家具の移動、引越し

タンス 引越し

その手があったか!タンスの引越し料金を安くするならコレ!

タンスを少しでも安く引越すにはどうしたらいいの?

タンスの引越し01
タンスと言えばどこの家庭にもある荷物の1つと言えるでしょう。
タンスと一言でいっても、小さいサイズのコンパクトなタンスもあれば、婚礼タンスのような大型のタンスもあります。
大型家具に分類されるタンスですが、タンスはどのように引越しするのがよいのでしょうか?
ここではタンスの引越しについて詳しくまとめてみましょう。

タンスの引越し料金相場はどれくらいなの?

タンスには色々な大きさや種類があり、それぞれに引越し料金は違ってきます。
ここでは、家庭でよく見かける押入れタンスと婚礼用タンスの、引越し料金相場について調べました。

押入れタンス6,000~10,000円
婚礼用タンス15,000~20,000円

押し入れタンスの引越しは、同一県内間の引越しであれば5,000円前後での引越しも可能です。
移動距離が長くなればなるほど、引越し料金と同じでタンスの引越し費用は高くなります。

婚礼用のタンスは非常に大きいです。
一般的なタンスの2倍以上の大きさがあることを考えるとこの費用は妥当なものですが、やはり婚礼家具は引越しにかかる費用が高くなってしまうことを覚えておくとよいでしょう。

婚礼タンスのサイズになると、かなりの大きさと重量があるので、1人で運ぶことは到底無理です。
数人のスタッフで梱包、搬出、搬入してもらうことになるので、その分作業スタッフの人件費用もかかってしまうため料金は高くなる傾向にあります。

婚礼タンスは大きいため、素人が運搬しようとすると危険になってしまう場合もあります。
業者を使わずに自分で引越ししようとすると、ケガをしてしまう恐れもあります。

また旧居や新居の壁や床を傷つけてしまったり、婚礼タンス自体に傷がついてしまうこともあります。
婚礼タンスほどの大きさになるのであれば、自力で運ぶよりも業者に依頼して引越ししてもらった方が安全でしょう。
特にエレベーターがないマンションやアパートや、廊下が狭い、2階に婚礼タンスを置きたい時などは引越し業者に依頼した方が賢明でしょう。

引越し前には引越し先でタンスが必要かどうかを考えてみよう

引越し先では、タンスが必要ではないというケースもあるでしょう。
特に新居が狭くなる場合などは、タンスを置くスペースがなくなってしまうということも考えられます。

また引越し先にクローゼットが備え付けられているので、タンスを使わなくてもよい場合もあります。
もしも引越しでタンスが必要なくなった場合は、わざわざタンスを運搬する必要がないので、引越し前に売ったり、あげたり、処分したりするのがよいでしょう。

引越し時、タンスの中身はどうするの?!タンスの引越し方法

引越 安子さん

引越し時、タンスの中身はどうすればよいのでしょうか?

教得 太郎さん

基本的にタンスの中身はダンボールなどに梱包して、中身が空っぽの状態で引越しを行います。

引越 安子さん

たくさんの衣類や小物を、全部梱包しないとダメなんですね・・・。

教得 太郎さん

中身が入っているとただでさえ重たいタンスがさらに重たくなりますし、運搬中に中身が飛び出してしまう可能性もあります。

引越 安子さん

タンスの中身が入ったまま引越しする方法はないでしょうか?

教得 太郎さん

タンスの大きさや重さによっては、タンスの中身が入った状態でも運搬してくれる引越し業者もあるので、見積もり時にタンスの中身を梱包するべきなのかどうかは確認しておくとよいでしょう。

またタンスの引き出しや扉などはそのままにしておくと、運んでいる途中に開いてしまい、事故につながる恐れがあります。
そこでタンスを運搬する時には、引き出しは取り外して本体とは別々に運ぶことが多いです。
扉がついているタンスであれば、扉はビニールひもやゴムで固定して運ぶことが多いです。

また衣類が入った状態で運搬してくれる場合でも、下着など作業スタッフに見られたくないものや、貴重品などが入っている場合には別に梱包しておくことをおすすめします。

中身が入っていても運んでもらえるタンスもある?!

タンスの引越し04基本的にタンスの引越しは中身が入っていない状態で運ぶことになります。
しかし業者によっては中身が入った状態でもタンスを運んでくれる場合もあります。
タンスの形状によって決めている引越し業者も多いです。

ではどのような形状のタンスであればタンスの中身が入っていても運んでもらえるのでしょうか?

小型タイプのタンス

サイズが腰の高さ程度のタンスであれば、作業スタッフも軽々運ぶことができます。
作業スタッフが2名程度で運べるタンスのサイズであれば、中身が入った状態でも引越ししてくれます。
中身をわざわざ梱包する必要がないため、この場合は荷造りの必要もなく、非常にラクチンです。

クローゼット一体型の洋服タンス

クローゼットと引き出しが一緒になっているタイプのタンスであれば、ほとんど分解することができます。
分解できれば運搬もスムーズに行えるので、多少大型でもそのままタンスの中身を置いておいても引越ししてくれるケースが多いです。
特にクローゼット部分は、下手に梱包してしまうと大変で、そのまま運んだ方が引越し業者側としても楽と感じる場合も多いようです。

タンスの中身が入った状態で引越しをする場合、中身が作業スタッフに見られないか少し不安になってしまいますね。
そこで中身入りでタンスを引越しする場合には、タンスの中身が見られないように引き出しの中に新聞紙や不透明のビニールを衣類の上にかぶせておくとよいでしょう。
そうするだけでタンスの中身を見られなくてすむのでおすすめです。

中身が入っていると運んでもらえないタンスほどんなもの?

タンスの引越し05
タンスの中身が入っている状態だと、引越ししてくれないタンスの種類をまとめてみましょう。

腰程度のサイズのタンスであれば、中身が入ったままでも引越しに対応してくれますが、胸の高さまである大型の洋服タンスの場合、重量も大きいため、中身を出さなければ運んでもらえない場合が多いでしょう。

中身を入れたままタンスを運んでしまうと、タンス自体に負担がかかり傷める可能性もあるので、基本的には大型タンスの場合は、中身は別で梱包して、引き出しごとに運搬、搬入するケースが多いでしょう。

一体型和ダンス

サイズにもよるのですが、一体型の和ダンスは解体できないものが多く、タンス丸ごと一体型で作られています。
このようなタンスは非常にサイズが大きく、中身をいれたまま運んでしまうと、破損の原因にもなるので気を付けなければなりません。
中身は出しておかないと運んでもらえなくなるので注意が必要です。

婚礼タンス

婚礼タンスは非常にサイズが大きいです。
部屋1つ分を占領するほどの大きさの婚礼タンスもあります。

婚礼タンスはタンス自体が非常に重く、作業スタッフ2名では到底運べない重量のものも多いです。
そのため婚礼タンスを引越しする時には、タンスの中身を全てダンボールなどに梱包して別に運ぶ必要があるでしょう。

単身でのタンスの引越しはできるの?

タンスの引越し02
単身での引越しは荷物が少なく、大型の家具や家電は持っていかないという方も多いです。
しかし、引越し先にクローゼットなどがない場合、やはりタンスは必要になります。
タンスの引越しは単身引越しでも可能なのでしょうか?

単身引越しでタンスの引越しをするなら

単身パックなどは専用のコンテナボックスに荷物を詰め込んで引越しをするのでタンスがある場合、タンスを専用のコンテナボックスに入れることが出来ない場合も多いです。

単身向けの引越しプランで、タンスが運べない…という時には、単身パック以外の引越しプランを利用するか、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便などを利用するとよいでしょう。
らくらく家財宅急便は、タンスなどの家具1点から運んでもらえるので、クローゼット以外の荷物を自分で運ぶ人や、タンスがなければ単身パックが利用できる人などにおすすめの引越しプランです。

タンスの引越し料金を安くする方法とは?

タンスの引越し03
タンスの引越しは引越しの一部としてタンスを輸送する場合もありますが、タンスだけを引越す場合も多いです。
タンスだけ単品を引越しするとなると、引越し全体に含まれるタンスの輸送に比べると費用が割高になってしまいます。
引越し業者によってタンスの引越しにはばらつきがあるので、タンスの引越しをできるだけ安くしたい!という場合には、引越し見積もりを請求するのがおすすめです。

引越し見積もりを請求する時には引越し見積もり無料一括請求サイトに登録してみましょう。
引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もり請求をすることができます。
10社の見積もりを比較すると、どこの引越し業者がタンスの引越しを安くできるのかがすぐに分かります。

引越し見積もり無料一括請求サイトで見積もりを請求すれば、タンスだけの引越しに対応してくれる業者からのみ見積もりを請求することができます。
またサービス内容やスタッフの対応などにも、違いがあるので、それらを比較する上でも引越し見積もり無料一括請求サイトは欠かせません。

引越し見積もり無料一括請求サイトは無料で利用できますし、24時間対応してくれるので、忙しい人でも手軽に引越し見積もり無料一括請求サイトを利用することができるでしょう。
また引越し見積もり無料一括請求サイトから、引越し依頼をすると割引特典が得られる場合もあるので非常にお得です。

タンスの引越し料金を安くする方法についてまとめ

タンスはいろいろな種類があり、大きさも様々なので、引越し料金にも幅があります。
タンスの引越し料金を少しでも安くするために、知っておいたほうが良いことをまとめました。

  • タンスの引越し料金の相場は5,000~20,000くらい
  • 引越し先にタンスが必要か検討する
  • タンスの中身が入ったままでも運搬してもらえるタンスと、運搬してもらえないタンスがある
  • 単身の引越しでもタンスを運搬する方法がある
  • 引越し見積もり無料一括請求サイトで見積もり比較をする

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 【知って得する!】食器棚の引越し料金はいくら?梱包&分解のコツ

  2. 引越し単身パックで家具は輸送できる?レンタルか買い換えもアリ

  3. 机の引越し料金はどれくらい?損せず安くするには?

  4. 【解決!】タンスの家内の移動料金の相場は?格安業者の見つけ方

  5. こんな時どうする?タンス、ベッドのみの引越しの場合

  6. やっぱり違う!サイズの違いでベッドの引越し料金は変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP