単身引越し

クロネコヤマト

引っ越し単身パックとは?これさえ覚えとけば達人になれる

[記事公開日]:2018/03/28[最終更新日]:2018/04/26

一人暮らしの引っ越しには「引っ越し単身パック」

引っ越し単身パックとは01一人暮らしのでの引っ越しとなると、引っ越し費用はそれほど高くないかなと思いがちです。
しかし実際には一人暮らしの引っ越しであっても引っ越し費用が高くなることはよくあります!
そこでできるだけ引っ越し費用をお安くお得にしたい!という人には、単身パックがおすすめです。

ここでは一人暮らしの引っ越しでおすすめの引っ越しパックについてまとめてみましょう。
引っ越し単身パックを利用することで得するのでしょうか?

引っ越し単身パックとは?

引っ越し単身パックとは一人暮らしの引っ越しにおすすめの引っ越しプランになります。
引っ越し単身パックは日本通運やクロネコヤマトなどの引越し業者が提供する単身者向けの格安の引っ越しプランになります。
この引っ越し単身パックを利用することで通常の引越しプランでかかる費用を数万円以上も安くすること可能です。

引越 安子さん

引っ越し単身パックの特徴を教えてください。

教得 太郎さん

引っ越し単身パックとは、専用コンテナボックスに荷物を詰め込んで輸送するのが特徴です。
コンパクトなので輸送上のメリットも多く、荷物が少ない一人暮らしの人に人気のプランです。

引越 安子さん

専用ボックスとは具体的にどのようなものですか?

教得 太郎さん

業者によってサイズ差はありますが、およそ高さ170cm、横幅110cm、奥行き100cmほどの滑車付きのコンテナボックスと呼ばれる特殊なかご車です。

引越 安子さん

引越し単身パックの取り扱いのある業者はどこですか?

教得 太郎さん

日通の引越し単身パックSと単身パックLや、クロネコヤマトの単身引越しサービス・単身引越しサービスminiなど一般的によく知られています。

一般的には単身パックといえばだいたい理解されるでしょう。
このコンテナボックスによる引っ越しをすることで通常の引っ越しプランとは異なる様々なメリット、デメリットが得られるでしょう。

引っ越し単身パックを利用して得すること、メリットとは?

引っ越し単身パックを利用してえられるメリットはいくつかあります。

教得 太郎さん

メリット1 トラックチャーター便より格安

通常のトラックチャーター便とは異なり、トラックをチャーターする必要がないということ。
基本的に引っ越し単身パックを利用する場合はコンテナボックスごと輸送するため、他の引っ越し単身パックの荷物と一緒に混載便で引っ越し先まで輸送することになります。
コンテナボックスを混載して輸送することで、通常のトラックチャーター便と比べて格安で輸送することができるでしょう。

さらに混載便でたくさんの引っ越し単身パックの荷物を運ぶことによって、ドライバーの人件費用、運送費用も他の引っ越し単身パックと割り勘することになるので格安に引越しが可能です。
特に長距離移動の場合は、ガソリン費用や高速道路費用も割高になってしまうので、混載便はかなりお得と言えるでしょう。

教得 太郎さん

メリット2 運送時の荷物の破損や紛失リスクが少ない

運送時に荷物の破損や紛失するという危険性が低いということです。
引っ越し単身パックは、専用のコンテナボックスに荷物を詰め込んだ形で目的地まで輸送することになります。
発地から着地までコンテナボックスに荷物を入れて運ぶので、人の手が触れることがほとんどないため、運送時の荷物の破損や紛失のリスクも少ないです。
またコンテナボックスごとにその人の荷物が区別されているので、引っ越し単身パックであればほとんど荷物が間違われることはないでしょう。
またコンテナボックスは荷物を保護する役割もあるので、運送時の衝撃から荷物を和らげることもできます。
また梱包材も最小限ですむわけですので、環境にも優しいエコな引っ越し方法と言えるでしょう。

教得 太郎さん

メリット3 訪問見積もりなし・追加料金なし

訪問見積もりなしで引越しできる、追加料金なしで引越しを利用できるという点です。
引っ越しを引っ越し業者に依頼する時には最終的な見積もり額を知るためには必ず訪問見積もりが必要になります。
しかし訪問見積もりは引っ越し業者のスタッフが家にやってくるわけですから、なんとなく抵抗があるという人や訪問見積もりをする時間なんてない!という人も少なくありません。

しかし引っ越し単身パックであれば引っ越し料金をコンテナボックス毎の大きさで値段設定しているので、訪問見積もりをしなくても引っ越しの依頼は可能となっています。
訪問見積もりなしで引っ越しができるので手軽な引っ越し方法と言えるでしょう。
コンテナボックス1台につきいくらという値段設定なので、コンテナボックスに荷物がおさまりさえすれば、追加料金が発生するということもまずありません。

引っ越し単身パックを利用して損することとは?デメリットは?

引っ越し単身パックを利用するとよいことばかり!と思うかもしれません。
しかし引っ越し単身パックの利用を考えるのであればデメリットも理解しておく方がよいでしょう。
引っ越し単身パックにはいくつかの、デメリットがあります。

教得 太郎さん

デメリット1 荷物の量によって割高になる場合がある

コンテナボックス単位の料金になるため、荷物の量が多すぎても少なすぎても引越し費用が割高になるケースがあります。
■荷物の量が多すぎる
コンテナボックス1台の中に荷物が入らないと、引っ越し単身パックの方が通常の引っ越しプランに比べて割高になってしまうことがあるということです。

引っ越し単身パックはコスパがよい引っ越しプランとして定評がありますが、それはあくまでもコンテナボックス1台で引っ越しが完了する時の話です。
単身パックはコンテナボックス1台に全て入る荷物量であれば、運送費用は基本料金以外は追加で支払うことはまずありません。

しかし荷物が入りきらないという場合には、コンテナボックスとは別に、別途引っ越しの荷物を単品で輸送しなければならなかったり、コンテナボックスをもう1台利用しなければならないということもあるでしょう。
もしも積み切れないような荷物がある方、荷物量が多い単身者の場合は、引っ越し単身パックはあまりおすすめできません。
どちらかと言えば引っ越し単身パックは荷物の少ない単身者向けの引っ越しプランと言えるでしょう。

■荷物の量が少なすぎる
逆にコンテナボックスを利用しているのにコンテナボックスの中身はすかすかでほとんど空いているという状態であれば、それはそれで費用のむだになってしまいます。

荷物が極端に少ない引っ越しの場合は、わざわざ引っ越し単身パックなどの引っ越しプランを利用するよりも、宅急便などで別途荷物を行った方がトータルでかかるコストを安くすることもできるでしょう。

教得 太郎さん

段ボールの無料提供や回収サービスなどがない

段ボールの無料提供や回収サービスなどがないという点です。
通常のトラックチャーター便の引っ越しプランの場合は、無料で梱包材としてダンボールを、もらえたりするサービスがあったりします。
また使用したダンボールはそのまま無料回収してくれるケースがある引っ越し業者が多いでしょう。

しかし引っ越し単身パックではダンボールの無料提供や回収サービスなどのサービスは行っていません。
そのため引っ越し単身パックを利用する時には、ダンボールを使いたいのであれば自分で調達してこなければなりませんし、回収もありませんので廃棄も自分たちで行います。
また荷物を多く積み込みたいという人はコンテナボックスのサイズに合わせたダンボールを用意して、梱包するのもよいでしょう。
そうすれば隙間なくぴっちりと荷物を詰め込むことができます。

教得 太郎さん

運送できる荷物のサイズには制限がある

引っ越し単身パックは利用するコンテナボックスの大きさが決められているという点です。
引っ越し単身パックのコンテナボックスは高さ、奥行き、幅全て規定のサイズがあります。
つまり運送できる荷物のサイズには制限がありコンテナボックスよりも大きい荷物は運送することができないのです。
例えばソファーやベッドなど引っ越し単身パックでは入りきらないような荷物は別途家財専用便を依頼して運送する必要もあります。

クロネコヤマトの単身引越サービスとは?

引っ越し単身パックとは05単身パックは日本通運やクロネコヤマトで提供される一人暮らし用の引っ越しプランになります。
クロネコヤマトでは単身引越サービスと呼ばれる引越しプランになります。
便利でお手軽に少量荷物をボックス単位で宅急便感覚で引っ越しができるとあって多くのユーザーから高い支持を受けています。
単身引越サービスと、単身引越しサービスminiがあります。

単身引越しサービス 単身引越しサービスmini
料金目安 12000円~ 11000円~
ボックス内寸(m) 1.04×1.04×1.70=1.83㎥ 1.04×1.04×1.30=1.40㎥
こんな人向け 一通りの家財がある単身住み替え
運ぶ比較的荷物が少ない方
単身引越しサービス

単身引越しサービスの一通りの家財の目安量は以下のようになります。

引っ越し単身パックとは04出典:ヤマトホームコンビニエンス

単身引越サービスmini

単身引越サービスminiの場合は、ダンボール箱を約15箱分、ふとん袋1袋、スーツケース1個ほどの量の荷物が積めます。
自宅から必要最低限を運ぶ比較的荷物が少ない方向けになるので、通常プランよりもさらにお安く引っ越しが可能になります。
クロネコヤマトでは、複数ボックス割引平日割引早期申込割引インターネット割引などの割引特典もあるのでおすすめです。

まずは見積もりで単身パックがよいのか、通常の引っ越しプランがよいのかを考えよう

一人暮らしの引っ越しを考えているものの、どのプランを利用するのがよいのか、引っ越し業者はどれを選べばよいのか分からない…
という方は多いでしょう。

そんな時には引っ越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみましょう。
一人暮らしの引っ越しが関らずしも単身パックがよいとは限りません。
その人の荷物量、移動する距離、引っ越しの時期などによって、単身パックよりも通常の引っ越しプランの方がよい場合もあるのです。
そこで引っ越し見積もり無料一括請求サイトを利用して複数の引っ越し業者から見積もりを請求してみましょう。

複数の業者から見積もりを請求すると、どこの引っ越し業者の見積もり額が安いかすぐに分かります。
その中から安い業者をいくつかピックアップして、そこから訪問見積もりを取れば、単身パックと通常の引っ越しプランとどちらで引っ越しをするべきなのかがよく分かります。
引っ越し見積もり無料一括請求サイトは様々なサイトがありますが、どこも登録料は無料になっているので、いくつかサイトに登録してみるのもよいかもしれません。

また引っ越し見積もり無料一括請求サイトの中には口コミ評価などが書かれているものもあるので、それらの口コミをチェックして見るのもよいでしょう。

引っ越し見積もり無料一括請求サイトは簡単な情報を入力するだけで見積もりを簡単に請求することができます。
見積もりを見ればだいたいどのくらの費用で引っ越しができるのかが把握できますし、それぞれの引っ越し業者によって作業内容やプランの内容も異なりますので、それらもチェックすることができます。

引っ越し単身パック まとめ

単身の引っ越しは平均的なワンルーム程度の荷物でおさまるなら引っ越し単身パックで安く引っ越しできます。
ただし、大型の家具や荷物が多い場合や、逆に少なすぎてコンテナがスカスカな場合は単身パックを利用しない方が良い場合もあるので、引っ越し見積もり無料一括請求サイトを上手に利用して最適な引っ越し費用を見つけましょう。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 品川区内 引越し 料金

    川崎市内の引越し料金節約術!知れば知るほどお得です

  2. 引越しにはどんな割引がある?

    引越しにはどんな割引がある?本気で解説します!

  3. 業界№1の低価格に挑戦する!ベスト引越サービスとは?

  4. 引越し 訪問見積もり 値引き交渉01

    今のうちに確認!引越し訪問見積もりの値引き交渉術

  5. 引越し 一括見積もり 比較 注意点01

    絶対見ておくべき、日本の引越し 一括見積もり比較の注意点

  6. 一人暮らしの同一市内間の引越し料金を安くする方法!相場は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP