家具の移動、引越し

ダイニングテーブルの引越し料金の相場はいくら?

テーブルと一言でいっても色々な種類のテーブルがあり、サイズもまちまちです。
ダイニングテーブルでも大きさによって引越しのやりやすさは変わってきますし、ローテーブルなどもあります。
ここではダイニングテーブルの引越し料金についてまとめてみましょう。

目次

ダイニングテーブルとは?


家族での引越しの場合、荷物の中にダイニングテーブルがある家庭が多いでしょう。

単身引越しの場合は、ダイニングテーブルを持っていない人も多いですが、家族が増えれば増えるほどダイニングテーブルの大きさも大きくなるので引越し時の運搬に困ってしまうかもしれません。

ダイニングテーブルとはダイニングキッチンやリビングで使用する大型のテーブルのことであり、人数によって大きさが異なります。

4人掛け用や6人掛け用が一般敵ですが、2人がけのダイニングテーブルや8人掛けのダイニングテーブルもあります。
ダイニングテーブルの素材は木材などの材質が一般的ですが、ガラス製のものもあります。

足がとれて分解できるタイプのダイニングテーブルが多いですが、足が取り外せないタイプもあります。

足が取り外せるタイプのダイニングテーブルの場合、足と天板を別々に引越し運搬できるので、サイズが小さくなり引越ししやすいです。

また取り外しをしても取り付けも簡単なので、自分で分解して運ぶことも十分に可能でしょう。
ダイニングテーブルの形は円形のもの、長方形のもの、正方形のものなど形も種類方法です。

ただ多くのダイニングテーブルは運びづらいものが多く、トラックに積み込みにくい形の場合もあります。

引越しの荷物の中でもダイニングテーブルは大型の荷物に分類されるため、引越し当日に引越し業者が梱包作業を行い、輸送してくれます。

ダイニングテーブルは大きければ大きいほど、重量もあるので素人が1人で運ぶのは非常に危険です。

自力でダイニングテーブルを運ぶのは大変になりますし、運んでいる最中にテーブルが傷ついてしまうこともあるでしょう。
また床や壁など住宅に傷をつけてしまう危険性もあるので、無理をして運ばずに引越し業者のスタッフにお任せした方が安心でしょう。

引越し業者の人に全てお任せするのが無難そうね。

ダイニングテーブルの引越しは引越し業者スタッフにお任せするのが安心!

らくらくパックの人件費
ダイニングテーブルくらいであれば自分で運搬できるのでは?と安易に考える方が多いのですが、やはりある程度の重さがあり、サイズ感も大きいのでダイニングテーブルを自力で運ぶのは危険でしょう。

ダイニングテーブルの引越しは無理に頑張ろうとせずにプロの力を借りて作業スタッフにお任せするのがおすすめです。

ダイニングテーブルは、引越し当日までに何か準備することはあるの?

ダイニングテーブルは引越し当日はそのままにしておいてOKです。

引越し当日に作業スタッフが来てから、毛布などの梱包資材でダイニングテーブルを梱包して引越し運搬を行ってくれます。
また足を取り外すことができるタイプのダイニングテーブルであれば、引越し作業スタッフが分解も行ってくれますのでお任せした方がよいでしょう。

ただダイニングテーブルの足を分解しなくても、運ぶことができる場合、分解しないケースもあります。
ダイニングテーブルの分解はそれほど難しい作業ではありませんが、廊下やエレベーター、ドアなどを通る時にダイニングテーブルの足が邪魔になる場合には、足を取り外して分解してから搬出、搬入するケースが多いです。

また搬入が終わってから、ダイニングテーブルの足を組み立てることが多いでしょう。

引越し時にダイニングテーブルの足の分解が必要かどうかを判断するのは誰がするの?

当日引越し状況を確認しながら引越し業者スタッフが判断しますので、引越し当日までダイニングテーブルはそのままの状態にしておくことがおすすめです。

引き出し付きのダイニングテーブルなど特殊なダイニングテーブルの引越しについて


ダイニングテーブルの中には収納付きのダイニングテーブルもあります。

天板の下に収納がついているタイプのダイニングテーブルは、引き出し部分に中身が入っていると引越しの最中に物が落ちることがあるので非常に危険です。

引き出しの中に荷物がある場合は、やっぱり出して梱包した方が良いの?

搬出、搬入時に引き出しの中の物は邪魔になるので、引き出しの中身は別のダンボールに入れて梱包するようにしましょう。

また特殊なダイニングテーブルの場合、構造が複雑になっているものもあります。
その際には、引越し業者が分解することができないようなダイニングテーブルもあるでしょう。

またダイニングテーブルの中でもダイニングキッチン用のテーブルの場合、湿気が多い場所にあります。
そのためネジの部分が錆びている可能性もあるので注意が必要です。

特殊なダイニングテーブルの場合、分解する際には特殊な工具が必要になる場合もあるので気をつけましょう。

特殊なダイニングテーブルの場合、事前に引越し業者に伝えた方が良いのかな?

訪問見積もりの際に引越しの営業マンに見てもらうようにしましょう。

ダイニングテーブルの引越し料金の相場

引越しの中の荷物の1つにダイニングテーブルがある場合、ダイニングテーブルだけの引越し費用を知ることができません。

そのためどのくらいの費用がかかるのか分からない…という場合もあるでしょう。

しかし人によってはダイニングテーブルだけ、単品での引っ越しを行う場合もあります。

ダイニングテーブルのみの引越し料金の決まり方

ダイニングテーブルだけの引越しの場合はどのくらいの費用相場になるの?

ダイニングテーブルの引越し費用の料金相場は、以下の内容によって変動します。

ダイニングテーブルの引越し費用が変動するポイント

引越しする時期

引越しする移動距離

ダイニングテーブルの大きさ・種類・素材

上記の内容の違いによってダイニングテーブルの引越し費用は変動していきます。

距離別、時期別のダイニングテーブル(4人掛け)の引越し費用の相場

 通常期繁忙期
東京~東京20,000円前後40,000円前後
東京~大阪25,000円前後45,000円前後
東京~福岡30,000円前後50,000円前後

同一県内での近距離でのダイニングテーブルの引越しであればだいたい2万円前後が相場と言われています。

しかし引越しハイシーズンと引越しオフシーズンの場合、料金が2倍以上も変わってくることがあり、ダイニングテーブル単品での引っ越しであっても料金は大きく変動するでしょう。

引越しハイシーズンと呼ばれる3月~4月の引越しは引越し料金が1年の中でも最も高くなる時期になります。

この時期に引越しをしてしまうと、引越しオフシーズンと呼ばれる時期の2~3倍以上の値段が請求されることも少なくありません。

ひょえ~(*_*)

例えば通常であれば2万円でダイニングテーブルの引越しができていた場合でも、引越しハイシーズンに引越しを依頼してしまうと4~6万円の引越し費用を請求されてしまうこともあるのです。

ダイニングテーブルの引越し料金を少しでも安くしたいのであれば引越し時期は気を付けておきたいですね。

また引越しする時期もそうですが、引越しする曜日や時間帯も重要です。
引越しする曜日はやはり土日祝日のお休みの日よりも平日の方が引っ越し費用は安いです。

ダイニングテーブルだけの引越しであれば搬出、搬入に時間がかかりませんので平日でもOKという人もいるかもしれません。
お得に引っ越しをしたいのであれば平日での引越しをおすすめします。

また時間帯も午前帯、午後帯、フリーがあります。

午前便の引越しは一番人気なので引越し料金も高くなりがちです。

一方午後便は午前便に比べると引越し料金も安く、近距離であれば問題なく引越しが完了するので午後便がおすすめです。
フリー便は引越し業者の手が空いた時に引越しをするプランであり、時間の決まりがありません。

そのため予定がつきにくいのですが、ダイニングテーブルだけの引越しであれば安い料金プランであるフリー便が一番のお得でおすすめです。

ダイニングテーブルの引越し費用を安くするポイント

繁忙期を避けて閑散期に引越しする

土日をさけて平日に引越しをする

フリー便で引越しをする

宅急便業者、引越し業者にダイニングテーブルの引越しを依頼する場合の料金相場を比較!

ダイニングテーブルを業者にお願いする場合、どこがおすすめなの?

様々なおすすめ業者がありますので、メリット、デメリットなど紹介しますね。

ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

参照:ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

クロネコヤマトのヤマト運輸の中でも引越し業者を担っているのがヤマトホームコンビニエンスになります。

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は、ダイニングテーブル1つなど家電1つからの引越しに対応してくれます。

らくらく家財宅急便はネーミング通り、家財を宅急便のように、輸送してくれる引越しサービスになります。
ダイニングテーブルなど家財1点からの輸送が可能であり、梱包や設置は通常の引越し作業と同じように行ってくれます。

設置後には梱包していた廃材も引き取ってもらえるので、引越し後の手間もかかりません。
ヤマトホームコンビニエンスでは宅急便のノウハウを生かして、全国配送、時間指定が可能になっています。
また料金は家財の大きさと移動距離によって決定します。

らくらく家財宅急便の基本サービス
らくらく家財宅急便の流れ

梱包

搬出

輸送

開梱設置

廃材回収

ダイニングテーブルなど家財1つの輸送から、梱包、配送、設置まで行ってくれるらくらく家財宅急便という引越しプランを提供しています。

開梱設置では、搬入後すぐに梱包を解いて希望の場所に設置してもらえます。

廃材回収では、梱包資材を回収してもらえます。

引越し時やダイニングテーブルなどの家具や家電の単品配送におすすめのプランであり、梱包、搬出、輸送、搬入、開梱設置、廃材回収まで行ってくれるので、1人暮らしの方でも安心です。

対象エリア

対象エリアは全国です。

ただ、一部島しょ部については対応していない場合もあります。

時間指定

時間帯指定も可能です。

午前中、12時~15時、15時~18時、18時~21時までの4つの区分で時間帯指定も可能になっています。

らくらく家財宅急便でのダイニングテーブルの引越し費用の相場

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」はダイニングテーブルの大きさ(高さ+横幅+奥行の3辺の合計)と移動距離によって価格が変動します。

ここでは、

・幅160×奥行80×高さ70cm=3辺の合計310㎝の4人掛けの脚の分解ができないダイニングテーブル

の引越し料金を紹介します。

サイズ東京都内東京~大阪間東京~福岡間
310㎝
(3辺合計)
16,555円19,525円26,235円

脚の分解が出来るタイプのダイニングテーブルであれば、3辺の合計が小さくなる場合は、更に料金は安くなります。

料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

オプションサービス

脚の分解が出来るダイニングテーブルで工具を使う分解、組み立てをお願いする場合、オプションサービスになります。

また、2階まで吊り上げや吊り下げが必要になったり、クレーン吊り上げが必要な場合もオプションサービスになります。

オプション料金は以下になります。

作業内容料金
ダイニングテーブルの分解3,000円
ダイニングテーブルの組み立て4,500円
ダイニングテーブルの吊り上げ/吊り下げ
(2階まで)
10,000円
クレーン吊り上げ
(提携業者作業)
要相談
らくらく家財宅急便のメリット

メリット

ダイニングテーブルの梱包・設置をしてもらえる

お願いすればダイニングテーブルの分解・組み立てをしてもらえる

らくらく家財宅急便のメリットは、ダイニングテーブルの梱包・設置をヤマトホームコンビニエンスでしてもらえるので、安心してお任せすることが出来ます。

また、お願いすればダイニングテーブルの分解や組み立てもヤマトホームコンビニエンスでしてもらえるので面倒な作業は一切不要です。

お金はかかるけど、ダイニングテーブルの分解や組み立てをしてもらえるのはありがたいな!

らくらく家財宅急便のデメリット

デメリット

ダイニングテーブルの分解・組み立てをお願いした場合、割高になる

建物の養生がない

らくらく家財宅急便のデメリットは、自力でダイニングテーブルの引越しをするよりは、料金が高くなりやすいことです。

またベッドの分解・組み立てをお願いした場合やクレーンなどを利用した場合は、オプション料金がかかるので料金が割高になる事があります。

建物を丁寧に養生してもらえることもありません。

赤帽

参照:赤帽

赤帽は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」という個人事業主の団体です。

運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、1点から輸送可能です。

赤帽の軽トラックの大きさは、長さ194cm、幅141cm、高さ18cmになります。
最大積載量は、350kgまでの重さであれば、運搬可能です。

長さに関しては、「あおり(ハッチ)」を下げれば荷台に載せることができますが、横幅は141cm以内の方が安全に運んでもらえるでしょう。

となれば、ダイニングテーブルの場合、

・幅160×奥行80×高さ70cm=3辺の合計310㎝の4人掛けの脚の分解ができないダイニングテーブル

くらいの大きさであれば問題なく運んでもらえます。

ですが、分解が出来なくてかなり大きなダイニングテーブルになると、運んでもらうのが難しくなりますので、直接、赤帽へ問い合わせをしてみましょう。

赤帽の場合は、ダイニングテーブルの引越しが近距離であれば、料金が安くなりやすいですが、中距離や長距離になると、走行距離によって追加料金が加算されて割高になります。

赤帽の基本サービス
赤帽の基本サービスの詳細

作業兼ドライバー1名

必要なら要手伝い

梱包、搬出、輸送、搬入

作業トータル2時間以内

赤帽は、「軽トラック1台+作業員1名」をレンタルする仕組みです。

ですので、ダイニングテーブルなど作業員一人での搬出や搬入が難しい場合は、搬入などを手伝うことになります。

もし体力に自信がない場合は、作業員をもう一人お願いする形になりますが、その場合は追加料金がかかります。

また赤帽の基本サービスは、ドアツードア(玄関から玄関まで)で小さな荷物の梱包・荷ほどきは、自分で行います。

ですが、お願いすれば、養生・梱包・搬出・輸送・搬入も、赤帽の方でしてもらえます。

ただ、ダイニングテーブルの養生・梱包さらには分解や組み立てが必要になった場合で作業時間が2時間を超える場合は追加で料金が発生します

それから梱包資材が必要な場合、自分で用意するか、有料で赤帽で購入する形になります。

赤帽でのダイニングテーブルの引越しの料金相場
時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
13750円~
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

引越しの時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されます。

赤帽のメリット

メリット

近距離であれば安くなる

ダイニングテーブル以外にもトラックに乗ればまとめて運んでもらえる

赤帽のメリットは、近距離であればヤマトホームコンビニエンスより安くなる事です。

赤帽のデメリット

デメリット

中~長距離は高くなる

搬出、搬入の手伝いが必要

赤帽のデメリットは、中~長距離ですと、移動距離に応じて料金が加算されて割高になってしまいます。

また、搬出や搬入は赤帽だと作業員一人ですので、手伝わなりません。

体力に自信がない方は、赤帽と違う業者の方がおすすめです。

その他の机だけの引越しも可能な単品輸送取り扱い業者

ヤマトホームコンビニエンスや赤帽以外にもダイニングテーブルだけの引越しを受け付けてくれる引越し業者は他にもありますので紹介しますね!

単品輸送取り扱い業者一覧
引越し業者プラン名
SGムービング単品プラン
ファミリー引越センター単品輸送便
アーク引越センター大物限定プラン
引越しのムービングエス小口引越
キタザワ引越センター一発予約家財宅配便
ダック引越センター家具だけプラン
単品輸送取り扱い業者の基本サービス
基本サービスの流れ

梱包

搬出

輸送

開梱設置

廃材回収

一覧にある引越し業者は、梱包、搬出、輸送、設置などの基本サービスをしてもらえます。

単品輸送取り扱い業者でのダイニングテーブルの引越し費用の相場

ここでは単品輸送取り扱いの引越し業者でダイニングテーブルを引越しする場合の費用の相場を紹介します。

ここでは、

・幅160×奥行80×高さ70cm=3辺の合計310㎝の4人掛けの脚の分解ができないダイニングテーブル

の引越し料金を紹介します。

大きさ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
310㎝
(3辺合計)
8,000円~
20,000円
15,000円~
28,000円
25,000円~
35,000円

上記費用は、数ある引越し見積もりサイトの料金の相場を参考にしてまとめた料金の目安です。

細かな費用については、SGムービング、ファミリー引越センター、アーク引越センターのサイトを調べてもきちんとした表示はされていません。

価格は、交渉次第で安くもなりますし、高くもなります。閑散期と繁忙期によっても倍近く費用が変わります。

ですので、ダイニングテーブルの引越しを行ってくれる業者選びはしっかりと判断することが大切です。

ダイニングテーブルの単品での引っ越しをする際には、引越し料金を複数の業者から見積もりをしてきちんと相場を把握し、どの業者にお願いするのが良いのか?を知っておくことが大切です。

見積もり相場を知っておくことで、その見積もり額が妥当なものかどうかをチェックすることができます。

逆に相場を知らないで見積もりを見てしまうと、その金額が妥当なものなのか、安いものなのかを判断することができません。

単品輸送取り扱い業者でダイニングテーブルを運ぶメリット

メリット

荷物の梱包・設置をしてもらえてサービスが充実している

引越しのプロなので安心して任せられる

相見積りで安い業者をみつけられる

中~遠距離はおすすめ

単品輸送取り扱い業者でダイニングテーブルを運ぶデメリット

デメリット

自分でダイニングテーブルを運ぶより高くなる

面倒なことはやってもらいたい人や忙しい人、体力に自信がない人もおすすめです。

費用に関しては、変動しますので、相見積もりをとって交渉次第である程度、価格を安く抑えることが可能です。

単品輸送取り扱いの業者にダイニングテーブルの引越しを依頼する場合のデメリットは、やはり自分の車でダイニングテーブルを運んだり、レンタカーを借りてダイニングテーブルを運ぶよりは、費用が高くなる事です。

少し費用が高くても安心してダイニングテーブルを運びたいなら業者さんにお願いした方が良さそう!

今は、一括見積りという便利で簡単なサービスがありますので、見積りをとってからすると、費用は意外と安くなりますよ!

ダイニングテーブルを引越しする際に注意しておきたいポイントとは?


ダイニングテーブルを引越しする際に注意しておきたいこととして、傷がつきやすいということです。

特に天板部分は傷が付きやすく、傷がついてしまうと目立ちやすい部位になります。

天板については厳重に梱包をしてから引越しをするという引越し業者が多いでしょう。

天板がそのままむき出しの状態で引越しをしてしまうと、他の荷物や、壁などとぶつかって傷がつく恐れがあります。
天板部分は専用の梱包資材や毛布などにくるんで、運搬、搬出、搬入するのが一般的でしょう。

また天板以外にもダイニングテーブルは脚部分も傷がつきやすいです。

脚部分は梱包がしにくく、簡易的な梱包しかしてくれない引越し業者も多いので、気を付けなければなりません。

引越し業者にダイニングテーブルの梱包を依頼する場合には、天板だけではなく、脚の部分もしっかりと梱包して搬出、搬入してもらえるようにするとよいでしょう。
緩衝材や毛布などを利用して梱包する引越し業者が多いです。

またダイニングテーブルを運ぶ際には、ダイニングテーブル自体が傷つく恐れがあるだけではなく、床や壁など作業している場所に傷がつく危険性もあります。
特に脚を分解する際には傷がつきやすいので、床に毛布や布などを敷いて作業することで、傷がつくのを未然に防ぐことができます。

ダイニングテーブルの引越しを検討の場合はまずは複数の業者から見積もりを請求して、作業内容や価格をチェックしてみるとよいでしょう。

ダイニングテーブル引越しで注意しておきたいポイント

引越し業者に依頼する場合は、天板、脚部分をしっかり梱包してもらう

自分で梱包する場合は、天板、脚部分をしっかりする

自分でダイニングテーブルを運ぶ場合は、床や壁を毛布などで養生する

ダイニングテーブルの引越しを業者に依頼する場合は、相見積もりをする

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 【解決!】タンスの家内の移動料金の相場は?格安業者の見つけ方

  2. 下駄箱の引越し料金、敷地内の移動料金の相場は?靴箱の梱包方法

  3. 【知らなきゃ損する!】ソファーの吊り上げ料金の格安業者を探す方法

  4. もう迷わない!物置の引越し、配送料金の相場と分解方法

  5. ベッドの吊り上げ、吊り下げの料金相場は?格安業者を探す方法

  6. 引越し時の家具の処分方法

    断捨離で得する!引越し時の家具の処分方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP