家具の移動、引越し

エレクトーン 引越し

心配ご無用!エレクトーンだけでも引越しできる奥の手教えます

[記事公開日]:2018/07/10[最終更新日]:2020/06/23

エレクトーンの引越しでお困りではないですか?

エレクトーンの引越し01
ピアノやエレクトーンが自宅にある人は多いでしょう。
ではエレクトーンがある人が引っ越しをする場合どうすればよいのでしょうか?

ここではエレクトーンの引越しについてまとめてみましょう。

エレクトーンの引越しってどうやってやるの?

エレクトーンは電子機器になるので、ピアノのように調律の必要がありません。
しかし120センチ幅で、100キロ程度の重量があるエレクトーンは60~70万円前後と高価な楽器になるので、引越し、配送、運搬中に何かあって壊れてしまうと困ります。

エレクトーンはピアノに比べると小さい楽器になるので自分でも運べるかも…と考えてる方がいらっしゃいますが、かなりの重量があるので1人で運ぶのはまずむりでしょう。
さらに自力で運ぶとなると、落としたり、ぶつけたりして壊れても保証されないため、専門の運搬業者や引越し業者に輸送を依頼した方がよいでしょう。

エレクトーンは高額な楽器であり、引越しなどの運送では気を使います。

教得 太郎さん

実は見た目以上に重量があるのがエレクトーンの特徴です。

エレクトーンの引越し費用の相場はどれくらいなの?

エレクトーンは100キロほどの重量があるので、自力での引越しとなると非常に危険です。
また高額な楽器になるので、自力で引越しをして何かあると大変です。
落としたり、倒したりして壊れた場合、それは完全に自己責任になってしまうため、リスクを考えると業者に依頼した方が賢明でしょう。

引越 安子さん

家財宅急便などのプランがある引越し業者でエレクトーンを運べますか?

教得 太郎さん

クロネコヤマトの家財宅配便ではエレクトーンの運搬は行ってくれません。
エレクトーンは基本的にピアノと同じ扱いになるので、特殊引越しになります。

エレクトーンの引越し費用の相場は、近場での移動であれば10,000~15,000円程度と言われています。
グランドピアノを運搬する時には十万円以上かかってしまうこともありますが、エレクトーンはグランドピアノなどに比べると小さく、調律も必要ありません。
一般的なサイズのエレクトーンであれば、階段から搬入することができます。
そのため作業スタッフ2人程度でよいでしょう。

ただ階段や廊下を通れないような場合には、クレーン車での吊り上げ作業が必要になる場合もあります。
クレーン車での吊り上げ作業が必要になる場合には、15,000~20,000円程度の追加料金が必要になってくるので覚えておきましょう。

エレクトーンを運送する費用をできるだけ安くしたい!という場合には、引越し業者や専門の業者に見積もりをとって、その見積もりを比較してみるのがおすすめです。

エレクトーンの距離別の引越し費用相場
10キロまでの移動 13,000円
20キロの移動 14,000~15,000円
30キロの移動 17,000~18,000円
40キロの移動 17,000~19,000円
50キロから79キロの移動 22,000~25,000円
80キロから99キロの移動 27,000~29,000円
100キロから120キロの移動 31,000~33,000円

ただしエレクトーンの引越しは、引越しする時期や時間帯によって料金は変動します。
引越しする時期が引越し件数が増える繁忙期(ハイシーズン)の場合は、エレクトーンの引越しも費用は割高になります。
逆に引越し件数が少ない時期であれば、エレクトーンの引越しにかかる費用も安く抑えることができます。
エレクトーンの引越し費用を抑えたい時には、引越しする時期や時間帯なども考慮しておく方がよいでしょう。

エレクトーン引越しの前に準備しておきたいこととは?

エレクトーンの引越しを行う前には、エレクトーンの大きさをまずは測っておきましょう。
その他、エレベーターの大きさやドアの大きさなど、エレクトーンの運搬に必要なスペースを事前に確認しておく必要があります。

エレクトーンは一般的なサイズのもので約60キロの重さがあり、タンスやベッド同様の重量があるため、設置する場所にある程度の強度が必要あります。
設置する場所の強度について心配であれば、住宅管理者や不動産会社に確認しておくのもよいでしょう。

エレクトーンの引越し03エレクトーンは電子楽器なのでコンセントが必要になるので、コンセントの位置も確認しておきましょう。
またエレクトーンなどの電子楽器は温度や湿度などの急激な変化がある環境では、エレクトーン内部の部品が故障したり、動作が不安定になったりすることもあります。
直射日光や暖房の熱が直接あたるところ、極端に温度が低いところ、埃や振動の多いところは避けて設置場所を決めるとよいでしょう。

もう1つ覚えておきたいのが、エレクトーンとテレビやラジオなどはあまり近くに置かない方が良いということです。
テレビやラジオの近くにエレクトーンを設置すると、雑音が生じる原因にもなってしまいますので注意してください。

エレクトーン運搬時に気を付けておきたいこととは?

引越し時に、エレクトーンを運搬する際にはどのようなことに気を付けるべきでしょうか?

エレクトーンは電子楽器になりますので、ほとんどの機種で鍵盤と脚部は分解することができます。
分解できるのであれば一般の運送業者で運ぶことができるでしょう。
分解する時にはエレクトーンの取り扱い説明書をよく読んで、大人2人以上の人数で作業します。

運搬時には強い衝撃を受けないように梱包して運搬します。
また鍵盤ユニットの上には物を乗せないようにすることと、鍵盤は常に水平な状態を保つようにしておきます。
エレクトーンの鍵盤の構造上、運搬時や長時間の縦置き保管はトラブルや故障の原因につながるので気を付けなければなりません。

エレクトーンは運搬が原因で楽器が破損してしまった場合、保証期間内であってもその保証が対象外になってしまうことがあります。
引越し業者が保険をかけている時には保証してもらえますので、保障内容などは事前に確認しておいた方が安心でしょう。

エレクトーンの引越しに対応している業者を見つけるにはどうしたらよいの?

エレクトーンの引越しは、全ての引越し業者で対応しているわけではありません。
そのため、エレクトーンの引越しに対応している業者に依頼する必要があります。

教得 太郎さん

エレクトーンの引越しに対応している引越し業者を選ぶには、引越し見積もり請求サイトを利用するのがおすすめです。

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すれば、エレクトーンを運ぶ際に最安値の引越し業者を見つけやすいです。
引越し見積もり請求サイトでは荷物を選ぶ項目欄にエレクトーンがありますので、エレクトーンの引越しをオプションで選択すれば、エレクトーンの引越しに対応している引越し業者から見積もりを請求することができます。

エレクトーンの引越しをする場合、家財道具と一緒に引越すケースがほとんどですが、住まいは変わらずエレクトーンだけを引越しするというケースもありますよね。
そんな時は、エレクトーンだけの配送なども引越し業者で対応してくれます。
エレクトーンの配送は引越し業者の他にもエレクトーンの専門運送業者も扱っています。
安く、安全にエレクトーンを業者に運んでもらうためには、引越し業者の中でもエレクトーン配送に対応している業者を選ぶようにしましょう。

もしも引越しをする時にエレクトーンの配送だけを別の業者に依頼してしまうと、見積もりも2回とらなければいけませんし、部屋の中に2つの業者がいることになるので、準備や精算なども2度手間です。
いちいち対応もしなければならないので、結果的には面倒ですし、費用も高くついてしまうでしょう。
そこでエレクトーンが自宅にあって、引越し先にエレクトーンを運ぶ!という場合には、エレクトーンの運送は引越し業者に依頼した方が効率的と言えるでしょう。

引越し業者でエレクトーンの引越しを行ってもらう場合には、引越し見積もり無料一括請求サイトで、エレクトーンの運送のオプションを選択します。
エレクトーンの引越し02
エレクトーンだけを運びたい!という場合でも、わざわざ専門の業者を探さなくても、引越し業者にオプションとして配送してもらうことで、専門業者よりも安く引越しできる場合もあります。

エレクトーンの配送を行う引越し業者のスタッフは、エレクトーン配送を専門に行うスタッフが担当してくれているので、エレクトーンの配送を専門に行う専門業者と運び方に大差はありません。
引越し業者の専門スタッフもエレクトーンの配送に手馴れているので、配送中に故障してしまうなどのトラブルも起こりにくいです。

エレクトーンの引越し費用を安く抑えるだけでも数万円の差が生まれるので、できるだけ安い引越し業者を選ぶようにしましょう。
安い業者を選ぶためには、引越し見積もり無料一括請求サイトの利用は欠かせません。
エレクトーンの項目を選択して、一括見積もりを請求することで業者同士の価格比較ができますので、高額なエレクトーンを安全にそして、リーズナブルに運んでくれるでしょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトは無料で利用できますし、1分程度で見積もり請求できるので、エレクトーンの引越しまでに日数がないという人や忙しい人でも利用しやすいサイトと言えるでしょう。
見積もり請求後は、一番良い条件の引越し業者を1つ選ぶだけなので、それほど手間がかかりません。
引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して、お得にそして安全に大切なエレクトーンを運ぶ業者を選んでみましょう。

エレクトーンの引越しについてまとめ

引越しをすることになったとき、大切なエレクトーンを他の家財道具と一緒に運んでもいいものか?悩む方もいると思います。
エレクトーンは高価な楽器ですし、運搬方法は慎重に検討したいですね。
エレクトーンの引越しについて、失敗しないための奥の手をまとめました。

  • 無理して自力で運ぼうと思わないこと
  • エレクトーンの大きさを測ること
  • エレクトーンの設置場所の環境を把握すること
  • コンセントの位置を確認すること
  • エレクトーンの引越し費用の相場を知ること
  • エレクトーンの運搬に対応している業者を選ぶこと

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. オフィスデスク(事務机)のみの引越し料金の相場を比較!おすすめ業者は?…

  2. すぐにできる!神戸のベッドの引越し費用を安くする方法

  3. ダイニングテーブルの引越し料金の相場はいくら?

  4. ソファーベッドの引越し料金相場はいくら?単身パックでも可能!

  5. タンス 引越し

    その手があったか!タンスの引越し料金を安くするならコレ!

  6. 埼玉 ベッド

    ポイントは3つ!埼玉でのベッドの引っ越しが安くなる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP