家具の移動、引越し

【解決!】無印のベッド、脚付きマットレスの引越し料金・解体まとめ

無印で買ったベッド、引越しの際は、持っていこうか?買い換えようか・・・とどの方法が良いか?色々と考えますよね。

もし無印のベッドを引越し先に持っていく場合、そのままでは部屋から出すことが出来ないので、解体してからになりますが、簡単に解体して組み立てが出来るのでしょうか?

もし無印のベッドを処分する場合、無印で引き取ってもらうか?引越し業者に引き取ってもらうか?どちらのほうが良いのでしょうか?

無印の脚付きマットレスは、細かく分解できないけど、引越し先に入るの?

無印のベッド、脚付きマットレスの引越しをする場合、上記のような様々な疑問が湧いてきますよね。

このページでは、無印のベッド、マットレスの引越し料金、解体や組み立てについて、処分や引き取りについてなどを詳しく解説していきます。

目次

無印のベッドは、引越し先に持っていける?

無印のベッドと言えば、価格もお手頃でシンプルなデザインの木製のベッドがメインです。

一人暮らしでは、脚付きのマットレスも人気です。

ここでは、無印ベッド、脚付きマットレスのサイズや組み立てのやりやすさなどを紹介しつつ、引越し先に持っていくことが可能か?なども紹介します。

無印 木製ベッド パイン材

参照:無印

上記画像のパイン材で作られた無印の木製ベッドは、もっともリーズナブルな価格で展開されています。

もともと使用していた場合は、価格が安いので、引越しの際に処分して新しく買い替えた方が良い場合もあります。

引越しの際に新しく買い替えた方が良い場合もあるんだね。

ベッドフレームのサイズは、スモール、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンからあり、ベッドフレームの組立時のサイズは、

  • スモール:幅83×奥行201.5×高さ74cm
  • シングル:幅100.5×奥行201.5×高さ74cm
  • セミダブル:幅123×奥行201.5×高さ74cm
  • ダブル:幅143×奥行201.5×高さ74cm
  • クイーン:幅163×奥行201.5×高さ74cm

になります。

新たに無印のパイン材の木製ベッドを購入した場合は、組み立て前なので引越し先の玄関、ドア、廊下、階段からも問題なく搬入可能です。

元々使用していて引越し先にもっていく場合は、スモール、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンのどのサイズでもベッドフレームを解体してから持って行き、引越し先で組み立てる必要があります。

無印 木製ベッド オーク材

参照:無印

上記画像のオーク材で作られた無印の木製ベッドは、長い間愛用するためにオーク材で作られているので、パイン材のベッドフレームと比べると長持ちするようになっています。

購入費用もパイン材のベッドフレームの倍くらいになるので、買い換えるよりは引越し先に持っていく方が良い場合もあります。

ベッドフレームのサイズは、スモール、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンからあり、ベッドフレームの組立時のサイズは、

  • スモール:幅84cm×奥行202.5cm×高さ88cm
  • シングル:幅101cm×奥行202.5cm×高さ88cm
  • セミダブル:幅124cm×奥行202.5cm×高さ88cm
  • ダブル:幅144cm×奥行202.5cm×高さ88cm
  • クイーン:幅164cm×奥行202.5cm×高さ88cm

になります。

引越しの際は、解体をしてから搬出をして、引越し先に搬入後に組み立てをする必要があります。

参照:無印

上記画像の別売品のベッド下の収納に関しては、もともと使用していた場合は、引越しの際に解体はせずにそのままの状態で持っていく事が可能です。

収納の中身に関しては、引越し業者によって、そのままで良いという対応もあれば、取り出しておいて下さいという対応もありますので、訪問見積もりの際に営業の方に事前に確認をしておきましょう。

無印 板と脚でできた木製ベッドフレーム

参照:無印

上記画像のベッドフレームは、オーク材かウォールナット材のどちらかで出来ていて、頑丈な作りになっていて、長い間愛用出来ます。

価格もパイン材の安いベッドフレームの倍以上なので、引越しの際に持っていく方が費用面では、安く抑えられます。

参照:マンションジャーナル

上記画像のように①のヘッドボードや③のベッドフレームの脚の部分をパーツごとで組み合わせていくベッドフレームになります。

ベッドフレームのサイズに関しては、ヘッドボードを取り付けているか?取り付けてないか?脚の長さがどれくらいか?などを選べるので、違いが出てきます。

また、スモール、シングル、セミダブルから横幅も違いが出てきます。

引越しの際の搬出・搬入の際は、解体と組み立てが必要ですが、とても簡単に出来ます。

無印 収納ベッド ウォールナット材

参照:無印

上記画像は、無印のウォールナット材の丈夫な素材で作られた収納すぺーすがたっぷりあるベッドです。

収納ベッドは、スモール、シングル、セミダブル、ダブルからあり、引越しの際は、引き出しは、解体しなくて良いですが、ベッドフレームは、解体して引越し先で組み立てる必要があります。

参照:無印

上記画像を確認していただくと分かるように無印の収納ベッドのベッドフレームは、接続部分の固定器具にボルトが使用されています。

ベッドフレームのサイドレールなどを解体するには、組み立てた際に使った六角レンチが必要になります。

無印の収納ベッドは、他の無印のベッドフレームと比べると、解体と再組み立てに時間と労力がかかってきます。

無印 木製2段ベッド

参照:無印

上記画像の無印の2段ベッドを使用している場合は、引越し先に持っていくか?新たに買い換えるか?悩むところですね。

費用も67,410円なので、処分してしまうのももったいないと考える事もあるでしょう。

無印の2段ベッドは、素材がオーク材なので、丈夫に作られていて長く使えます。

ですので、子供が小さいうちは、引越し際に持っていった方が処分して買い換えるよりは、コストパフォーマンスは良いです。

無印の2段ベッドの組立時のサイズは、幅87.5×奥行204×高さ157.5cmになります。

引越しの際は、もちろん解体をしてから搬出し、引越し先で組み立てをする必要があります。

無印 脚付きマットレス

参照:無印

記画像の無印の脚付きマットレスは、脚の取り外しが自由に出来るマットレスで自由度が広がります。

取り外しが簡単に出来るマットレスの脚は、長さが5cm、10cm、12cm、20cm、265cmなどから選べ、脚が長くなれば、マット下のスペースに収納が出来るタイプです。

マットレスのサイズは、スモール、シングル、セミダブル、ダブルからあり、それぞれのサイズは、

  • スモール:幅83×奥行198×高さ26cm
  • シングル:幅98×奥行198×高さ26cm
  • セミダブル:幅120×奥行198×高さ26cm
  • ダブル:幅140×奥行198×高さ26cm

になります。

脚付きマットレスに関しては、引越しの際に脚の部分のみ取り外して引越しをすることになります。

マットレスがダブルのマットレスの場合、横幅が大きくなるので、階段や廊下などから通れない場合があります。

マットレスが搬出・搬入経路を通れない場合、別の搬入経路(1階の大きな窓、2階のベランダなど)から搬出・搬入をする必要が出てきます。

1階の大きな窓や2階のベランダからマットレスを搬出・搬入をする場合は、クレーンやユニックによる吊り上げ作業や人力による吊り上げ作業が必要になります。

注意

無印の脚付きマットレス以外で無印のオーク材のベッドフレームなどを使っている場合でもマットレスのサイズがダブル以上の場合で2階の部屋に搬入する場合は、吊り上げ作業が必要になる事があります。

もし、あなたの無印のマットレスがダブル、クイーンなどのように大きなサイズで吊り上げ作業の必要性がある場合は、下記ページをご確認下さい。

無印のベッドは、解体と再組み立ては、簡単に出来る?

IKEAのベッドは、組み立て式なので、引越しの際に解体して再組み立ては、難しく、引越し業者によっては、断られる事があるのは有名な話です。

無印のベッドは、引越しの際に解体と再組み立ては、簡単に出来るの?

無印のベッドは、簡単に解体と組み立てが出来る作りになっていますよ。

無印のベッドフレームは、IKEAやニトリの組み立て式ベッドよりも簡単に解体と組み立てが出来る作りになっていて、2人いれば早ければ15分ほどで解体や組み立てが可能です。

参照:無印

無印の木製ベッドは、ベッドフレームの接続部分は、上記画像のようにフックで引っ掛けているだけなので、簡単に解体・分解をする事が出来ます。

IKEAのベッドは、解体をしてから再組み立てをすると強度が弱くなることがありますが、無印の場合は、強度が弱くなる事もありません。

良かった!

無印のベッドの引越しの際の解体・組み立て まとめ

無印のベッドフレームは、引越しの際に解体と組み立てが必要

ベッド下の収納は、引越しの際に解体と組み立てはしなくて良い

パイン材のベッドフレームは、安いので引越しの際に処分・買い替えでも良い

オーク材、ウォールナット材のベッドフレームは、丈夫なので、引越し先に持っていくと良い

2段ベッドは子供が小さいうちは、引越し先に持っていくと良い

ダブル、クイーンサイズのマットレスは、吊り上げ作業になる可能性がある

無印のベッドフレームは、簡単に解体と組み立てが出来る

収納ベッドと2段ベッドだけは解体と組み立てに労力と時間がかかる

引越し業者は、無印のベッドの解体・組み立てをしてくれる?

引越し業者は、IKEAのような組み立て式のベッドを引越しの際に解体・組み立ての作業を嫌がるという事があります。

無印のベッドも組み立て式なので、殆どの引越し業者は、解体、分解作業や引越し先での組立作業は、断られるのか?気になるところです。

実際のところ、引越し業者は、引越しの際に無印のベッドの解体、分解、組立作業を依頼すればしてくれるの?

殆どの引越し業者は、引越しの際に無印のベッドの解体、分解、組立作業に対応してもらえますよ。

無印の木製のベッドフレームは、パーツごとの接続部分がフックで引っ掛ける形なので、簡単に解体と組み立てが出来るので、引越し業者も嫌がる事なく解体と再組み立てに応じてくれます。

また、接続部分がフック式なので、一度、解体してしまって、引越し先で再組み立てをしてもらっても強度が弱ることもないので、安心して引越し先でも利用する事が出来ます。

無印のベッドの解体・分解・組み立てのオプション料金

ベッドの種類解体・分解組み立て
シングルベッド3,000~5,000円3,000~5,000円
ダブルベッド4,000~6,000円4,000~6,000円
クイーンベッド5,000~8,000円5,000~8,000円
木製2段ベッド10,000~25,000円10,000~25,000円

引越しの際に無印のベッドフレームの解体・分解・組み立てを引越し業者に依頼した場合のオプション料金は、上記表になります。

無印のベッドフレームは、IKEAと比べて簡単に解体や組み立てが出来るので、オプション料金が無料になる引越し業者もあります。

だったら、無印のベッドを引越し先に持っていく場合は、解体と組み立てを無料でしてくれる引越し業者にお願いしたいね。

ただし、ベッドの解体・組み立て料金が無料になる引越し業者の場合は、引越し代金の中にベッドの解体や組み立て料金が含まれている場合もあるので、引越し料金の総額として、どの引越し業者が安くなるか?を比較するようにしましょう。

無印のベッドの解体・組み立て料金が無料になる引越し業者

引越し業者解体・分解組み立て
日通無料無料
ムービングエス無料無料
キタザワ引越センター無料無料
アップル引越センター無料無料
アート引越センター無料無料

例えば、上記表のようにベッドの解体や組み立てのオプション料金が無料になる引越し業者もあります。

無印のベッドの解体・組み立て料金が無料になるのは、ありがたいですが、引越し料金の総額もしっかり安くなっているか?も合わせて確認をしておきましょう。

無印のベッドの引越し業者の解体・組み立ての対応

引越し業者によっては、有料の場合も無料の場合もある

見積もりの際に無印のベッドの解体と組み立ての追加料金がかかるか確認をしておく

無印の引越しの際のベッドの解体・組み立て・配送・引き取りの対応

参照:無印

引越しの際に無印で買ったベッドの解体や組み立てを引越し業者に依頼するのではなく、無印に直接依頼する事を考える方もいるでしょう。

ここでは、引越しの際に無印で買ったベッドの解体や組み立て、配送や引き取りの無印の対応について紹介させていただきます。

無印で以前に買ったベッドの解体・組み立てはしてもらえる?

参照:BED STYLE

無印で以前に買ったベッドを引越しの際に旧居で解体する場合、無印に依頼しても解体作業はしてもらえません。

また、以前に無印で買ったベッドを旧居から引越し先に配送してもらう事も、出来ません。

旧居で解体した無印のベッドを新居で組み立てする場合、無印に依頼しても組立作業には対応してもらえません。

引越しを機に無印で新しく買ったベッドの配送や組み立てはしてもらえる?

引越しを機に無印で新しく買ったベッドやマットレスの新居への配送や新居での組み立て作業は、無印の方でしてもらえるの?

新しく無印で購入したベッド・マットレスに関しては、新居への配送や組み立てを無印の方でしてもらえます。

ただし、新しく購入したベッドの組み立て作業、ベッドやマットレスの配送料は、有料になります。

無印の店舗でベッド・脚付きマットレスを購入した際の配送料金
ベッド、マットレスのサイズ配送料
3辺合計160~250cmまで1点につき2,500円
3辺合計251cm以上1点につき3,500円
土日祝日指定1点につき+1,000円

無印の店舗でベッド・脚付きマットレスを購入した際の配送料金は、上記表になります。

殆どのベッド、脚付きマットレスは、3辺の合計が251cm以上なので、無印の店舗でベッド、脚付きマットレスを購入した場合、3,500円が配送料です。

無印の店舗で購入したベッドフレームとマットレスを土日指定で配送してもらう場合は、ベッドフレームの配送料3,500円と土日指定料1,000円とマットレスの配送料3,500円と土日指定料1,000円なので、合計の配送料は、9,000円になります。

引越しを機に無印の店舗でベッドを購入して新居に配送してもらう場合、配送料金が意外とかかるので、覚えておきましょう。

無印のネットストアでベッド・脚付きマットレスを購入した際の配送料
 配送料
ベッド、マットレス
などの大型家具
1点につき3,500円
土日祝日指定1点につき+1,000円

無印のネットストアでベッド・脚付きマットレスを購入した際の配送料金は、上記表になります。

ベッドとマットレスの場合は、店舗で購入した場合の配送料金と一緒ですね。

無印のベッドの組み立てサービスの料金
主な対象商品作業料金
ベッド下収納消費税込2,500円~
ベッド各種(脚付マットレスは除く)
パイン材デスクセット
テーブル各種
消費税込2,000円~
ハイベッド
2段ベッド
消費税込5,000円~
パルプボードボックス消費税込1,000円~

無印に新しく購入したベッドを組み立ててもらう場合の料金は、上記表になります。

組立サービスの料金は、ベッドのサイズによって異なります。

組立サービスの内容は、部屋までの移動~組み立て~ダンボールなどのゴミの持ち帰りまで一括でお願い出来るので、引越しであまり時間が取れない人は、オススメです。

無印では、引越を機にベッドを引き取ってもらえる?

無印では、ベッドなどの不用品の引取サービスもあります。

では、以前に使っていた無印のベッドを引き取ってもらう事は、出来るのでしょうか?

また、もともと使用していたベッドは、無印のベッドではないけど、新しく無印でベッドを購入すれば、古いベッドを引き取ってもらう事は出来るのでしょうか?

無印の不用品の引取サービスでは、新しく無印のベッドやマットレスを購入する場合に限って、同住所に新しいベッド・マットレスを届ける際に古くなった同等商品を消費税込3,000円×個数で引き取ってもらう事が、可能です。

もし無印で古くなったベッドを引き取ってもらう場合、事前にベッドフレームを解体をしておく必要があります。

同じ住所に新しく購入したベッドを届けてもらう際に古くなったベッドを引き取ってもらえるという事なので、引越しのように住所が変わる所での引き取りは、不可という事になります。

無印では、引越し先に新しく購入したベッドを配送してもらって、引越し元のベッドを引き取ってもらう事は、出来ないんだね。

無印のベッドの配送・解体・組み立て・引き取りの対応

無印で新しく購入したベッドは、有料で配送してもらえる

無印で新しく、購入したベッドは、有料で組み立てをしてもらえる

以前に無印で購入したベッドの解体と組み立てはしてもらえない

新しく無印でベッドを購入した時に限り、同住所の古くなったベッドを有料で引き取ってもらえる

引越し時の無印のベッド、脚付きマットレスの処分方法

引越しを機に無印のベッド、マットレスを引越し先に持っていくか?それとも処分して新しいベッド、脚付きマットレスを購入するか?色々と悩みますよね。

処分しようか?それとも新しく買い換えようか?悩むところなんだよね。

パイン材の費用が安めのベッドであれば、他の頑丈なベッドフレームより長くもたないですし、費用も安いので、引越しを機に新たに買い替えた方がコストパフォーマンスも良いです。

ですが、オーク材のしっかりした無印のベッドフレームやまだ使える脚付きマットレスは、新しく買い替えるとなると、費用がかさむので、引越し先に持っていった方がコストパフォーマンスも良いです。

このようベッドやマットレスの種類によって、引越しを機に処分してしまった方が費用が安くなる場合もあれば、処分せずに引越し先に持っていった方が費用が安く抑えられる場合もあります。

引越しを機に無印のベッド、マットレスの処分を検討している場合は、まずは、引越し先でもまた無印のベッド、マットレスを使いたいのか?処分した方が費用が安くなるのか?をまず比較検討してから決めるようにしましょう。

もし引越しを機に無印のベッド・脚付きマットレスを処分する場合は、以下の内容を参考にしてみて下さい。

無印のベッド、脚付きマットレスの3つの処分方法

引越し時の家電の処分方法02

引越しを機に無印のベッド・脚付きマットレスを処分するには、以下の4つの方法があります。

無印のベッド、脚付きマットレスの4つの処分方法

粗大ごみとして処分する

不用品回収業者、リサイクルショップで回収してもらう

引越し業者に処分してもらう

順番に説明をしていきます。

粗大ごみとして処分する

無印のベッド、脚付きマットレスを処分する際に一番費用が安く抑えられるのは、自治体の粗大ごみとして処分する方法です。

粗大ごみとして無印のベッドを処分する際の処分費用は、自治体によって違いますが1,000~2,000円前後になってきます。

ただし、マットレスの処分に関しては、別途費用がかかる場合があります。

引越しを機に無印のベッド、マットレスを処分する場合は、引越し当日などにいきなり処分は出来ないので、最低でも引越しの1週間前には準備をしておきましょう。

不用品回収業者、リサイクルショップで回収してもらう

無印のベッドやマットレスを処分する際に買取は、してもらえないの?

無印にかぎらずですが、寝具に関しては、買取をしてもらえる事は、殆どありません。

無印のベッド、マットレスを不用品回収業者、リサイクルショップで回収してもらう場合、処分費用がかかる事が殆どです。

不用品回収業者に無印のベッド、マットレスの処分を依頼する場合、粗大ごみとして処分するよりは、費用かかるのがデメリットです。

引越しを機に無印のベッド、マットレスを含めた不用品の処分を検討していて手間暇をかけたくない場合は、不用品買取業者の一括見積もりがオススメの一つの方法です。

不用品回収業者一括比較の「エコノバ」なら最大5社に手間なく見積もりを取ることが可能です。

いくらかかるか不安な回収費用をしっかり検討できるうえに業者間の比較もできるため、一番安くをベッド・マットレス処分できる業者を見つける事が可能です。

不用品回収業者を探すなら!【エコノバ】

引越し業者に処分してもらう

無印のベッド、無印の脚付きマットレスを処分する3つ目の方法は、引越し業者に処分してもらう方法です。

引越し業者によって対応は、様々ですが、無印のベッド、無印の脚付きマットレスを有料で処分してもらえる場合もあれば、場合によっては、無料で処分してもらえる場合もあります。

引越しを引越し業者に依頼した際の総額が少額であれば、無印のベッドやマットレスの処分費用が有料になりやすいですが、家族で遠距離の引越しなどのように料金が結構かかる場合は、無印のベッド・マットレスの処分を無料でしてもらえる場合があります。

引越し業者に無印のベッド・マットレスの処分を依頼するメリットは、引越しの見積もりや依頼の際に無印のベッド・マットレスの処分もまとめて出来るので、ベッドやマットレスの処分のみの業者を探す手間がかからない点です。

ベッド、マットレスの処分費用を無料でしてもらえる引越し業者がみつかれば、粗大ごみとして処分するよりも費用は安くなりますし、処分も引越し業者の方でしてもらえるので、手間暇もかからないので、大分とお得になってきます。

無印のベッド・マットレスの処分を無料でしてもらえたら、ラッキーだね。

引越しと一緒に無印のベッド・マットレスの処分もしてもらえる引越し業者を見つけるには、複数の引越し業者に「無印のベッドの処分もしてもらえるか?」確認をする必要があります。

複数の引越し業者に無印のベッド、マットレスの処分も対応してもらえるか?労力をかけずに探すには、引越し一括見積もりサイトを利用すると良いです。

無印のベッド・マットレスの引越しを依頼する場合の料金相場を業者別で比較!

らくらくパックの人件費

無印のベッド・脚付きマットレスの引越しを業者にお願いする場合、どこがおすすめなの?

様々なおすすめ業者がありますので、紹介しますね。

ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

参照:ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

クロネコヤマトのヤマト運輸の中でも引越し業者を担っているのがヤマトホームコンビニエンスになります。

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は、無印のベッド1つなど家具、家電1つからの引越しに対応してくれます。

らくらく家財宅急便はネーミング通り、家財を宅急便のように、輸送してくれる引越しサービスになります。
無印のベッド、脚付きマットレスなど家財1点からの輸送が可能であり、梱包や設置は通常の引越し作業と同じように行ってくれます。

らくらく家財宅急便での無印のベッド・脚付きマットレスの引越し費用の相場

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」はベッドの大きさ(高さ+横幅+奥行の3辺の合計)と移動距離によって価格が変動します。

サイズ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
シングルベッド
(3辺の合計350cm以内)
16,555円19,525円26,235円
ダブルベッド
(3辺の合計400cm以内)
23,375円26,345円34,155円

料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

オプションサービス

無印のベッドの場合、分解・組み立てが必要になる場合があります。

工具を使う分解、組み立てをお願いする場合、オプションサービスになります。

また、2階まで吊り上げや吊り下げが必要になったり、クレーン吊り上げが必要な場合もオプションサービスになります。

オプション料金は以下になります。

作業内容料金
ベッドの分解3,300円
ベッドの組み立て3,300円
2段ベッドの分解4,950円
2段ベッドの組み立て4,950円
システムベッドの分解
(ロフトベッド)
13,200円
システムベッドの組み立て
(ロフトベッド)
13,200円
ベッドの吊り上げ/吊り下げ
(2階まで)
11,000円
クレーン吊り上げ
(提携業者作業)
要相談

その他の無印のベッドだけ、無印の脚付きマットレスだけの引越しも可能な単品輸送取り扱い業者

ヤマトホームコンビニエンス以外にも無印のベッド、マットレスだけの引越しを受け付けてくれる引越し業者は他にもありますので紹介しますね!

単品輸送取り扱い業者一覧
引越し業者プラン名
SGムービング単品プラン
ファミリー引越センター単品輸送便
アーク引越センター大物限定プラン
引越しのムービングエス小口引越
キタザワ引越センター一発予約家財宅配便
ダック引越センター家具だけプラン
単品輸送取り扱い業者での無印のベッドの引越し費用の相場

ここでは単品輸送取り扱いの引越し業者で無印のベッドを引越しする場合の費用の相場を紹介します。

大きさ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
シングルベッド8,000円~
20,000円
15,000円~
28,000円
25,000円~
35,000円
ダブルベッド15,000円~
35,000円
22,000円~
38,000円
32,000円~
45,000円

上記費用は、数ある引越し見積もりサイトの料金の相場を参考にしてまとめた料金の目安です。

細かな費用については、SGムービング、ファミリー引越センター、アーク引越センターのサイトを調べてもきちんとした表示はされていません。

価格は、交渉次第で安くもなりますし、高くもなりますし、時期や曜日によっても変動します。

ですので、無印のベッドの引越しを行ってくれる業者選びはしっかりと判断することが大切です。

無印のベッド、無印の脚付きマットレスの単品での引っ越しをする際には、引越し料金を複数の業者から見積もりをしてきちんと相場を把握し、どの業者にお願いするのが良いのか?を知っておくことが大切です。

見積もり相場を知っておくことで、その見積もり額が妥当なものかどうかをチェックすることができます。

逆に相場を知らないで見積もりを見てしまうと、その金額が妥当なものなのか、安いものなのかを判断することができません。

無印のベッド、マットレスの引越し、解体・組み立て料金の格安業者の見つけ方

引越し時の無印のベッドの解体・分解・組み立て料金は、引越し業者によっては、無料になる場合もありますし、有料だけど費用が安い業者があります。

また引越し業者の中には、無印のベッド・マットレスを含めた引越し料金が相場より高い業者や相場よりかなり安い業者もあります。

引越し業者によって無印のベッド、マットレスの解体や組み立て料金、引越し料金には、違いが結構あるなんて知らなかった。

無印のベッド、脚付きマットレスを含めた引越し費用は、業者によってかなり差がありますので、1社のみに見積もりを出すと、損してしまう事もあります。

最低3社以上から見積もりを取る

無印のベッドの解体・組み立て費用を無料でしてもらいたかったり、無印の脚付きマットレスを含めた引越し料金を少しでも安く抑えたいなら、最低3社以上の引越し業者から相見積もりを取るようにしましょう。

仕事が暇で仕事をこなしたい引越し業者を見つけられた場合、費用を安くしてくれる場合があります。

でも複数の業者に見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒だし、一つ一つの業者に建物の状況やベッドの大きさなどを伝えるのも面倒なんだよね。

複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービスが実はあります。

引越し一括見積もりサイトを利用する

複数の引越し業者に対していっぺんに見積もりの依頼が出来るとても便利なサービスに引越し一括見積もりサイトというものがあります。

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域の無印のベッドの解体・分解・組み立てを無料or安くで請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、引越し時の無印のベッドの解体・分解・処分の費用が安くなりやすい引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、引越し時の無印のベッドの解体・分解・組み立て・処分料金を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域の無印のベッドの解体・分解・組み立てを安くで請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

無印のベッド、マットレスの引越し・解体の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

無印のベッド、マットレスの引越し・解体・組み立て・処分の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のベッドの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「引越しの際の無印のベッドの解体と組み立てもお願いしたい」「引越しの際に古くなった無印の脚付きマットレスを処分してもらいたい」などと入力をしましょう。

以下に無印のベッド・マットレスの引越し・解体・処分の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 引越し 大型家具

    なんと無料!ベッド引越しの料金相場の調べ方

  2. 注意点は?メゾネットのソファの搬入・入らない場合の対処法

  3. メゾネットに引越し!家具・家電の搬入の注意点は?階段から入らない場合

  4. 都内 ベッド

    もう大丈夫!都内でベッドの引越し料金を安くするコツ!

  5. もう迷わない!物置の引越し、配送料金の相場と分解方法

  6. オフィスデスク(事務机)のみの引越し料金の相場を比較!おすすめ業者は?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP