家具の移動、引越し

電子ピアノの配送料金の相場は?一番安い業者はココ!ヤマト・佐川は?

電子ピアノをを配送する場合、配送業者はどのような業者があるのでしょうか?

配送できる方法には、日本郵便、飛脚ラージサイズ宅急便、ピアノ専門の配送業者、様々な引越し業者などがあります。

電子ピアノの配送は、自分で梱包しなければならない業者や梱包から設置まで業者の方でしてもらえる場合もあります。

どの業者に依頼すれば安くなるのか?どの業者に依頼すればサービスが行き届いているのか?など様々な違いがあります。

このページでは、電子ピアノの配送料金の相場、業者によるサービスの違い、一番安い業者を選ぶ方法などを詳しく紹介します。

知人や友人に電子ピアノを譲る際に配送する場合やメルカリやヤフオクで電子ピアノを出品する場合、引越しの際に電子ピアノだけを配送業者に依頼する場合などは、参考になる内容です。

目次

電子ピアノの種類、サイズを把握しよう

電子ピアノは、デジタルピアノとも言われていて、電気を用いてピアノの音色を発する電子鍵盤楽器になります。

大型のタイプの電子ピアノもあれば、卓上でも使えるキーボードタイプの小型の電子ピアノもあります。

キーボードタイプの電子ピアノであれば、自分で梱包して安くで配送が可能ですが、大型タイプの電子ピアノであれば、自分で梱包するのも大変なので、梱包もしてもらえる業者に配送をしてもらった方が無難かもしれません。

キーボードタイプの電子ピアノは、配送料金が安く抑えられますが、大型タイプの電子ピアノは、キーボードと比べると配送料金も高くなります。

電子ピアノを配送してもらう場合、電子ピアノの種類、サイズや重量、配送距離、どの業者に依頼するか?などの要因で料金は、違ってきます。

ここでは、電子ピアノの種類やサイズ、サイズに応じた配送方法について紹介させて頂きます。

ローランド「GO:PIANO」GO61P(61鍵盤)

参照:ビックカメラ

卓上で使いやすいローランドの61鍵盤のキーボードです。

幅87.7㎝×奥行き27.1㎝×高さ8.2㎝=3辺合計長さは123㎝、重量は3.9㎏あります。

これくらいの大きさのキーボードであれば、自分できちんと梱包すれば、ゆうパックやクロネコヤマトの宅急便を使うことで一番安くで配送する事が可能です。

カシオ 電子ピアノ「Privia」(88鍵盤)PX-770WE

参照:ビックカメラ

カシオの比較的コンパクトな電子ピアノです。

幅139.1㎝×奥行き29.9㎝×高さ79.8㎝=3辺合計長さは248.8㎝、重量は31.5.㎏あります。

自分で梱包して3辺の合計が260cm以内に収めることができれば、佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便で一番安く配送する事が可能です。

ローランド 電子ピアノ(88鍵盤)LX705

参照:ビックカメラ

ハイスペックモデルのローランドの電子ピアノです。

幅138.3㎝×奥行き46.8㎝×高さ103.8㎝=3辺合計長さは288.9㎝、重量は74.6㎏あります。

梱包した状態の3辺合計長さが260cmを超えると、ゆうパック、クロネコヤマトの宅急便、飛脚ラージサイズ宅急便では、サイズオーバー、重量オーバーなので、配送が出来ません。

このような大きなサイズの電子ピアノは、赤帽やその他の軽トラック便、ヤマトホームコンビニエンスの楽器電子ピアノ1点からの配送に対応してもらえる引越し業者などで対応してもらえます。

また電子ピアノを赤帽、引越し業者に依頼する場合、梱包や設置作業もしてもらえます。

大きな電子ピアノの梱包や持ち運び、設置作業は、何かと大変だから、業者でしてもらえるのは、ありがたいね。

電子ピアノの配送料金・配送の際にかかる追加料金の相場

東京~浜松市の引越し料金相場02

キーボードタイプの電子ピアノの場合は、配送の際に配送料金のみになる場合が多いです。

大きな電子ピアノの場合は、階段の昇り降り作業の追加料金がかかる場合があります。

電子ピアノの配送のみだけならまだしも、階段の昇り降り作業がある場合は、思っていたより費用がかかりますので、事前に知っておく事が大切です。

追加料金も把握した上で、電子ピアノの配送依頼をすることが大切なんだね。

以下に電子ピアノの配送料金の相場、階段の昇り降り作業の相場を紹介していきます。

電子ピアノの種類別・サイズ別の配送料金の相場

電子ピアノの種類・サイズ
小型電子ピアノ
(キーボード)
中型電子ピアノ大型電子ピアノ
画像
横幅87.7㎝139.1㎝138.3㎝
奥行き27.1㎝29.9㎝46.8㎝
高さ8.2㎝79.8㎝103.8㎝
3辺の合計123㎝248.8㎝288.9㎝
重量3.9kg31.5.㎏74.6㎏
東京~東京の配送料金1,700~5,000円5,000~14,000円6,000~16,000円
東京~大阪の配送料金2,000~6,000円5,500~15,000円6,500~17,000円
東京~福岡の配送料金2,300~7,000円6,000~25,000円8,500~25,000円

上記表は、電子ピアノの種類別・サイズ別の配送料金の相場になります。

電子ピアノの配送料金は、電子ピアノを梱包資材に梱包した状態の3辺(縦・横・高さ)の合計サイズと配送の距離によって料金に違いが出てきます。

同じ電子ピアノのサイズで配送距離が同じであっても配送料に違いがあるのは、業者によって料金の開きがあるからです。

電子ピアノの配送の際のオプション料金の相場

サービス内容小型電子ピアノ大型電子ピアノ
階段作業(階毎)必要なし■外階段の場合
500円~1,000円

■内階段の場合
1,000円~3,000円
エレベーター作業必要なし1,000円
クレーン作業必要なし20,000円~
手吊り作業必要なし10,000円~
30,000円
解体・組立て必要なし4,000円

小型の電子ピアノの配送の場合は、オプション料金がまったくかからない場合が多いです。

小型の電子ピアノの場合、階段作業なども業者によっては、オプション料金がかからない場合がたくさんありますので、見積りを取る際に確認しておくと良いです。

大型の電子ピアノの場合は、搬入先が狭くて、分解や組み立てが必要になる場合があります。

オプション料金の種類を以下に紹介します。

階段作業

特に大型の電子ピアノの場合は、分解などしない場合、階段の一階毎に追加料金がかかる場合があります。

エレベーター作業

エレベーターを使う場合、こちらも場合によって追加料金がかかる場合があります。

クレーン作業

大型の電子ピアノの場合は、分解を殆どしなくて、クレーン作業が必要な時に追加料金がかかります。

手吊り作業

大型の電子ピアノで階段作業などがロープによる手吊り作業が必要になった場合、追加料金がかかります。

分解・組み立て作業

分解や組み立てに関しては、電子ピアノのメーカーによってまちまちですが、重い電子ピアノの場合は、分解や組み立ては、なるべく大人2人でした方が良いので、業者にオプション料金を支払ってお願いした方が良い場合があります。

電子ピアノの分解・組み立て作業を業者に依頼する場合は、追加料金がかかります。

大型の電子ピアノを配送する際は、事前に業者に「階段作業などの追加料金は、ありますか?」と確認をしましょう。

大型の電子ピアノを配送する前にチェックしておくこと

大型の電子ピアノを配送する場合は、配送する際に色々とチェックしておいた方が良いことがあります。

チェックしておいた方が良いことは、電子ピアノのサイズ、配送先の搬入経路のサイズ、設置場所の確認です。

以下にサイズを測っておく箇所を紹介します。

電子ピアノの3辺のサイズを把握する

大型の電子ピアノを配送する場合は、電子ピアノの横幅、奥行き、高さの3辺のサイズを計測します。

電子ピアノの3辺のサイズを測っておくのは、

  • 電子ピアノの3辺のサイズによって配送可能な業者が変わる
  • 電子ピアノの3辺のサイズによって配送料金が違う
  • 電子ピアノの3辺のサイズを測っておいて配送先で入るか?を把握しておく

などの理由があるからです。

配送元、配送先の搬出経路・搬入経路のサイズを測る

続けて、電子ピアノの配送元・配送先の搬出経路・搬入経路を事前に測っておきましょう。

測っておいた方が良い場所は、以下になります。

電子ピアノの搬出・搬入経路でサイズを確認する場所

エレベーター

玄関

階段

廊下

室内ドア

設置場所

順番に説明をしていきます。

エレベーター

マンションの場合は、エレベーターから電子ピアノを搬出・搬入する事があります。

特にエレベーターが小さい場合は、大型の電子ピアノが入らない場合もあるので、サイズを測っておくことが大切です。

エレベーターのサイズの確認する箇所は、入口の高さ、横幅のサイズを測るようにしましょう。

エレベーターの内部の高さ、内部の横幅、内部の奥行のサイズもきちんと測るようにしましょう。

玄関

玄関の横幅と高さのサイズを測るようにしましょう。

それから上記画像のようにドアを開けた際にドアノブやポストの出っ張りが障害になる場合があるので、ドアを開けた際にドアノブとポストの出っ張っている幅をドア全体の横幅から差し引くようにしましょう。

階段

一戸建ての内階段やマンションの外階段を通って電子ピアノを搬出・搬入する場合は、階段のサイズを計測します。

一戸建ての内階段を通る場合は、階段の踊り場で電子ピアノが回転しながら通れるか?がポイントになるので、しっかり測るようにします。

踊り場前後の階段の横幅(手すりを差し引いた横幅)、奥行き、天井までの高さを測るようにします。

大型の電子ピアノの場合は、階段の踊り場が通れない可能性が出てくるので、踊り場のサイズをきちんと測っておきましょう。

階段がL字に折れ曲がっているタイプであれば、L字に折れ曲がっている前後の階段の横幅(手すりを差し引いた横幅)、天井までの高さを測るようにしましょう。

廊下

廊下を通って電子ピアノを搬出・搬入する場合は、廊下の横幅と高さを測ります。

廊下の途中で曲がり角がある場合は、曲がり角の前後の横幅を測るようにします。

電子ピアノが廊下の曲がり角を方向転換しながら通れるか?を把握するために重要です。

室内ドア

室内のドアを通って電子ピアノを搬出・搬入する場合は、室内ドアの横幅、高さをしっかりと測りましょう。

室内ドアを開けた際にドアノブの出っ張りが邪魔になって電子ピアノが入らない場合も稀にあるので、ドアノブの出っ張りを差し引いた横幅も測っておきましょう。

電子ピアノのサイズと搬出・搬入経路のサイズの比較ポイント

搬出・搬入経路(エレベーター、玄関、階段、廊下、ドア)の横幅、奥行き、高さは、電子ピアノの寸法より+10cmの余裕があれば、搬出・搬入が可能になってきます。

設置場所

電子ピアノの配送先の設置場所は、適している場所なのか?も確認をしておきましょう。

設置場所として、適していない場合は、電子ピアノの音色の調子が悪くなってしまったり、すぐに壊れてしまう場合もあるので注意が必要です。

どんな場所が電子ピアノの設置場所として適しているの?

電子ピアノの設置場所としてのキーポイントは、

  • 他の電気製品から離れている場所
  • 温度、湿度の変化が少ない場所
  • 直射日光が当たらない場所
  • キッチンなどの水場が遠い場所

が理想的です。

温度変化が大きい場所や直射日光が当たる場所、キッチンなどのように水場が近い場所は、電子ピアノが壊れやすくなるので、配送先の設置場所としては、適していません。

また、電化製品に近い場所に電子ピアノを置くと、雑音が生じる場合もあるので、適していません。

自分で電子ピアノを分解する場合

大型の電子ピアノが配送先のエレベーター、階段などから通れない場合、分解してから配送するという方法もあります。

殆どの電子ピアノは、鍵盤部分と脚部分で分解が可能です。

配送の際の電子ピアノの分解は、業者に依頼すれば、分解してもらえますが、追加料金がかかる場合が多いです。

少しでも配送料金を抑える為に自分で電子ピアノを分解してみるのも良いかも知れません。

自分で電子ピアノを分解する場合は、鍵盤部分が重たいので、必ず2人で分解するようにしましょう。

ここでは、以下にローランドの電子ピアノの分解方法を紹介します。

他のメーカーの電子ピアノの分解方法もよく似ているので、参考にしてみて下さい。

1.譜面立てを外す

参照:YouTube

電子ピアノに譜面立てがついている場合は、外します。

譜面立てを外した後にネジが無くならないように締めておきます。

2.ヘッドホンフックを取り外す

参照:YouTube

ヘッドホンフックが付いている場合は、ネジを緩め、取り外します。

3.電源コード類を取り外す

参照:YouTube

ACアダプターなどの電源コード類を取り外します。

4.鍵盤部分と脚部分を固定しているネジを外す

参照:YouTube

鍵盤部分(電子ピアノの本体)と脚部分を固定しているネジをはずします。

5.鍵盤部分と脚部分とを分解する

参照:YouTube

鍵盤部分(電子ピアノの本体)を2人で持ち上げて、脚部分と分解します。

鍵盤部分と脚部分が分解できれば、電子ピアノの分解は、完了です。

電子ピアノの分解って難しいと思っていたけど、自分でもできそう!

電子ピアノの配送後の組み立ては、基本的には、分解の流れと逆の事をすればOKです。

電子ピアノの分解の流れ まとめ

1.譜面立てを外す

2.ヘッドホンフックを取り外す

3.電源コード類を取り外す

4.鍵盤部分と脚部分を固定しているネジを外す

5.鍵盤部分と脚部分とを分解する

自分で電子ピアノを梱包する場合

キーボードであれば、ゆうパックやクロネコヤマトの宅急便での配送が可能ですし、梱包した状態の3辺の合計が260cm以内の電子ピアノの場合は、飛脚ラージサイズ宅急便での配送が可能です。

ゆうパック、クロネコヤマトの宅急便、飛脚ラージサイズ宅急便で電子ピアノを配送する場合、配送料金は安く抑えられますが、電子ピアノの梱包作業は、自分でしなければなりません。

自分で電子ピアノを梱包するのって難しそう。

キーボードであれば、自分でも梱包が可能ですが、コンパクトな電子ピアノは、分解してから梱包するか、業者に依頼して梱包する方が良いです。

電子ピアノの場合は、できれば業者に梱包もしてもらう事をオススメします。

キルティング生地の養生クッションで電子ピアノを梱包する

参照:Amazon

電子ピアノを自分で梱包する場合は、上記画像のようなキルティング生地の養生クッションを使って梱包する事が可能です。

キルティング生地の養生クッションは、Amazonや楽天などで2,000円前後で購入する事が出来ます。

キルティング生地の養生クッションを電子ピアノに巻きつけて、養生クッションを紐で固定する事で電子ピアノを梱包できます。

プチプチと巻きダンボールでキーボードを梱包する

キーボードの場合は、プチプチとダンボールで梱包する事が出来ます。

プチプチはホームセンターで購入が可能ですし、ダンボールは、スーパーで使い古しを無料で分けてもらえる場合があります。

プチプチとダンボールを使って、キーボードを梱包する方法は、まずは、キーボードをブチブチで巻きつけてガムテープで剥がれないように固定します。

次にダンボールを継ぎ接ぎにしながらキーボードを包み込みます。

最後にダンボールをガムテープでしっかり固定すれば、キーボードの梱包が完了です。

キーボードの梱包なら自分でもできそう!

電子ピアノは着払いで配送出来る?

電子ピアノをヤフオクやメルカリで売る際に配送を着払いで出来ないか?と検討する場合がありますよね。

電子ピアノの配送は、どこに依頼しても着払いは、可能なの?

電子ピアノは、着払いで配送が可能な業者もあれば、着払いが不可な業者もあります。以下に電子ピアノの配送で着払いが可能なサービスと不可のサービスを紹介します。

電子ピアノの配送の着払いがOKなサービス

電子ピアノの配送で着払いがOKなサービス

ゆうパック

クロネコヤマト宅急便

飛脚ラージサイズ宅配便

カンガルー特急便

電子ピアノの配送の着払いがNGなサービス

電子ピアノの配送で着払いがNGなサービス

ピアノ・楽器輸送サービス

梱包・発送たのメル便、らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便

ヤフネコ!パック、おてがる版ゆうパック

家電1点から配送可能な引越し業者など

ヤマトホームコンビニエンスの「ピアノ・楽器輸送サービス」で電子ピアノを配送する場合は、元払いで発送する必要があります。

らくらくメルカリ便、ヤフネコ!パックなどは、メルカリやヤフオクを利用して電子ピアノを売ることで出品者に入る販売利益から送料が自動で差し引かれる仕組みになっています。

ですので、強制的に元払い(送料出品者負担)で配送伝票が作成されるようになっています。

その他に大型家電一点からの配送に対応してもらえる引越し業者なども着払いは、NGです。

電子ピアノが配送できる業者の取り扱いサイズ、サービス内容、料金を比較

ここでは、電子ピアノ1点からの配送に対応してもらえる様々な業者を紹介します。

宅配業者、ピアノ専門の運送業者、引越し業者など業者によって、配送な可能な電子ピアノのサイズや配送エリアなどが違ってきます。

以下に電子ピアノ1点からの配送に対応してもらえる業者をいくつか紹介させて頂きます。

あなたが配送する予定のキーボードや電子ピアノのサイズによって最適な配送業者は違ってきますので、見比べてみましょう。

ゆうパックでキーボードを配送する

参照:郵便局

ゆうパックのサービス概要
ゆうパックのサービスの概要
取り扱いサイズ・幅、奥行き、高さの3辺の合計が170cm以内
取り扱いの重量・実重量が25㎏以下
対応地域全国
基本サービス配送のみ
自分で梱包などをする必要あり
オプションサービス代金引換、着払い、本人限定受取、
セキュリティーサービス

梱包して縦×横×奥行の3辺の合計が170㎝以内で重さ25㎏までなのでキーボードであれば、配送が可能です。

キーボードの梱包や配送先での設置作業は、全て自分で行う必要があります。

ゆうパックのキーボードの配送料金
キーボードのサイズ
(梱包した3辺合計)
東京~東京東京~大阪東京~福岡
140cm以内1,780円1,950円2,260円
170cm以内2,340円2,530円2,850円

ゆうパックのキーボードの配送料は、キーボードを梱包した際の3辺の合計と「配送先のエリア」によって決まります。

東京からのキーボードの配送料金の算出は、以下のページを参照しています。

参照:ゆうパック「概要・運賃

3辺の合計が170cm以下のキーボードは、ゆうパックが一番安く配送できそう。

メルカリを利用してキーボードを配送する場合は、「ゆうゆうメルカリ便」を、ヤフオク!を利用してキーボードを配送するのであれば「ゆうパック(おてがる版)」を選択することで、配送料金が少し安くなったゆうパックを利用することができます。

クロネコヤマトの宅急便でキーボードを配送する

参照:ヤマト運輸

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便は、ゆうパックよりも大きなサイズの配送が可能です。

クロネコヤマトの宅急便のサービス概要
クロネコヤマトの宅急便の
サービスの概要
取り扱いサイズ・幅、奥行き、高さの3辺の合計が200㎝以内
・1辺の長さ170cm
取り扱いの重量・実重量が30㎏以下
対応地域全国
基本サービス配送のみ
自分で梱包などをする必要あり
オプションサービス記載なし

梱包して縦×横×奥行の3辺の合計が200㎝以内で重さ30㎏までなので、キーボードであれば、配送が可能です。

クロネコヤマトの宅急便もキーボードを配送する場合は、自分でキーボードの梱包や配送先での設置作業を全て行わなければなりません。

ゆうパックとクロネコヤマトでは、電子ピアノは、大きいので配送出来ないんだね。

クロネコヤマトの宅急便の電子ピアノの配送料金
キーボードのサイズ
(梱包した3辺合計)
東京~東京東京~大阪東京~福岡
160cm以内2,070円2,180円2,510円
180cm以内2,400円2,510円2,840円
200cm以内2,840円2,950円3,280円

クロネコヤマトの宅急便のキーボードの配送料は、キーボードを梱包した際の3辺の合計と「配送先のエリア」によって決まります。

東京からのキーボードの配送料金の算出は、以下のページを参照しています。

参照:宅急便運賃一覧表

キーボードを梱包して3辺の合計が170~200cm以内であれば、クロネコヤマトの宅急便が一番安くで配送出来ます。

メルカリを利用してキーボードを配送する場合は、「らくらくメルカリ便」を、ヤフオク!を利用してキーボードを配送するのであれば「ヤフネコ!パック」を選択することで、配送料金が少し安くなった宅急便を利用することができます。

飛脚ラージサイズ宅急便で電子ピアノを配送する

参照:佐川急便

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便は、飛脚宅急便で送ることが出来ない大きな荷物を配送してもらえるサービスです。

飛脚ラージサイズ宅急便のサービス概要
飛脚ラージサイズ宅急便のサービスの概要
取り扱いサイズ・幅、奥行き、高さの3辺の合計が
 160cm以上260cm以内
取り扱いの重量・実重量が50㎏以下
対応地域全国
基本サービス配送のみ
自分で梱包などをする必要あり
オプションサービス記載なし

梱包して縦×横×奥行の3辺の合計が260㎝以内で重さ50㎏までのコンパクトな電子ピアノであれば配送が可能です。

注意点としては、スタッフ1人でトラックへの積み下ろしが不可能と判断された電子ピアノの場合は、対応不可になる場合があります。

電子ピアノを飛脚ラージサイズ宅急便での配送する場合は、梱包や配送先での設置作業を全て自分で行う必要があります。

配送の際の破損のリスクを避けるために可能であれば、電子ピアノの鍵盤部分と脚部分を分解してから梱包しておくと良いです。電子ピアノの鍵盤部分と脚部分を分解することで、3辺の合計の梱包サイズも小さく収まり、配送料を抑えることも出来ます。

飛脚ラージサイズ宅急便の電子ピアノの配送料金
電子ピアノのサイズ
(梱包した3辺合計)
東京~東京東京~大阪東京~福岡
200cm以内3,245円4,180円5,005円
220cm以内3,795円4,895円5,940円
240cm以内4,895円6,380円7,810円
260cm以内5,995円7,865円9,680円

飛脚ラージサイズ宅急便の配送料は、電子ピアノの横幅・奥行き・高さの「3辺の合計」と「配送先のエリア」によって決まります。

東京からの電子ピアノの配送料金の算出は、以下のページを参照しています。

参照:関東発【飛脚ラージサイズ宅急便】

電子ピアノを梱包した3辺の合計が200~260cmの範囲内の場合は、飛脚ラージサイズ宅急便が配送料は、一番安くなります。

ピアノ運送株式会社で電子ピアノを配送する

参照:ピアノ運送株式会社

ピアノ運送株式会社は、ヤマハ株式会社のピアノ搬送認定業者で、100年以上の実績があり、全国に15か所の支店があります。

ピアノ運送株式会社は、ピアノ専門の運送業者ですが、電子ピアノの配送にも対応してもらえます。

ピアノ運送株式会社のサービス概要
ピアノ運送株式会社のサービスの概要
取り扱いサイズ電子ピアノ
アップライトピアノ
グランドピアノ
全て対応可能
取り扱いの重量電子ピアノ
アップライトピアノ
グランドピアノ
全て対応可能
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送、設置
オプションサービスクレーン吊り上げ
ピアノの調律
ピアノのクリーニング
ピアノの買取

ピアノ運送株式会社は、ピアノ専門の運送業者ですので、宅配業者や引越し業者と比べると、電子ピアノの専門知識に関して、安心して相談できます。

また、クレーンによる吊り上げ作業にも対応してもらえます。

ピアノ運送株式会社の電子ピアノの配送料金

ピアノ運送株式会社の配送料金は、実際に見積もりを取って確認をする必要があります。

配送費用は、宅配業者や引越し業者より費用が高くなる傾向があります。

確かにアップライトピアノやグランドピアノなどの大型で繊細なピアノであれば、費用が高くなってもピアノ専門の配送業者に依頼すると良いでしょう。

電子ピアノは、家電としての取り扱いになりますし、調律をする必要もないので、高い料金を支払ってまでピアノ運送の専門業者に依頼するメリットは、あまりありません。

日本ピアノ運輸株式会社で電子ピアノを配送する

参照:日本ピアノ運輸株式会社

日本ピアノ運送株式会社は、半世紀にわたり100万台ものピアノ、電子ピアノを配送してきた、ピアノ専門の運送業者です。

日本ピアノ運送株式会社のサービス概要
日本ピアノ運送株式会社のサービスの概要
取り扱いサイズ電子ピアノ
アップライトピアノ
グランドピアノ
全て対応可能
取り扱いの重量電子ピアノ
アップライトピアノ
グランドピアノ
全て対応可能
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送、設置
オプションサービスクレーン吊り上げ
ピアノの調律
ピアノのクリーニング
ピアノの買取

日本ピアノ運送株式会社も歴史のあるピアノ専門の運送業者なので、大型の電子ピアノも安心して配送してもらえます。

また、クレーンによる吊り上げ作業にも対応してもらえます。

日本ピアノ運送株式会社の電子ピアノの配送料金

日本ピアノ運送株式会社の配送料金は、実際に見積もりを取って確認をする必要があります。

ピアノ専門の運送業者に電子ピアノを配送してもらいたい場合も必ず2社以上は、相見積もりを取るようにしましょう。

ヤマトホームコンビニエンスの「ピアノ・楽器の輸送サービス」で電子ピアノを配送する

参照:ヤマトホームコンビニエンス「ピアノ・楽器の輸送サービス」

ヤマトホームコンビニエンスが提供している「ピアノ・楽器輸送サービス」で電子ピアノを配送する事が出来ます。

ヤマトホームコンビニエンスは、「らくらく家財宅急便」という家具や家電1点から配送出来るサービスがありますが、電子ピアノは、「らくらく家財宅急便」では、配送出来ません。

ヤマトホームコンビニエンスの「ピアノ・楽器輸送サービス」の概要
ヤマトホームコンビニエンスの
「ピアノ・楽器輸送サービス」の概要
取り扱いサイズ電子ピアノ
エレクトーン
アップライトピアノ
グランドピアノ
全て対応可能
取り扱いの重量電子ピアノ
エレクトーン
アップライトピアノ
グランドピアノ
全て対応可能
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送、設置
オプションサービスクレーン吊り上げ
ピアノの買取・処分

電子ピアノを実際に配送してもらうのは、ヤマトホームコンビニエンスと提携しているピアノ専門の配送業者になります。

ヤマトホームコンビニエンスの「ピアノ・楽器輸送サービス」の電子ピアノの配送料金

ヤマトホームコンビニエンスの「ピアノ・楽器輸送サービス」の電子ピアノの配送料金は、実際に見積もりを取る必要があります。

発地から着地までの距離とピアノなどの楽器の種類・重量・サイズ・メーカー・型番号等と、搬出・搬入先の階数および作業内容により料金が算出されます。

ヤマトホームコンビニエンスが国内のピアノ専門の運送業者との提携サービスとなるので、らくらく家財宅急便とは、料金が異なります。

ヤマトの「ピアノ・楽器輸送サービス」で電子ピアノの配送を検討する場合は、ヤマト以外にピアノ専門の運送業者や引越し業者と相見積もりを必ず取るようにしましょう。

赤帽で電子ピアノを配送する

参照:赤帽

赤帽とは正式名称を全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会と言い、個人で配送業を営む人たちの組合になります。

赤帽では、軽トラックを使って、大型の電子ピアノの配送に対応してもらえます。

赤帽のサービス概要
赤帽のサービスの概要
取り扱いサイズ・高さ140~210㎝×奥行190~202㎝×幅141㎝以内
取り扱いの重量・実重量が350kg以下
対応地域全国
基本サービス配送
※依頼すれば、梱包、設置もしてもらえる
オプションサービス吊り上げ作業は非対応

赤帽は、100kg近くある大型の電子ピアノでも配送可能です。

サービスの細かな詳細に関しては、事業所ごとに違いがある場合があり、建物の2階への搬入作業がある場合の配送は、対応不可の場合があったりするので、詳しくは、直接、事業所に確認を取る必要があります。

電子ピアノの梱包や配送先での設置作業に関しては、殆どの事業所でしてもらえます。

赤帽の電子ピアノの配送料金
電子ピアノの重さ必要人員料金目安
10~40kg赤帽1名(+お客様)5,500~9,900円
41~50kg赤帽1名(+お客様)11,000円
51~60kg赤帽1名(+お客様)12,100円~
61~70kg赤帽1名(+お客様)13,200円~
71~80kg赤帽1名(+お客様)14,300円~
81~90kg赤帽1名(+お客様)15,400円~
91~100kg赤帽1名(+お客様)16,500円~

上記表は、配送距離が20km以内で建物の1階~1階の赤帽べんてん運送の電子ピアノの配送料金になります。

赤帽の場合は、基本的に作業員1人での対応になり、電子ピアノの運搬作業は、利用者が手伝う必要があります。

手伝うのが困難な場合は、作業員が2人で対応してもらえますが、その分の補助料金が6,600円~11,000円追加でかかります。

事業所によっては、電子ピアノのエレベーターの昇り降り作業や階段の昇り降り作業がある場合は、1階昇り降りするごとに1,000円~の追加料金がかかる場合があります。

階段の昇り降り作業の追加料金や電子ピアノの重量やサイズに応じた細かな料金設定は、事業所ごとに違いがあるので、見積もりの際に詳しい料金は、確認を取ってみましょう。

赤帽の場合は、電子ピアノの運搬や積み下ろしを手伝う場合でかつ、配送距離が20km以内で作業時間が2時間以内であれば、安くで電子ピアノを配送してもらう事が出来ます。

memo

赤帽の場合は、積み下ろしの手伝いが不可で2人目の補助要員を依頼する場合や、配送距離が20km以上・作業時間が2時間以上の場合は、配送料金は、割高になります。

SGムービングの単品プランで電子ピアノを配送する

参照:SGムービング

SGムービングは、佐川急便の引越し部門を担当している子会社です。

SGムービングの単品プランのサービス概要
単品プラン(SGムービング)のサービスの概要
取り扱いサイズ記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
取り扱いの重量記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送
オプションサービス記載なし

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便では、3辺の合計サイズが260cm以内でしたが、SGムービングの単品プランでは、3辺の合計サイズが260cm以上の電子ピアノであったり、スタッフ1人でトラックの積み下ろしが不可の電子ピアノの場合でも対応してもらえます。

SGムービングの単品プランの電子ピアノの配送料金

SGムービングの単品プランでの電子ピアノの配送料金は、実際に見積もりを取って確認をする必要があります。

アーク引越センターの大物限定プランで電子ピアノを配送する

参照:アーク引越センター

引越し業者のアーク引越センターでは、大型家具・家電だけお運んでくれる「大物限定プラン」というサービスがあります。

100kg近くある大型の電子ピアノの場合は、アーク引越センターの「大物限定プラン」で配送する事も可能です。

アーク引越センターの大物限定プランのサービス概要
単品プラン(SGムービング)のサービスの概要
取り扱いサイズ記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
取り扱いの重量記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送
オプションサービス記載なし

大物限定プランでは、電子ピアノの梱包・搬出・配送・設置まで対応してもらえますが、こちら側の要望でサービスを自由に組み合わせる事が可能です。

アーク引越センターの大物限定プランの電子ピアノの配送料金

アーク引越センターの大物限定プランでの電子ピアノの配送料金は、実際に見積もりを取って確認をする必要があります。

SGムービングの「単品プラン」やアーク引越センターの「大物限定プラン」は、見積もりをとって電子ピアノの配送料金がどの程度になるのか?把握する必要があるね。

キタザワ引越センターの一発予約家財宅急便、全国家財宅急便で電子ピアノを配送する

参照:キタザワ引越センター

キタザワ引越センターでは、一発予約家財宅配便や全国家財宅急便というサービスを利用することで電子ピアノ1点からの配送に対応してもらえます。

キタザワ引越センターの一発予約家財宅急便、全国家財宅急便のサービス概要
サービス概要
取り扱いサイズ記載なし
大型家具・大型家電が対象
取り扱いの重量記載なし
大型家具・大型家電が対象
対応地域・首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)
・中京圏(愛知・岐阜・三重)
・関西圏(大阪・京都・兵庫)
・九州圏(福岡・佐賀)
基本サービス・簡易梱包、配送、設置
オプションサービス・分解・組み立ては、オプションサービスで対応
・古い家具や家電の引き取り、回収
・家具や家電の買い取り、個人のオークション代行

一発予約家財宅配便では、一人で運ぶことが困難な大きな電子ピアノ1点からでも運んでくれるサービスで、梱包・搬出・配送・設置までしてもらえます。

全国家財宅急便では、トラックをシェアする混載便によって、電子ピアノ1点からの配送を安くでしてもらえるプランになります。

全国家財宅急便の場合も梱包・搬出・配送・設置までしてもらえるので、自分で電子ピアノを梱包する必要はありません。

キタザワ引越センターの全国家財宅急便の電子ピアノの配送料金
電子ピアノのサイズ・重量
東京~東京東京~大阪東京~福岡
3辺合計288.9㎝
重量74.6㎏の場合
8,920円12,880円18,820円

キタザワ引越センターの「全国家財宅急便」は電子ピアノのサイズ【何㎥(幅×奥行き×高さ)】と移動距離によって価格が変動します。

電子ピアノの梱包や設置は、追加料金はかかりませんが、分解や組み立てを依頼した場合は、追加料金がかかります。

料金の算出は、下記ページからしています。

参照:キタザワ引越センター「全国家財宅急便」簡易料金見積

ムービングエスの小口引越しプランで電子ピアノを配送する

参照:ムービングエス

ムービングエスでは、単身の引越し、家族の引越しや電子ピアノ1点のみの家具の配送などを専門にしている引越し業者です。

ムービングエスの小口引越しプランのサービス概要
ムービングエスの小口引越しプランのサービスの概要
取り扱いサイズ・高さ205㎝×奥行192㎝×幅147㎝以内
・容量:5.5立方メートル以内
取り扱いの重量・実重量が350kg以下
対応地域・北海道
・東北(青森、秋田、岩手、宮城)
・南関東(東京、神奈川)
・九州(福岡、宮崎)
基本サービス梱包・搬出・配送・設置
オプションサービス家具の解体、組み立て、処分、吊り上げ等は要問合せ

ムービングエスの小口引越しプランでは、軽トラックを使って電子ピアノ1点からの配送に対応しています。

ムービングエスの小口引越しプランの電子ピアノの配送料金

ムービングエスの小口引越しプランでは、電子ピアノ1点の配送は、作業スタッフ1名での対応となり、8,000円~で対応しています。

赤帽と同じように電子ピアノの近距離の配送は、費用が安くなる傾向があります。

配送距離が遠かったり、電子ピアノの積み下ろしに作業員が2名必要な場合は、料金が割高になる場合があります。

ムービングエスで電子ピアノの配送を検討している場合は、赤帽や他の配送業者と相見積もりをとって料金比較をしておくと良いです。

電子ピアノの配送を業者別で比較

クロネコヤマトの宅急便、飛脚ラージサイズ宅急便、アーク引越センターの大物限定プランなど電子ピアノを配送出来る様々な業者を紹介させていただきました。

電子ピアノの配送方法は、沢山ある事が分かったけど、結局、自分にとっては、どこを選べば良いのか?逆に分からなくなっちゃった。

ここでは、沢山ある電子ピアノの配送方法を業社別で取り扱いサイズや基本サービスなどを比較して表にまとめましたので、業社を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

電子ピアノの配送方法の業者別比較表

横にスクロールできます→

 取り扱いサイズ重量配送可能な
電子ピアノのサイズ
基本サービス近距離の配送費用遠距離の配送費用値引き交渉
ゆうパック3辺の合計
170㎝以内
25㎏以下キーボードのみ
梱包、設置は
自分でする必要がある
クロネコヤマトの
宅急便
3辺の合計
200㎝以内
30㎏以下キーボードのみ
梱包、設置は
自分でする必要がある
飛脚ラージサイズ宅急便3辺の合計
160cm以上260cm以内
50㎏以下コンパクトな
電子ピアノのみ

梱包、設置は
自分でする必要がある
ピアノ運送株式会社記載なし記載なし全て可能
簡易梱包、配送、設置
🔺🔺
日本ピアノ運送株式会社記載なし記載なし全て可能
梱包・搬出・配送・設置
🔺🔺
ピアノ・楽器の輸送サービス記載なし記載なし全て可能

梱包・搬出・配送・設置
🔺🔺
赤帽高さ140~200
奥行194㎝
幅141㎝以内
350kg以下事業所による
簡易梱包、配送、設置
単品プラン
(SGムービング)
記載なし記載なし全て可能
梱包、搬出、輸送
要見積もり要見積もり
大物限定プラン
(アーク引越センター)
記載なし記載なし全て可能
梱包、搬出、輸送
要見積もり要見積もり
一発予約家財宅急便
全国家財宅急便
記載なし記載なし全て可能
簡易梱包、配送、設置
小口引越し便
(ムービングエス)
高さ205㎝
奥行192㎝
幅147㎝以内
350kg以下要確認
梱包・搬出・配送・設置
🔺

キーボードは、ゆうパックかクロネコヤマトの宅急便が、配送料金は、一番安くなります。

コンパクトな電子ピアノは、飛脚ラージサイズ宅急便が、配送料金は、一番安くなります。

ただし、ゆうパック、クロネコヤマトの宅急便、飛脚ラージサイズ宅急便での配送は、費用が安くなる分、キーボードや電子ピアノの梱包作業や分解作業、配送先での設置作業は、全て自分でする手間がかかってきます。

ピアノ専門の運送業者に大型の電子ピアノの配送を依頼する場合、安心してお任せできる点がメリットですが、費用は、割高になる傾向があります。

大型の電子ピアノの近距離の配送は、赤帽、ムービングエスなどのような軽トラック便で配送してもらうと費用は、安くなります。

大型の電子ピアノの長距離の配送は、全国家財宅急便などが安くなります。

引越し業者の場合は、電子ピアノの配送の見積もりを出すと、値引き交渉に応じてくれて、ピアノ専門の運送業者や赤帽よりも安くなる場合があります。

電子ピアノが配送できる業者を比較してみましたが、大型の電子ピアノの場合は、いくつかの業者からの見積もりをとって料金を比較してみるのも大切です。

注意

大型の電子ピアノの場合は、分解・組み立てや階段の昇り降り作業の追加料金などもかかる場合があるので、配送料金だけでなく、総合的な料金を相見積もりをしてしっかりと比較する事が大切です。

という事で電子ピアノの配送を安く出来る業者選びや損をしない見積もり方法などを以下に紹介します。

電子ピアノの配送が安い業者選び、損をしない見積もりのコツ

重量が50kg以上の電子ピアノの場合は、どの業者に配送を依頼するか?によって、料金は大きく違ってきます。

赤帽のように配送距離が20km以内だと安くなる業者の場合もあれば、いくつかの引越し業者の場合は、トラックの空き状況や配送する日時によって配送料金が大きく変動する場合があります。

重量が50kg以上ある電子ピアノの場合は、ピアノ専門の運送業者や赤帽だけに見積もりを依頼するのではなく、引越し業者に見積もりを出すことで、電子ピアノが安く配送出来る引越し業者が見つかる場合があります。

引越し業者は、トラックの空き状況等で配送料金が変動するって知らなかった。

最低3社以上から見積もりを取る

重量が50kg以上の電子ピアノの配送料金を安くしてもらえる引越し業者を見つけるには、最低3社以上の相見積もりを取る事が大切です。

3社以上の相見積もりを取ることで、配送料金の違いを比較出来ますし、業者間で価格競争が起こって、配送料金を値下げしてもらえる場合もあります。

一社だけの見積もりを取る場合は、引越し業者間での価格競争も起きにくく、配送料金が安くなりにくいです。

3社以上の相見積もりをすることでトラックに空きがあって配送料金を値引きしてくれる引越し業者を見つけられる可能性が高まります。

でも複数の業者に見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒だし、一つ一つの業者に建物の状況や電子ピアノのサイズなどを伝えるのも面倒なんだよね。

そこで以下にお伝えする複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービス「引越し一括見積もりサイト」を利用すると良いです。

引越し一括見積もりサイトを利用する

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

引越し一括見積もりサイトを利用すると、あなたの地域の電子ピアノの配送を安くで請け負ってくれる業者を簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、電子ピアノの配送料金が安くなりやすい業者を見つけることも容易です。

電子ピアノは、家電の扱いになるのですが、家電の配送に特化している業者も引越し一括見積もりサイトに登録していたりします。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、電子ピアノの配送料金を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

無料で利用できる

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域の電子ピアノの配送を安くで請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

電子ピアノの配送の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

電子ピアノの配送の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像の赤枠の部分の該当するピアノ・エレクトーンの部分に「1」と入力しましょう。

電子ピアノですが、「ピアノ・エレクトーンの部分」で大丈夫です。

備考欄に「電子ピアノの配送」「電子ピアノの分解・梱包と配送」などと入力をしましょう。

以下に電子ピアノの配送の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 注意点は?単身パックでソファーは運べる?運べない場合の対処法

  2. 家具(小型・大型)の配送料が安い業者ココ!料金相場を業者別で比較

  3. ドレッサーの引越し方法(分解、梱包)と料金を安くする秘訣!

  4. 【解決!】金庫の移動方法 料金相場が安くなるオススメ業者は?

  5. 【失敗しない】ダブルベッドの引越し!料金相場・解体費用はいくら?

  6. 【解決!】タンスの家内の移動料金の相場は?格安業者の見つけ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP