家具の移動、引越し

ダイニングテーブルの手吊り・クレーンによる吊り上げ料金の相場

5~6人がけのダイニングテーブルは、横幅180~210cmで奥行80cmくらいあるので、建物への搬入や搬出が意外と大変です。

分解や組み立てができるタイプのダイニングテーブルであれば、分解や組み立てをして建物への搬入や搬出が可能です。

しかし、分解や組み立てが困難な場合は、人力やクレーンでの吊り上げ、吊り下げが必要になる場合もあるでしょう。

「引越しの際に大きなダイニングテーブルを2階のリビングに置きたい」
「ダイニングテーブルが大きくて廊下を通れない」
「ダイニングテーブルを購入したけれども階段が狭くて、家具屋さんの配達員が2階に上げてくれなかった」
「ダイニングテーブルがマンションのエレベーターに入らなくて搬入が困難」

などのような場合は、業者に依頼して、吊り上げや吊り下げ作業をしてもらうことになります。

目次

搬入・搬出の際に吊り上げが必要なダイニングテーブルは?

ダイニングテーブルといっても2人用の小さなダイニングテーブルもあれば、4人用の中程度の大きさのダイニングテーブルもありますし、6人用の大きなダイニングテーブルもあります。

ダイニングテーブルの天板の形状も角がある角形テーブルもありますし、角が丸い角丸型テーブルや丸形のテーブルもあります。

天板が折りたたみ出来るバタフライ式のテーブルや天板が伸び縮み出来る伸長式のテーブルなどもありますし、引き出しがついているテーブルもあります。

ダイニングテーブルの脚にでは、4本脚テーブル、2本脚テーブル、1本脚テーブルがあります。

どのような天板の形状でも、4本脚や2本脚のテーブルでもサイズが大きくて、玄関・廊下・エレベーター・階段などから入らなくて、分解や解体が出来ないダイニングテーブルの場合は、人力やクレーンによる吊り上げ作業が必要になるケースがあります。

クレーンや人力による吊り上げが必要なダイニングテーブルについて詳しく知りたい。

ここでは、どのようなサイズのダイニングテーブルがクレーンや人力による吊り上げ作業が必要になるか?を紹介しますね。

6人用の大きなダイニングテーブル

参照:大きなダイニングテーブル

上記画像のダイニングテーブルは、6人用のダイニングテーブルです。

横幅220cm、奥行100cm、高さ70cmあるので、戸建てでリビングが2階にある場合やマンションの2階以上の部屋に搬入する場合に脚の部分が分解出来なければ、人力やクレーンによる吊り上げ作業が必要になる場合があります。

木組みの大きなダイニングテーブル

参照:alver アルヴェール

上記画像のダイニングテーブルは、横幅184cm、奥行89cm、高さ75cmあり、脚の部分がよりスペースが取られるので、廊下の曲り角やエレベーター、階段から入らない可能性があるので、人力やクレーンによる吊り上げ作業が必要になる場合があります。

一枚板の大きなダイニングテーブル

参照:一枚板と木の家具の専門店エムズファニチャー

上記画像の一枚板の大きなダイニングテーブルは、横幅250cm、奥行100cmあり、かなり大きく重量感があります。

廊下の曲り角や階段、エレベーターから入らない可能性が高いダイニングテーブルなので、人力やクレーンによる吊り上げ作業が必要になる場合があります。

ダイニングテーブルの吊り上げ作業が必要な時は、どんな時?

参照:片付け便利社 結(むすび)岡崎市

大きな天板のダイニングテーブルは、脚が分解できるタイプもあれば、分解できなタイプがあります。

脚の部分が分解出来たとしても天板が大きければ、搬入の際に階段や廊下を通れないので吊り上げ作業が必要になることがあります。

ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げが必要なのは、どんな場合なの?

ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り上げが必要なのは、以下のような場合です。

ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げが必要な場合

ダイニングテーブルが玄関から搬入、搬出できない

ダイニングテーブルが階段を通れない

ダイニングテーブルがエレベーターに入らない

順番に説明していきましょう。

ダイニングテーブルが玄関から搬入、搬出できない

6人用の大きなダイニングテーブルは、サイズが大きいので、玄関から搬入や搬出が出来ないケースがあります。

特に集合住宅の玄関の場合は、玄関のドアノブが邪魔をしてドアが完全に開ききらずに、横幅が狭くなるので注意が必要です。

集合住宅の玄関前の共有廊下の幅が狭い場合、ダイニングテーブルを回転させて搬入する必要があるのですが、共有廊下の幅が狭くて、ダイニングテーブルが思うように回転出来なくて、入らない場合があります。

ダイニングテーブルが玄関から入らない場合は、搬入経路を変えて大きな窓から吊り上げ作業によって搬入・搬出をします。

ダイニングテーブルが階段を通れない

ダイニングテーブルが玄関は、通れるものの、階段を通れないというケースがあります。

戸建ての2階にリビングがあって2階のリビングにダイニングテーブルを搬入したい場合やマンションの2階以上の部屋にダイニングテーブルを搬入する場合は、階段から入らない場合があるので注意が必要です。

例えば、上記画像のように階段がコの字になっていて、コの字の踊り場部分の横幅、奥行、天井までの高さのスペースに余裕がなくて、ダイニングテーブルが思うように回転出来なくて、階段から入らないケースがあります。

また上記画像のようなL字に折れ曲がっている階段で天井までの高さが低かったり、横幅が狭くて、ダイニングテーブルが思うように方向転換出来なくて、階段を通れない場合もあります。

ダイニングテーブルが階段を通れない場合は、2階の部屋の窓から吊り上げ作業によって搬入する方法があります。

ダイニングテーブルがエレベーターに入らない

集合住宅のエレベーターの中には、4人乗り、6人乗りの小さなエレベーターがあります。

小さなエレベーターは、入り口の横幅や高さが小さく設計されている場合があり、大きなダイニングテーブルが入り口を通れない場合があります。

小さなエレベーターの場合、内部の横幅、内部の奥行、内部の天井までの高さも小さく設計されているので、ダイニングテーブルがエレベーターの入口を通れたとしても、エレベーターの内部の横幅や奥行のスペースが小さくて、エレベーターの中に収まらない場合があります。

ダイニングテーブルがエレベーターに入らない場合は、吊り上げ作業によって搬入するケースがあります。

また、集合住宅の中には、エレベーターがなくて5階建てなどの場合もあって、狭い階段や狭い廊下を作業員がギリギリのペースに体を入れて、無理にダイニングテーブルを搬入せずに大型のクレーンを使う場合が良いという事もあります。

ダイニングテーブルが部屋のドアや窓を通れない場合は、分解・解体することもアリ


ダイニングテーブルの脚の部分がネジで固定されていて、簡単に脚の部分を解体出来る場合があります。

もしダイニングテーブルの脚を解体する事で玄関・廊下・解体・エレベーターを通れるようになるなら、ダイニングテーブルの脚を解体してから搬出・搬入する場合もあります。

ダイニングテーブルの分解・解体に関しては、引越し業者の方でも手慣れているのできちんと対応してもらえます。

ただし、ダイニングテーブルの分解・解体は、基本料金内でしてもらえる業者もあれば、追加料金がかかる業者もあるので、見積もりの際に事前に確認を取るようにしましょう。

ダイニングテーブル、引越し料金などに関しては、下記記事をご確認下さい。

ダイニングテーブルの吊り上げ作業にはどんな方法がある?

ダイニングテーブルの吊り上げが必要な時は、どんな方法でするの?

ダイニングテーブルが玄関や階段を通らない場合の吊り上げの方法には、以下の方法があります。

順番に説明していきましょう。

ダイニングテーブルをクレーンで吊り上げる

参照:PREMIUM STRAGE SERVICE

ダイニングテーブルを戸建ての2階の部屋やマンションの3階や4階に吊り上げをする場合、クレーンで吊り上げる方法があります。

人力での吊り上げが困難なエレベーターがない集合住宅などであれば、クレーンによる吊り上げ作業が有効的です。

戸建ての2階や3階、集合住宅の5階までであれば、2tユニックなど小型のクレーンで十分事足ります。

しかし、マンションの5階以上の部屋にダイニングテーブルを吊り上げで搬入する場合、2tユニックのような小型のクレーンでは、届かないので大型のクレーンが必要になります。

大型のクレーンが必要な場合は、料金がかなり高くなるので、事前に業者に値段を確認をしておくようにしましょう。

ダイニングテーブルをクレーンで吊り上げ搬入してもらう場合、いくつかの条件があります。

どんな条件があるの?

クレーンによる吊り上げの場合、建物の近くにクレーンを停められるスペースがある事が条件になります。

また、ダイニングテーブルを吊り上げて搬入しようとしている窓やベランダ付近に木など邪魔なものがないこともクレーンによる吊り上げが可能かどうかの検討材料になります。

クレーン車によるダイニングテーブルの吊り上げ搬入が出来る条件

搬入するベランダや窓側にクレーンを駐車するスペースがある

搬入するベランダや窓からダイニングテーブルの搬入が可能

ダイニングテーブルをクレーンで吊り上げる際に電線などの障害物がない

手吊りでダイニングテーブルを吊り上げる

参照:ベンリー札幌美園店

ダイニングテーブルのサイズが大きくて玄関や階段を通れない場合は、人力でロープを使って吊りり上げ作業で搬入や搬出をする方法もあります。

かなり重量のあるダイニングテーブルであっても、作業人数を増やせば、人力による手吊りが可能になります。

クレーンを置くスペースが無かったり、障害物があったりしてクレーンによる吊り上げ作業が出来ない場合、人力による手吊り作業を行う場合があります。

逆にもし人力での吊り上げが難しい場合は、クレーンによる吊り作業か昇降機や荷揚げ機を使って吊り作業をする場合もあります。

人力でダイニングテーブルを吊り上げるのは、引越し業者であれば、作業も手馴れているので、安心して依頼することができます。

そっか~。良かった~!

手吊りによるダイニングテーブルの吊り作業が出来る条件は、建物の2階までです。

3階になると、ハシゴを掛ける事やロープで引き上げる事に危険度が増しますので、殆どの場合は、3階以上の手吊り作業は行いません。

また搬入経路となるベランダや窓からダイニングテーブルが入る事も手吊り作業が出来る条件になります。

手吊りによるダイニングテーブルの吊り上げ搬入が出来る条件

建物の2階までなら手吊りによる吊り上げ作業が可能

搬入するベランダや窓からダイニングテーブルの搬入が可能

昇降機(スカイポーター)でダイニングテーブルを吊り上げる

参照:名もなき軌跡

昇降機(スカイポーター)とは、上記画像のようにトラックに荷台とリフトのようなものが付いているものです。
この昇降機は、荷台にダイニングテーブルを積んで吊り上げるのでクレーン車の吊り上げより、更に安全性が高いです。

昇降機(スカイポーター)の場合は、ロープで吊り上げる方法とは違い、荷台に載せてリフトで2階や3階の部屋の窓から搬入出来るので、ロープで吊り上げるよにダイニングテーブルを傷つけるリスクも更に減ります。

また、昇降機(スカイポーター)であれば、5階の部屋くらいまでならダイニングテーブルの吊り上げ搬入が可能です。

しかし、昇降機は、保有している業者が少ないので、昇降機で搬入してほしい場合は、業者に保有しているか?確認をする必要があります。

昇降機によるダイニングテーブルの吊り上げ搬入が出来る条件

搬入するベランダや窓側に昇降機を駐車するスペースがある

搬入するベランダや窓からダイニングテーブルの搬入が可能

昇降機を保有している業者を見つける

電動リフト

参照:引越しのオレンジライン

電動リフトとは、荷台に荷物を乗せて電動でハシゴを上下に移動できるものです。

電動リフトの利点は、電線が多くてクレーンが使えない、ベランダが家の裏にあるのでクレーンが使えない、奥まった家なのでクレーンが届かない、小さな窓なのでダイニングテーブルを立ててしか入れられない、ベランダの材質が弱くてダイニングテーブルの重量に耐えられないなど、クレーンによるダイニングテーブルの吊り上げが困難な場合に電動リフトによってダイニングテーブルの吊り上げが可能になる点です。

クレーンでの吊り上げ搬入が困難で業者から断られた場合でも電動リフトがある業者にお願いすれば、ダイニングテーブルの2階への搬入は十分可能です。

電動リフトのデメリットは、電動リフトを所有している業者がまだまだ少ない事です。

電動リフトを所有している業者が少ないから料金の値下げの値引き交渉や相見積もりで安い業者を探すのは、多少困難なので、費用は値下がりしにくいです。

電動リフトによるダイニングテーブルの吊り上げ搬入が出来る条件

建物の2階までなら電動リフトによる吊り上げ作業が可能

搬入するベランダや窓からダイニングテーブルの搬入が可能

電動リフトを所有している業者を見つける

ダイニングテーブルの吊り上げを依頼する場合、どの方法が一番適しているか?業者さんに実際に現地を見てもらって確認をしてもらいましょう。

ダイニングテーブルの吊り上げ作業は、どのような業者に依頼したら良いの?

ダイニングテーブルの吊り上げ作業はどのような業者に依頼すれば良いの?

ダイニングテーブルの吊り上げ作業は、便利屋か引越し業者が請け負ってくれます。

便利屋も引越し業者もダイニングテーブルなどの大型家具の持ち運び、吊り上げ作業に慣れているので、安心して依頼する事が出来ます。

クレーン車の作業に関しては、便利屋も引越し業者も同様に提携しているクレーン会社にクレーン車とクレーン車のオペレーターを手配してもらう場合もありますし、自社のクレーンや昇降機を使用する場合もあります。

以下にダイニングテーブルの吊り上げを便利屋に依頼した場合と引越し業者に依頼した場合の詳細を紹介します。

便利屋にダイニングテーブルの吊り上げ作業を依頼する場合

便利屋とは、ダイニングテーブルなどの家具1点からのクレーンによる吊り上げ、ダイニングテーブルの解体・組み立てなどのサービスを請け負ってくれる業者です。

他にもハウスクリーニング、本の梱包、家電の吊り上げ作業などサービス内容は、多岐にわたります。

便利屋の場合は、2階のリビングにダイニングテーブルの手吊りによる吊り上げ作業には、殆どの場合が対応可能です。

しかし、クレーンを手配してのマンションの3階へのダイイングテーブルの吊り上げ搬入に関しては、対応してもらえない業者もあるので、事前に確認が必要です。

便利屋の料金設定は、作業員1名 1時間3,000円、出張費1名1,500円などスタッフの人数+作業時間+出張費のような料金体系をしている便利屋が多いです。

便利屋に依頼するメリット

ダイニングテーブルの移動や持ち運びに慣れている

料金体系が明確で分かりやすい

ダイニングテーブルの分解・解体・組み立てにも対応してくる

便利屋に依頼するデメリット

クレーンによる吊り上げは対応してもらえない場合がある

値引き交渉に応じてもらえない可能性が高い

引越し業者に依頼する場合

ダイニングテーブルの吊り上げ作業のみでも引越し業者に依頼すれば対応してもらえる業者が多くあります。

引越し業者は、荷物の持ち運びのプロですので、ダイニングテーブルの吊り上げ作業に関しても、手慣れているので、安心して依頼する事が出来ます。

引越し業者の場合は、ダイニングテーブルの人力による手吊りもクレーンによる吊り上げ、昇降機や電動リフトによる吊り上げも対応してもらえます。

またダイニングテーブルの分解・解体・組み立てもしてもらえます。

引越し業者でダイニングテーブルの吊り上げを依頼する場合は、平日の夕方などであれば、値引き交渉に応じてくれやすいですし、後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトを利用して、相見積もりをすると、価格競争が起こりやすく、費用が更に安く抑えられたりするのでオススメです。

引越し業者に依頼するメリット

ダイニングテーブルの吊り上げ作業にも慣れている

クレーンによる吊り上げ作業も対応可能

値引き交渉に応じてもらいやすい

引越し業者に依頼するデメリット

3月、4月の繁忙期は、吊り上げの料金が高くなりやすい

3月、4月は、吊り上げ作業の対応を断わられる場合がある

ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げ作業の料金は?


ダイニングテーブルのみの吊り上げ作業、引越しをする際のダイニングテーブルの吊り作業は、いくら位になるのでしょうか?

ここでは、おおよそのダイニングテーブルの吊り作業の料金の相場を紹介させていただきます。

ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げ作業の料金の相場

 料金
2名による手吊り10,000円~25,000円
3名による手吊り12,000円~35,000円
4名による手吊り15,000円~45,000円
2tユニックで吊り作業15,000円~30,000円
大型クレーンで吊り作業60,000円~100,000円
荷揚げ機で吊り作業10,000円~25,000円

手吊りの場合は、ダイニングテーブルの大きさや重量によって必要な作業員の人数によって人件費が変わるので、費用が変わってきます。

クレーン車を使った場合は、高層階になればなるほど、作業も難しく慎重になるため、価格が高くなりやすいです。

一般的には、1階上がるごとに費用が5000円~8000円ほど追加でかかる場合があります。

大型クレーンを使う必要が出てくると、かなり高額になります。

大型クレーンを使う場合は、ダイニングテーブルを新しく買い換えた方が安くなる場合もあります。

便利屋と引越し業者では、吊り作業の費用に違いが出る場合アリ


便利屋の場合、ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げ作業の料金は、スタッフの人数+作業時間+出張費のような料金体系なので、それ以上に安くなることはありません。

しかし、引越し業者の場合は、ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げ作業の料金は、ホームページに記載されていない場合が多く、想像以上に値引きをしてくれる業者もあります。

へ~。そうなんだ!

引越し業者の場合は、繁忙期や平日の午前、休日は、忙しいので、吊り作業の費用が高くなる場合があります。

逆に仕事が暇になりやすい5月~2月の時期の平日の午後から夕方にかけては、吊り作業の費用を安くで請け負ってくれる場合があります。

このように引越し業者の場合は、ダイニングテーブルの吊り作業は〇〇円などと、はっきり決まっていないこともあり、仕事が忙しいか、暇かによって料金が高くも安くもなる業者があります。

もし、ダイニングテーブルの吊り上げを依頼するのに相見積もりなどをするのが面倒であって、このくらいの金額ならいいか!と思うようでしたら、便利屋さんに依頼すると良いでしょう。

しかし、少しでもダイニングテーブルの吊り作業の料金を安くしたいなら、相見積もりをして安くしてくれそうな引越し業者を探した方が良いです。

ダイニングテーブルの吊り作業を依頼した方が良いのは便利屋か引越し業者か?

てっとり早く業者を見つけたいなら便利屋

少しでも費用を安く抑えたいなら引越し業者

引越し一括見積もりサイトを利用して吊り作業の格安業者を見つける

ダイニングテーブルの吊り作業の費用を格安にしたいなら、引越し一括見積もりサイトを上手に利用すると、安く請け負ってくれる引越し業者を見つけやすくなります。

引越し一括見積もりサイトってどんなサービスなの?

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域のダイニングテーブルの吊り作業を請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、ダイニングテーブルの吊り作業が安くなりやすい引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、ダイニングテーブルの吊り作業を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のダイニングテーブルの吊り作業を請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

ダイニングテーブルの吊り作業にオススメの一括見積もりサイト2選!

ダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げの見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のダイニングテーブルの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ダイニングテーブルを2階へ吊り上げ」などと入力をしましょう。

以下にダイニングテーブルの吊り上げ、吊り下げ作業の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. ダイニングテーブルの引越し料金の相場はいくら?

  2. オフィスデスク(事務机)のみの引越し料金の相場を比較!おすすめ業者は?…

  3. まとめ!学習机・パソコンデスクの吊り上げ料金の相場

  4. 机の引越し料金はどれくらい?損せず安くするには?

  5. 勉強机の引越し料金を安くするには?分解、組み立てのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP