家具の移動、引越し

オフィスデスク(事務机)のみの引越し料金の相場を比較!おすすめ業者は?

ご家庭にある机やデスクは様々なものがあるでしょう。
家で仕事をする場合やパソコンをする場所としてオフィスデスがある場合もあるかもしれません。
ここではオフィスデスクの引越しについて、オフィスデスクの引越し料金についてまとめてみましょう。

オフィスデスクとは?


オフィスデスクとは仕事をするためのデスクです。

オフィスデスクにはスペースが大きいデスクもあれば、収納機能があるデスク、コンパクトなデスクなど様々な種類があります。

オフィスデスクのサイズはそれぞれ商品によって異なりますが、幅は80~180センチ程度が一般的であり、パソコンを使った作業が必須となる場合には、120~140㎝幅のオフィスデスクがよいでしょう。

奥行は60、70、80㎝が一般的であり、主流は70センチになります。

オフィスデスクの高さは72㎝が推奨されています。

オフィスデスクの種類

オフィスデスクにはいくつかの種類があるのでまとめてみましょう。

平机

参照:カグクロ
平机は収納部分などはついておらず、必要な場合には再度キャビネットなどを設置して利用することになります。
平机タイプのオフィスデスクであれば、デスク自体も軽いため、移動やレイアウト変えなども使用しやすいでしょう。

しかし付属品がついていないことになるので、必要に応じて一から揃えなければなりません。

片袖机

参照:カグクロ
片袖机タイプのオフィスデスクは、片側に引き出しがついているタイプのオフィスデスクになります。
この片袖机タイプのオフィスデスクは一番主流として利用されているタイプのオフィスデスクになります。

平机タイプのオフィスデスクとキャビネットを合わせて購入するよりも、片袖机タイプのオフィスデスクを購入した方がコストパフォーマンスはよく、リーズナブルな価格で購入できます。

また必要最低限の広さを確保できるタイプのオフィスデスクなので、一般的なものを選びたい方におすすめです。

両袖机

参照:カグクロ
デスクの両側に収納がついているタイプのオフィスデスクを両袖机と言います。収納スペースが非常に多いので、天板部分の作業スペースを広く確保することができます。
書類などが多く、収納する必要がある方には両袖机タイプのオフィスデスクがおすすめです。

ただ収納部分が増えているた目、どうしても机自体が大きくなってしまいます。

L字デスク

参照:kagg.jp
L字デスクのオフィスデスクはコーナーデスクとも呼ばれており、天板が90度に曲がったオフィスデスクになります。
場所を移動しなくても、向きを変えるだけで2つのスペースを活用しながら作業を行うことができます。

また角の部分を無駄なく活用できるので、部屋を広く見せることができますし、足元のスペースも広く確保できます。
使い勝手もよく、デスク自体の価格も安いのでリーズナブルなのですが、主流タイプのオフィスデスクではありません。

オフィスデスク(事務机)だけの引越しってできるの?!

オフィスデスクだけでも引越しって出来るの?

多くの引越し業者ではオフィスデスクだけといった大型家具や大型家電単品での引越しに対応しています。

なんかオフィスデスクだけの引越しって気が引けるな。。。

オフィスデスクだけなどの引越しは頼みにくい…と感じるかもしれませんが、実際には家具や家電1点から引越しを依頼する人は急増しています。

引越し業者側もそのようなニーズに応えて、通常の引越しプランとは別に家具や家電など家財1点から輸送可能なサービスを用意している引越し業者はたくさんあります。
引越し業者以外でも運送会社でも家具や家電などを輸送するサービスを実施している業者はたくさんあるのでチェックしてみてください。

オフィスデスクの引越し料金はどれくらい?

オフィスデスクを引越しするとなると、見積もりを請求しても他の荷物の引越し費用も含まれているので、オフィスデスクだけの引越し料金を知ることが難しいとされています。

しかし人によってはオフィスデスクだけ、単品での引っ越しを依頼する人も多く、どのくらいの引越し費用になるのか?を知りたいという人も多いです。

オフィスデスクは勉強机と同様、机の中でもそれほど大型の方ではありません。

ダイニングテーブルなどに比べるとサイズ感もコンパクトになるので、商品によって搬出、搬入作業を1人で行うこともできます。

オフィスデスクだけの引越しの場合、安い引越し業者を選べば同一県内での引越しであれば、5000~10000円程度が引越し費用の相場となります。

ただ引越しする時期、引越しする移動距離によってはオフィスデスクだけの引越しであっても10000~20000円の引越し費用がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

特に引越し料金がたかくなってしまうポイントとして、吊り作業があるかどうかという点です。
クレーンによるつり上げ、吊り下げ作業があると、クレーン車の追加費用が発生してしまうので引越し料金が高くなってしまいます。
手作業の吊り作業でも+5000円程度はかかりますので注意が必要です。

オフィスデスクの引越し料金が変動するポイント

引越しする時期

引越しする移動距離

吊り作業があるかどうか

宅急便業者、引越し業者にオフィスデスク(事務机)の引越しを依頼する場合の料金相場を比較!

らくらくパックの人件費

オフィスデスクを業者にお願いする場合、どこがおすすめなの?

様々なおすすめ業者がありますので、紹介しますね。

ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

参照:ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

クロネコヤマトのヤマト運輸の中でも引越し業者を担っているのがヤマトホームコンビニエンスになります。

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は、オフィスデスク1つなどからの引越しに対応してくれます。

らくらく家財宅急便はネーミング通り、家財を宅急便のように、輸送してくれる引越しサービスになります。
オフィスデスクなど1点からの輸送が可能であり、梱包や設置は通常の引越し作業と同じように行ってくれます。

らくらく家財宅急便でのソファーベッドの引越し費用の相場

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」はオフィスデスクの大きさ(高さ+横幅+奥行の3辺の合計)と移動距離によって価格が変動します。

ここでは、

・幅100×奥行70×高さ70cm=3辺の合計240㎝の平机

・幅140×奥行70×高さ70cm=3辺の合計280㎝の両袖机

の引越し料金を紹介します。

サイズ東京都内東京~大阪間東京~福岡間
240㎝
(3辺合計)
7,535円8,855円11,935円
280㎝
(3辺合計)
10,945円12,375円16,885円

料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

オプションサービス

オフィスデスクの場合、分解・組み立てが必要になる場合があります。

工具を使う分解、組み立てをお願いする場合、オプションサービスになります。

また、2階まで吊り上げや吊り下げが必要になったり、クレーン吊り上げが必要な場合もオプションサービスになります。

オプション料金は以下になります。

作業内容料金
家具の分解3,000円
家具の組み立て4,500円
家具の吊り上げ/吊り下げ
(2階まで)
10,000円
クレーン吊り上げ
(提携業者作業)
要相談

赤帽

参照:赤帽

赤帽は、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」という個人事業主の団体です。

運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、1点から輸送可能です。

赤帽の軽トラックの大きさは、長さ194cm、幅141cm、高さ18cmになります。
最大積載量は、350kgまでの重さであれば、運搬可能です。

ここでは、幅140×奥行70×高さ70cm=3辺の合計280㎝の両袖机の引越し料金を紹介します。

赤帽の場合は、オフィスデスクの引越しが近距離であれば、料金が安くなりやすいですが、中距離や長距離になると、走行距離によって追加料金が加算されて割高になります。

赤帽でのオフィスデスクの引越しの料金相場
時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
7500円~13750円
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

赤帽の場合は、地域によって、多少の費用のばらつきがありますので、詳しい金額は直接問い合わせをしましょう。

また引越しの時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されます。

その他のオフィスデスクだけの引越しも可能な単品輸送取り扱い業者

ヤマトホームコンビニエンスや赤帽以外にもオフィスデスクだけの引越しを受け付けてくれる引越し業者は他にもありますので紹介しますね!

単品輸送取り扱い業者一覧
引越し業者プラン名
SGムービング単品プラン
ファミリー引越センター単品輸送便
アーク引越センター大物限定プラン
引越しのムービングエス小口引越
キタザワ引越センター一発予約家財宅配便
ダック引越センター家具だけプラン
単品輸送取り扱い業者でのオフィスデスクの引越し費用の相場

ここでは単品輸送取り扱いの引越し業者でオフィスデスクを引越しする場合の費用の相場を紹介します。

大きさ東京都内間東京~大阪間東京~福岡間
両袖机
280㎝
(3辺合計)
8,000円~
20,000円
15,000円~
28,000円
25,000円~
35,000円

上記費用は、数ある引越し見積もりサイトの料金の相場を参考にしてまとめた料金の目安です。

細かな費用については、SGムービング、ファミリー引越センター、アーク引越センターのサイトを調べてもきちんとした表示はされていません。

価格は、交渉次第で安くもなりますし、高くもなりますし、時期や曜日によっても変動します。

ですので、オフィスデスクの引越しを行ってくれる業者選びはしっかりと判断することが大切です。

オフィスデスクの単品での引っ越しをする際には、引越し料金を複数の業者から見積もりをしてきちんと相場を把握し、どの業者にお願いするのが良いのか?を知っておくことが大切です。

見積もり相場を知っておくことで、その見積もり額が妥当なものかどうかをチェックすることができます。

逆に相場を知らないで見積もりを見てしまうと、その金額が妥当なものなのか、安いものなのかを判断することができません。

オフィスデスクの引越しでは分解、解体するの?!

オフィスデスクの引越しをする場合、解体や分解作業は必要なの?

ダイニングテーブルなどの大きなサイズのテーブルの場合、引越しの際に脚部分を分解して、天板と脚部分でそれぞれ別々に梱包して引越しするのが一般的です。

しかしオフィスデスクほどのそれほど大きくない机であれば、わざわざ足を解体、分解せずにそのままの状態で梱包して運ぶのが一般的でしょう。

オフィスデスクの梱包などの引越し準備

オフィスデスクを引越しする際には、引き出しなど収納スペースがある場合には、収納しているものを全て取り出して別に梱包しておくようにしましょう。

引き出しの中には書類など紙類や文房具類、本などが多いでしょう。

それらの荷物が入っている状態で運んでしまうと、荷物が重たくなってしまいますし、途中で物が飛び出してしまう恐れもあるので注意が必要です。

また引き出しなども梱包資材でしっかりと梱包してから引越しするようにしましょう。

中に入っていた書類、本類、文房具類なども全てダンボール箱に梱包するようにしましょう。

梱包資材としては大判の梱包資材か毛布、タオルケットなどがおすすめです。

オフィスデスクは角があるので、壁や床に当たってしまうと傷ついてしまう恐れがあります。

オフィスデスクは全体をくるんで、デスクにも壁や床にも傷がつかないように梱包して引越しする必要があります。

オフィスデスク梱包のポイント

引き出しの中の物はダンボール箱に梱包する

梱包資材はタオルケットなどでも良い

オフィスデスクは全体を梱包するようにする

オフィスデスクの引越し料金を安くするには?

オフィスデスクの引越し料金を安くする方法を教えて!

オフィスデスクの引越し料金を安くするには引越しする時期や時間帯を気を付けてみましょう。

移動距離とオフィスデスクの引越し料金

移動距離に関しては変えられないので、移動距離が短かければその分、引越し料金も安くなりますし、逆に移動距離が長くなると引越し料金は高くなるので注意が必要です。

時期とオフィスデスクの引越し料金

引越しする時期は非常に重要です。

引越し件数が多くなる引越しハイシーズンと、引越し件数が落ち着いている引越しオフシーズンでは価格設定が同じであっても全く異なります。

例えば3月~4月にかけての引越しハイシーズンと呼ばれる時期は、1年の中でも最も引越し件数が多い時期になります。

この時期は何をしなくても引越し依頼がくるわけですから、引越し業者としても値下げ交渉なども応じてくれませんし、高い値段設定にしたとしてもユーザーのニーズがあるため、引越し件数が少なくなることはありません。

一方引越しオフシーズンと呼ばれる5月~2月の引越し時期は、全体の引越し検寸が少なく落ち着いているので、オフィスデスクの引越しも依頼しやすいですし、価格設定自体が安く設定されています。

一般的な人気のシーズンに比べて1/3~1/2程度の引越し料金で引越しできる場合もあります。

その他、引越し時期だけではなく、引越し曜日によってもオフィスデスクの引越し料金は変動します。

やはり引越しは土日祝日の方が平日に比べて圧倒的に人気があります。
そこで平日に引越しができるのであれば平日でのオフィスデスクの引越しがおすすめです。

平日だけ安くなっているプランも各引越し業者で用意されていますよ。

見積もりは一括見積もりサイトを利用する

オフィスデスクの引越しをどこの引越し業者に依頼するのか迷った時には引越し見積もり無料一括請求サイトを利用しましょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。

結構簡単に利用できるのかな?

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すれば必要な情報入力は1回で済みます。

そのため簡単にそして効率よく引越し業者から見積もりを請求できるのです。
引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して、そこから引越し業者と契約をした場合には、サービス特典が付く場合もありますし、価格を下げてくれたりする場合もあるでしょう。

また複数の引越し業者から見積もりをもらうことで、どこの引越し業者だとどのくらいの費用がかかって、どこの業者だと安く引越しできるのか?などが一目瞭然です。

安い引越し料金で引越ししたい場合には、面倒と思っても引越し見積もり無料一括請求サイトを利用する必要は多いにあるでしょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトは24時間365日対応してくれるので引越しまでに時間がないという人、忙しい人にもぴったりのサービスになります。

オフィスデスクの引越し料金を安くするポイント

オフシーズンにオフィスデスクの引越しをすると安くなりやすい

平日にオフィスデスクの引越しをすると安くなりやすい

引越し一括見積もりサイトを利用する

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. テレビ台の引越し料金は?梱包や分解のコツ

  2. タンスの吊り上げ、吊り下げの料金相場は?格安業者の見つけ方

  3. グランドピアノのクレーンによる移動・吊り作業の料金相場は?

  4. 簡単解決!福岡、北九州でのベッドの引越し料金を節約する方法

  5. 格安業者は?アップライトピアノの吊り上げ、吊り下げ料金の相場

  6. ドレッサーの引越し方法(分解、梱包)と料金を安くする秘訣!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP