家具の移動、引越し

【解決!】ベッドの移動料金の相場は?格安業者の見つけ方

ベッドには大きさが様々なタイプがあります。

シングルサイズは、比較的小さいですが、一人暮らしでシングルサイズのベッドを模様替えで移動させるのは、女性であれば、なかなか大変です。

ダブルベッドやクイーンベッドを1階から2階へ移動させるのは、なかなか大変な作業です。

ベッドを通販で購入したものの階段が通らなくて、2階の部屋に搬入させるのができない場合もあったりします。

ベッドの移動は、便利なグッズを使えば、1人で自力で移動させることも可能です。

また場合によっては、ベッドの移動を業者に依頼しなければいけないケースも出てきます。

このページでは、ベッドを自力で移動させる方法、ベッドの移動を業者に依頼するときの料金の相場などを詳しく紹介していきます。

目次

ベッドのサイズの種類と移動

参照:VENUS BED

ベッドには、1人で寝るタイプや2人で寝るタイプなど様々な大きさの種類があります。

ベッドの大きさによって、自力で移動できる場合もあれば、業者に依頼する必要が出てくる場合もあります。

また、ベッドが大きければ、玄関の階段やドアを通ることができなくて、クレーンによる吊り上げ作業が必要になる場合もあります。

以下にベッドのサイズごとに、大きさの詳細や移動や搬入について紹介します。

シングルベッド

参照:TOKYOinterior

シングルベッドの一般的なサイズは、横幅97㎝×長さ195㎝になります。

シングルベッドは、主に一人暮らしの方が利用していることが多いでしょう。

シングルベッドは、サイズが小さいのでドアや階段、廊下の移動も比較的容易にしやすいですし、自力での移動も大人2人か3人いれば、出来る事が多いでしょう。

セミダブルベッド

参照:BED STYLE

セミダブルベッドの一般的なサイズは、横幅120㎝×長さ195㎝です。

シングルベッドよりは、横幅が20㎝ほど大きくなっている分、廊下や階段の移動は多少困難になってきます。

部屋の模様替えで少し移動させる程度であれば、自力の移動も比較的容易にできます。

ダブルベッド

参照:NEST DESIGN

ダブルベッドの一般的なサイズは、横幅140㎝×長さ195㎝です。

シングルベッドと比べて、横幅が40㎝ほど大きくなるので、ベッドフレームは分解できれば、移動は比較的容易にできるでしょう。

しかしマットレスの移動が困難で階段を通れないケースも出てきます。

自力での移動が困難であれば、業者に依頼した方が良いでしょう。

クイーンベッド

参照:VENUS BED

クイーンベッドの一般的なサイズは、横幅160㎝×長さ195㎝になります。

シングルベッドと比べて横幅が60㎝も大きくなるので、部屋の模様替えで移動させるだけでも困難です。

部屋の模様替えや1階から2階への移動が必要な場合は、業者に依頼した方が良いでしょう。

キングベッド

参照:NEST DESIGN

キングベッドの一般的なサイズは、横幅180㎝×長さ195㎝になります。

キングベッドはかなり大きくなるので、吊り上げ作業が必要なケースが多くなります。

部屋の模様替えや1階から2階の移動が必要な場合は、業者に依頼すると安全です。

2段ベッド

参照:わくわくランド

2段ベッドの一般的なサイズは、横幅97㎝×長さ195㎝になります。

分解可能な2段ベッドも多いですが、収納スペースを確保した2段ベッドは、分解に手間がかかるので、業者に依頼して移動してもらった方が楽なケースも多々あります。

ソファーベッド

参照:ニトリ

ソファーベッドにも様々なタイプがあり、シングルベッドくらいのサイズであれば、移動も自力で行う事が可能です。

しかし、セミダブル・ダブルサイズのシングルベッドで分解ができないタイプは、業者に依頼した方が良い場合があります。

ベッドの移動・運搬を業者に依頼するケース、自力で出来るケース

ベッドの移動や運搬が大変なケースと言うのは、意外と多くあります。

移動や運搬が大変なので、業者に依頼した方が良いケースもあれば、自分で移動が出来るケースもあります。

では、どんなケースが業者に依頼した方が良くて、どんなケースが自力でも出来るケースなのか?を紹介します。

ベッドの移動・運搬を業者に依頼した方が良いケース

参照:THE WESTN OSAKA

ダブルベッド、クイーンベッド、キングベッド、2段ベッド、ソファーベッドなどサイズが大きくて重量もあり、持ち運ぶのが大変なベッドの場合は、業者に依頼した方が良い場合があります。

大きなベッドは、ベッドフレームが分解出来たり、マットレスが折りたたみや分割出来るタイプもあるので、2人で移動出来たりもしますが、分解が手間暇かかるので、時間があまりない人は、業者に依頼した方が良い場合があります。

また、ベッドフレームやマットレスが分解や折りたたみできない場合は、業者に依頼すれば、プロがベッドを傷つけることなく、安全に移動してもらえます。

また、ベッドの移動を誰も手伝ってくれる人がいなくて、1人でしなければいけない場合、ベッドを持ち運べる体力に自信がない女性の場合、高齢者の場合も無理をせず業者に依頼した方が良いでしょう。

1階から2階へ階段を通ってベッドを移動させたい場合、慣れていなければ、怪我をしてしまったり、壁を傷つけてしまったりする場合もあるので、このような場合も業者に依頼する事をお勧めします。

ベッドが階段や玄関を通れなくて、クレーンによる吊り上げ作業や人力による吊り上げ作業が必要な場合も業者に依頼した方が良いでしょう。

ベッドの移動・運搬を業者に依頼した方が良いケース

ベッドの分解などに時間を割ける時間の余裕がない場合

ベッドフレームやマットレスが分解、折りたたみ出来ない場合

ベッドの移動を一人でしなければいけない場合

ベッドを1階から2階へ移動させる場合

階段や玄関をベッドが通れなくて吊り上げ作業が必要な場合

ベッドの移動を自力で出来るケース

ベッドの移動・運搬を業者に依頼する場合、どうしても費用がかさばってしまいます。

できるだけ費用を抑えたいな。

ベッドの移動や運搬を自力でできるケースは、ベッドフレームが簡単に分解できたり、マットレスが折りたたみや分割が出来て、1人か2人で持ち運べるぐらいの大きさにコンパクトになる場合は、可能です。

ベッドがコンパクトになるなら、1階から2階への移動も自力で可能でしょう。

また、ベッドような大きな家具を移動させる便利なグッズ(キャリーつきらくらくヘルパーセット、カグスベールなど)がいくつかあります。

便利なグッズを使って同じ室内間ぐらいの移動であれば、1人か2人でベッドを移動させることができる場合もあります。

ベッドの移動・運搬を自力で出来るケース

ベッドフレームやマットレスが分解、分割出来てコンパクトになる場合

ベッドの移動を便利なグッズを使って同じ室内に移動させる場合

ベッドの移動・運搬を引越し業者に依頼する場合

引越し業者は、引越しに関する業務だけでなく、ベッド1点のみの運送やベッド1点のみの家内の移動も対応しています。

また、ベッドを通販で買ったものの、玄関や階段から搬入出来なくて、配送業者に搬入を断られた場合、引越し業者に依頼すれば、人力による吊り上げ作業やクレーンによる吊り上げ作業で1階の窓や2階の窓やベランダからベッドの搬入作業もしてくれます。

例えば、ヤマトホームコンビニエンス、アート引越センター、日通、サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、アーク引越センター、ダック引越センター、ハトのマークの引越センターなどでは、「家具移動サービス」などのようなサービス名でベッド1点からの移動を対応してくれます。

引越し業者は、保険対応もきちんとしていますし、建物の養生も手馴れていますので、ベッドの移動を依頼するのも安心できます。

ベッドの移動料金の相場(引越し業者)

 料金
1名で室内の移動5,000円~10,000円
2名で室内の移動7,000円~12,000円
3名で室内の移動8,000円~15,000円
2名で階段を使って移動8,000円~15,000円
3名で階段を使って移動10,000円~18,000円
2名による手吊り10,000円~25,000円
3名による手吊り12,000円~35,000円
4名による手吊り15,000円~45,000円
2tユニックで吊り作業15,000円~30,000円
大型クレーンで吊り作業60,000円~100,000円
荷揚げ機で吊り作業10,000円~25,000円

ベッドの室内移動やベッドの1階から2階への移動の料金は、引越し業者によって様々です。

例えば、ヤマトホームコンビニエンスの場合は、家具1点の移動の料金が6,000円~というようにホームページに記載されている引越し業者もあれば、サカイ引越センターのように費用が表示されてない引越し業者もあります。

引越し業者は、引越し費用やベッドの移動費用など、定価が決まっていないことが多く、暇な時期であれば、安くしてもらえますし、忙しい時期であれば、費用が高くなる事が多いです。

ですので、ベッドの移動を引越し業者に依頼する場合は、必ず相見積もりを取って費用を比較するようにしましょう。

ベッドが階段を通れず、ベッドの吊り上げや吊り下げが必要になり、作業員が増える場合は、もっと費用が高くなることがあります。

ベッドの人力による吊り上げ作業やクレーンによる吊り上げ作業に関しては、下記ページをご確認下さい。

以下に、大手引越し業者にベッドの移動を依頼した場合の詳細を紹介します。

ヤマトホームコンビニエンスの家具・家電移動サービス

参照:ヤマトホームコンビニエンス 家具・家電移動サービス

ヤマトホームコンビニエンスは、「家具・家電移動サービス」を提供しています。

他の引越し業者と違って、ベッドの移動料金、分解や組み立てが必要な場合の料金がいくらという事がホームページにきちんと記載されています。

ただし、はっきりとした金額は、ヤマトホームコンビニエンスに問い合わせをして確認をしましょう。

ヤマトホームコンビニエンスの家具・家電移動サービスの費用
 料金
家財1点の移動6,000円(税抜)~
家財2点目以降
1点あたりの移動
3,000円(税抜)~
家具の分解3,000円(税抜)~
家具の組立4,500円(税抜)~
中身の出し入れ5,000円(税抜)~

ベッド1点の移動であれば、6,000円から請け負ってもらえます。

ただし、ベッドの2階への吊り上げ作業や2階から1階への吊り下げ作業が必要になった場合は、オプション料金で10,000円の費用がかかります。

クレーンによる吊り上げ作業が必要な場合は、追加で費用がかかるののですが、正確な料金に関しては、直接問い合わせをして確認をする必要があります。

ヤマトホームコンビニエンスの家具・家電移動サービスの注意事項

ベッドの重量が100㎏までで、スタッフ2名でベッドの移動に対応してもらえます。

それから、ベッドの移動サービスに対応してくれるのは、同じ住所の中での移動や配置換えのみになります。

アート引越センターの家具移動サービス

参照:アート引越センター 家具移動サービス

アート引越センターの場合は、過去1年以内にアート引越センターで引越しの依頼をして、部屋の模様替えの際にベッドを移動させたい場合は、無料でしてもらう事が出来ます。

ただし、無料でしてもらえるのは、1回限りで、アート引越センターに1年以内に引越しを依頼した場合に限ります。

アート引越センターの家具移動サービスの注意事項

ベッド以外にも他の家具も移動してもらえて、移動する数には制限がありません。

ただし、大型金庫、ピアノ、電子オルガン、仏壇、大型冷蔵庫などの重量物は、対象外です。

アート引越センターを過去に利用した事がない場合は?

アート引越センターに過去に引越しを依頼したことが無くて、今回、初めてベッドの移動を依頼する場合は、無料の家具移動サービスの対象外になります。

ただし、有料にはなりますが、ベッド1点のみの移動に関してもアート引越センターは請け負ってもらう事は可能です。

サカイ引越センターの家具移動サービス

参照:サカイ引越センター 6ヵ月以内の家具移動サービス

引越し業界の最大手であるサカイ引越センターもベッドの移動や配置換えのサービスを行っています。

サカイ引越しセンターの場合は、過去6ヵ月以内にサカイ引越センターに引越しを依頼した場合であれば、エッドの移動を無料でしてもらう事が出来ます。

サカイ引越センターの家具移動サービスの注意事項

サカイ引越センターの場合も注意事項があります。

サカイ引越センターに引越しを依頼して、引越しの際に1,500円の安心保証パックに加入しておけば、引越し後6ヵ月以内であればベッドの移動・配置換えを無料でしてもらうことが可能です。

サカイ引越センターは、家具移動サービスのみもしているか?

サカイ引越センターも過去に引越しの依頼をしていなくても、ベッド1点からの家具移動にも請け負ってもらう事が可能です。
ただし、サカイ引越センターのホームページでは、ベッド1点のみの移動費用の料金は公表はしていません。

日通の家具移動サービス

参照:日通 家具の配置換え

日通の場合も大きなベッドの配置換えや別の部屋への移動に対応しております。

ただし、料金に関しては、記載がされてないので、見積もりをしてもらう必要があります。

ベッドの移動を便利屋に依頼する場合

便利屋とは、ベッドの室内移動、ベッドの解体やハウスクリーニング、荷物の整理など様々な事を請け負ってくれる業者の事を言います。

便利屋も引越し業者と同様にベッド1点のみの移動にも当然対応しています。

ただ、引越し業者と違う点は、便利屋の料金体系が時間制になっている事です。

引越し業者の場合は、忙しい時期と暇な時期によって料金が変わったり、値引き交渉をしてもらえることがあるのに対して、便利屋の場合は、ベッド1点の移動料金が決まっている事が多いです。

引越し業者か便利屋かどちらが安くなるか?は見積もりを取らないと分からなそうね。

以下に、便利屋にベッドの移動を依頼した場合の詳細を紹介します。

Benryの家具移動サービス

参照:Benry 家具移動サービス

Benryは、全国展開をしている便利屋なので、どちらの地域に住んでいても、大抵の場合は、近くに支店があります。

ベッド1点から、部屋の模様替えなどに伴う大幅な移動、必要に応じてベッドの分解・組み立てまでお客の要望に応じて対応してもらえます。

ベッドや室内が傷つかないようにきちんと養生をしてくれた上で、移動作業をしてもらえるので、安心です。

ただし、ベッドの移動費用に関しては、ホームページはでは記載されていないので、見積もりをしてもらう必要があります。

便利屋!お助け本舗の家具移動サービス

参照:便利屋!お助け本舗 引越し・家具や荷物の移動

便利屋!お助け本舗の全国に260店舗以上ある全国展開している便利屋です。

便利屋!お助け本舗の場合もベッド1点のみからの移動、ベッドの解体や組み立て、荷物の梱包などに対応してもらえます。

便利屋!お助け本舗の家具移動サービスの料金
 料金
作業費 1名1時間
3,000円
以降30分毎で+1,500円
出張費 1名2,000円

まず作業費に関しては、作業員1名1時間に対して3,000円の料金がかかります。

以降30分につき追加料金が1,500円かかります。

それから出張費と言うものが1名に対して2,000円かかります。

出張費は、作業員がお客様の所へお伺いする作業の際にかかる費用になります。

例えばスタッフ2名でのベッド移動をして1時間作業した場合は、作業量3,000円+出張費2,000円×2名で合計10,000円になります。

ベッドの移動を自力でする場合

埼玉 ベッド
ベッドフレームが簡単に分解出来たり、マットレスが折りたたみや分割出来てコンパクトになる場合や部屋の模様替えで同じ室内間でベッドを移動させたい場合は、自力でベッドを移動させることも可能です。

引越し業者や便利屋にベッドの移動を依頼すれば、安くても5,000円以上はかかる可能性があるので、自力で出来るならしたいところですよね。

ベッドを自力で移動させる際に気をつける事


ベッドを自力で移動させる際に気をつけることがいくつかあります。

まず1つ目は、ベッドのフレームを分解する際は、後々の組み立てのことを考えて、完成の状態を写真を撮っておくと良いでしょう。

また、説明書が残っているなら説明書を確認しながら分解・組み立てをすることが大切です。そして分解の際にネジ等を無くさないように気をつけましょう。

もう一つ気をつけておく点は、ベッドのサイズが大きいので、ベッドや建物を傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

廊下を通る際は、廊下に傷がつかないように気をつけましょう。ベッドは重たいので、くれぐれも無理して、運ばないように気をつけましょう。

以下に便利なグッズを使ったベッドの自力の移動方法を紹介します。

毛布を使ってベッドを移動する

ベッドを動かすときに毛布を使うと意外と簡単にベッドを自力で移動させることが出来ます。

毛布を使ってベッドを移動する場合は、最低2人でする必要があります。

まず、毛布の上にベッドの四隅がしっかり収まるように乗せます。

次に1人が毛布を引っ張りながら、もう1人はベッド支えながら、2人でベッドを床を滑らせながら移動させていくイメージです。

毛布はフローリングの上だと滑りやすいので、それほど労力がかからずに、ベッドを移動させることが可能です。

ダンボールを使ってベッドを移動させる

引越しダンボール

家にダンボールがある場合は、ダンボールを使うことで、比較的簡単に室内間のベッドの移動が出来ます。

ダンボールを使ったベッドの移動方法は、ベッドの脚の下の部分にダンボール敷き、ベッドすべての脚の部分やベッドの下の四隅の部分をダンボールの上に乗せます。

ベッドの下にダンボールを敷くことで、床の上を滑らしながらベッドを移動させることが出来ます。

キャスター付きのらくらくヘルパーセットを使ってベッドを移動させる

参照:Amazon

キャスターの付いたらくらくヘルパーセットは、キャスターがついた4つの台車とテコの原理で持ち上げるリフターが付いたセットになります。

リフターでベッドの脚の部分を上げて、キャスターの付いた台車に乗せます。

ベッドの四つの脚あるいは、四つ角を全てを台車に乗せて、後は移動させたいところにベッドを移動させればオッケーです。

カグスベールを使ってベッドを移動させる

参照:Amazon

カグスベールは、大きさと形など様々なタイプのものがあります。

ベッドの脚の部分や底にカグスベールをくっつけてフローリングの上をベッドを滑らしながら移動させていきます。

ベッドを持ち上げる時に少し力がいるので、その時だけ誰かに手伝ってもらえれば、あとは女性1人でも同じ室内のベッドの移動であれば十分可能です。

ベッドの移動の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

ベッドの移動の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のベッドの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ベッドを隣の部屋へ移動」「ベッドを1階から2階へ移動」などと入力をしましょう。

以下にのベッド移動の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. ベッド・ソファー・冷蔵庫・洗濯機の引越し料金を安くしたい

  2. 机の引越し料金はどれくらい?損せず安くするには?

  3. アップライトピアノの家の中の移動方法 料金相場・格安業者は?

  4. すぐにできる!神戸のベッドの引越し費用を安くする方法

  5. テレビ台の引越し料金は?梱包や分解のコツ

  6. 大きな家具のみ 大きな家電のみ 引越し

    新生活応援します!大きな家具のみ・大きな家電のみの引越し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP