家具の移動、引越し

ピアノ 引越し

ピアノの引越しで失敗しないために!ポイントは◯◯するだけ

ピアノの引越しについて考えてみましょう!

ピアノの引越しポイント01
ピアノが自宅にあるご家庭は多いでしょう。
特にお子さんがいるファミリー層ではピアノを習っているお子さんも多いので、自宅に立派なピアノがあるというケースも少なくありません。

ここではピアノの引越しについてまとめてみましょう。

ピアノの引越しにかかる費用って?!

ピアノは少しの振動でも音が変わると言われるほど、非常に繊細な楽器になります。
そのためピアノを引越しする場合には、普通の荷物と一緒に運ぶことは非常に危険です。
ピアノの引越しは非常に慎重におこなわなければなりませんし、専門のピアノ運送業者に依頼した方がよいでしょう。
ただ最近では引越し業者に依頼をすれば、提携しているピアノ輸送業者に連絡をしてくれるケースも多いです。

ピアノは精密楽器になるので、専門的な運搬をしなければならず、思いのほか引越し費用がかかってしまうことを覚えておきましょう。
まずピアノの運送費用の計算としては、基本的な運送費用に特殊作業料金をプラスします。

教得 太郎さん

基本的な運送費用というのは、移動距離に応じた費用になります。

例えば同一市内であればそれほど高くない費用ですが、東京から大阪など長距離の引越しとなると、移動距離に応じて決まる基本運送費用も高くなってしまいます。
またクレーン車によるピアノの吊り上げ作業が必要な場合には、別途クレーン車を使用した時の費用が必要となります。
これを特殊作業料金と呼んでいます。

ピアノの種類によって引越しする費用は異なる!?

引越 安子さん

ピアノと一言でいっても様々な種類がありますね。

教得 太郎さん

それぞれピアノの種類によって、ピアノの引越しにかかる費用には違いが生じます。

ピアノにはアップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノがあります。
ここでは、引越し費用料金をピアノの種類別にまとめました。

アップライトピアノの引越し料金相場
10キロまでの移動15,000~18,000円
20~50キロの移動20,000~23,000円
50~100キロの移動27,000~35,000円
100~120キロの移動38,000~40,000円
グランドピアノの引越し料金相場
10キロまでの移動18,000~30,000円
20~50キロの移動35,000~40,000円
50~100キロの移動50,000~60,000円
100~120キロの移動65,000~70,000円

グランドピアノはピアノの中でもかなり大きいので、運送に手間がかかってしまいます。
そのため通常のピアノであるアップライトピアノに比べて、引越し費用も高くなってしまいます。

電子ピアノの引越し料金相場
10キロまでの移動10,000~13,000円
20~50キロの移動15,000~20,000円
50~100キロの移動22,000~27,000円
100~120キロの移動28,000~33,000円

電子ピアノやエレクトーンの引越しは、電子機器になるので、ピアノに比べると安い費用で引越しをすることができます。
ピアノは振動によって音が変化してしまいますが、エレクトーンや電子ピアノは電子機器なので振動で音が変わるということはありませんが、振動によって故障してしまうことはあるので慎重に運ばなくてはなりません。

ピアノの運搬方法によって引越し費用は変化する!

ピアノの運搬方法によっては特殊作業料金がかかるため、引越し費用が高くなってしまうことがあります。
例えば新居の建物の構造によっては、クレーン車を使ってピアノを運搬する場合もあり、クレーン車利用の追加料金が必要となってきます。

またエレベーターが小さかったり、エレベーターがない住居に引越しをする場合、階段を使ってピアノを運搬しなければなりません。
そのため階段を利用する場合には、特殊作業の料金が追加で発生します。

料金の計算方法は1階ごとに金額を加算する方法が一般的でしょう。

特殊作業の追加料金
アップライトピアノ5,000~8,000円
グランドピアノ5,000~9,000円
電子ピアノ2,000~8,000円

クレーン車を使ったピアノの輸送とは?

ピアノの引越しポイント02
建物の2階以上へのピアノの運送では、ピアノの幅が大きいため、階段や廊下が狭い場合には運搬ができません。
また階段の踊り場スペースが小さくピアノを回すことが出来ない場合には、クレーン車を利用して窓から搬出・搬入することになります。
クレーン車を利用する時には、ピアノを搬入する窓の真下にクレーン車を止めて作業しなければなりません。
もしも窓の真下にスペースがなく、クレーン車を止められない場合には、通常よりも大型のクレーン車を利用することになるので、さらに追加費用が発生してしまいます。

クレーン車利用時の追加料金
アップライトピアノ8,000~12,000円
グランドピアノ10,000~25,000円

クレーン車を使えない場合には手吊りでピアノ運搬する場合もある!

建物の2階以上へのピアノ輸送は、基本的には階段やエレベーターを使って輸送しますが、階段や廊下が通れない、エレベーターに乗らないという場合には、クレーン車を利用します。

クレーン車を使えない住居の場合には、滑車や専用のツッパリ棒などを利用して、人力でピアノを吊り上げる手吊りによってピアノを輸送します。
手吊りはどの業者でもできるものではないので、引越し前に確認しておく必要があります。

手吊り作業の追加料金
アップライトピアノ10,000~25,000円
グランドピアノ10,000~30,000円

ピアノを解体して引越しする場合もある?

引越 安子さん

どうしてもピアノを運搬する経路が狭く運べない…という場合はどうするのですか?

教得 太郎さん

その時は、ピアノを解体して運搬する場合もあります。

ピアノを解体してパーツごとに運んで、設置場所で組み立てる方法で運搬することになります。
解体、組み立てにも別途費用が必要であり、アップライトピアノ、グランドピアノともに30,000円~の費用が必要です。
電子ピアノは解体することができません。

引越し後の調律はしてくれるの?

ピアノ運搬専門の業者にピアノの輸送を依頼した場合、引越し後の調律サービスも行っています。
この調律サービスもオプションサービスになるので別途費用が必要となります。

ピアノは非常にデリケートな楽器になるので、少しの移動であっても音色が変わってしまうことがあります。
そのため引越しなどで移動させてしまうと、どうしても音が変化してしまうので、引越し後には調律することをおすすめします。

ピアノ運搬の専門業者であれば、調律の技術を持った調律師が引越しと一緒に調律を行ってくれるところもあります。

教得 太郎さん

調律を依頼する時には事前に業者に問い合わせてみましょう。

ピアノを設置する場所によって対応が異なる

ピアノは基本的にはフローリングに置くものですが、畳の上に置きたい・・という人もいるでしょう。
畳の上にピアノを設置する場合には、、ピアノの安定性が低いため、安定性や畳の状態を保つために、敷板と呼ばれる専用の板を敷く必要があります。
業者によって敷板の販売を行っているところもあるので、新居へ運搬する際に取り付けを行ってくれるでしょう。

ピアノ引越しをする前に準備しておくこととは?

ピアノの引越しをする際には、引越し業者や専門の運搬業者に見積もりを依頼してみましょう。
ピアノの運搬は費用がかかってしまうのでできるだけ安い業者を探すべきです。
そのためには見積もり請求をして、各見積もり書を比較するのがよいでしょう。

見積もりを請求する前には、

  • 運送するピアノの台数
  • ピアノの種類
  • ピアノのメーカー
  • ピアノのモデル>名

などをすぐに伝えられるようにしておきましょう。
また現在のピアノの設置環境や移動先でのピアノの設置環境なども決めておくようにしましょう。

引越し業者とピアノ専門業者の違いとは?

ピアノの運搬は、引越し業者に依頼する方法とピアノの専門業者に依頼する方法があります。
引越しにかかる費用としては引越し業者もピアノ専門業者もそれほど大差はなく、近距離の場合は2~3万円前後が費用相場と言われています。

ただ引越し業者に依頼した場合、引越しと同時に見積もりなどを請求できるので手間が全くかかりません。
さらに引越し業者にピアノ輸送を依頼すると、引越し見積もりの中からピアノの運送費を割引してくれることもあるので非常にお得です。

逆にピアノだけの輸送であれば、ピアノ専門業者に依頼した方が、専門スタッフが運んでくれるので安心感があります。
ピアノの扱いはもちろんですが、その後のケアについても熟知しているスタッフが多いので、作業のレベルは高く、サービスもよいでしょう。
これは引越し業者も同じで、引越し業者にピアノ輸送を依頼した場合でもピアノ輸送専門のスタッフが対応してくれるので安心感があります。

ピアノの引越し業者選びは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用しよう♪

引越しの荷物の中にピアノがある場合には、引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して、ピアノの輸送にかかる見積もりを請求してみましょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトには、荷物の項目の中にピアノがあるのでそれをチェックすれば、ピアノ輸送に対応してくれる業者から見積もりを請求することが可能です。
ピアノの引越しポイント03

見積もりを請求すると、ピアノ輸送にどのくらいのオプション費用がかかるのか?調律などのサービスはあるのか?などそれぞれの業者で比較することができます。
引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求できるので、安い業者を探すことができるでしょう。

ピアノの引越しで失敗しないためのポイントまとめ

大切なピアノを引越し先に輸送するのは、壊れやすく高額な楽器だけに大変気を使います。
のちのち「失敗した!」と後悔しないために、ピアノの引越しについて気になるポイントをまとめました。

  • ピアノの種類や運送距離によって、費用の相場は違いがある
  • 搬出・搬入が難しい場合、クレーン車による作業が必要になる
  • クレーン車も入れない場合、人力による手吊りでの作業が必要になる
  • ピアノの引越しが決まったら、引越し業者や専門の運搬業者に見積もりを依頼する
  • 見積もりは引越し見積もり無料一括請求サイトが便利

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 【解決!】タンスの家内の移動料金の相場は?格安業者の見つけ方

  2. 【必見!】本棚の移動料金を相場より安くなる業者の見つけ方

  3. もう迷わない!物置の引越し、配送料金の相場と分解方法

  4. すぐにできる!神戸のベッドの引越し費用を安くする方法

  5. 【知って得する!】食器棚の引越し料金はいくら?梱包&分解のコツ

  6. 【注目!】電子ピアノの引越しをする前に!料金の相場と業者の確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP