家具の移動、引越し

マットレスの配送料金が安い!半額になる方法?着払い・梱包まとめ

不要になったマットレスを実家に送りたい。

引越しの際にマットレスだけを宅配業者で配送したい。

着払いが可能な宅配便&宅急便を知りたい。

マットレスを配送する際に梱包は自分でした方が良いのか?業者に梱包もしてもらえるのか?知りたい。

マットレスだけを送れる一番安い方法を知りたい。

マットレスをいざ配送しようと検討した際に様々な疑問が湧いてくることと思います。

マットレスを配送できる宅配便&宅急便は、どの方法があるのか?ご存知ですか。

いくつかの選択肢がある中であなたの状況にあった方法を選択するか?どうかで配送料金は高くもなりますし、高い方法と比べると半額近く安く出来る事も可能です。

自分にあったマットレスの配送方法を事前に知っておく事は、大切なんだね。

このページでは、マットレスの配送を半額近く安くする方法、マットレス配送の際の梱包方法、マットレスが送れる宅急便&宅配便、マットレスの着払いなどについて詳しく紹介させて頂きます。

目次

マットレスの種類、サイズ、重量を把握しよう

マットレスを宅配便&宅急便などで配送してもらう場合、マットレスのサイズや重量によって配送料金に違いが出てきます。

また、マットレスのサイズが大きければ、ある宅急便では対応不可になってしまう場合もあるので、マットレスのサイズ、重量を事前に把握しておく事が大切です。

さらには、マットレスには、一体型のものもあれば、折りたたみ式や分割式のマットレスもあります。

以下にマットレスの種類、サイズ、重量を紹介させていただきます。

シングルサイズのマットレスのサイズと重量

マットレスのサイズ横幅奥行き高さ3辺の合計重量
シングルサイズ98㎝195㎝5cm298cm約5kg
98㎝195㎝10cm303cm約8kg
98㎝195㎝18cm311cm約18kg
98㎝195㎝29cm322cm約26kg

シングルサイズのマットレスのサイズと重量は、上記表になります。

シングルサイズのマットレスの高さ別に重量の違いも上記表で記載させていただきました。

マットレスの中でもウレタン素材、ボンネルコイル素材、ポケットコイル素材など素材だけでもいくつかの種類がありますし、高さ(厚み)や重量も様々です。

セミダブルサイズのマットレスのサイズと重量

マットレスのサイズ横幅奥行き高さ3辺の合計重量
セミダブルサイズ122㎝195㎝5cm322cm約6kg
122㎝195㎝10cm327cm約9kg
122㎝195㎝18cm335cm約22kg
122㎝195㎝29cm346cm約31kg

セミダブルサイズのマットレスのサイズと重量は、上記表になります。

シングルサイズと比べて、高さ(厚み)が増すにつれて、重量も重くなります。

ダブルサイズのマットレスのサイズと重量

マットレスのサイズ横幅奥行き高さ3辺の合計重量
ダブルサイズ140㎝195㎝5cm340cm約7kg
140㎝195㎝10cm345cm約10kg
140㎝195㎝18cm353cm約26kg
140㎝195㎝29cm364cm約34kg

ダブルサイズのマットレスのサイズと重量は、上記表になります。

高さ(厚み)が18cmになると、重量が約26kgあるので、女性一人で持ち運びをするのも困難になってきます。

クイーンサイズのマットレスのサイズと重量

マットレスのサイズ横幅奥行き高さ3辺の合計重量
クイーンサイズ160㎝195㎝5cm360cm約9kg
160㎝195㎝10cm365cm約12kg
160㎝195㎝18cm373cm約30kg
160㎝195㎝29cm384cm約42kg

クイーンサイズのマットレスのサイズと重量は、上記表になります。

シングルサイズのマットレスと比べるとサイズも重量も大きく違ってきますので、配送料も高くなってきます。

分割式のマットレス

参照:CECILE

上記画像のように3つに分割出来るマットレスや2つに分割出来るマットレスは、コンパクトに出来ます。

ダブルサイズやクイーンサイズのマットレスの場合、分割できるタイプであれば、配送先のエレベーター、玄関、階段などの搬入がしやすいです。

折りたたみ式マットレス

参照:CQCOM

上記画像は、折りたたみが出来るマットレスです。

折りたたみが出来るマットレスもコンパクトに出来るので、配送先のエレベーター、玄関、階段などの搬入がしやすいという点があります。

マットレスの3辺の合計を確認しておこう

シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズ、クイーンサイズのマットレスのサイズ、重量を紹介させていただきましたが、あなたが配送を検討しているマットレスの3辺の合計を把握しておく事が大切です。

3辺とは、横幅、奥行き、高さになります。

宅配便&宅急便では、3辺の合計(横幅、奥行き、高さ)の違い、配送距離によってマットレスの配送料に違いが出てきます。

3辺の合計が大きければ、配送に対応していない場合があるので、事前にマットレスの3辺の合計を把握しておく事が大切です。

分割式マットレスや折りたたみ式マットレスは、通常の一体型のマットレスと比べて3辺の合計が小さくなるので、配送料もその分、安くなる場合があります。

マットレスを配送する際の梱包について

マットレスを配送してもらう時に梱包作業が必要になってきます

マットレスの配送を宅配便などに依頼する場合は、業者の方で梱包作業をしてもらえるので、基本的に自分でマットレスを梱包する必要は、ありません。

ただし、マットレスの配送を少しでも安くするために自分で梱包した方が良いケースもありますので、ここでは、マットレスの梱包方法を紹介します。

ブルーシートを使ってマットレスを梱包する

参照:Amazon

上記画像のようなマットレス梱包用のブルーシートがAmazonや楽天、ホームセンターなどで買う事が出来ます。

大きなサイズが売っているので、マットレスをしっかり包むことが可能です。

マットレスのサイズをきちんと測った上で、包める余裕がある大きさのブルーシートを購入するようにしましょう。

ブルーシートでマットレスを包んだら、養生テープを貼ってブルーシートが剥がれないようにしっかりと固定するようにしましょう。

エアパッキンを使ってマットレスを梱包する

梱包材としてよく利用されるエアパッキンを使ってマットレスを梱包する方法もあります。

エアパッキンも楽天やAmazon、ホームセンターで購入する事が出来ます。

エアパッキンを使ってマットレスを梱包する方法は、まずは、エアパッキンをマットレス全体に巻きつけます。

次に養生テープなどで、エアパッキンが剥がれないようにしっかりと固定します。

ポイントとしては、マットレスの四方の角をしっかりと包むように気をつける事です。

サランラップを使ってマットレスを梱包する

サランラップを使ってマットレスを梱包する方法もあります。

ホームセンターでは、「梱包用ラップ」と呼ばれる大型ラップを購入する事も出来ます。

サランラップや梱包用ラップは、エアパッキンと比べると、薄いのでマットレスをしっかりと保護するためには、何重にも巻きつける必要があります。

サランラップや梱包用ラップを使ってマットレスを梱包する方法は、まずはマットレスを立てにしてラップを重ねて巻いていきます。

次にマットレスを横にしてラップを重ねて巻いていきます。

ポイントとしては、マットレスの四方の角をしっかりと包むように気をつける事です。

最後に養生テープなどでラップが剥がれないようにしっかりと固定します。

マットレスを配送出来る宅急便&宅配便は?

マットレスを配送する際にどのような方法があるのでしょうか?

代表的な宅配便や宅急便には、日本郵便、クロネコヤマト、佐川急便などがあります。

マットレスは、大きなサイズになるため、配送してもらえる宅配便、宅急便は、限られています。

以下にマットレスの配送可能な宅配便&宅急便を表にまとて紹介します。

マットレスの配送が可能な宅急便&宅配便

 マットレスの配送荷物のサイズ重量
クロネコヤマト縦・横・高さの
合計が200cm以内
30kg以内
佐川急便縦・横・高さの
合計が160cm以内
30kg以内
日本郵便縦・横・高さの
合計が170cm以内
30kg以内
らくらく家財宅急便
(ヤマトホームコンビニエンス)
縦・横・高さの
合計が450cm以内
150kg以内
飛脚ラージサイズ宅配便
(佐川急便)
縦・横・高さの
合計が260cm以内
50kg以内
梱包・発送たのメル便
(メルカリ)
縦・横・高さの
合計が450cm以内
150kg以内

上記表を見ていただくと分かるようにマットレスを配送出来る宅配便&宅急便は、ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」とメルカリの「梱包・発送たのメル便」のみになります。

クロネコヤマト、佐川急便、日本郵便は、3辺の合計が160~170cm以内なので、マットレスの配送は、不可です。

クロネコヤマトの宅急便は、3辺の合計が200cm以内で飛脚ラージサイズ宅配便は、3辺の合計が260cm以内なので、マットレスの配送は、不可です。

シングルのマットレスでも3辺の合計は300cmくらいになりますし、クイーンのマットレスの場合は、3辺の合計は370cm前後になるため、これだけ大きなサイズの家財を配送してもらえるのは、限られてしまう訳です。

マットレスを着払いで配送する事は可能?

マットレスを個人の取引で配送をする際に着払いで出来ないか?と検討する場合がありますよね。

マットレスの配送は、着払いで可能なの?

「らくらく家財宅急便」も「梱包・発送たのメル便」の両方ともマットレスの配送で着払いは、対応しておりません。

「らくらく家財宅急便」でマットレスを配送する場合は、元払いで発送する必要があります。

「梱包・発送たのメル便」は、マットレスを販売したことで出品者に入る販売利益から送料が自動で差し引かれる仕組みになっているので、強制的に元払い(送料出品者負担)で配送伝票が作成されるようになっています。

日本郵便の「ゆうパック」、佐川急便の「飛脚宅急便」「飛脚ラージサイズ宅急便」などは、着払いに対応していますが、マットレスのような大きな家財は、配送をしてもらえません。

memo

マットレスを「らくらく家財宅急便」「大型らくらくメルカリ便」で配送する場合は、元払いで発送する事になります。

らくらく家財宅急便でマットレスを配送する場合

参照:ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

クロネコヤマトのヤマト運輸の中でも引越し業者を担っているのがヤマトホームコンビニエンスになります。

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は、マットレス1つ、ベッド1つなど家具、家電1つからの配送・引越しに対応してくれます。

らくらく家財宅急便は、引越しと宅配便の間のようなサービスです。

マットレスなど家財1点からの配送が可能であり、梱包や設置までしてもらえるので、通常の宅配便にはないサービスもついているので、ありがたいサービスです。

マットレスの梱包や設置までしてもらえるのは、女性にとっては、ありがたいね。

設置後には梱包していた廃材も引き取ってもらえるので、配送後の手間もかかりません。

ヤマトホームコンビニエンスでは宅急便のノウハウを生かして、全国配送、時間指定が可能になっています。

らくらく家財宅急便の基本サービス

らくらく家財宅急便の流れ

梱包

搬出

配送

開梱設置

廃材回収

マットレス、ベッドなど家財1つの配送から、梱包、配送、設置まで行ってくれます。

開梱設置では、搬入後すぐに梱包を解いて希望の場所に設置してもらえます。

廃材回収では、梱包資材を回収してもらえます。

らくらく家財宅急便のマットレスの配送料金

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」はマットレスの大きさ(高さ+横幅+奥行の3辺の合計)と移動距離によって価格が変動します。

ここでは、

・幅98×奥行195×高さ18cm=3辺の合計311㎝のシングルのマットレス

・幅122×奥行195×高さ18cm=3辺の合計335㎝のセミダブルのマットレス

・幅140×奥行195×高さ18cm=3辺の合計353㎝のダブルのマットレス

・幅160×奥行195×高さ18cm=3辺の合計373㎝のクイーンサイズのマットレス

の配送料金を紹介します。

マットレスのサイズ3辺合計東京都内東京~大阪間東京~福岡間
シングル311㎝16,555円19,525円26,235円
セミダブル335㎝16,555円19,525円26,235円
ダブル353㎝23,375円26,345円34,155円
クイーン373㎝23,375円26,345円34,155円

薄型タイプのマットレスでクルクル丸められたて3辺の合計が小さくなったり、折りたたみタイプで3辺の合計が小さくなる場合は、更に料金は安くなります。

料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

らくらく家財宅急便のオプションサービス

マットレスだけでなく、ベッドの配送の場合、ベッドの分解・組み立てが必要になる事があります。

工具を使う分解、組み立てをお願いする場合、オプションサービスになります。

また、2階まで吊り上げや吊り下げが必要になったり、クレーン吊り上げが必要な場合もオプションサービスになります。

オプション料金は以下になります。

作業内容料金
ベッドの分解・組み立て6,000円
ベッドの吊り上げ/吊り下げ
(2階まで)
10000円
クレーン吊り上げ
(提携業者作業)
要相談

梱包・発送たのメル便でマットレスを配送する場合

参照:メルカリ 梱包・発送たのメル便

メルカリでマットレスが売る場合は、メルカリの梱包・発送たのメル便でマットレスを配送する事が出来ます。

梱包・発送たのメル便は、メルカリとヤマトホームコンビニエンスが提携しているサービスで内容は、「らくらく家財宅急便」とほぼ同じになります。

ですので、配送の時間指定も出来ますし、全国配送にも対応しています。

また、梱包・発送たのメル便は、匿名配送が出来るので、出品者と購入者が、互いに名前や住所を知らせることなく取引できる点も安心出来ます。

女性には、安心のサービスだね。

梱包・発送たのメル便の基本サービス

梱包・発送たのメル便は、「らくらく家財宅急便」の基本サービスと同じなので、梱包→搬出→配送→開梱設置→廃材回収までしてもらえるので、自分でマットレスを梱包する必要もありません。

梱包・発送たのメル便のマットレスの配送料金

マットレスのサイズ3辺合計東京都内東京~大阪間東京~福岡間
シングル311㎝18,500円18,500円18,500円
セミダブル335㎝18,500円18,500円18,500円
ダブル353㎝25,400円25,400円25,400円
クイーン373㎝25,400円25,400円25,400円

「らくらく家財宅急便」はマットレスのサイズが大きくて距離が遠くなればなるほど、料金は高くなります。

しかし、梱包・発送たのメル便は、マットレスのサイズによって料金の変動はありますが、配送の距離が近くても遠くても料金の変動はなく一律です。

東京~東京間のように距離が近いマットレスの配送の場合は、「らくらく家財宅急便」より料金が高くなります。

東京~福岡間のように距離が遠いマットレスの配送の場合は、「らくらく家財宅急便」より料金が安くなります。

赤帽でマットレスを配送する場合

参照:赤帽

マットレスを配送するには、宅急便&宅配便のサービス以外にも赤帽を利用するという選択肢もあります。

赤帽は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」という個人事業主の団体です。

運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、マットレス1点からでも配送可能です。

参照:あかぼうハッピーサービス

参照:あかぼうハッピーサービス

赤帽の軽トラックの荷台の大きさは、長さ194cm、幅141cmになります。
最大積載量は、350kgまでの重さであれば、運搬可能です。

赤帽の軽トラックでシングルやセミダブルのマットレスを配送してもらう場合は、後方のハッチを開き、マットレスを横向きにして運んでもらう事が可能です。

ダブルベッドのマットレスは、横幅が140cmになるので、後方のハッチを開き、マットレスを横向きか、斜めにしてマットレスの下に荷物を置いて固定して運んでもらう形になります。

クイーンのマットレスに関しては、後方のハッチを開き、マットレスを立てた状態で、マットレスが倒れないように固定して、運んでもらう形になります。

赤帽の基本サービス

赤帽では、マットレスを軽トラックに積み込んで配送先までトラックで運んでくれるのが一連の流れになります。

赤帽は、軽トラック1台、作業員一人での対応になるので、必要に応じてマットレスの積み込みなどを手伝うケースがあります。

女性の場合は、マットレスの積み下ろしを手伝うのは、難しそう。

マットレスの梱包をしてほしい場合や配送先へ搬入・設置作業を依頼すれば、対応してもらえます。

ただし、梱包作業や設置作業でかかった時間も料金に比例しますので、料金を少しでも安くしたい場合は、事前に自分でマットレスを梱包したりしておき、あまり時間がかからないようにしておくと良いです。

赤帽のマットレスの配送料金

時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
7500円~13750円
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

赤帽の場合は、地域によって、多少の費用のばらつきがありますので、詳しい金額は直接問い合わせをしましょう。

赤帽の場合は、配送距離が20kg以内・作業時間2時間以内であれば、らくらく家財宅急便より料金が安くなります。

クイーンサイズのマットレスの配送で距離が20kg以内・作業時間2時間以内あれば、「らくらく家財宅急便」より10,000円以上は、安くなります。

また、マットレス以外にもベッドフレームや洗濯機など運んでもらいたい家財があれば、一緒に運んでもらう事も可能です。

注意点としては、配送の時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されるので、「らくらく家財宅急便」より高くなる可能性があります。

自分の状況に合わせて「らくらく家財宅急便」と「赤帽」を比較した方が良さそうね。

引越し業者でマットレスを配送する場合

マットレスの配送で考えつくのは、宅急便や宅配便がメジャーですが、赤帽であったり、引越し業者であってもマットレス1つからの配送にも対応してもらえます。

引越し業者には、マットレスなどのような大型家財1点からの配送・輸送に対応してくれるプランがあったりします。

引越し業者は、大小合わせると、全国に無数に存在していて、うまく探すことができれば、マットレス1点の配送を宅配便や赤帽よりもコストを抑えて配送する事が出来ます。

そうなんだ。もっと詳しく知りたい。

以下にマットレス1つからの配送に対応してもらえる引越し業者を紹介します。

マットレス1点からの配送取り扱い業者一覧

引越し業者プラン名
SGムービング単品プラン
ファミリー引越センター単品輸送便
アーク引越センター大物限定プラン
引越しのムービングエス小口引越
キタザワ引越センター一発予約家財宅配便
全国家財宅急便
ダック引越センター家具だけプラン

上記表で記載させていただいている引越し業者は、マットレス1点の配送にも対応しています。

また業者によっては、軽トラックでマットレスを運んでくれたりするので、マットレス以外に運んでほしい荷物があれば、追加料金はかからないままで一緒に運んでもらえる場合もあります。

マットレス1点からの配送取り扱い引越し業者の基本サービス

基本サービスの流れ

梱包

搬出

輸送

開梱設置

廃材回収

一覧にある引越し業者は、梱包、搬出、輸送、設置などの基本サービスをしてもらえます。

基本サービス面においては、「らくらく家財宅急便」や「一覧にある引越し業者」は、基本料金内でしてもらえます。

赤帽の場合は、梱包、搬出、輸送、設置を依頼すると、時間がかかった分だけ追加料金が加算されます。

引越し業者のマットレスの配送料金の相場

ここではマットレス1点の配送に対応してくれる引越し業者のマットレスの配送料金の相場を紹介します。

大きさ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
シングル8,000円~
20,000円
15,000円~
28,000円
25,000円~
35,000円
セミダブル10,000円~
23,000円
18,000円~
32,000円
28,000円~
40,000円
ダブル12,000円~
26,000円
22,000円~
35,000円
32,000円~
45,000円

上記費用は、数ある引越し見積もりサイトの料金の相場を参考にしてまとめた料金の目安です。

ムービングエスでは、マットレス1点からの小口引越は、8,000円~ですし、キタザワ引越センターの一発予約家財宅急便の場合も8,000円~です。

SGムービング、ファミリー引越センター、アーク引越センターなどの場合は、料金が記載されていませんので、見積もりが必要です。

価格は、交渉次第で安くもなりますし、高くもなりますし、時期や曜日によっても変動します。

SGムービングの単品プラン

参照:SGムービング

SGムービングは、佐川急便の引越し部門を担当している子会社です。

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便では、マットレスは大きいので配送が出来ませんが、SGムービングの単品プランを利用すれば、マットレス1点からの配送が可能です。

SGムービングの単品プランでは、マットレスの梱包・搬出作業・輸送・搬入作業・大物家具の開梱セッティングまでしてもらえます。

マットレスの配送料金に関しては、見積もりを取る必要があります。

ファミリー引越センターの単品輸送便

参照:ファミリー引越センター

ファミリー引越センターでは、自分で引越しをしたいけど、マットレスだけ運べない、不要になったマットレスを友人に送りたいなどの要望に応える事が出来る単品輸送便というサービスがあります。

単品輸送便では、マットレス1点からの配送に対応してもらえます。

ファミリー引越センターでは、単身引越しで21,000円~で対応していますが、単品輸送便の料金の記載は、ありませんので、直鉄、見積もりを取る必要があります。

アーク引越センターの大物限定プラン

参照:アーク引越センター

アーク引越センターでは、大型家具・家電だけお運んでくれる引越しプラン「大物限定プラン」が用意されています。

アーク引越センターの大物限定プランを利用すれば、マットレス1点からの配送が可能です。

大物限定プランでは、マットレスの梱包・搬出・配送・設置まで対応してもらえますが、こちら側の要望でサービスを自由に組み合わせる事が可能です。

マットレスの配送料金に関しては、見積もりをとって確認をする必要があります。

ムービングエスの小口引越

参照:ムービングエス

ムービングエスの小口引越では、マットレス1点からの配送に対応しています。

料金も8,000円~(距離によって料金は変わる)となっているので、マットレスの配送の距離によっては、らくらく家財宅急便や赤帽よりもサービスも充実した状態で安くで送る事が可能です。

ただし、ムービングエスの小口引越を利用できるエリアは、北海道・東北(青森/秋田/岩手/宮城)・南関東(東京/神奈川)・九州(福岡/宮崎)に限られています。

小口引越でも、マットレスの梱包・搬出・配送・設置まで対応してもらえます。

キタザワ引越センターの一発予約家財宅急便、全国家財宅急便

参照:キタザワ引越センター

キタザワ引越センターでは、一発予約家財宅配便や全国家財宅急便というサービスを利用することでマットレス1点からの配送に対応してもらえます。

一発予約家財宅配便では、ひとりで運ぶのが困難なマットレスなどのような家具や家電を運んでくれるサービスで、梱包・搬出・配送・設置までしてもらえます。

料金に関しては、シングルベッドで8,000円~(距離によって料金は変わる)の対応なので、マットレスもシングルであれば8,000円~からの対応となるでしょう。

全国家財宅急便では、トラックをシェアする混載便によって、マットレス1点からの配送を安くでしてもらえるプランになります。

全国家財宅急便の場合も梱包・搬出・配送・設置までしてもらえるので、自分でマットレスを梱包する必要はありません。

ただし、キタザワ引越センターの全国家財宅急便を利用できるエリアは、首都圏、中京圏、関西圏、福岡圏に限られています。

ダック引越センターの家具だけプラン

参照:ダック引越センター

ダック引越センターでは、マットレス1点のみの配送に対応してもらえる家具だけプランがあります。

家具だけプランでは、梱包資材無料サービス、家具・家電の安全梱包、安全輸送、設置、10分間細やかサービス、スタッフリクエストサービス、アフターサービスコールと通常の引越しプランと変わらない充実したサービス内容となっています。

家具だけプランでのマットレスの配送料金の詳細は、見積もりをとって確認をする必要があります。

マットレスの配送を宅配便、赤帽、引越し業者で比較

マットレスを配送する方法として、らくらく家財宅急便、赤帽、引越し業者などを紹介させていただきました。

いくつかの選択肢がある中で結局のところ、どの方法でマットレスを配送すればよいの?

どの方法でマットレスを配送したら良いかは?あなたの状況によって変わってきます。

ということでマットレスの配送方法を業者別で比較してみました。

マットレスの配送方法の業者別比較表

 利用できる人基本サービス近距離の配送費用遠距離の配送費用値引き交渉
らくらく家財宅急便
(ヤマトホームコンビニエンス)
誰でもOK
梱包、搬出、配送、
開梱設置、廃材回収
🔺
梱包・発送たのメル便
(メルカリ)
メルカリでマットレス
を売った人だけ

梱包、搬出、配送、
開梱設置、廃材回収
🔺
赤帽誰でもOK🔺
作業員一人なので
手伝う必要がある
単品配送が出来る
引越し業者
誰でもOK
梱包、搬出、配送、
開梱設置、廃材回収

らくらく家財宅急便、梱包・発送たのメル便は、基本サービスは、充実していますが、近距離のマットレスの配送は、赤帽や引越し業者と比べると、費用が高くなります。

赤帽でマットレスを配送する場合は、作業員一人での作業になるため、マットレスの積み下ろしを場合によっては手伝う必要があったり、マットレスの梱包や設置を依頼すると、作業時間が2時間を超えると、費用が高くなっていきます。

赤帽での配送は、マットレスの配送距離が20km以内で作業時間が2時間以内に収まるなら、らくらく家財宅急便より安くなるので、オススメです。

しかし、赤帽の場合は、配送距離が20kmを超えて、作業時間も2時間を超えてくると、らくらく家財宅急便より費用が高くなるので、オススメ出来ません。

引越し業者の場合は、らくらく家財宅急便や赤帽よりも費用を安く抑えられる可能性を秘めています。

ただし、マットレスの配送を安く抑えられる引越し業者を見つけるには、コツが必要です。

安く抑えられるコツを知りたい。

以下にマットレスの配送が安くなる引越し業者を見つけるコツを紹介します。

マットレスの配送が安い!格安引越し業者を見つけるコツ

引越し業者の場合は、マットレスの配送料金は、キタザワ引越センターの全国家財宅急便のようにマットレスのサイズと配送の距離によって料金が決まっている場合もあれば、引越し業者のトラックの空き状況によって、料金が変動する場合があります。

引越し業者の場合は、引越しの案件が少ない時期でトラックの空き状況によっては、マットレスの配送料金がかなり安くなる場合があります。

引越し業者側のその日の都合によって、マットレスの配送料金は、高くもなりますし、安くもなります。

そんなふうになっているのは、知らなかった。じゃあ、どうやってマットレスの配送料金が安くなる引越し業者を見つければ良いの?

最低3社以上から見積もりを取る

マットレスの配送料金をできるだけ安く抑えたいなら、最低3社以上の見積もりを取った方が良いです。

一社だけの見積もりを取る場合は、他の引越し業者との比較も出来ないので、安いのか?高いのか?なども判断がしにくいです。

マットレスの配送が安い引越し業者を見つけるには、やはり複数の業者から見積もりをとって、安くなる業者を探す必要があります。

仕事が暇で仕事をこなしたい引越し業者を見つけられた場合、費用を安くしてくれる場合があります。

でも複数の業者に見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒だし、一つ一つの業者に建物の状況やマットレスの大きさなどを伝えるのも面倒なんだよね。

複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービスが実はあります。

引越し一括見積もりサイトを利用する

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域のマットレスの配送を安くで請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、マットレスの配送料金が安くなりやすい業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、マットレスの配送料金を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

無料で利用できる

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のマットレスの配送を安くで請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

マットレスの配送の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

マットレスの見積もりの取り方

後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像の備考欄に「マットレスのみの配送」「マットレスとベッドフレームのみを引越しなどと入力をしましょう。

以下にマットレスの配送の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 下駄箱の引越し料金、敷地内の移動料金の相場は?靴箱の梱包方法

  2. リビングボードの引越し方法(分解、解体)と料金の相場はいくら?

  3. 注意点は?単身パックでソファーは運べる?運べない場合の対処法

  4. 【解決!】ベッドの移動料金の相場は?格安業者の見つけ方

  5. 【必見】食器棚の配送が安いのはヤマト?料金相場を業者別で比較

  6. ソファー 引越し

    ソファーの引越し料金を安くしたいあなたへ!奥の手教えます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP