家具の移動、引越し

【注目!】電子ピアノの引越しをする前に!料金の相場と業者の確認

ピアノの中でも手軽に購入できる電子ピアノがご家庭にあるというケースは多いでしょう。
特にお子さんがいる家庭では、電子ピアノを持っている家庭が多いです。

引越 安子さん
引越 安子さん
電子ピアノの引越し料金はどのくらいするの?

引越 安子さん
引越 安子さん
電子ピアノの引越しは、ピアノ専門の配送業者に依頼した方が良いの?それとも宅配業者や引越し業者に依頼した方が得なの?
引越 安子さん
引越 安子さん
他の引越しの荷物と一緒に電子ピアノも運んでもらえるの?
安子さん、たくさんの疑問があるみたいですね^^
教得 太郎さん
教得 太郎さん

ここでは電子ピアノの引越しや発送方法、運搬方法についてまとめてみましょう。どの業者に依頼した方が得なのか?など色々比較しながら紹介しますね!
教得 太郎さん
教得 太郎さん

目次

電子ピアノだけの引越し(配送)を引越し業者、宅配業者に依頼する事って可能なの?

引越しの荷物の中に電子ピアノがある場合も多いですが、電子ピアノだけの単品で引越しをするケースも実は多いです。

電子ピアノ単品での引っ越し(配送)も、多くの引越し業者や宅配業者で対応してくれます。

電子ピアノだけの引越し(配送)をしたい人は、引越し業者や宅配業者に見積もりを依頼してみるのは良い方法ですよ!
教得 太郎さん
教得 太郎さん

電子ピアノ、エレクトーン、アップライドピアノ、グランドピアノの引越し(配送)方法の違い

ご存じの方も多いかもしれませんが、電子ピアノ、エレクトーン、アップライドピアノ、グランドピアノは、作りも全く違うため運搬してもらう方法や費用は、違ってきます。

電子ピアノはアップライドピアノ、グランドピアノと違い電子機器に分類されます。

そのためトラックに乗せて運搬する際に振動によって音色が変わったり、アップライドピアノのように調律をする必要はありません。

ですので、電子ピアノの場合は、ピアノ専門の運搬業者に依頼しなくても引越し業者やヤマトホームコンビニエンス、佐川急便などの宅配便のサービスを利用しても大丈夫です。

気になる引越し(運搬)費用に関しては、電子ピアノは大型家電製品と同じ電子機器の分類になるので、電子ピアノだからといってアップライドピアノのようにオプション料金が高額になる事はありません。

また電子ピアノとエレクトーン(パイプオルガン)は、分解が出来るかどうか?など作業に違いが出ることがある為、運搬の費用にも違いが出ることもあります。

電子ピアノの引越し(配送)費用の相場

電子ピアノの引越し(配送)を依頼する際は、ピアノ専門引越し業者、宅配業者、引越し業者などによって料金は、まちまちです。

ここでは、たくさんの情報を調べたうえでまとめた情報を紹介させていただきます。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

大型の電子ピアノ、小型の電子ピアノによって料金に違いが出てくる

電子ピアノは、大型の電子ピアノと小型の電子ピアノによって引越し(配送)の費用やオプション料金に違いが出てきます。

小型の電子ピアノであれば、分解や組み立てをする必要もほとんどなく、オプション料金がかかることはまずありません。

ですが、大型の電子ピアノの場合は、引越し先などによって、先に分解をしたり、後で組み立てが必要であったりなど、オプション料金が必要になってくる場合があります。

小型の電子ピアノであれば、引越し(配送)費用は、安く抑えられるでしょうし、大型の電子ピアノであれば、小型の電子ピアノより費用が割高になります。

電子ピアノの引越し(配送)費用の相場

距離小型電子ピアノ大型電子ピアノ
〜10km8,000円14,000円
~30km12,000円16,000円
30~50km16,000円20,000円
50~100km20,000円25,000円
100km以上25,000円30,000円
敷地内移動6,000円12000円

電子ピアノの引越し(配送)の相場は、大きさや距離によって料金は変動します。

ただし、ピアノ引越しの専門業者、引越し業者、宅配便業者によって費用は、まちまちなのでいくつかの業者できちんと相見積もりをしておいて、安くて安心できる業者を見つけておくことが大切です。

電子ピアノの引越し(配送)のオプション料金の相場

サービス内容小型電子ピアノ大型電子ピアノ
階段作業(階毎)3,000円4,000円
エレベーター作業1,000円1,000円
クレーン作業必要なし20,000円~
手吊り作業必要なし10,000円~
30,000円
解体・組立て必要なし4,000円

小型の電子ピアノの場合の引越し(配送)料金は、オプション料金がまったくかからない場合が多いです。

小型の電子ピアノの場合、階段作業なども業者によっては、オプション料金がかからない場合がたくさんありますので、見積りを取る際に確認しておくと良いです。

大型の電子ピアノの場合は、搬入先が狭くて、分解や組み立てが必要になる場合があります。

オプション料金の種類を以下に紹介します。

階段作業

特に大型の電子ピアノの場合は、分解などしない場合、階段の一階毎に追加料金がかかる場合があります。

エレベーター作業

エレベーターを使う場合、こちらも場合によって追加料金がかかる場合があります。

クレーン作業

大型の電子ピアノの場合は、分解を殆どしなくて、クレーン作業が必要な時に追加料金がかかります。

手吊り作業

大型の電子ピアノで階段作業などがロープによる手吊り作業が必要になった場合、追加料金がかかります。

分解・組み立て作業

分解や組み立てに関しては、電子ピアノのメーカーによってまちまちですが、重い電子ピアノの場合は、分解や組み立ては、なるべく大人2人でした方が良いので、業者にオプション料金を支払ってお願いした方が良い場合があります。

電子ピアノの分解・組み立て作業を業者に依頼する場合は、追加料金がかかります。

電子ピアノの引越し料金を無料一括見積りサービスを利用して比較すると便利!

電子ピアノの引越し料金を無料一括見積もりサービスを利用して比較してみると良いですよ!
教得 太郎さん
教得 太郎さん

無料一括見積もりサービスを利用する場合は、下記画像のように引越しの荷物を選択する際に「電子ピアノ・エレクトーン」を選択すると簡単に見積りをする事が出来ます。

引越 安子さん
引越 安子さん
無料一括見積もりサービスの使い方を教えてほしいな~

無料一括見積もりサービスを利用する詳しい方法は後ほど紹介しますね。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

電子ピアノの引越しはどの業者に依頼すればよいの?

電子ピアノ 引越し業者

ピアノの引越しと聞くと、ピアノなど楽器運送を専門に行っている業者に依頼した方がよいのかな…と考えてしまいますね。

もちろんピアノ運送専門の業者に電子ピアノを輸送してもらう方法もありますが、引越し業者や宅配業者よりは、やや割高になる傾向があります。

アップライドピアノやグランドピアノは、繊細なのでピアノ専門の業者や楽器メーカーに依頼した方が良い場合が確かにありますが、電子ピアノの場合は、あくまで「家電」としての扱いになるので、高いお金を払ってまで楽器メーカーに依頼しなくても良い部分もあります。

ここでは、電子ピアノ単体だけ引越し(配送)を依頼する場合と電子ピアノ以外の荷物も併せて引越し(配送)する場合に分けて、どの業者に依頼した方が良いか?を紹介しますね。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

電子ピアノ引越し(配送)する場合の業者を比較!

 ピアノ運送専門業者宅配便業者引越し業者
費用・宅配業者や引越し業者
より割高になりやすい
・値引き交渉可能
・料金設定が明確
・値引き交渉できない
・相場にばらつきあり
・値引き交渉可能
電子ピアノ
単体の場合
分解・解体が必要なら
おすすめ
料金次第でおすすめ料金次第でおすすめ
電子ピアノ以外に
荷物がある場合
引越し業者の方が
おすすめ
引越し業者の方が
おすすめ
引越しの窓口を一本化
できるのでおすすめ
分解・組み立てピアノ専門なので
安心できる
宅配スタッフがする
ので組み立て後の補償は
対象外になる場合あり
引越しスタッフがする
ので組み立て後の補償は
対象外になる場合あり
梱包丁寧にしてもらえる丁寧にしてもらえる丁寧にしてもらえる
小型の電子ピアノ
の場合
宅配業者や引越し業者の方が
おすすめ
料金次第でおすすめ料金次第でおすすめ
大型の電子ピアノ
の場合
料金が割高になるが
複雑な分解や組み立てが
必要な場合おすすめ
料金を安く抑えたい場合
おすすめ
料金を安く抑えたい場合
おすすめ

大型の電子ピアノで分解や解体が少し複雑な場合は、ピアノ専門の知識があるピアノ運送専門業者に依頼するのが一番安心できます。

宅配便業者の場合は、料金設定が明確なので、電子ピアノの大きさと距離で料金が分かりやすいのでおすすめです。

引越し業者の場合は、電子ピアノ以外に荷物がある場合は、窓口が一本化出来て、見積りなどの手間もスムーズにできるのでおすすめです。

費用を安く抑えたいなら宅配便業者と引越し業者間での相見積もりをして安い方を選ぶと安く抑えられます。

電子ピアノを引越し(配送)してくれるピアノ専門運送業者

ここではピアノ専門の運送業者をいくつか紹介しますね。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

ピアノ運送株式会社

参照:ピアノ運送株式会社

ピアノ運送株式会社は、ヤマハ株式会社のピアノ搬送認定業者で、100年以上の実績があり、全国に15か所の支店があります。

コンピューターによる受注・納品といったピアノの搬送状況を一括管理していて、スタッフは正社員で徹底されているので、安心して以来出来ます。

ピアノの配送には、温度調節付きのトラックやリフト・ピアノ専用台車や搬入が困難な場合はクレーンを使っての搬入や雨の日には専用のカバーを使用などピアノ運搬に関して様々な工夫がされています。

池田ピアノ運送株式会社

参照:池田ピアノ運送株式会社

池田ピアノ運送株式会社は、業界№1の社員教育を行っているそうで、電話対応なども丁寧です。

またピアノ専門の運送業者ですが、費用は低価格になる場合もあります。

無料でネットで見積りができ、2営業日以内に見積り内容の返信があります。

急ぎの場合は、フリーダイヤルで見積りをすることも可能です。

日本ピアノ運輸株式会社

参照:日本ピアノ運輸株式会社

日本ピアノ運輸株式会社は、半世紀にわたり100万台のピアノ、電子ピアノの運送をしてきた会社です。

対応地域は、北海道から沖縄まで全国対応しています。

電子ピアノの引越し(配送)の見積りは、フリーダイヤルとネットに無料の見積りフォームにて見積りが可能です。

電子ピアノ以外に荷物がある場合は、別途相談で運んでもらう事もできます。

電子ピアノの引越し(配送)をピアノ運送業者に依頼するメリット

メリット

組み立てや分解が必要な場合、安心して依頼できる

ピアノの専門知識があるスタッフに相談できる

電子ピアノの引越し(配送)をピアノ運送業者に依頼するメリット

デメリット

費用が高くなりやすい

窓口が2つに分かれる(ピアノ以外の荷物に引越し業者、ピアノはピアノ運送専門業者)

引越 安子さん
引越 安子さん
電子ピアノを分解する必要があるなら、ピアノ運送業者に依頼した方が安心だね!

電子ピアノを引越し(配送)してくれる宅配便業者

ここでは電子ピアノを引越しできる宅配便業者をいくつか紹介しますね。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

ヤマトホームコンビニエンスの「ピアノ・楽器の輸送サービス」

参照:ヤマトホームコンビニエンス「ピアノ・楽器の輸送サービス」

ヤマトホームコンビニエンスが提供している「ピアノ・楽器輸送サービス」は、電子ピアノの重量・サイズ・メーカー型番号等と搬出・搬入先の階数および作業内容によって料金が変わってきます。

見積りの際に下見が必要な場合は、場所によっては、別途料金が発生する場合があります。

もし輸送中に電子ピアノが破損するようなことがあった場合、運送保険の範囲内での補償を受けることができます。

ただし内部補償はないので、音色が変わったり音が出なくなったりしたとしても、外傷が見られなければ補償はされません。

佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅急便」

参照:佐川急便「飛脚ラージサイズ宅急便」

電子ピアノの3辺(縦+横+奥行)合計が160cmを超えて260cm以内で50kgまでの場合、飛脚宅配便と同じスピードで全国に配送してもらうことが可能です。

梱包に関しては、自分でする必要があります。

仮に電子ピアノの3辺の合計が260㎝で東京から大阪まで配送するなら、およそ6000円で配送可能です。

料金に関しては、【佐川急便】飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便|料金表で確認することが可能です。

電子ピアノの引越し(配送)を宅配業者に依頼するメリット

メリット

料金設定が明確なので料金が分かりやすい

電子ピアノの引越し(配送)を宅配業者に依頼するデメリット

デメリット

値引き交渉できない

分解や組み立てを依頼した場合、組み立て後の補償がない場合あり

引越 安子さん
引越 安子さん
小さいサイズの電子ピアノなら自分で梱包して、宅配業者にお願いすのが一番安くなりそう!
そうですね。ただ引越し業者でいくつか相見積もりをすると、もう少し安く抑えられるかもしれませんよ!
教得 太郎さん
教得 太郎さん

電子ピアノを引越し(配送)してくれる引越し業者

ここでは電子ピアノを引越ししてくれる引越し業者をいくつか紹介します。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

サカイ引越センターの「せつやくコース」

参照:サカイ引越センター「せつやくコース」

サカイ引越センターの「せつやくコース」は、引越しの荷物が少なくて、大型家具以外の荷造り、荷ほどきは、自分でするプランになります。

電子ピアノ単体での引越しでも依頼は可能ですし、電子ピアノとそれ以外の荷物を合わせて引越しを依頼することも可能です。

見積りの際に電子ピアノの種類・大きさ・階数・移動距離をお伝えすることで費用が決まります。

引越しする時期やトラックの空き状況によって、費用は大きく変わる可能性があるので、交渉次第で費用を安く抑える事も可能です。

アーク引越センターの「大物限定プラン」

参照:アーク引越センター「大物限定プラン」

アーク引越センターの「大物限定プラン」は、大型家具・家電だけを運ぶ引越しプランですので、電子ピアノだけの引越しも可能ですし、電子ピアノと他の荷物を合わせて引越しをしてもらうことも可能です。

特典として、ダンボールを無料でもらえたりするので、電子ピアノをダンボールに入れても良いし、電子ピアノ以外の荷物をダンボールに入れることもできます。

また電子ピアノの荷造りから配置までもアーク引越センターの方でしてもらうことが可能です。

アーク引越センターだけでなく、いくつかの引越し業者で相見積もりをすると良いです。

ムービングエスの「小口引越しプラン」

参照:ムービングエス「小口引越しプラン」

ムービングエスの「小口引越しプラン」では、家具1点から数点の引越しまで小規模の運送まで対応しているので、電子ピアノ単体の引越しでも電子ピアノと他の荷物がある場合の引越しでも対応してくれます。

想定される引越しトラックは、軽トラックで作業員は一人になり、料金は安く抑える事が可能です。

軽トラックですが、奥行1m92㎝、高さ2m5㎝、横幅1m40㎝の荷台ですので、大体の電子ピアノは運ぶことが可能です。

ただし、クレーンなどの吊り上げが必要な場合は、別途相談が必要です。

引越し業者に電子ピアノの引越しをお願いする場合

引越し業者ではピアノを専門に輸送するスタッフ、部門がいるので、たくさんの運搬実績があります。

電子機器である電子ピアノを丁寧に梱包し、運搬時の刺激で故障のトラブルが起こらないようにように慎重にそして安全に引越ししてくれます。

引越し業者であればピアノ輸送専門の業者に比べて数が多いので、安い引越し業者で運搬が可能になります。

電子ピアノの引越し(配送)を引越し業者に依頼するメリット

メリット

交渉次第で料金が一番安く抑えられる場合あり

電子ピアノ以外の荷物もある場合、おすすめ

電子ピアノの引越し(配送)を引越し業者に依頼するデメリット

デメリット

分解や組み立てを依頼した場合、組み立て後の補償がない場合あり

引越しの繁忙期は割高になる事がある

引越 安子さん
引越 安子さん
電子ピアノ以外にも運んでほしい荷物がある場合は、引越し業者に依頼する方が良さそう!
トラックの空き状況で費用が変わりますので、平日は安くなりやすいですよ!
教得 太郎さん
教得 太郎さん

電子ピアノの引越し時に注意しておきたいポイントとは?

電子ピアノの運搬として引越し時に注意しておきたいのが、エレベーターの大きさ、ドアの大きさ、廊下や通路の幅など運搬に必要なスペースを事前に確認しておくことをおすすめします。

大型の電子ピアノは、ある程度の重量があるので、設置する場所の強度の心配がある場合には、住宅管理者などにその点を確認しておくとよいでしょう。

また電子ピアノなどの電子機器は、温度や湿度など急激な変化が起こりやすい環境に関しては、内部の部品が故障してしまったり、動作が不安定になったりする場合があります。

移転先でも暖房やクーラーの熱が直接あたってしまう場所や直射日光が当たる場所、極端に湿度が高い場所、温度が低い場所、振動が多い場所、埃が出やすい場所などは避けて電子ピアノを設置するようにしましょう。

テレビやラジオなどの近くは、楽器本体、電気製品に雑音が生じてしまう場合もあるので、テレビの隣はおすすめしません。

設置する場所においては、引越し前にきちんと決めておくようにしましょう。

設置する時になってどこにしようか迷ってしまうと、引越し業者のスタッフも大変です。

また設置する場所に関しては綺麗に掃除しておくことをおすすめします。

電子ピアノを設置する場所に傷がつかないように保護するためにも厚めのじゅうたんなどを敷いておきましょう。

防振マットを敷けば、防音、防振配慮にもつながるのでおすすめです。

電子ピアノの運搬時に気を付けておきたいこととは?

引越し時の電子ピアノ

電子ピアノは、多くの機種で鍵盤と脚部を分解することができます。

そのため自力で運ぶこともできますし、一般の運送業者での運搬も可能になっています。

自力で電子ピアノを運搬する場合

もしも自力で運搬するという場合には、取り扱い説明書をよく確認して、大人2人以上で作業するようにしましょう。

慣れない作業が大変と感じるのであれば、引越し業者にお任せしてしまった方が安心でしょう。

また電子ピアノの運搬時には、電子楽器になるので強い衝撃は避けるようにしましょう。

衝撃を避けて、鍵盤ユニットの上に物の乗せないように運搬していきます。

鍵盤に関しては常に水平な状態を保つように運搬します。

電子ピアノの鍵盤の構造上、運搬時や長時間の縦置きの保管は故障やトラブルにつながる恐れがあるのでなるべくしないようにして下さい。

電子ピアノを自力で運搬するポイント!

2人以上で作業する

強い衝撃を避ける

鍵盤の上に物を乗せない

エレクトーンの運搬、引越しについて

電子ピアノではなく、エレクトーンの場合は、電子ピアノに比べて重量も重いため、自力での運搬は不可能です。

引越し業者や楽器運搬の専門業者におすすめします。

エレクトーンの運搬、引越し方法については下記記事をご覧ください。
教得 太郎さん
教得 太郎さん

電子ピアノ引越し時の万が一のトラブルに備えよう

もしも引越し時のトラブルで電子ピアノが故障してしまった場合はどうすればよいでしょうか?

基本的に電子ピアノやエレクトーンなどの電子楽器が、引越し、運搬が原因で破損してしまった場合、保障期間内であってもその対象外になってしまうのです。

引越し業者によっては、保険を欠けている場合もあるのですが、引越し前には一度念のために補償内容を確認しておくことをおすすめします。

memo

事前に補償内容を確認しておく!

引越し後の音色の変化は気にしないでOK

アップライトやグランドピアノの場合、引越し時の振動によって、音色が変わってしまう場合が多く、調律が必要になります。

電子ピアノはアップライトやグランドピアノとは異なり、電子機器になりますので、振動で音色が変わってしまうという心配はありません。

そのため、運搬もアップライトやグランドピアノに比べると非常に楽ですし、引越し料金自体も安く抑えることができます。

電子ピアノの引越し費用を安くする方法とは?

荷物多め?荷物少なめ ?一人暮らしの引越し05

電子ピアノの引越し費用をできるだけ安くするにはいったいどうすればよいのでしょうか?

まずは複数の引越し業者から見積もりを出してもらうようにしましょう。

複数の引越し業者から見積もりを出してもらうのはなんだか面倒だなぁと感じてしまうかもしれません…

しかし実際には引越し見積もりを請求することはそれほど大変な作業ではなく、その作業をするだけで数千円以上もお得に引っ越しできるのであれば、見積もりを複数の業者から請求した方がよいでしょう。

複数の引越し業者から電子ピアノの引越しの見積もりを請求する場合には、引越し見積もり無料一括請求サイトを利用するようにしましょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトについて

引越し

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。

1社ずつ連絡して見積もり請求するのは時間もかかりますし、面倒に感じてしまいますが、引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すれば1回必要な情報を入力すれば後は待っているだけで複数の引越し業者から見積もり請求できるのでおすすめです。

引越し見積もり無料一括請求サイトでは荷物のチェック項目があるのですが、そのチェック項目に電子ピアノという欄があるのでそこをクリックしておきましょう。

また電子ピアノだけ単品での引っ越しの場合にも、電子ピアノだけの引越しに対応してくれる引越し業者から見積もり請求することができるのでおすすめです。

引越し見積もり無料一括請求サイトは無料で見積もりをだしてくれますし、そのサイトを通じて引越しの契約をすれば、割引サービスや特典を受けられる場合もあるのでとってもお得です。

また引越し見積もり無料一括請求サイトの中には引越し業者の口コミ評価が掲載されているサイトもあります。

実際にその引越し業者を利用したユーザーの口コミなので信ぴょう性があり、引越し業者選びの情報として役立つでしょう。

ただ安いからと言って引越し業者を選んでしまった場合、作業スタッフの対応が悪かったり、ピアノを雑に扱われてしまったりする場合もあります。

きちんと評価されている引越し業者を選びたいですね。

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して複数の引越し業者の見積もりを比較して、サービス内容、価格を見比べてよさそうな引越し業者を3~4社に絞っていきます。

そこから訪問見積もりや電話連絡などをして、本格的な見積もりを提示してもらってから、業者を決定していきましょう。

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 引越し 県外 家具 家電02

    無駄なお金を使わず県外引越しの家具・家電を運ぶ方法

  2. すぐにできる!神戸のベッドの引越し費用を安くする方法

  3. ドレッサーの引越し方法(分解、梱包)と料金を安くする秘訣!

  4. 勉強机の引越し料金を安くするには?分解、組み立てのコツ

  5. テレビ台の引越し料金は?梱包や分解のコツ

  6. 下駄箱の引越し料金、敷地内の移動料金の相場は?靴箱の梱包方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP