家具の移動、引越し

注目!ソファーの階段の運び方・移動方法・搬入・降ろし方のコツ

新しく購入するソファーが大きめで、階段を通って2階のリビングに運ぶのは、何かと困難だったりします。

2階にある古くなったソファーを階段から降ろして処分するのも何かと大変です。

ソファーの階段の正しい運び方・移動方法は、素人が運ぶのは、コツがあります。

小さなソファーだと、階段からの搬入や搬出も可能ですが、大きなソファーになると階段を通れなくて、建物の外から吊り上げ作業が必要になるケースもあります。

などなど、ソファーを階段を通って2階の部屋に搬入するのも、2階にあるソファーを階段を通って処分をするにしても様々な疑問が湧いてきますよね。

このページでは、ソファーの階段の運び方・移動方法・搬入・降ろし方のコツをまとめてみました。

目次

階段の移動は可能?ソファーの種類・サイズをチェック!

ソファーには、カウチソファー、コーナーソファー、ハイバックソファー、リクライニングソファーなど種類は、様々です。

サイズも違いがあれば、重量も違いがありますし、分解できるソファーもあれば分解できないソファーもあります。

ソファーの種類・大きさによって、階段の移動が可能な場合もあれば、不可能な場合もあります。

ソファーの場合は、特に横幅のサイズが大きくて分解が不可能な場合は、階段からの搬入や搬出が出来ないケースがあります。

ここでは、カウチソファー、コーナーソファー、ハイバックソファー、リクライニングソファーなどの種類や重量などを紹介していきます。

カウチソファー

参照:FLYMEe

幅208㎝×奥行き86~145㎝×高さ93㎝、重量は64㎏のカウチソファーです。

そのままの状態では、まず階段は通らないですが、2つに分割・分解できるので、分解してコンパクトにすれば、重量も軽くなりますし、階段を通って搬入・搬出が出来ます。

コーナーソファー

参照:ニトリ

幅185㎝×奥行き216㎝×高さ75㎝、重量は81㎏のコーナーソファーです。

上記のコーナーソファーもこのままの状態では、まず階段は通りません。

ですが、分割・分解できるソファーなので、分解してコンパクトにすれば、重量も軽くなりますし、サイズも小さくなるので、素人でも階段の持ち運びが可能です。

ハイバックソファー

参照:タンスのゲン

幅203㎝×奥行き90㎝×高さ96㎝のハイバックソファーです。

幅が203㎝あると、階段で上手く回転できないので、搬入・搬出が出来ませんが、こちらのハイバックソファーも分割・分解可能なので、コンパクトにすれば、階段からの搬入・搬出が可能です。

リクライニングソファー

参照:ニトリ

幅202㎝×奥行き96㎝×高さ97㎝の3人掛けのリクライニングソファーです。

このままの幅、奥行き、高さでは、階段を通る事は出来ません。

リクライニングソファーの場合は、殆どがコンパクトに分割・分解出来ます。

コンパクトに分解・分割することで階段からの搬入・搬出が可能です。

ソファーのサイズの確認ポイント

階段からソファーのを搬入・搬出できるかどうか?確認する際に測る場所は、ソファーを分解して最小サイズにしてからの上記画像のA.B.C.Eの辺の長さを測ります。

A:1番長い辺

B:2番目に長い辺

C:1番短い辺

E:1番長い辺を立てる時に必要になる幅

途中でL字型やコの字型に折れ曲がっている階段の場合、ソファーのA:1番長い辺が180㎝以上になると、ソファーが天井に当たったりして、途中で切り返すことが困難になるケースが多いです。

また、階段の幅は、建築基準法で75㎝以上と定められていて、階段の幅が80㎝ぐらいで設計されているケースが多いです。

そこから手すりがついていたりすると、手すりを差し引いて70㎝幅ぐらいの階段が多くあります。

更にソファーを持つ手の事を考えると、+10㎝の余裕を考えた方が良いのですが、ソファーのC:1番短い辺が60㎝以内であれば、階段の搬入は可能ですが、60㎝以上になると、搬入が困難になるケースがあります。

A.B.C.D.Eの長さと階段の幅・奥行・高さを比較し、階段を通って搬入、搬出できるかを判断する事が大切です。

ソファーの寸法をきちんと測っておくことが大切なんだね。

階段のサイズを確認!そのソファーは階段を通れるの?

あらたに購入したソファーを階段を通って2階に搬入する場合や古くなった2階にあるソファーを階段を通って搬出する際は、ソファーのサイズの確認だけでなく、階段のサイズの確認も重要です。

また階段には、様々なタイプがあり、途中でL字に折れ曲がっているかね折れ階段や途中でコの字型に折れ曲がっている折り返し階段の場合は、階段の折れ曲がっている踊り場の部分でソファーが方向転換できるか?がポイントになってきます。

ここでは、ソファーを階段を通って搬入・搬出を検討している場合、階段のどの部分を確認しておくと良いか?を紹介します。

階段の入口部分の確認ポイント

階段の入口部分でサイズを確認した方が良い場所は、

①入口部分の階段の幅(手すりを差し引いた分の幅)

②階段前の廊下の長さ

③階段前の廊下の高さ

です。

階段の踊り場部分の確認ポイント

階段によっては、途中でコの字やL字に折れ曲がっていて踊り場がある階段があります。

踊り場の部分でソファーが方向展開できるかどうか?も重要なポイントなので、階段の踊り場部分のサイズを確認します。

階段の踊り場部分で確認した方が良い場所は、

④踊り場前後の階段の幅(手すりを差し引いた分の幅)

⑤踊り場の奥行

⑥踊り場の高さ

です。

階段を上がったところの確認ポイント

階段を上がったところでサイズを確認した方が良い場所は、

⑦上がったところの階段の幅(手すりを差し引いた分の幅)

⑧階段を上がったところの廊下の長さ

③階段の上がったところの廊下の高さ

です。

ソファーのサイズと階段のサイズの照らし合わせ

次にソファーの辺の長さ「A:1番長い辺」「B:2番目に長い辺」「C:1番短い辺」「E:1番長い辺を立てる時に必要になる幅」と

階段のサイズ「①入口部分の階段の幅(手すりを差し引いた分の幅)」「②階段前の廊下の長さ」「③階段前の廊下の高さ」「④踊り場前後の階段の幅(手すりを差し引いた分の幅)」「⑤踊り場の奥行」「⑥踊り場の高さ」「⑦上がったところの階段の幅(手すりを差し引いた分の幅)」「⑧階段を上がったところの廊下の長さ」「⑨階段の上がったところの廊下の高さ」

を照らし合わせて、ソファーが階段を通って搬入・搬出できるか?を確認します。

階段の幅とソファーの長さの確認ポイント

階段の横幅①・④・⑦がソファーのC:1番短い辺より+10㎝

階段の奥行②・⑤・⑧がソファーのB:2番目に長い辺より+10㎝

階段の高さ③・⑥・⑨がソファーのE:1番長い辺を立てる時に必要になる幅より+10㎝

ソファーのサイズより階段のサイズが+10㎝の余裕が必要な理由は、ソファーを持つ手の余裕を考える事と余裕がないと、ソファーを壁にぶつけてしまってソファーや階段を傷つけてしまう事があるからです。

上記以上あれば、問題なく階段を通ってソファーの搬入・搬出が可能です。

ソファーが階段を通らない場合

分解できるタイプのソファーなら階段の運搬は、比較的容易ですが、分解できないタイプのソファーは、ソファーと階段のサイズを測ってみると、搬入や搬出が出来ないというケースが出てきます。

特にソファーの幅が180㎝以上になると、階段のL字の部分でソファーを切り返そうとすると、天井部分に当たってしまう事がありますし、ソファーの一眼短い辺になる高さや奥行の部分が70㎝くらいになると、階段の手すりが当たってしまって通れない場合があります。

ソファーが階段を通れない場合は、どう対処すれば良いの?

ソファーが階段を通れない場合は、以下の方法があります。

ソファーが階段を通れない場合の対処法

吊り上げ作業をしてもらう

階段の手すりを外す

順番に説明していきましょう。

吊り上げ作業をしてもらう

参照:プレミアムストレージサービス

ソファーが階段を通らない場合は、クレーンやユニック車、昇降機、荷揚げ機、電動リフトによる吊り上げ作業か人力による手吊り作業をしてもらう方法があります。

ソファーのクレーン・ユニック車・昇降機による吊り上げ作業、人力による手吊り作業に関しては、下記記事をご確認下さい。

階段の手すりを取り外す

参照:(株)フジイ

ソファーを運ぶ際に階段の横幅に余裕がない場合は、階段の手すりを外すのも一つの方法です。

手すりの取り外しって簡単に出来るものなの?

素人でも出来なくはないです。ただ階段の手すりを外すのは、通常のドライバーではなかなか骨の折れる作業になるので、電動のドライバーがあると、便利です。

階段の手すりの取り外し、取り付けは、電動ドライバーがあっても自力で1人で行うよりは、2人で行うようにしましょう。

以下に手すりの取り外し方法を紹介します。

手すりのタイプも様々ですが、違う製品でも似たような作りになっているので、参考にしていただければと思います。

1.ジョイントを外す

参照:DAIKEN

凸側を回転させ、着脱できるようにジョイント部の間隔を広げます。

2.プラケットのカバーを外す

参照:DAIKEN

ブラケットカバーのすき間にマイナスドライバーを差し込むとカバーが外れます。

3.ビスを緩める

参照:DAIKEN

表から見えているビスを緩めます。凹部にあるビスは緩めないでください。

4.手すりを取り外す

参照:DAIKEN

手すりを2人で水平にゆっくりと取り外します。

以下の動画でも階段の手すりの取り外し状況を簡単に紹介しています。

5.手すりの再取り付け

ソファーの階段での移動・搬入が完了したら、階段の手すりの再取り付けも忘れずに行いましょう。

取り外しと逆の流れで行えば、素人がするのは、少々難しいですが、取り付けが出来ます。

階段を通ってソファーを運ぶ事前準備

大きいソファーの場合は、そのままの状態だと階段を通る事が出来ない場合があったり、事前準備をしておかないと、階段を傷つけてしまったりする場合があります。

また事前準備をせずに重たいソファーを無理して運ぶと、ぎっくり腰になってしまったり、ケガをしてしまう可能性もあります。

階段を通ってソファーを運ぶ際の事前準備と注意点を知りたい。

階段を通ってソファーを運ぶ事前準備は、以下になります。

階段を通ってソファーを運ぶ事前準備

分割・分解をして運びやすくする

階段、ソファーなどを養生する

順番に説明をしていきます。

分割・分解をして運びやすくする

参照:ジモティー

ソファーの横幅が180㎝以上で奥行や高さが70㎝近くある場合は、そのままの状態であれば、階段を通る事が出来ないケースがあります。

また、3人掛けのリクライニングソファーは、かなり重量があるので、大人2人での持ち運びが困難なケースがあります。

コーナーソファーやカウチソファー、3人掛けのリクライニングソファーなど大きなソファーは、2つや3つに分割・分解出来るソファーが多いので、分割・分解する事で重量も軽くなり、サイズもコンパクトになるので、大人2人で階段を通って搬入・搬出する事が可能になります。

ソファーの脚の部分もそのままだと、余分に高さの部分のサイズがとられるので、脚を取り外して、高さもコンパクトにしておくことで階段を持ち運びやすくなります。

ソファーの分割・分解方法に関しては、取扱説明書がある場合は、確認してみると良いでしょう。

階段、ソファーを養生する

ソファーのサイズが大きくて、ソファーの幅と階段の幅がギリギリになる場合は、養生せずに運ぶと、傷をつけてしまう事があります。

例えば、階段の踊り場でソファーを方向転換する際に傷をつけてしまったり、ソファーを階段の上に置く際に少し引きずってしまって階段を傷つけてしまう場合などがあります。

ソファーの梱包に関しては、毛布でソファーをおおって、養生テープで毛布を固定するようにしましょう。

特にソファーが分割・分解出来なくて、階段の幅ギリギリで搬入・搬出する場合は、ソファーや階段を傷つけないように、階段やソファーを養生すると良いです。

ソファーの階段の運び方・降ろし方・注意点

階段を通ってソファーを運ぶ事前準備が出来たら、さっそくソファーを運ぶ作業になります。

ここでは、ソファーの階段の運び方、ソファーの階段の降ろし方、コツや注意点を紹介します。

ソファーは2人以上で持ち運ぶ

ソファーを分割・分解しないまま階段を通って2階に運んだり、1階に降ろす場合は、ソファーが重たいので、一人で運ぶことは、困難です。

ソファーの階段の持ち運びは、2人でするようにしましょう。

2人でソファーを持ち運ぶ場合は、下側でソファーを持つ人の方がより、力持ちの人になるようにしましょう。

直階段の場合のソファーの運び方・降ろし方

参照:NOYES

階段に曲がり角がない直階段の場合は、ソファーを斜めに倒したままで、持ち運べます。

階段の幅がソファーの最小の辺(高さ・奥行のどちらかの辺)より10㎝以上広ければ、搬入・搬出が可能なので、階段を一段一段慎重に運ぶようにしましょう。

折り返し階段の場合のソファーの運び方・降ろし方

参照:おうちたてる

折り返し階段とは、階段が途中でコの字に折れ曲がっている階段の事を言います。

折り返し階段の場合は、階段の踊り場の部分でソファーが上手に方向転換して持ち運べるか?がポイントになります。

ソファーを2人で持ち、ソファーの先端を斜めに下げて、階段と水平にして運ぶようにします。

天井部分にソファーの先端が当たる場合があるので、注意しましょう。

階段の踊り場部分まで来たら、ソファーを一旦、立て直します。

踊り場部分でソファーを立てたまま、ゆっくり回転させて踊り場部分を運んでいきます。

踊り場部分から更に上にあげたり、下に降りる時に、再びソファーの先端を斜めに下げて、階段に対して水平にして運びます。

参照:無印良品

階段の踊り場部分近くに手すりや照明があってソファーがギリギリ、方向転換できなかったり、照明にぶつけてしまう事もあるので注意が必要です。

かね折れ階段の場合のソファーの運び方・降ろし方

かね折れ階段は、途中でL字型に折れている階段のタイプで、一戸建てでも多いですし、メゾネットタイプの集合住宅でもあったりします。

かね折れ階段の場合は、階段がL字に曲がっている部分でソファーが上手に方向転換して持ち運べるか?がポイントになります。

かね折れ階段の場合は、L字に折れている部分の天井面が低くて、ソファーが立てられない場合は、ソファーを階段面に対して水平にしたまま、L字の部分に対して回転させながら運んでいきます。

L字の部分は、階段の3段でソファーを90度に回転する必要がありますが、特に3段階目の辺りでソファーの先端が階段の横の壁や天井面に当たりやすくなるので、注意が必要です。

ソファーの階段移動時に気を付ける事・注意点は?

ソファーの階段移動時に注意する事ってどんな事?

階段を一気に持ち運ぶのではなく、一段ずつを無理せずに持ち運ぶことが大切です。

ソファーが重たいからといって階段を一気に持ち運ぼうとすると、ソファーを階段に当ててしまったり、階段から足を踏み外してしまってケガをしてしまう可能性があるので、慎重に持ち運んでいく事が大切です。

あとは、ソファーを持ち上げる際に腰を曲げすぎると腰を痛めてしまう場合もあるので、腰は出来るだけ伸ばしておいて、膝をしっかり曲げて、腰を下におろしてからソファーを持ち上げるようにしましょう。

ソファーを階段を通って自力で搬入・移動しようと思うと、ケガや故障のリスクがあったり、養生や持ち運びの労力がかかって何かと大変です。

業者に依頼すれば、ソファーの階段の持ち運びだけであれば、意外と安く済む場合もあるので、相見積もりをとって安い業者を探してみるのも良い方法です。

ソファーの階段の運び方のポイント

ソファーは2人以上で持ち運ぶ

階段部分を通る際は、ソファーを斜めにして階段に対して水平に運ぶ

踊り場部分は、ソファーを立てて、踊り場部分を移動する

階段のコの字、L字の部分でソファーを方向転換する際は、特にぶつけないように注意する

一段ずつ無理せず慎重に運ぶ

ソファーの階段の移動を業者に依頼する場合


ソファーの階段の移動が自力では大変だな~と思う場合は、業者に依頼する事も検討してみましょう。

ソファーの階段の移動を業者に依頼する場合、主に引き受けてくれる業者は、引越し業者と便利屋になります。

引越し業者と便利屋に依頼する場合、それぞれ特徴を見ていきましょう。

ソファーの階段の移動を引越し業者に依頼する場合


引越し業者と言えば、引越しの際に荷物の積み下ろしや、引越し先へ荷物を運んでもらう事がメインと仕事というイメージがあると思います。

しかし、引越し業者は様々なサービスに対応しています。

家具1点のみからの家具移動サービスも引越し業者は、対応してもらえます。

引越し業者もいろんな事をしてくれるんだね

また後ほど説明しますが、引越し業者は、ソファーの階段の移動だけでなく、ソファーが階段や玄関を通らない場合、手吊りやクレーンによる吊り上げ作業によって、ソファーを1階から2階への移動にも対応してもらえます。

ソファーの移動に対応してくれる引越し業者

ソファーの階段移動に対応してくれる引越し業者は、中小の地域密着型の引越し業者もほとんどの場合、対応していますし、大手の引越し業者も当然、対応しています。

大手の引越し業者であれば、アート引越センター、日通、サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、ヤマトホームコンビニエンス、アーク引越センター、ダック引越センター、ハトのマークの引越センターなどがあります。

ソファーの階段の移動料金の相場(引越し業者)

 料金
ソファー1点の移動5,000円~10,000円前後

ソファーの1階から2階への階段の移動の料金は、引越し業者によって様々です。

例えば、ヤマトホームコンビニエンスの場合は、家具1点の移動の料金が6,000円~というようにホームページに記載されている引越し業者もあれば、サカイ引越センターのように費用が表示されてない引越し業者もあります。

引越し業者の場合は、ソファーの移動のような家具移動サービスの費用は、依頼する時期やタイミングによって費用が高くなる場合もあるし、安くなる場合もあります

ソファーの移動の費用を引越し業者に依頼して安くしたい場合は、複数の引越し業者に見積もり依頼して、値引き交渉に応じてくれる業者を見つけることができると費用を安く抑えることができます。

ソファーの階段の移動を便利屋に依頼する場合

便利屋ってどんなサービスをしてくれる業者なの?

便利屋とは、日常生活の雑事に関わることを代行してしてくれる業者になります。

具体的には、部屋の掃除、粗大ゴミや不用品の処分、家具の移動、家電の吊り上げ作業など様々なことをしてくれます。

当然、ソファー1点のみの階段の移動にも対応してもらえます。

ソファーの階段の移動料金の相場(便利屋)

 料金
1名作業につき5,000円~10,000円前後

便利屋の場合のソファーの移動料金の相場は、業者によって様々です。

料金設定として多いのは、作業員1名に対して1時間あたりで3,000円~10,000円前後などになります。

もし作業員1名に対して3,000円で作業員が2名必要な場合は、6000円になりますし、作業員1名に対して8,000円かかる場合は、作業員2名が必要なら16,000円の費用がかかってきます。

便利屋の場合のソファーの階段の移動料金に関しても引越し業者と同様に業者によって様々です。

もし少しでもソファーの移動料金を安く抑えたいならば、便利屋であったとしても引越し業者であったとしても相見積もりを取る事は、必須です。

ソファーの階段の移動料金の格安業者の見つけ方

ソファーの階段の移動料金は、ある程度の相場は決まっていますが、どの業者に依頼するかによって料金は、変わってきます。

引越し業者でも便利屋でも料金はマチマチです。

複数の業者から見積もりを取るのは面倒だと思って、1社のみに見積もりを依頼した場合、損をしてしまう場合もあります。

最低3社以上から見積もりを取る

ソファーの階段の移動料金をできるだけ安く抑えたいなら、最低3社以上の見積もりを取った方が良いです。

特に引越し業者の場合、仕事が暇で仕事をこなしたい引越し業者を見つけられた場合、便利屋さんより費用を安くしてくれる場合があります。

しかし、複数の業者に見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒ですし、一つ一つの業者に建物の状況やソファーの大きさなどを伝えるのも面倒です。

複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービスが実はあります。

引越し一括見積もりサイトを利用する

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域のソファーの階段移動を請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、ソファーの移動料金が安くなりやすい引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、ソファーの階段の移動を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のソファーの階段の移動を請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

ソファーの階段の移動にオススメの一括見積もりサイト2選!

ソファーの階段の移動料金の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のソファーの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ソファーを階段を通って1階から2階へ移動」などと入力をしましょう。

以下にソファーの移動の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. ソファーベッドの引越し料金相場はいくら?単身パックでも可能!

  2. 解決!引越し時にソファーが入らない?分解・解体方法まとめ

  3. ソファー 引越し

    ソファーの引越し料金を安くしたいあなたへ!奥の手教えます

  4. 注意点は?単身パックでソファーは運べる?運べない場合の対処法

  5. ソファーの移動・運搬の引越し業者、便利屋の料金相場を比較!

  6. 【知らなきゃ損する!】ソファーの吊り上げ料金の格安業者を探す方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP