家具の移動、引越し

ソファーの2階への搬入のオススメ業者はココ!費用はいくら?

新しく購入したソファーを2階のリビングに搬入、設置をしてもらいたい。

1階で使っていたソファーを2階の部屋へ移動させたい。

2階の部屋にソファーを搬入しようと思うけど、どのような方法で搬入するのか?知りたい。

ソファーを2階へ搬入してもらいたいけど、階段を通れない場合は、どうしたら良いのか?知りたい。

ソファーを2階の部屋へ搬入するシーンは、様々ですし、搬入する方法も階段からの方法もあれば、2階の窓からの方法など様々です。

このページでは、ソファーの2階への様々な搬入方法、ソファーを2階へ搬入してもらえるオススメ業者、費用の相場や料金を安く抑える為の注意点などを詳しく紹介します。

目次

ソファーを2階へ搬入する建物のケース

ソファーを2階へ搬入する建物のケースには、以下のようなものがあります。

ソファーを2階へ搬入する建物の状況

戸建てで2階にリビングがある

戸建てで2階にソファーを置きたい部屋がある

集合住宅の2階に住んでいる

ソファーを新しく購入した際や引越の際に上記のような場合、ソファーを2階へ搬入する必要性が出てきます。

ソファーの2階への搬入は、ソファーのサイズが大きければ大きいほど、何かと大変になり、搬入方法も困難になってきます。

大きなソファーは、2階への搬入が色々と大変そうだね。

ソファーの2階への搬入の際のサイズのチェックポイント

ソファーを2階へ移動・搬入する場合、まずはじめにしておいた方が良いのは、ソファーのサイズや搬入経路のサイズを事前にきちんと測っておく事です。

サイズの大きなソファーは、容易に分解できるタイプもあるので、分解が可能か?という事も事前に確認しておくと良いです。

ソファーのサイズや搬入経路のサイズをきちんと測っておかないと、引越しやソファーを新しく買った際に「ソファーが2階へ搬入できない・・・」なんていうトラブルが起こってしまう事もあります。

面倒だけど、ソファーのサイズや搬入経路のサイズをきちっと測っておく事が重要なんだね。

ソファーのサイズのチェックポイント

ソファーを2階へ搬入する場合、まずは、ソファーのサイズを測っておく事が大切です。

ソファーのサイズのチェックポイントに関しては、以下になります。

ソファーのサイズのチェックポイント

横幅

高さ

奥行き

新しくソファーを購入する場合は、ソファーは、ダンボールに入っている状態なので、ダンボールの梱包サイズ(横幅、高さ、奥行き)を測っておきましょう。

ソファーの2階への搬入で何かと大変になってくるのは、下記画像のような横幅が180cm以上ある大きなソファーです。

参照:IKEA

上記画像のIKEAのソファーは、幅198㎝×奥行き99㎝×高さ83㎝です。

横幅が180cm以上ある一体型の大きなソファーは、階段を持ち運んで搬入、搬出は、プロでないと難しかったり、階段が通らなくてクレーンによる吊り上げ作業が必要になるケースも多いです。

一体型の大きなソファーは、戸建てやメゾネットの内階段の踊り場が通れない事がよくあるので、注意が必要です。

そうなんだ~。大きいソファーは、ホント要注意なんだね。

ソファーが解体・分解可能か?

参照:Rakuten

上記画像のようにソファーの横幅が180cm以上あっても簡単に2つに分解ができる場合があります。

2つに分解することでソファーがコンパクトになるので、階段を通って2階への搬入が可能になるケースもあります。

3人掛けのソファーのように横幅が大きめのソファーの場合は、分解をしてコンパクトにすることが可能か?も事前に確認をしておきましょう。

エエレベーターのサイズのチェックポイント

マンションの場合は、エレベーターを使ってソファーを2階へ搬入する場合もあります。

中には、小さいエレベーターもあるので、ソファーがエレベーターに入るか?しっかり確認をしておく必要があります。

エレベーターのサイズのチェックポイントは、以下になります。

エレベーターのサイズのチェックポイント

エレベーターの入り口の横幅

エレベーターの入り口の高さ

エレベーター内部の横幅

エレベーター内部の高さ

エレベーター内部の奥行き

玄関のサイズのチェックポイント

玄関ドアに関しては、高さと横幅を計測します。

ドアの横幅に関しては、ドアを開いた際のドアノブやポストなどの出っ張り分を差し引いた横幅を測るようにしましょう。

マンションの場合は、玄関前の共有廊下の幅と天井までの高さも計測するようにしましょう。

あとは、玄関の横幅(ドアノブを考慮する)と天井までの高さと玄関の奥行も計測しておきます。

玄関の奥行を計測して、玄関でソファーが回転しやすいかどうか?も把握しておきましょう。

玄関のサイズのチェックポイント

共有廊下の幅・高さ(マンションの場合)

玄関ドアの幅・高さ

玄関の幅・天井までの高さ・奥行

階段のサイズのチェックポイント

戸建ての内階段やマンションの外階段を通ってソファーを搬入する場合は、階段のサイズも測りましょう。

階段のサイズのチェックポイントは、まず階段の登り口の横幅、奥行、天井までの高さを計測します。

階段部分では、手すりを差し引いた階段の横幅と天井までの高さを計測します。

コの字の踊り場部分に関しては、踊り場の横幅、奥行、天井までの高さを計測します。

戸建ての内階段を通る場合は、階段の踊り場でソファーが通れるか?がポイントになるので、しっかり測るようにしましょう。

外階段の場合も同じように横幅、奥行き、天井までの高さを測りましょう。

L字に折れ曲がっている階段の場合は、L字部分の横幅、奥行、天井までの高さを測ります。

ちょっと面倒だけど、階段のサイズは、特にしっかりと測っておいた方が良さそうね。

階段のサイズのチェックポイント

階段登り口の幅・奥行・天井までの高さ

階段の手すりを差し引いた幅・天井までの高さ

踊り場の横幅・奥行・天井までの高さ

L部分の横幅・奥行・天井までの高さ

室内廊下・部屋の入口のサイズのチェックポイント

ソファーを2階へ搬入する際に室内廊下、部屋の入口を通る場合は、サイズを測っておくようにしましょう。

室内廊下、部屋の入り口のサイズを測っておく箇所は、まずは、廊下の曲り角の横幅と奥行を計測します。

ソファーの搬入経路になる廊下の横幅や天井までの高さも忘れずに計測しましょう。

また、部屋の入口部分にドアノブなどのようなちょっとした障害物がある場合は、障害物周辺に関してもソファーが移動できるスペースが十分にあるか?きちんと計測をしておきましょう。

室内廊下・部屋の入口のサイズのチェックポイント

室内廊下の幅・天井までの高さ

廊下の曲り角の幅・奥行

部屋の入口の幅・高さ

窓のサイズのチェックポイント

ソファーが階段や廊下を通れない場合に部屋の窓を移動経路として使う場合もあります。

部屋の窓を搬入経路として使う場合は、窓の高さと横幅を計測します。

窓のサイズのチェックポイント

窓の幅・高さ

ベランダのサイズのチェックポイント

ソファーが階段や廊下を通れない場合に2階のベランダを移動経路として使う場合もあります。

2階のベランダを移動経路として使う場合は、ベランダの横幅と奥行きを計測します。

ベランダのサイズのチェックポイント

ベランダの幅・奥行き

ソファーのサイズと搬入経路のサイズの比較ポイント

ソファーの搬入経路(エレベーター、玄関、階段、廊下など)の横幅、奥行き、高さは、ソファーの寸法より+10cmの余裕があれば、搬入が可能になってきます。

ソファーの2階への様々な搬入方法

ソファーの2階への搬入は、ソファーのサイズや建物の状況によって様々な方法で搬入します。

主な方法としては、以下のようなものがあります。

ソファーを2階へ搬入する主な方法

エレベーターを使って2階へ搬入する

階段を通って2階へ搬入する

ソファーを吊り上げて2階のベランダや窓から搬入する

以下に詳細を順番に紹介します。

エレベーターを使ってソファーを2階へ搬入する

参照:TAKUMI SOFA

エレベーターを使ってソファーを2階に搬入する方法は、一番ラクに、かつ費用も安くでソファーの2階への搬入が可能です。

マンションにエレベーターがあって、かつエレベーターにソファーが入りきるなら、手間も費用面に関しても一番、ベストな方法です。

階段を通ってソファーを2階へ搬入する

2階にソファーを搬入するには、外階段か内階段から搬入する方法があります。

外階段からと内階段からの搬入方法について以下に紹介します。

外階段からソファーを2階に搬入する場合

エレベーターがないマンションの場合は、上記画像のような外階段からソファーを搬入する方法があります。

集合住宅の外階段は、横幅や踊り場のスペースが十分にあるので、横幅が180cm以上ある大きなソファーでも、2~4名の作業員で搬入することが可能です。

内階段からソファーを2階に搬入する場合

参照:NOYES SOFA100%

戸建てやメゾネットなどの集合住宅で内階段から上記画像のようにソファーを搬入する方法もあります。

内階段は、外階段と比べて横幅と踊り場のスペースが狭いので大きなソファーの場合は、搬入がギリギリできるなんて事もあります。

階段の踊り場では、ソファーを方向転換しながら、建物を傷つけずに慎重に運ばなければいけないので、素人が搬入するのは、オススメではありません。

特に分解出来ない大きなソファーは、素人が無理して運ぼうとすると、怪我をしてしまったり、建物を傷つけてしまう場合があるので、必ずプロに運んでもらうようにしましょう。

無理せず、プロの業者さんに依頼する方が無難だね。

ソファーを分解をしてから内階段を通って2階に搬入する

参照:ジモティー

大きなソファーで分解が可能な場合は、上記画像のように一度、パーツごとに分解をしてコンパクトにしてから搬入作業をする場合もあります。

分解をしてから階段を通って2階の部屋に設置してから、再度、組み立て作業をしてから作業完了というケースもあります。

階段の手すりを外してから内階段を通ってソファーを搬入する

参照:(株)フジイ

ソファーの横幅、奥行きのサイズが大きくて階段をギリギリ通れない場合は、上記画像のように階段の手すりを取り外して、ソファーを2階へ搬入する場合もあります。

ソファーの搬入業者によっては、手すりを外して、搬入してもらうケースもあります。

階段を通ってソファーを2階へ搬入する方法について詳しく知りたい場合は、下記ページをご確認下さい。

ソファーを吊り上げて2階のベランダや窓からソファーを搬入する

参照:MAホームサービス

エレベーターがなくて、かつソファーのサイズが大きくて、階段を通れない場合は、ソファーを吊り上げて2階のベランダや窓から搬入します。

ソファーを吊り上げて2階のベランダや窓から搬入する方法には、クレーン・ユニックでソファーを吊り上げる、人力でソファーを吊り上げる、電動リフト・荷揚げ機でソファーを吊り上げる方法があります。

順番に詳細を紹介します。

クレーン・ユニックでソファーを吊り上げて搬入する

参照:プレミアムストレージサービス

ソファーを吊り上げて2階のベランダや窓から搬入する方法の一つとして、クレーンやユニック車でソファーを吊り上げて搬入する方法があります。

クレーン・ユニック車を使ってソファーを吊り上げて2階へ搬入する場合は、クレーンやユニック車を手配する料金が追加で必要になるので、エレベーターや階段からの搬入より、費用が高くなる事が多いです。

クレーン・ユニック車を使う場合は、

  • 搬入するベランダや窓側にクレーンを駐車するスペースがある
  • 駐車するスペースからベランダまでクレーンが届く
  • 搬入するベランダや窓からソファーの搬入が可能
  • ベランダの手すりがソファーを支えられる十分な強度がある
  • ソファーをクレーンで吊り上げる際に電線などの障害物がない

などの条件が揃っている必要があります。

クレーン・ユニック車を使ってソファーを吊り上げて2階へ搬入する方法について詳しく知りたい場合は、下記ページをご確認下さい。

人力でソファーを吊り上げて搬入する

参照:IDC OTSUKA

搬入するベランダや窓側にクレーン・ユニック車を置けるスペースがなかったり、電線などの障害物があってクレーンやユニック車での吊り上げが難しい場合は、ソファーをロープで巻き付け、人力でソファーを吊り上げて2階へ搬入する方法もあります。

人力でソファーを吊り上げる場合は、

  • 搬入するベランダや窓からソファーの搬入が可能
  • ベランダの手すりがソファーを支えられる十分な強度がある
  • ベランダの壁や柵が高すぎず、人力にてソファーを吊り上げられる

などの条件が揃っている必要があります。

人力でソファーを吊り上げる方法は、クレーンやユニック車を手配する費用がかかりませんが、その分作業員が3~4人と多めに必要になるため、費用が高めになります。

人力でソファーを吊り上げて2階へ搬入する方法について詳しく知りたい場合は、下記ページをご確認下さい。

電動リフト・荷揚げ機でソファーを吊り上げて搬入する

参照:便利屋 解決本舗

上記画像のように電動リフト・荷揚げ機という電動のハシゴを使ってソファーを吊り上げて2階へ搬入する方法もあります。

ソファーの2階への搬入で以下のようなシーン

  • ソファーが階段から搬入できない
  • 建物が入り組んでいて、クレーン・ユニック車が使えない
  • 電線が多くてクレーン・ユニック車が使えない
  • ベランダの材質がアルミで人力の吊り上げによるソファーの搬入が出来ない

の場合は、電動リフト・荷揚げ機を使ってソファーを吊り上げ搬入する場合があります。

ソファーの2階への搬入でクレーン・ユニック車が使えそうになかったり、人力での吊り上げが難しそうな場合は、電動リフト・荷揚げ機でソファーを吊り上げ搬入してもらえる業者を探すと良いです。

ソファーの2階への搬入の料金ってどれくらい?

ソファーの2階への搬入を業者に依頼した場合、費用は、どれくらいなの?

ソファーの2階への搬入の費用に関しては、どのような方法で搬入するのか?などによって変わってきます。

ここでは、ソファーの2階への様々な搬入方法別の料金の相場を紹介させて頂きます。

ソファーの2階への搬入の料金相場

作業内容料金
作業員2名でエレベーター上げ5,000円~25,000円
作業員2名で階段上げ10,000円~25,000円
作業員3名で吊り上げ12,000円~45,000円
作業員4名で吊り上げ15,000円~45,000円
クレーンで吊り上げ15,000円~30,000円
電動リフトで吊り上げ10,000円~25,000円

ソファーの2階への搬入の料金相場は、上記金額になります。

ソファーの2階への搬入方法によって、料金に違いが出てくるんだね。

memo

ソファーの2階への搬入料金は、搬入の方法によっても違いがありますが、業者によっては、A社15,000円、B社10,000円、C社5,000円と依頼する業者によって10,000円以上の違いが出てくる場合もあるので、必ず相見積もりを取って、業者間の価格の違いを比較するようにしましょう。

ソファーの2階への搬入は、どのような業者に依頼すれば良いの?

ソファーの2階への搬入は、どのような業者に依頼したら良いの?

ソファーの2階への搬入は、便利屋か引越し業者に依頼すると良いです。

以下に便利屋に依頼する場合と引越し業者に依頼する場合のソファーの搬入料金の違いなどを紹介します。

便利屋にソファーの2階への搬入を依頼する場合

便利屋とは、不用品の処分、引越し、エアコンのクリーニング、家具の移動、家具の吊り上げ作業、家具の分解や組み立てなど様々な事をしてくれる業者です。

当然、ソファーの2階への移動、ソファーの搬入の際の分解・組み立て作業も請け負ってもらう事が可能です。

便利屋の料金体型に関して多いのは、作業員1名に対して1時間あたりで3,000円~10,000円前後などになります。

もし作業員1名に対して3,000円で作業員が2名必要な場合は、6000円になりますし、作業員1名に対して8,000円かかる場合は、作業員2名が必要なら16,000円の費用がかかってきます。

便利屋に依頼するメリット、デメリットには以下のようなものがあります。

便利屋に依頼するメリット

料金体型がサイトに記載されている事が多く分かりやすい

ソファーの搬入・分解・解体作業に慣れている

色んな注文に柔軟に対応してもらえる

便利屋に依頼するデメリット

値引き対応をしてもらえない事が多い

以下に便利屋で有名な業者を紹介します。

便利屋!お助け本舗の家具・家電移動サービス

参照:便利屋!お助け本舗 引越し・家具や荷物の移動

便利屋!お助け本舗は、ソファー1点のみの2階への搬入、吊り上げ作業など何でも対応してもらえます。

便利屋!お助け本舗の料金体系は、下記表になります。

 料金
作業費 1名1時間
3,300円
以降30分毎で+1,650円
出張費 1名2,200円
東京ベンリーズ

参照:東京ベンリーズ

東京ベンリーズは、東京全域のソファーの搬入作業、運搬や家具移動等を請け負っている便利屋になります。

ソファーの2階への搬入作業以外に引っ越しやゴミの回収、家具や家電の運搬など様々なサービスに対応しております。

東京ベンリーズの料金体系は、下記表になります。

 料金
作業員1名 1時間2,500円
出張費(23区)1名1,500円
1時間以降30分単位1,250円
車両代
(車が必要な場合)
2,000円
コインパーキング代
(必要な場合)
1時間一律500円
便利屋大阪あかりサービス

参照:便利屋大阪あかりサービス

便利屋大阪あかりサービスは、ソファーなどの家具を部屋内・自宅内・マンションなどへ搬入・運搬・設置の作業をメインに対応している便利屋です。

戸建ての2階へのソファーの搬入作業にも対応してくれています。

対応地域としては、大阪市・東大阪市・枚方市・高槻市・寝屋川市・茨木市・門真市・守口市を中心に 大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀、関西一円になり、同じ系列の便利屋で便利屋京都あかりサービスもあります。

便利屋大阪あかりサービスの料金体型に関しては、下記表をご確認ください。

 料金
作業費 1名1時間
3,000円~
出張費 1名要確認
養生料金要確認

引越し業者に依頼する場合

そもそも引越し業者ってソファーの2階への搬入作業のみでも対応してもらえるの?

引越し業者は、引越しの際に荷物を運搬するのが専門ですが、ソファーなどの家具を2階へ搬入する作業のみにも対応してもらえます。

引越し業者の場合は、便利屋と比べて圧倒的に業者数が多いので、3社~5社の相見積もりをすると、ソファーの2階への搬入作業を安く抑える事もしやすいです。

3月~4月の繁忙期と言われる時期は、ソファーの搬入作業を引越し業者に依頼すると、費用は高くなりやすいです。

しかし、5月~2月の引越しが忙しくない時期の平日の夕方ぐらいの時間帯であれば、暇な引越し業者ほど、値引き交渉に応じてくれやすく、ソファーの搬入作業の費用が意外と安くなるケースがあります。

引越し業者に依頼するメリット

3社~5社ほど相見積もりをすると料金が安くなる場合アリ

引越し業者に依頼するデメリット

3月、4月の引越し繁忙期に依頼すると割高になりやすい

引越し一括見積もりサイトを利用して格安業者を見つける

ソファーの2階への搬入で出来るだけ安くしてもらえる引越し業者を探すなら、引越し一括見積もりサイトの利用がオススメです。

引越し一括見積もりサイトってどんなサービスなの?

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域のソファーの2階への搬入作業を請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

もちろん、2階への階段作業やクレーンや人力の吊り上げ作業、更には、電動リフトや荷揚げ機による吊り上げ作業に対応してもらえる引越し業者も容易に探すことが可能です。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、ソファーの2階への搬入作業が安くなりやすい引越し業者を見つける事が可能なのです。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、ソファーの2階への搬入作業を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のソファーの2階への搬入作業を請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

人力による吊り上げ作業や電動リフトによる吊り上げ作業に対応してもらえる業者が見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

ソファーの2階への搬入作業にオススメの一括見積もりサイト2選!

ソファーの2階への搬入の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像の赤枠の部分の該当するソファーの大きさの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ソファーの2階への搬入作業のみ」「ソファーを階段を通って1階から2階へ移動」「ソファーをクレーンで2階に吊り上げ」などと入力をしましょう。

以下にのソファーの2階への搬入作業の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. ソファーベッドの引越し料金相場はいくら?単身パックでも可能!

  2. 【ソファーが搬入できない】幅が75cm以下などでギリギリの場合

  3. 注意点は?メゾネットのソファの搬入・入らない場合の対処法

  4. 【失敗しない】ダブルベッドの引越し!料金相場・解体費用はいくら?

  5. 【注目!】電子ピアノの引越しをする前に!料金の相場と業者の確認

  6. リビングボードの引越し方法(分解、解体)と料金の相場はいくら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP