家具の移動、引越し

ソファーの移動・運搬の引越し業者、便利屋の料金相場を比較!

ソファーは一人掛けのソファーもあれば、3人掛けのソファーなど大きなサイズのソファーなど様々です。

大きなサイズのソファーは、1階から2階へ移動させたい時に階段を通れなくて困難なケースもあります。

また、階段は何とか通れるにしてもソファーを1階から2階へ移動させるのは、自力では難しい場合があります。

新しく購入したソファーが玄関が通れなくて配送業者に断られるケースもあります。

サイズだけでなく重量がかなりあるソファーの場合、隣の部屋へ移動させるのにも自力では、難しい場合もあります。

ソファーの移動を業者に依頼する場合は、引越し業者か便利屋に依頼する事が多いですが、引越し業者に依頼した方がお得の場合もあれば、便利屋に依頼した方が良い場合もあります。

また便利なグッズを使えば、自力でもソファーを移動させることも可能です。

このページでは、ソファーの移動・運搬に関する事を詳しく紹介していきます。

目次

大きなソファーは移動が大変

ソファーには、1人掛けのような小さいサイズのものもあれば、コーナーソファーのように大きなサイズのものもあります。

1人掛けのような小さいサイズのソファーであれば、部屋の模様替えにちょっと移動させたり、1階から2階への移動も自力で比較的簡単にできます。

しかし、ファミリーサイズのコーナーソファーやL字ソファーなど大きなサイズであれば、ちょっと移動させるだけでも大変なので、業者に依頼する場合が出てきます。

業者に依頼する必要がある大きなソファーにはどんなタイプがあるの?

ここで業者に依頼する必要性がありそうな大きなソファーの種類を簡単に紹介します。

コーナーソファー

参照:CASACASA

部屋の角(コーナー)などに合わせて直角に曲がって配置できるようにデザインされたファミリー向けの大きなソファーです。

ある程度の分解は可能ですが、それでも大きな部分があって、移動させるのには大変になってきます。

玄関いや階段が通らなくて、吊り上げ作業が必要になるケースもあります。

L字ソファー、カウチソファー

参照:マンションジャーナル

直角のLの字に見えるソファーの総称になります。

足が伸ばせる部分が付いている場合、カウチソファーとも呼ばれます。

カウチソファーは、背もたれに対して座る部分が長く奥行きも大きめになってきます。

重量もそこそこあるため、部屋から部屋の移動や1階から2階への移動は、自力では大変です。

L字ソファーやカウチソファーを近距離間で運搬する場合でも自力でするのは困難なので、業者に依頼するケースが多くなるでしょう。

3人掛けソファー

参照:CASACASA

3人がちょうど横に座れるサイズの横長のソファーになります。

横長の部分が分解することができないタイプが多く、重量もそこそこあるので、ちょっとした移動も大変になってきます。

リクライニングソファー

参照:Yahoo!ショッピング

背もたれがリクライニングするソファーのことをいいます。

足置きを出すことが出来たり、中心にテーブルがあるタイプがあったり、リクライニングの部分が電動のタイプもあるので、ソファーの重量もかなりあり、サイズも大きいため、部屋から部屋の移動や1階から2階への移動も大変なので、業者に依頼するケースが多くなるでしょう。

ソファーベッド

ソファーにできたり、ベッドにできたりするタイプをソファーベットといいます。

ソファーベッドにもロータイプやカウチタイプなど様々なタイプがあります。

一人暮らしの場合に普段は、ソファーにしておいて寝る時だけベッドにしたりなど、いろんな使用の仕方があります。

サイズが大きめのタイプであれば、1人での持ち運びが重たくて大変なので、業者に依頼した方が良い場合があります。

ソファーの移動・運搬を業者に依頼するケース、自力で出来るケース

大きなソファーの移動や運搬が大変なケースと言うのは、意外と多くあります。

移動や運搬が大変なので、業者に依頼した方が良いケースもあれば、自分で移動が出来るケースもあります。

では、どんなケースが業者に依頼した方が良くて、どんなケースが自力でも出来るケースなのか?を紹介します。

ソファーの移動・運搬を業者に依頼した方が良いケース


コーナーソファー、L字ソファー、カウチソファー、3人掛けソファー、リクライニングソファー、ソファーベッドなどサイズが大きくて重量もあり、持ち運ぶのが大変なソファーの場合は、業者に依頼した方が安全なので良いでしょう。

何とか運べそうだとしても、無理をして運んで建物やソファーを傷つけてしまったり、怪我をしてしまう場合もあるので、安全面を考えると、業者に依頼することをお勧めします。

また、ソファーの移動を誰も手伝ってくれる人がいなくて、1人でしなければいけない場合、サイズがそこそこあるソファーであれば、業者に依頼した方が良いでしょう。

それから、ソファーを持ち運べる体力に自信がない女性や高齢者の場合も無理をせず業者に依頼した方が良いでしょう。

1階から2階へ階段を通ってソファーを移動させる場合、慣れていなければ、怪我をしてしまったり、壁を傷つけてしまったりする場合もあるので、このような場合も業者に依頼する事をお勧めします。

大きくて分解できないソファーは、玄関や階段を通れなくて、クレーンによる吊り上げ作業等が必要になる場合があります。

吊り上げ作業が必要な場合も業者に依頼した方が良いでしょう。

ソファーの移動・運搬を業者に依頼した方が良いケース

コーナーソファー、L字ソファーなどの重くて大きなソファーで多くて運ぶのが困難な場合

ソファーの移動を一人でしなければいけない場合

1階から2階を階段を通ってソファーを移動させる場合

階段や玄関をソファーが通れなくて吊り上げ作業が必要な場合

ソファーの吊り上げ作業が必要な場合は、下記ページをご確認っください。

ソファーの移動を自力で出来るケース

ソファーの移動・運搬を業者に依頼する場合、どうしても費用がかさばってしまいます。

できるだけ費用を抑えたいな。

ソファーの移動や運搬を自力でできるケースは、1人掛け、2人掛けソファーで2人で持ち運べるぐらいの大きさで、かつ同じ室内間であれば、自力での移動が可能です。

また、ソファーような大きな家具を移動させる便利なグッズ(キャリーつきらくらくヘルパーセットなど)がいくつかあります。

便利なグッズを使って同じ室内間ぐらいの移動であれば、1人でソファーを移動させることができる場合もあります。

また2人であれば、業者に依頼せずに便利なグッズを使って同じ室内間の移動をすることもできる場合があります。

ソファーの移動・運搬を自力で出来るケース

一人掛け、二人掛けソファーで2人で同じ室内間へ移動させる場合

ソファーの移動を便利なグッズを使って同じ室内に移動させる場合

ソファーの移動・運搬を業者に依頼する場合は、引越し業者か便利屋

ソファーの移動・運搬を業者に依頼する場合は、引越し業者か便利屋になります。

引越し業者か便利屋どちらに依頼した方が良いの?

引越し業者の場合は、ソファーの移動の料金は大抵の場合決まっていなくて、引越し業者が暇なタイミングであれば、費用をかなり安くで請け負ってくれる場合があります。

引越し業者に依頼する場合は、相見積もりを取ることが大切なのと、ソファーの移動を依頼する時期や時間帯、タイミングなどが大切です。

便利屋に依頼する場合は、1時間1人の作業員に対していくら等の料金体系が多いです。

場合によっては、2時間以内の作業なら家具何点の移動でも同じ料金で受け取ってもらえる家具移動サービスを提供している部屋もあります。

状況によっては、引越し業者の方がお得になる場合もありますし、便利屋の方がお得になる場合もあります。

また引越し業者であれば、以前に引越しを依頼した業者に部屋の模様替えでソファーの移動を依頼する場合、無料で請け負ってくれるとてもありがたい業者もあります。

以下に引越し業者に依頼する場合と便利屋に依頼する場合のソファーの移動料金の違いなどを紹介します。

ソファーの移動・運搬を引越し業者に依頼する場合


引越し業者のイメージと言えば、「引越し」というイメージが大きいですね。

ですが、大手の引越し業者や地域密着型の中小企業の引越し業者では、ソファー1つからの家具移動サービスも行っています。

例えば、ヤマトホームコンビニエンス、アート引越センター、日通、サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、アーク引越センター、ダック引越センター、ハトのマークの引越センターなどで家具移動サービスは対応してもらえます。

引越し業者にとっては、同じ家の中や建物内でのソファーの移動・運搬は、それほど手間がかからない仕事なので、暇な時期であれば、出来るだけ請け負いたい仕事内容だったりします。

とくに夕方や時間指定をしない場合は、業者によっては、かなり格安で請け負ってくれる場合があります。

ソファーの移動を引越し業者に依頼して安く抑えたいなら、複数の引越し業者から相見積もりをして、値引き交渉に応じてくれそうな暇な引越し業者を選ぶと、格安でソファーの移動をしてもらうことができるでしょう

ソファーの移動料金の相場(引越し業者)

 料金
食器棚1点の移動5,000円~10,000円前後

ソファーの室内移動やソファーの1階から2階への移動の料金は、引越し業者によって様々です。

例えば、ヤマトホームコンビニエンスの場合は、家具1点の移動の料金が6,000円~というようにホームページに記載されている引越し業者もあれば、サカイ引越センターのように費用が表示されてない引越し業者もあります。

また、後ほど紹介しますが、階段が通れず、ソファーの吊り上げや吊り下げが必要になり、作業員が増える場合は、もっと費用が高くなることがあります。

引越し閑散期の平日の夕方は、相場より、格安で請け負ってもらう事も可能です。

引越し業者に依頼する場合は、建物の保険にもきちんと対応してもらえるので、安心して依頼する事が出来ます。

以下に、大手引越し業者にソファーの移動を依頼した場合の詳細を紹介します。

ヤマトホームコンビニエンスの家具・家電移動サービス

参照:ヤマトホームコンビニエンス 家具・家電移動サービス

ヤマトホームコンビニエンスは、「家具・家電移動サービス」を提供しています。

他の引越し業者と違って、ソファーの移動料金、分解や組み立てが必要な場合の料金がいくらという事がホームページにきちんと記載されています。

ただし、はっきりとした金額は、ヤマトホームコンビニエンスに問い合わせをして確認をしましょう。

ヤマトホームコンビニエンスの家具・家電移動サービスの費用
 料金
家財1点の移動6,000円(税抜)~
家財2点目以降
1点あたりの移動
3,000円(税抜)~
家具の分解3,000円(税抜)~
家具の組立4,500円(税抜)~
中身の出し入れ5,000円(税抜)~

ソファー1点の移動であれば、6,000円から請け負ってもらえます。

ただし、ソファーの2階への吊り上げ作業や2階から1階への吊り下げ作業が必要になった場合は、オプション料金で10,000円の費用がかかります。

クレーンによる吊り上げ作業が必要な場合は、追加で費用がかかるののですが、正確な料金に関しては、直接問い合わせをして確認をする必要があります。

ヤマトホームコンビニエンスの家具・家電移動サービスの注意事項

ソファーの重量が100㎏までで、スタッフ2名でソファーの移動に対応してもらえます。

それから、ソファーの移動サービスに対応してくれるのは、同じ住所の中での移動や配置換えのみになります。

アート引越センターの家具移動サービス

参照:アート引越センター 家具移動サービス

アート引越センターの場合は、過去1年以内にアート引越センターで引越しの依頼をして、部屋の模様替えの際にソファーを移動させたい場合は、無料でしてもらう事が出来ます。

ただし、無料でしてもらえるのは、1回限りで、アート引越センターに1年以内に引越しを依頼した場合に限ります。

アート引越センターの家具移動サービスの注意事項

ソファー以外にも他の家具も移動してもらえて、移動する数には制限がありません。

ただし、大型金庫、ピアノ、電子オルガン、仏壇、大型冷蔵庫などの重量物は、対象外です。

アート引越センターを過去に利用した事がない場合は?

アート引越センターに過去に引越しを依頼したことが無くて、今回、初めてソファーの移動を依頼する場合は、無料の家具移動サービスの対象外になります。

ただし、有料にはなりますが、ソファー1点のみの移動に関してもアート引越センターは請け負ってもらう事は可能です。

サカイ引越センターの家具移動サービス

参照:サカイ引越センター 6ヵ月以内の家具移動サービス

引越し業界の最大手であるサカイ引越センターもソファーの移動や配置換えのサービスを行っています。

サカイ引越しセンターの場合は、過去6ヵ月以内にサカイ引越センターに引越しを依頼した場合であれば、ソファーの移動を無料でしてもらう事が出来ます。

サカイ引越センターの家具移動サービスの注意事項

サカイ引越センターの場合も注意事項があります。

サカイ引越センターに引越しを依頼して、引越しの際に1,500円の安心保証パックに加入しておけば、引越し後6ヵ月以内であればソファーの移動・配置換えを無料でしてもらうことが可能です。

サカイ引越センターは、家具移動サービスのみもしているか?

サカイ引越センターも過去に引越しの依頼をしていなくても、ソファー1点からの家具移動にも請け負ってもらう事が可能です。
ただし、サカイ引越センターのホームページでは、ソファー1点のみの移動費用の料金は公表はしていません。

日通の家具移動サービス

参照:日通 家具の配置換え

日通の場合も大きなソファーの配置換えや別の部屋への移動に対応しております。

ただし、料金に関しては、記載がされてないので、見積もりをしてもらう必要があります。

ソファーの移動・運搬を便利屋に依頼する場合


便利屋とは、不用品の処分、引越し、エアコンのクリーニング、家具の移動、家具の吊り上げ作業、家具の分解や組み立てなど様々な事をしてくれる業者です。

当然、ソファー1点の移動、ソファーの1階から2階への移動、ソファーの搬入などの作業も請け負ってもらう事が可能です。

地域密着型の便利屋もあれば、全国展開している大手の便利屋もありますので、どの地域でも業者を探せば、見つける事が出来るでしょう。

ソファーの移動料金の相場(便利屋)

 料金
1名作業につき5,000円~10,000円前後

便利屋の場合のソファーの移動料金の相場は、業者によって様々です。

料金体系としては、作業員1名に対していくら、1時間の作業あたりでいくらなどの料金体系をしている便利屋が多いです。

ソファーの移動の価格設定として多いのは、作業員1名に対して1時間あたりで5,000円~10,000円前後などになります。

便利屋によっては、2時間以内の作業で作業員2名に対して24,000円から請け負っている業者もあります。

2時間以内であれば、ソファー以外の家具の移動も何点してもらっても同じ24,000円で請け負ってくれたりします。

いくつもの家具を移動してほしい場合は、上記のような料金体系の方が安く抑えられるケースもあります。

以下に、便利屋にソファーの移動を依頼した場合の詳細を紹介します。

東京ベンリーズ

参照:東京ベンリーズ

東京ベンリーズは、東京全域のソファーの移動、運搬や家具移動等を請け負っている便利屋になります。

ソファーの移動以外に引っ越しやゴミの回収、家具や家電の運搬など様々なサービスに対応しております。

東京ベンリーズのソファーの移動料金
 料金
作業員1名 1時間2,500円
出張費(23区)1名1,500円
1時間以降30分単位1,250円
車両代
(車が必要な場合)
2,000円
コインパーキング代
(必要な場合)
1時間一律500円

作業員2名の場合でソファーの移動が1時間で終わった場合は、【1時間】2500円 + 【出張費】1500円 = 【1名】4000円 ×2名 = 合計【2名】8000円(税別)になります。

作業員2名でソファーの移動が2時間かかった場合は、【2時間】5000円 + 【出張費】1500円 = 【1名】6500円 ×2名 = 合計【2名】13000円(税別)になります。

東京家具移動.com

東京家具移動.comは、家具の移動・模様替え、家具家電の配送・運搬、家具の吊り上げ、家具の分解・組み立てをメインに対応している便利屋ではない家具移動の専門業者です。

「通販でソファーを買ったけど思っていたよりも大きく階段を通らなかった。何とかして2階のリビングにあげたい」などの要望にもしっかり対応してもらえます。

東京家具移動.comの料金設定は、基本料金+出張料金になりますが、正確な費用に関しては直接問い合わせをして確認をする必要があります。

東京家具移動.comの評判はGoogleの口コミは、「スタッフがとても親切」などのかなり高評価な口コミばかりなので、安心して依頼できる便利屋です。

東京家具移動.comの出張対応エリアは、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の関東すべての地域の家具や家電の移動や運搬、配送を承っています。

ソファーの移動を自力でする場合

自力でソファーを移動させる方法も知りたい!

ソファーの移動を自力でする場合は、役立つ便利なグッズを使うことがおすすめです。

便利なグッズを使用することで同じ室内程度のソファーの移動であれば、自力での移動も充分可能です。

また、業者に依頼するよりも費用を安く抑えられます。

キャスター付きのらくらくヘルパーセットを使ってソファーを移動させる

参照:Amazon

キャスターの付いたらくらくヘルパーセットは、キャスターがついた4つの台車とテコの原理で持ち上げるリフターが付いたセットになります。

リフターでソファーの脚の部分を上げて、キャスターの付いた台車に乗せます。

ソファーの四つの脚あるいは、四つ角を全てを台車に乗せて、後は移動させたいところにソファーを移動させればオッケーです。

カグスベールを使ってソファーを移動させる

参照:Amazon

カグスベールは、大きさと形など様々なタイプのものがあります。

シートタイプもあります。

ソファーの脚の部分や底にカグスベールをくっつけてフローリングの上をソファーを滑らしながら移動させていきます。

ソファーを持ち上げる時に少し力がいるので、その時だけ誰かに手伝ってもらえれば、あとは女性1人でも同じ室内のソファーの移動であれば十分可能です。

ソファーの移動・運搬 まとめ

ソファーの移動をお得にするには、自力でするか?引越し業者に依頼するか?便利屋に依頼するか?は、それぞれの置かれている状況によって違ってきます。

同じ室内程度のソファーの移動であれば、便利なグッズを使って自力ですれば、費用を安く抑えることができるでしょう。

アート引越センターやサカイ引越センターで半年から1年以内に引っ越しをして模様替えをしたい場合であれば、無料の家具移動サービスや安心保証パックの家具移動サービスを利用すると無料でソファーを移動してもらうことができます。

ソファー1点のみの移動であれば、ヤマトホームコンビニエンスを利用すると安くなります。

ソファーだけではなくて他の家具や小物も一緒に移動して欲しい場合は、時間制の料金体系をしている便利屋に依頼すると、まとめて家具の移動をしてもらえます。

業者に依頼する場合で、できるだけ費用を安く抑えたいなら、引越し一括見積もりサイトで複数の業者から相見積もりを取って比較をすることで費用を安く抑えることも可能です。

ソファーの移動の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

ソファーの移動の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のソファーの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ソファーを隣の部屋へ移動」「ソファーを1階から2階へ移動」などと入力をしましょう。

以下にソファーの移動の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. マットレスだけの引越しは大変?料金相場を比較!

  2. 埼玉 ベッド

    ポイントは3つ!埼玉でのベッドの引っ越しが安くなる方法

  3. タンスの吊り上げ、吊り下げの料金相場は?格安業者の見つけ方

  4. 2段ベッドの引越しの注意点!料金を安くするには?

  5. 【これで解決!】食器棚の吊り上げ、吊り下げ料金の見積もり相場

  6. どうしても高くなる?札幌でのベッドの引越し料金を安く!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP