家具の移動、引越し

解決!引越し時にソファーが入らない?分解・解体方法まとめ

引越しの搬入・搬出の時に大きなソファーがあると、玄関・階段・部屋のドアから入らないという思いもよらない事が起きてしまう事があります。

特に横幅が180cm以上のソファーになると、搬入が困難になる事が往々にしてあります。

もともと分解や解体ができるタイプのソファーであれば、分解・解体してコンパクトにすることで搬入作業も容易に出来ますが、分解・解体が出来ない設計になっているソファーの場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

引越し先で搬入が難しくなった場合、引越し業者は、分解や解体をして搬入してくれるのでしょうか?

このページでは、引越し時のソファーの解体や処分、入らない場合の対処法などを詳しく紹介していきます。

目次

引越し時にソファーが入らないケース

ソファーには、様々な種類があり、2人掛けソファー、3人掛けソファー、カウチソファー、コーナーソファー、リクライニングソファーなど多種にわたります。

コンパクトなソファーの場合は、引越しの際に玄関、階段、廊下、エレベーターなどから入らないという事は、ないですが、大きめのソファーになると、分解しないままだと、玄関、階段、部屋のドア、エレベーターなどから入らないという事が起こります。

ここでは、引越し時にソファーが入らないケースをいくつか紹介します。

ソファーが玄関から入らない

マンションの玄関の場合、玄関前の廊下が狭かったり、玄関のドアの横幅が狭かったりすることで大きなソファーが入らない事がよくあります。

玄関のドアが片開きで90度しか開かなくてソファーが入らない

マンション玄関の場合、扉が片開きで90度しか開かない場合があります。

ソファーを玄関の前に置くと、ドアを開ける事ができなので、ソファーが入らないケースがあります。

玄関のドアノブが邪魔でソファーが入らない

マンションの玄関の場合、扉を開けると、ドアノブの部分が邪魔をしてソファーが入らないケースがあります。

玄関前の廊下の幅や玄関を入ってからの幅が狭くてソファーが入らない

マンションやアパートでよくあるのは、玄関前の共有スペースの幅が狭くて、ソファーが回転するスペースがなくて入れないケースがあります。

ソファーが階段から入らない

上記画像のようなメゾネットタイプの集合住宅の階段は、玄関を開くとすぐに階段があり、ソファーを動かすスペースが確保できなくて、ソファーが階段から入れないケースがあります。

また一戸建ての2階の部屋にソファーを搬入する際に階段の踊り場の部分やL字に折れ曲がっている部分でソファーが回転出来なくて入らないケースがあります。

階段の踊り場部分でソファーが入らない

上記画像のようにコの字型に階段が曲がっていて、踊り場がある階段があります。

踊り場の部分は、高さ、横幅、奥行がソファーの高さ、横幅、奥行よりサイズの大きさに余裕がないと、ソファーが通れません。

また、踊り場の奥行が狭かったり、踊り場前後の階段の横幅に余裕がなくて、ソファーが踊り場を曲がり切れずに階段を通れないケースもよくあります。

階段のL字部分でソファーが入らない

メゾネットタイプの賃貸住宅や一戸建ての階段には、上記画像のようにL字に折れ曲がっている事があります。

L字に折れ曲がっている部分は、高さ、横幅がソファーの高さ、横幅、奥行よりサイズの大きさに余裕がないと、ソファーが通れません。

例えば、横幅180㎝以上あるソファーは、L字に折れ曲がっている階段部分の天井の高さが低く設計されている場合は、家具が天井部分などに当たって立てられなかったり、壁に当たったりして階段を通れないケースが多いです。

ソファーがエレベーターから入らない

低層マンションによくある定員4名や定員6名の小型のエレベーターの場合、ソファーが入らないケースがよくあります。

エレベーターの扉の高さが低く、奥行が狭くてソファーが入らない

小さいエレベーターの場合は、扉の高さが低いので、横幅が大きなソファーを斜めにして入れる必要がありますが、エレベーターの奥行が狭くて、ソファーを斜めにすると、はみ出てしまって入らないケースがあります。

室内廊下、部屋の入口からソファーが入らないケース

室内廊下の幅・高さが狭かったり、部屋の入口の幅や高さが狭い場合、ソファーが入らないケースがあります。

廊下の曲がり角でソファーが入らない

横幅が180㎝以上あるソファーは、廊下の曲がり角でソファーを斜めに倒したり、回転させることが出来ない事があり、通れないケースがあります。

引越しの際にソファーの分解・解体が必要になるケース

ソファーの種類によっては、何度でも分解・解体が可能な組み立て家具もあれば、一度、組み立てたら分解・解体することが想定されていないソファーもあります。

また引越し先の状況によっては、先ほどに紹介したように玄関、階段、エレベーター、廊下などからソファーが入らなくて、分解・解体をして搬入する必要がでるケースもあります。

引越しの際にソファーの分解・解体は、必ずしも必要なものなの?

ソファーの分解・解体が必要かどうかは、ケースバイケースです。

ここでは、ソファーの分解・解体がどのようなケースが必要でどのようなケースが必要ないか?を紹介していきます。

何度でも分解・解体・組み立てが出来るソファーは引越しの際は分解・解体する

参照:Rakuten

参照:Rakuten

上記画像のように自由に組み替えが出来たり、何度でも分解・組み立てが出来る設計がされているソファーは、引越しの際に分解や解体が必要になります。

何度でも分解・組み立てが出来る設計がされているソファーの場合は、引越しの際の搬出・搬入がしやすいように設計がされているので、接続面は、頑丈な作りにはなっていません。

ですので、引越しの際に分解・解体しないままでソファーをトラックに載せると、移動時の揺れなどで、壊れやすくなってしまうのです。

玄関・階段・エレベーターなどから入らない場合は、分解・解体する

参照:これが気になるのよ

引越しの際の搬出・搬入時に玄関・廊下・エレベーターなどからソファーが入らない事があります。

もし玄関・廊下・エレベーターなどからソファーが入らなくて、ソファーの分解・解体が可能なら、引越しの際に分解・解体をする事があります。

何度でも分解・解体・組み立てが出来る設計がされていないソファーの場合でも、ソファーの脚の部分やアームレストや背もたれの部分を固定しているネジを外して、ソファーを分解・解体してコンパクトにすることが出来ます。

ニトリのソファーの引越しの際の分解・解体について

参照:ニトリ

ニトリのソファーの場合は、ほとんどの場合が何度も組み立て・分解・解体が可能な設計になっているので、引越しの際は、分解・解体して運ぶ事があります。

ただし、ソファーによっては、木ネジや接着材を使った組み立て式のソファーの場合は、分解・解体が出来なかったり、引越しの際に破損しやすいリスクがあるので、ニトリのソファーの運搬を断る引越し業者もあります。

引越し業者によっては、ソファーの状態や現場の状態を把握した上で分解・解体せずに運んでくれる場合もあります。

IKEAのソファーの引越しの際の分解・解体について

参照:IKEA

IKEAのソファーは、一度組み立てると、分解・解体をする事で強度が弱くなってしまいます。

なぜなら、引越しする為にソファーを分解・解体することが想定されていないからです。

もし一旦解体したソファーを再組み立てした場合、ネジ穴やパーツに設計以上の隙間が出来てしまうので、引越しの際に分解・解体はしない方が良いです。

どうしてもIKEAの家具を分解・解体したい場合は、説明書をよく確認した上で分解・解体をしましょう。

引越し業者によっては、IKEAのソファーの運搬を断る業者もあるので、引越しの際には、事前にIKEAのソファーがある旨を伝えるようにしましょう。

IKEAのソファーの引越しって何かと大変なんだね。

引越し時にソファーの分解・解体が必要になるケース

何度でも分解・解体・組み立てが出来るソファーは引越しの際は分解・解体する

玄関・階段・エレベーターなどから入らない場合は、分解・解体する

ニトリのソファーは、分解・解体する事が多い

IKEAのソファーは、分解・解体が難しい

引越し業者は、ソファーの分解・解体・組み立てはしてくれるの?

引越しの際に組み立て式のソファーの場合は、分解・解体の必要性が出てきたり、引越し先の2階の部屋にソファーを搬入する際に分解・解体する必要性が出てくる場合があります。

またニトリのソファーは、分解してから引越しをする場合もありますし、IKEAのソファーも解体してから引越しをしなければならないケースも出てきます。

引越しの際のソファーの分解・解体は、引越し業者でしてもらえるものなの?それとも自分でしないといけないの?

何度でも組み立て・分解・解体が可能なソファーの場合は、引越し業者の方でしてもらえますが、IKEAのソファーなどのように引越し業者が解体を断るケースもあります。

順番に詳しく紹介をしていきます。

組み立て直しが出来るソファーは、引越し業者が分解・解体・組み立てをしてくれる

梱包サービスのメリット

何度でも組み立て・分解・解体が可能な組み立て式のソファーは、引越しの際に引越し業者が基本料金内で、ソファーの分解・解体をしてくれます。

引越し先にソファーを搬入をした後の組み立てに関しては、自分で組み立てをするのが基本ですが、オプション料金を支払う事で引越し業者の方で組み立て作業もしてもらう事が出来ます。

memo

ソファーの組み立て・分解・解体の料金は、引越し業者によって様々なので、見積もりの際にきちんと確認をしておくようにしましょう。

組み立て直しが出来ないソファーは、引越し業者が組み立て・分解・解体をしてくれない事が多い

IKEAのような組み立て式のソファーは、一度、組み立てをしてからの解体は想定されていない設計になっているので、引越し業者に解体・分解の依頼をしても、ほとんどの場合が対応してもらえません。

無理に分解・解体をする事で引越し先で組み立てをした際に後々にソファーが簡単に壊れてしまうリスクがあるので、引越し業者は、分解・解体を請け負うことを断るケースが殆どです。

自分でソファーを分解・解体したとしても、引越し先で壊れるリスクがある事には変わりはないので、補償はしてもらえない事を了承した上でしか、ソファーを運んでもらえないケースが多いです。

引越し業者にソファーの運搬を断られてしまったけど、もしどうしても引越し先にソファーを解体・分解を業者に依頼して運びたい場合は、以下のサービスを確認してみて下さい。

参照:カグッコシ

一体型のソファーは、引越し業者が分解・解体してくれない事が多い

組み立て式のソファーではなく一体型のソファーの場合は、基本的に分解・解体する事が難しいので、引越し業者に依頼しても断わられるケースが多いです。

引越しの際に必要に応じてソファーのクッションや脚の取り外しくらいをする程度で後は、分解・解体をせずに運搬をする事が殆どです。

もし一体型のソファーが玄関・廊下・階段から入らなくて分解・解体も出来ない場合は、後ほど紹介する吊り上げ作業によってソファーを搬入します。

引越し業者のソファーの分解・解体の対応

組み立て直しが出来るソファーは、引越し業者が分解・解体・組み立てをしてくれる

組み立て直しが出来ないソファーは、引越し業者が組み立て・分解・解体をしてくれない事が多い

一体型のソファーは、引越し業者が分解・解体をしてくれない事が多い

IKEAのソファーを自力で解体した場合、補償をしてもらえない

IKEAのソファーは、専門の家具配送業者に依頼すると良い

ソファーの分解・解体の方法

ソファーの分解・解体を引越し業者に断わられたけど、分解・解体しないと引越し先に搬入出来ない場合は、自力でソファーの分解・解体をするという方法があります。

特にIKEAやニトリなどの組み立て式のソファーの場合は、一度組み立てたソファーを分解・解体して、再組み立てが可能です。

ただし、IKEAのソファーは、再度、組み立てをした場合は、壊れやすいリスクがあるので、それでも自己責任で分解・解体をしたい場合は、トライしてみると良いでしょう。

ここでは、組み立て式ソファーの分解・解体方法と一体型ソファーの解体方法を紹介します。

組み立て式ソファーの分解・解体方法

参照:これが気になるのよ

ここでは、IKEAやニトリなどの組み立て式ソファーの分解・解体方法を紹介します。

組み立て式ソファーの分解・解体のポイント

説明書を準備し、スマホで完成の写真を撮っておく

工具を準備する

パーツごとに分解・解体する

説明書を準備し、スマホで完成の写真を撮っておく

ソファーの組み立ての説明書を残している場合は、組み立ての流れを確認し、逆の流れで分解・解体が出来るので、確認をしておきます。

また、スマホでソファーの組み立て完成の写真を様々な角度から撮っておき、どのパーツとどのパーツがどのようにして結合されているのか?を残しておきます。

工具を準備する

ソファーを組み立てた時に使った工具(六角レンチやドライバー)を残している場合は、同じ工具を使うことでスムーズに分解・解体が出来ます。

もしない場合は、ソファーのネジのサイズを確認した上でホームセンターに行って、ドライバーや六角レンチを購入して準備しておきましょう。

パーツごとに分解・解体する

参照:3brothers house

組み立て式ソファーのパーツの構成としては、背もたれ部分、アームレスト部分(肘掛け)、底面で構成されている事が多いです。

そして、パーツごとを接続しているのが、ネジ、ボルト、ナットなどで固定されています。

このパーツごとを固定しているネジ、ボルト、ナットを外す事でパーツごとに分解・解体することが出来ます。

参照:オカベ坊やの宿

ソファーを倒して、アームレスト(肘掛け)を固定しているネジを外すことで、ソファーの両側のアームレストを分解する事が可能です。

参照:オカベ坊やの宿

次にソファーの背もたれ部分と底面部分を固定しているネジ、ボルト、ナットなどを外す事でソファーの背もたれ部分と底面部分を分解する事が可能です。

このような流れでソファーのパーツごとを固定しているネジ、ボルト、ナットを外し、パーツごとにコンパクトにする事で引越し先の玄関・廊下・階段などの搬入が可能になります。

引越し先でソファーを組み立てる時は、説明書を確認したり、分解・解体前にスマホで撮っておいた写真を確認しながら組み立てをしていくと良いでしょう。

一体型ソファーの解体方法

参照:M-DIAY

古くなった一体型のソファーを引越しを機に処分する事を検討する事もありますよね。

通常は、ソファーは、粗大ごみとして処分するのですが、大きくて重たいので、粗大ごみとして処分するのもなかなか大変です。

また粗大ごみとして処分する場合は、指定の日、指定の場所、回収の時間までにソファーを出しておく必要があります。

急遽、引越しが決まって、ソファーが処分出来る指定の日まで待てない場合は、解体してコンパクトにすることで普通のゴミとして処分する事が出来ます。

ソファーを解体することで指定の日までに普通のゴミとして処分出来たり、粗大ごみのように手数料がかからなくて済むというメリットがあります。

ソファーを解体するのは面倒だけど、やってみる価値はあるんだね。

それでは、一体型ソファーの解体方法、解体のポイントを紹介していきましょう。

一体型ソファーの解体のポイント

解体する道具を準備する

布を剥ぎ取る

クッション材を取り出す

ソファーの中の骨組みを解体する

解体する道具を準備する

一体型のソファーを解体する際は、以下の道具を準備しておくと良いです。

  • ノコギリ
  • カッター、ハサミ
  • ニッパー
布を剥ぎ取る

参照;YouTube

ハサミやカッターでソファーの布を切り、布を剥ぎ取っていきます。

クッション材を取り出す

参照;YouTube

ソファーの布を剥がしたら、中にあるクッション材を取り出します。

ハサミやカッターなどを使ってクッション材を切りながらやると、取り出しやすいです。

ソファーの中の骨組みを解体する

参照;YouTube

クッション材が取り出せたら、次は、ソファーの中の骨組みの部分を解体します。

骨組みが木材で出来ている場合は、ノコギリで切っていき、細かく解体していきます。

骨組みが鉄製で出来ている場合は、ノコギリで切ることは、難しいですが、硬いとろこに打ち付けて体重を乗せながら脚でぐいっと骨組みを曲げる事が出来るて、コンパクトにすることが出来る場合もあります。

以下のYouTubeの動画も参考にしてみて下さい。

ソファーが分解・解体が出来なくて入らない・搬入出来ない場合の対処法

ソファーが一体型で分解・解体せずに引越し先の玄関・階段・廊下などから入らない場合は、どうしたら良いの?

引越し業者にクレーンによる吊り上げ作業や人力による手吊り作業をしてもらうという方法があります。

引越し業者は、ソファーを運ぶだけでなく、ソファーの吊り上げ作業も請け負ってもらえます。

参照:プレミアムストレージサービス

クレーン車やユニック車を使って2階のベランダや窓から搬入したり、専用のロープなどを使って人力でソファーを2階の部屋の窓から搬入することで、大きなソファーを分解・解体しなくても搬入する事が可能です。

ソファーのクレーン・ユニック車・昇降機による吊り上げ作業、人力による手吊り作業に関しては、下記記事をご確認下さい。

ソファーの分解・解体やIKEAやニトリのソファーの引越し料金の格安業者の見つけ方

ソファーのみの引越しであったり、ソファーの分解・組み立てを引越しの際に業者に全てしてもらいたい場合であったり、IKEAやニトリの組み立て式ソファーの引越しの場合は、どのような引越し業者に依頼すれば良いのでしょうか?

引越し業者によっては、ソファーの分解を無料で対応してくれる業者もありますし、IKEAやニトリのソファーの引越しは、断る業者が多いです。

また引越し業者によっては、ソファーの分解の追加料金がかかったり、ソファーの吊り上げが必要になった際に料金が高く設定される場合があります。

つまり、ソファーの引越しと言っても、分解や組み立てが必要なのか?吊り上げが必要なのか?IKEAやニトリのソファーなのか?などの状況によって、引越し業者の対応も違いが出てきますし、ソファーの引越し料金にも違いが出てきます。

ソファーの引越しの置かれている状況によって最適で格安な引越し業者を探すには、一社のみに相談したり、見積もりを依頼するよりも複数社に相談したり、相見積もりを取ることが大切です。

最低3社以上に相談や見積もりを取る

ソファーの引越しを状況に合わせて最適な業者に依頼したり、引越し費用を安く抑えたいなら、最低3社以上に相談したり、相見積もりを取った方が良いです。

引越し料金というのは、定価というものがなく、複数の引越し業者から相見積もりを取ることで、値引き交渉が出来たり、業者間の価格競争が起こり、費用が安くなることが普通にあります。

また、ソファーの分解やソファーの吊り上げなども必要であれば、尚更、3社以上に相談して、安心して依頼できそうな業者を比較して選ぶ事も大切です。

複数の業者に相談したり、見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒だし、一つ一つの業者に建物の状況やソファーの大きさなどを伝えるのも面倒だね。

複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービスが実はあります。

引越し一括見積もりサイトを利用する

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域のソファーの分解・組み立てを含んだ引越しやソファーの吊り上げを請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、ソファーの引越しが安くなりやすい引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、ソファーの引越しを安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のソファーの引越しを請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

ソファーの引越しにオススメの一括見積もりサイト2選!

ソファーの引越し料金の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のソファーの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ソファーの分解と引越し」などと入力をしましょう。

以下にソファーの分解と引越しの見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 【知らなきゃ損する!】ソファーの吊り上げ料金の格安業者を探す方法

  2. ソファーの移動・運搬の引越し業者、便利屋の料金相場を比較!

  3. ソファーベッドの引越し料金相場はいくら?単身パックでも可能!

  4. ソファー 引越し

    ソファーの引越し料金を安くしたいあなたへ!奥の手教えます

  5. 注目!ソファーの階段の運び方・移動方法・搬入・降ろし方のコツ

  6. 注意点は?単身パックでソファーは運べる?運べない場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP