物がコンテナボックスに入らない場合は、以下の3つの方法を検討してみましょう。

洗濯機や他の荷物がコンテナボックスに入らない場合

コンテナボックスをもう一つ追加する

ヤマト・日通の別送便を利用する

赤帽をを利用する

コンテナボックスをもう一台追加する

洗濯機のサイズが大きくて洗濯機と他の荷物も合わせてコンテナボックスに積みきろうとすると、全ての荷物が積みきれないという場合があります。

日通の単身パックLのような大きめのコンテナボックスでも荷物が積みきれない場合は、コンテナボックスをもう一つ追加するという方法もあります。

ただし、コンテナボックスを2台にすると、料金は、2倍になります。

もし、コンテナボックス2台分に隙間なく荷物がパンパンに入る場合は、料金的にはそれほど損をしませんが、コンテナボックスを2台にする事で余分なスペースが結構残ってしまう場合は、料金的に損をする場合もあります。

コンテナボックス2台分だと、余分なスペースが空きすぎる場合は、どうしたら良いの?

荷物の量がコンテナボックス2台分だと余分なスペースが出る場合は、以下の2つの方法も検討してみると良いでしょう。

ヤマト・日通の別送便を利用する

参照:日通

コンテナボックスに全ての荷物を積みきろうとすると、洗濯機だけ積みきれないという場合もあります。

もし洗濯機だけコンテナボックスに積みきれない場合は、洗濯機だけをヤマトや日通の別送便で運んでもらう方法もあります。

単身パック(コンテナボックス1台分)と洗濯機だけ別送便で送ってもらう方法は、単身パック(コンテナボックス2台分)よりも安上がりになる事があります。

ヤマトにも日通にも別送便はあるの?

ヤマトにも日通にも別送便はあるので、以下に紹介します。

ヤマトのらくらく家財宅急便

ヤマトのらくらく家財宅急便は、洗濯機やその他の家具など1点から希望のエリアに配送してもらえるサービスです。

らくらく家財宅急便の場合は、縦×横×奥行の3辺の合計が450㎝以内まで対応可能です。

自宅まで洗濯機などの荷物を引き取りに来てもらえて、梱包から設置までしてもらえます。

ただし、洗濯機の取り外し・取り付けなどは、オプション料金がかかります。

らくらく家財宅急便での洗濯機の輸送の相場
サイズ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
全自動洗濯機
(3辺の合計200cm以内)
4,400円5,390円6,270円
ドラム式洗濯機
(3辺の合計250cm以内)
7,535円8,855円11,935円

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」を利用して洗濯機1つを輸送する場合の相場は上記の表になります。

らくらく家財宅急便の料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

コンテナボックス1台分+らくらく家財宅急便の合計金額と後ほど紹介する赤帽での費用でどちらが安くなるか?比較してみるのも良いでしょう。

日通の別送便

日通の場合も洗濯機だけ、冷蔵庫だけなど家電や家具1点からを別送便で運んでもらう事が出来ます。

洗濯機などを別送便で運んで貰う場合は、単身パックとは別に料金はかかりますが、単身パックと一緒に申し込みをして、同じトラックの中に単身パックのコンテナボックスと一緒に運んでもらう事が出来ます。

ヤマトのらくらく家財宅急便のように公式サイトで料金の算出は出来ないので、詳しい料金を知りたい場合は、直接、見積もりを取る必用があります。

赤帽を利用する

参照:赤帽

洗濯機やその他の荷物が単身パックに乗り切らない場合で、引越し先が近距離の場合は、単身パックを利用せず、赤帽を利用した方が引越し料金が安くなる場合があります。

赤帽は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」という個人事業主の団体です。

運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、1点からでも輸送可能です。

赤帽の軽トラックの大きさは、長さ194cm、幅141cm、高さ18cmになります。
最大積載量は、350kgまでの重さであれば、洗濯機、冷蔵庫さらには、ソファーなどの家電の運搬も可能です。

赤帽の場合は、引越し先が近距離であれば、「単身パックのコンテナボックス2台分」や「単身パックのコンテナボックス1台分+らくらく家財宅急便」より料金が安くなる場合があります。

しかし、中距離や長距離になると、走行距離によって追加料金が加算されて、「単身パックのコンテナボックス2台分」や「単身パックのコンテナボックス1台分+らくらく家財宅急便」より料金が高くなる場合もあります。

赤帽での引越しの料金相場
時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
7500円~13750円
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

赤帽の場合は、地域によって、多少の費用のばらつきがありますので、詳しい金額は直接問い合わせをしましょう。

また引越しの時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されます。

単身の洗濯機の引越しの格安業者を見つけるには?


ヤマトや日通の単身パックで洗濯機を運んでもらう方法が一番安く済む場合があります。

しかし洗濯機のサイズが大きかったり、引越しの荷物量が多くて単身パック以外の方法で引越しをした方が安く済む場合もあります。

単身パックのコンテナボックスに洗濯機や他の荷物が入るとしても、どの業者の単身パックのサービスを利用したほうが良いのか?悩む事もあるでしょう。

それぞれの状況に応じて、手間ひまかけず、ぴったりの引越し業者を探すには、引越し一括見積もりサイトを利用してみると良いですよ。

引越し一括見積もりサイトってどんなサービスなの?

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、洗濯機を含んだ単身の引越しに最適な引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、引越し料金の値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、単身パックを利用するよりも複数の見積もり業者から相見積もりを取る事で費用が単身パックより安くなる業者を見つけられる事があります。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

単身パックやその他の引越し方法に最適な業者を簡単に見つけられる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

単身の洗濯機の引越しにオススメの一括見積もりサイト2選!

洗濯機の引越しの見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像の該当する洗濯機・乾燥機の部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「単身パックで洗濯機の引越しと取り外し・設置作業」「洗濯機を含めた単身の引越しで安くなる引越しをしたい」などと入力をしましょう。

以下に単身の洗濯機の引越し・取り外し・取り付け、設置の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 引越し洗濯機の移動

    引越しで洗濯機が壊れた?素人には難しい洗濯機の移動方法

  2. 引越し単身パックで家電を運ぶのは?レンタルする方法も!

  3. 引越し業者の荷造り&梱包サービスの料金相場とサービス内容

  4. 大型テレビの引越し料金っていくらくらい?割引はあるの?

  5. 洗濯機 引越し 運送 設置 引き取り

    運送・設置・引き取りってどうするの?洗濯機の引越し心得

  6. 洗濯機の引っ越し手順

    簡単にわかるー引越し時の洗濯機の移動、設置手順をチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP