家具の移動、引越し

【必見】ベッドの配送料が安い業者は?料金相場を業者別で比較

不要になったシングルベッドを実家に送りたい。

引越しの際にベッドだけを宅配業者で配送したい。

ベッドを配送する際に着払いが可能な宅配便&宅急便を知りたい。

ベッドのを配送する際に分解や組み立ては、自分でした方が良いのか?業者の方でしてもらえるのか?知りたい。

ダブルベッドだけを送れる一番安い方法を知りたい。

ベッドをいざ配送しようと検討した際に様々な疑問が湧いてくることと思います。

ベッドを配送できる宅配便&宅急便は、どの方法があるのか?ご存知ですか。

いくつかの選択肢がある中であなたの状況にあった方法を選択するかどうかで配送料金は高くもなりますし、高い方法と比べると半額近く安く出来る事も可能です。

自分にあったベッドの配送方法を事前に知っておく事は、大切なんだね。

このページでは、ベッドの配送を半額近く安くする方法、ベッドの配送の際の分解・解体・組立方法、ベッドが送れる宅急便&宅配便、ベッドの着払いなどについて詳しく紹介させて頂きます。

目次

ベッドの種類、サイズを把握しよう

ベッドには、シングルベッド、セミダブルベッド、ダブルベッド、クイーンベッドなど様々なサイズの種類があります。

他にも折りたたみベッドや2段ベッドなど様々な種類のベッドがあります。

ベッドを配送してもらう場合、ベッドの種類、サイズや重量、配送距離、どの業者に依頼するか?などの要因で料金は、違ってきます。

また、殆どのベッドは、配送の際にベッドフレームを解体して、配送先で組み立てをする必要があります。

ここでは、ベッドの種類やサイズ、解体や組み立ての必要性などについて紹介させて頂きます。

折りたたみ式ベッド

参照:gooランキング

折りたたみ式ベッドは、折りたたんでコンパクトにする事が出来るので、配送の際に解体・分解することは、殆どありません。

折りたたみ式ベッドは、ベッドの中でもコンパクトなので、配送料金も他のベッドと比べると、安くなりやすいです。

折りたたみ式ベッドの場合は、梱包サイズは、縦・横・高さの3辺の合計が201~250cmくらいを目安にして配送する事が可能です。

2段ベッド

参照:わくらくランド

2段ベッドは、子供サイズになっている事が多いので、解体をすれば、シングルベッドやセミダブルベッドより、コンパクトに収まり、配送料金も安く抑えられる事があります。

コンパクトな2段ベッドであれば、解体した後の梱包サイズは、縦・横・高さの3辺の合計が251~300cmくらいを目安にして配送する事が可能です。

シングルベッド

参照:SWEETDECORATION

シングルベッドの場合は、ベッドフレームを解体した状態でマットレスも合わせてた梱包サイズは、縦・横・高さの3辺の合計が301~350cmくらいを目安にして配送する事が可能です。

シングルベッドのマットレスのサイズは、縦195cm・横100cmくらいなので、配送先の玄関や階段などを無事に通る事が出来ます。

セミダブルベッド

参照:SWEETDECORATION

セミダブルベッドの場合は、ベッドフレームを解体した状態でマットレスも合わせた梱包サイズは、縦・横・高さの3辺の合計が351~400cmくらいを目安にして配送する事が可能です。

セミダブルベッドのマットレスのサイズは、縦195cm・横120cmくらいなので、配送先の玄関や階段などを問題なく搬入出来ます。

ダブルベッド

参照:SWEETDECORATION

ダブルベッドの場合は、ベッドフレームを解体した状態でマットレスも合わせた梱包サイズは、縦・横・高さの3辺の合計が351~400cmくらいを目安にして配送する事が可能です。

ダブルベッドとセミダブルベッドの梱包時のサイズは、それほど大きく変わりません。

ダブルベッドのマットレスのサイズは、縦195cm・横140cmくらいなので、配送先の階段を通れない場合があるので、吊り上げ作業が必要になる可能性があります。

クイーンベッド

参照:IKEA

クイーンベッドの場合は、ベッドフレームを解体した状態でマットレスも合わせた梱包サイズは、縦・横・高さの3辺の合計が401~450cmくらいを目安にして配送する事が可能です。

クイーンベッドのマットレスのサイズは、縦195cm・横160cmくらいなので、配送先の玄関や階段を通れない事が多く吊り上げ作業が必要になる事も多いです。

ベッドの種類・サイズ別の配送料金の相場

ベッドの種類
折りたたみ式ベッド2段ベッドシングルベッドセミダブルベッドダブルベッドクイーンベッド
画像
3辺の合計
(梱包サイズの目安)
201~250cm251~300cm301~350cm351~400cm351~400cm401~450cm
東京~東京の配送料金3,500~10,000円7,000~18,000円8,000~28,000円13,000~40,000円13,000~40,000円16,000~50,000円
東京~大阪の配送料金4,500~11,000円7,500~19,000円11,000~30,000円14,000~42,000円14,000~42,000円18,000~55,000円
東京~福岡の配送料金5,500~17,000円11,000~30,000円17,000~45,000円20,000~60,000円20,000~60,000円25,000~80,000円

上記表は、ベッドの種類・サイズ別の配送料金の相場になります。

ベッドの配送料は、解体してから梱包した状態の3辺(縦・横・高さ)の合計サイズと配送の距離によって料金に違いが出てきます。

同じサイズのベッドで配送距離が同じであったとしても料金に大きな違いが出るのは、どの配送業者に依頼するか?によって大きな違いが出ることがあります。

ベッドの配送料金を少しでも安くしたい場合は、格安の業者を見つける事がとても大切です。

同じベッドの大きさで距離が同じでも配送料金がかなり違ってくるなんて知らなかった。

ベッドの配送前にチェックしておくこと

ベッドを配送する事が決まったら、ベッドフレームやマットレスを部屋から運び出せるか?配送先で搬入が可能か?事前に確認しておく事が大切です。

またベッドやマットレスの搬出・搬入経路となる玄関、階段、廊下、エレベーターなどのサイズも測っておくことも大切です。

事前にベッドや配送先の階段などのサイズをきちんと測っておいて、「ベッドが入らない」という事態は避けたいね。

ここでは、ベッド・マットレスや配送先の玄関、階段などの測っておいた方が良い箇所などを紹介します。

マットレスの3辺のサイズを測る

ベッドを配送する際に一番大きくなるのは、マットレスなので、マットレスの3辺(横幅、奥行き、高さ)のサイズを計測しましょう。

ダブルやクイーンサイズのマットレスの3辺のサイズは、横幅があるので、配送先の玄関や階段からの搬入が出来ない場合があります。

マットレスのサイズを計測をしておいて、配送先のエレベーター、玄関、階段などを通れるか?を事前に把握しておくようにしましょう。

ベッドフレームに関しては、配送前に解体するので、マットレスよりはサイズが小さくなるので、事前にサイズを測る必要は、ありません。

配送元、配送先の搬出経路・搬入経路のサイズを測る

続けて、ベッドの配送元・配送先の搬出経路・搬入経路を事前に測っておきましょう。

測っておいた方が良い場所は、以下になります。

ベッドの搬出・搬入経路でサイズを確認する場所

玄関

階段

廊下

室内ドア

エレベーター

順番に説明をしていきます。

玄関

玄関の横幅と高さのサイズを測るようにしましょう。

それから上記画像のようにドアを開けた際にドアノブやポストの出っ張りが障害になる場合があるので、ドアを開けた際にドアノブとポストの出っ張っている幅をドア全体の横幅から差し引くようにしましょう。

階段

一戸建ての内階段やマンションの外階段を通ってベッドを搬出・搬入する場合は、階段のサイズを計測します。

一戸建ての内階段を通る場合は、階段の踊り場でマットレスが通れるか?がポイントになるので、しっかり測るようにします。

踊り場前後の階段の横幅(手すりを差し引いた横幅)、奥行き、天井までの高さを測るようにします。

天井までの高さは、150~200cm以上あるのが望ましいです。

また螺旋階段の場合は、横幅は、120cmは必要です。

階段がL字に折れ曲がっているタイプであれば、L字に折れ曲がっている前後の階段の横幅(手すりを差し引いた横幅)、天井までの高さを測るようにしましょう。

廊下

廊下を通ってベッド・マットレスを搬出・搬入する場合は、廊下の横幅と高さを測ります。

廊下の途中で曲がり角がある場合は、曲がり角の前後の横幅を測るようにします。

室内ドア

室内のドアを通ってベッド・マットレスを搬出・搬入する場合は、室内ドアの横幅、高さをしっかりと測りましょう。

室内ドアを開けた際にドアノブの出っ張りが邪魔になってマットレスが入らない場合もあるので、ドアノブの出っ張りを差し引いた横幅も測っておきましょう。

エレベーター

高層階のマンションの場合は、エレベーターからベッド・マットレスを搬入します。

エレベーターのサイズの確認する箇所は、入口の高さ、横幅のサイズを測るようにしましょう。

エレベーターの内部の高さ、内部の横幅、内部の奥行のサイズもきちんと測るようにしましょう。

ベッド・マットレスのサイズと搬出・搬入経路のサイズの比較ポイント

搬出・搬入経路(玄関、階段、廊下、室内ドア、エレベーター)の横幅、奥行き、高さは、ベッド・マットレスの寸法より+10cmの余裕があれば、搬出・搬入が可能になってきます。

ベッドの階段の搬出・搬入の追加料金

ベッドの配送を業者に依頼する際に階段の昇り降り作業がある場合は、業者によっては、追加料金が発生する場合があります。

一戸建ての内階段の階段の昇り降り作業の場合は、1階毎に追加料金が発生する場合がありますし、エレベーターなしのマンションの外階段の階段の昇り降り作業の場合は、3階以上だと1階毎に追加料金が発生する場合があります。

ベッドの階段の昇り降り作業の追加料金の相場
 追加料金
1階昇り降りするごとに1,000円~2,000円

ベッドの階段の昇り降り作業の追加料金の相場は、上記表になります。

もし、ベッドの配送の際に階段作業が必要になる場合は、事前に業者に「階段作業の追加料金は、ありますか?」と確認をしましょう。

ベッドの分解・組み立て作業の追加料金

シングルベッド、セミダブルベッド、ダブルベッドや2段ベッドなどの場合は、配送する際にベッドフレームを分解・解体をする必要があります。

また配送先でベッドフレームを組み立てする必要もあります。

ベッドフレームの分解・解体・組み立てを業者に依頼する場合は、追加料金が発生します。

ベッドの分解・組み立て作業の追加料金の相場
ベッドの種類解体・分解組み立て
シングルベッド3,000~5,000円3,000~5,000円
ダブルベッド4,000~6,000円4,000~6,000円
クイーンベッド5,000~8,000円5,000~8,000円
鉄製2段ベッド
鉄製ロフトベッド
8,000~20,000円8,000~20,000円
木製2段ベッド
木製ロフトベッド
10,000~25,000円10,000~25,000円

ベッドの分解・組み立て作業の追加料金の相場は、上記表になります。

ベッドのサイズが大きくなったり、ロフトベッドなどのように解体や組み立て作業が複雑になるにつれて、追加料金は高くなります。

ベッドの配送料金を安くするには、ベッドの解体や組み立て作業を業者に依頼せず、自分ですれば、料金を安く抑える事が出来ます。

ベッドの吊り上げ作業の追加料金

参照:ベンリー甲府南西店

ベッドマットレスのサイズが大きくて階段や廊下を通れない場合は、ベッドマットレスを吊り上げる方法があります。

ベッドマットレスを吊り上げる場合、ロープなどを使って人力で吊り上げる方法とクレーンを使って吊り上げる方法などがあります。

ベッドマットレスを人力やクレーンで吊り上げる場合、追加料金が発生します。

ベッドの吊り上げ作業の追加料金の相場
 料金
2名による手吊り10,000円~25,000円
3名による手吊り12,000円~35,000円
4名による手吊り15,000円~45,000円
2tユニックで吊り作業15,000円~30,000円
大型クレーンで吊り作業60,000円~100,000円
荷揚げ機で吊り作業10,000円~25,000円

上記の料金相場は、あくまで目安になり、建物の状況によって変わります。

ベッドの吊り上げについて詳しく知りたい場合は、下記ページをご確認下さい。

自分でベッドの分解・解体をする場合

ベッドを配送する際に業者にベッドフレームの解体・分解・組み立てや梱包を依頼して、してもらう場合もありますが、自分で解体・分解・組み立てや梱包など全てをする場合もあります。

ベッドの配送料金を出来るだけ安くしたい場合は、自分でベッドフレームを分解・解体してコンパクトにして梱包することで安く抑える事が出来ます。

ベッドの配送料金を安く抑えたいなら自分で解体や組み立てをすると良いんだね。ただ、自分で何もかもするのは、大変。。。

ここでは、自分でベッドフレームの解体・分解の手順を紹介します。

布団、シーツ、マットレスを外す

参照:たまごごはん

まずはじめに布団、シーツ、マットレスを外します。

床板を外す

参照:YouTube

続けてベッドの床板部分を取り外します。

ヘッドボードを外す

参照:YouTube

ヘッドボードを固定しているネジを緩め、ヘッドボードを取り外します。

ベッドの脚を外す

参照:YouTube

ベッドの脚を外していきます。

ネジを緩めていくと簡単に外れる脚が多いです。

ベッドフレームを分解する

参照:YouTube

ベッドフレームを接続しているネジを緩め、ベッドフレームを分解していきます。

これでベッドフレームの分解・解体は終了です。

ベッドの分解・解体についてもう少し詳しく知りたい場合は、下記ページを参考にして下さい。

自分でベッドの梱包をする場合

ベッドの配送料金を安くするには、自分でベッドを分解・解体・組み立てをするだけではなく、梱包も自分でしてしまうと、送料を安く抑えられます。

ここでは、ベッド・マットレスを自分で梱包する方法を紹介します。

ブルーシートでマットレスを梱包する

参照:Amazon

上記画像のようなマットレス梱包用のブルーシートがAmazonや楽天、ホームセンターなどで買う事が出来ます。

大きなサイズが売っているので、マットレスをしっかり包むことが可能です。

マットレスのサイズをきちんと測った上で、包める余裕がある大きさのブルーシートを購入するようにしましょう。

ブルーシートでマットレスを包んだら、養生テープを貼ってブルーシートが剥がれないようにしっかりと固定するようにしましょう。

エアパッキンでベッド・マットレスを梱包する

参照:Amazon

上記画像のようなエアパッキン(ブチブチ)で分解・解体したベッドフレームのパーツの一つ一つを包み込み、ガムテープや養生テープでしっかりと固定します。

マットレスに関しては、ブルーシートを使わずにエアパッキン(ブチブチ)を使ってぐるぐるに巻きつけてガムテープや養生テープで固定して梱包しても良いです。

エアパッキンは、ホームセンターやAmazon、楽天などで購入しましょう。

ダンボールでベッド・マットレスを梱包する

引越しダンボール

続けて、エアパッキンで包み込んだベッドフレームのパーツをちょうど良いくらいのサイズのダンボールの中に詰め込みます。

隙間にはエアー緩衝材や新聞紙などを入れてからダンボールの蓋をしめて、ガムテープで固定すれば、梱包完了です。

参照:Amazon

ちょうど良い大きさのダンボールがない場合は、上記画像のような巻きダンボールでベッドフレームやマットレスを巻きつけて包み込み、ガムテープで剥がれないように固定して梱包する方法もあります。

巻きダンボールは、ホームセンターやAmazon、楽天などで購入しましょう。

自分でベッドの梱包は、何かと大変そうだから、出来たら業者さんに梱包はしてもらいたいね。

ベッドが配送できる業者の取り扱いサイズ、サービス内容、料金を比較

ここでは、ベッドの配送が可能な宅配便、配送業者、引越し業者などを紹介します。

ベッドを配送する際にベッドの分解・解体・組み立て・梱包などが必要になりますが、業者によっては、自分で解体など全てをしなければならない業者もあります。

業者によっては、ベッドの分解・解体・組み立ては、追加料金が必要だけど、対応してもらえる業者もあります。

また、ベッドの梱包作業に関しては、追加料金がかからずに配送してもらえる業者があります。

ベッドの解体や組み立てをしてもらいたいなら、対応可能な業者選びが必要です。

ベッドの解体・組み立て・梱包まで全てしてもらえたら、ありがたいね。

また、宅配業者、家具専門の配送業者、引越し業者など業者によって、配送料金にも大きな差が出る場合があります。

ベッドの配送は、業者ごとにそれぞれの特徴やメリット、デメリットがあるので、これから紹介させて頂く内容をよく吟味して業者選びをするようにしましょう。

飛脚ラージサイズ宅急便でベッドを配送する

参照:佐川急便

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便は、通常の宅急便では配送出来ない大きな荷物(ベッドなどの家具)を配送する事が出来るサービスです。

飛脚ラージサイズ宅急便のサービス概要
飛脚ラージサイズ宅急便のサービスの概要
取り扱いサイズ・幅、奥行き、高さの3辺の合計が
 160cm以上260cm以内
取り扱いの重量・実重量が50㎏以下
対応地域全国
基本サービス配送のみ
自分で梱包などをする必要あり
オプションサービス記載なし

ベッドをダンボールに梱包して縦×横×奥行の3辺の合計が260㎝以内で重さ50㎏以内に収まる場合は、飛脚ラージサイズ宅急便で配送が可能です。

折りたたみ式ベッドであれば、梱包した状態で縦×横×奥行の3辺の合計が260㎝以内に収まることが多いので配送可能になるでしょう。

注意点としては、スタッフ1人でトラックへの積み下ろしが不可能と判断されたベッドの場合は、対応不可になる場合があります。

ベッドを飛脚ラージサイズ宅急便での配送する場合は、自分で解体・組み立て・梱包をする必要があります。

飛脚ラージサイズ宅急便のベッドの配送料金
ベッドの梱包時のサイズ
(3辺合計)
東京~東京東京~大阪東京~福岡
200cm以内3,245円4,180円5,005円
220cm以内3,795円4,895円5,940円
240cm以内4,895円6,380円7,810円
260cm以内5,995円7,865円9,680円

ベッドを梱包した状態で縦×横×奥行の3辺の合計が260㎝以内に収まるのであれば、飛脚ラージサイズ宅急便は、一番安く配送出来る方法になります。

東京からのベッドの配送料金の算出は、以下のページを参照しています。

参照:関東発【飛脚ラージサイズ宅急便】

らくらく家財宅急便でベッドを配送する

参照:ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」は、大型家具1点から配送してもらえるサービスです。

らくらく家財宅急便のサービスの概要は、以下になります。

らくらく家財宅急便のサービス概要
らくらく家財宅急便のサービスの概要
取り扱いサイズ・幅、奥行き、高さの3辺合計が450cm以下
・最長辺が250cm以下
・天地が定められたものに関して高さが200cm以下
取り扱いの重量・実重量が150kg以下
※100kgを超える場合は作業料が別途必要
対応地域全国 ※一部の島しょ部は、引き受けできない場合あり
基本サービス梱包、搬出、配送、開梱設置、廃材回収
オプションサービス■ベッドの分解・組み立て
各追加料金:3,300円

■2段ベッドの分解・組み立て
各追加料金:4,950円

■システムベッド(ロフトベッド)の分解・組み立て
各追加料金:13,200円

■電動ベッドの分解・組み立て
各追加料金:9,900円

■家具の吊り上げ/吊り下げ(2階まで)
追加料金:10000円

■クレーン吊り上げ(提携業者作業)
追加料金は、要相談

らくらく家財宅急便では、3辺合計が450cm以下のクイーンベッドくらいまでのサイズであれば、配送が可能です。

飛脚ラージサイズ宅急便では、ベッドの梱包や配送先での設置作業は、自分でする必要がありますが、らくらく家財宅急便では、梱包、搬出、配送、開梱設置、廃材回収をしてもらえます。

また追加料金を払えば、ベッドの解体や組み立てもしてもらうことが可能です。

自分で解体したベッドフレームのパーツをそれぞれにエアパッキンとダンボールで梱包するのは、とても大変な作業になるので、梱包や設置をしてもらえるのは、ありがたいサービスだね。

らくらく家財宅急便のベッドの配送料金
ベッドのサイズ
(3辺合計)
東京都内東京~大阪間東京~福岡間
201~250cm7,535円8,855円11,935円
251~300cm10,945円12,375円16,885円
301~350cm16,555円19,525円26,235円
351~400cm23,375円26,345円34,155円
401~450cm30,195円34,265円44,825円

らくらく家財宅急便は、ベッドの横幅・奥行き・高さの「3辺の合計」と「配送先のエリア」によって決まります。

料金の算出は、以下のページにて算出しております。

参照:ヤマトホームコンビニエンス「大型家具輸送 らくらく料金検索」

梱包・発送たのメル便でベッドを配送する

参照:メルカリ 梱包・発送たのメル便

メルカリでベッドを売る場合は、メルカリの「梱包・発送たのメル便」でベッドを配送する事が出来ます。

梱包・発送たのメル便は、メルカリとヤマトホームコンビニエンスが提携しているので対応サイズ、対応重量、対応地域、基本サービスの内容は、「らくらく家財宅急便」とほぼ同じになります。

梱包・発送たのメル便の場合は、匿名配送が出来るので、出品者と購入者が、互いに名前や住所を知らせることなく取引できる点も安心出来ます。

女性には、安心のサービスだね。

梱包・発送たのメル便のベッドの配送料金
ベッドのサイズ
(3辺合計)
東京都内東京~大阪間東京~福岡間
201~250cm8,600円8,600円8,600円
251~300cm12,000円12,000円12,000円
301~350cm18,500円18,500円18,500円
351~400cm25,400円25,400円25,400円
401~450cm33,000円33,000円33,000円

梱包・発送たのメル便は、ベッドのサイズによって料金の変動はありますが、配送距離による料金の変動はなく一律です。

カンガルー特急便でベッドを配送する

参照:カンガルー特急便

西濃運輸のカンガルー特急便では、カンガルーミニ便で送れない荷物を送る事が出来るサービスです。

カンガルー特急便のサービス概要
カンガルー特急便のサービス概要
取り扱いサイズ・縦、横、高さの3辺合計が130㎝以上
(荷物1個あたり)
取り扱いの重量・実重量が20kg以上(荷物1個あたり)
対応地域全国
基本サービス開梱、組立、設置、吊り上げ等は、
引越便およびチャーター便のみでの対応

カンガルー特急便では、ベッドの梱包や設置は、自分でする必要があります。

カンガルー特急便のベッドの配送料金

カンガルー特急便のベッドの配送料金は、ベッドの重量と配送の距離によって算出されます。

実際の重量より容積重量(荷物の縦×横×高さ(メートル)×280kgで算出される重量)が大きい場合、容積重量が運賃の算出基準となります。

詳しくは、カンガルー特急便料金表(個人宅配送)をご確認下さい。

赤帽でベッドを配送する

参照:赤帽

赤帽でもベッドを配送してもらうことは可能です。

赤帽の運送車両は全て軽貨物自動車となり、そこに入る大きさの家財であれば、ベッド・マットレス1点からでも配送可能です。

赤帽のサービス概要
赤帽のサービスの概要
取り扱いサイズ・高さ140~200×奥行194㎝×幅141㎝以内
取り扱いの重量・実重量が350kg以下
対応地域全国
基本サービス配送
※依頼すれば、梱包、設置もしてもらえる
オプションサービス吊り上げ作業は非対応

赤帽の軽トラックの荷台の大きさは、奥行き194cm、幅141cmになります。

最大積載量は、350kgまでの重さであれば、運搬可能です。

赤帽の軽トラックでシングルベッドやセミダブルベッドのマットレスを配送してもらう場合は、後方のハッチを開き、マットレスを横向きにして運んでもらう事が可能です。

ダブルベッドのマットレスは、横幅が140cmになるので、後方のハッチを開き、マットレスを横向きか、斜めにしてマットレスの下に荷物を置いて固定して運んでもらう形になります。

クイーンベッドのマットレスに関しては、後方のハッチを開き、マットレスを立てた状態で、マットレスが倒れないように固定して、運んでもらう形になります。

ベッドの解体や組み立てに関しては、赤帽の中でも地域によって対応可能な場合もあれば非対応の場合もあります。

ベッドの解体や組み立てを依頼する場合は、依頼するであろ赤帽に一度連絡をして確認を取る必要があるね。

また、赤帽は、基本的に作業員一人での対応となる為、ベッド・マットレスの積み下ろしは、手伝う必要が出てくるかも知れません。

重たいベッド・マットレスの配送で積み下ろしの手伝いに自信がない場合は、作業員を一人追加して配送してもらう事も可能です。

ただし、作業員が一人増える事で、費用も高くなります。

赤帽のベッドの配送料金
時間・距離運賃・料金
作業時間2時間以内
走行距離20㎞以内
7500円~13750円
1台1行程
ドライバー1名
土曜、日曜、祝日は2割増
繁忙期1割増

赤帽の場合は、地域によって、多少の費用のばらつきがありますので、詳しい金額は直接問い合わせをしましょう。

赤帽の場合は、配送距離が20kg以内・作業時間2時間以内であれば、ベッド1点の配送は、安く配送できます。

注意点としては、配送の時間が2時間を超えたり、距離が20㎞を超える場合は追加料金が加算されるので、らくらく家財宅急便やその他の宅配便サービスと比べてかなり割高になることがあります。

赤帽は、作業時間に応じて追加料金が加算していくので、赤帽にベッドの解体や組み立て、梱包などを依頼すると、料金は、割高になっていきます。

少しでも配送費用を抑えたい場合は、ベッドの解体や組み立て、梱包などは、自分であらかじめした方が良いでしょう。

でも、ベッドの解体・組み立て・梱包を自分でするのは、何かと大変だな。

SGムービングの単品プランでベッドを配送する

参照:SGムービング

SGムービングは、佐川急便の引越し部門を担当している子会社です。

SGムービングの単品プランのサービス概要
単品プラン(SGムービング)のサービスの概要
取り扱いサイズ記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
取り扱いの重量記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送
オプションサービス記載なし

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便では、3辺の合計サイズが260cm以内でしたが、SGムービングの単品プランでは、3辺の合計サイズが260cm以上のベッドであったり、スタッフ1人でトラックの積み下ろしが不可のベッドの場合でも対応してもらえます。

単品プランでは、ベッドの梱包から設置までしてもらえます。

SGムービングの単品プランのベッドの配送料金

SGムービングの単品プランでのベッドの配送料金は、実際に見積もりを取って確認をする必要があります。

アーク引越センターの大物限定プランでベッドを配送する

参照:アーク引越センター

引越し業者のアーク引越センターでは、大型家具・家電だけお運んでくれる「大物限定プラン」というサービスがあります。

通常のベッドだけでなく、2段ベッドやシステムベッドなどでもアーク引越センターの「大物限定プラン」で配送する事が可能です。

アーク引越センターの大物限定プランのサービス概要
単品プラン(SGムービング)のサービスの概要
取り扱いサイズ記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
取り扱いの重量記載なし
一人では運べない大型家具・大型家電が対象
対応地域全国
基本サービス梱包、搬出、輸送
オプションサービス記載なし

大物限定プランでは、ベッドの梱包・搬出・配送・設置まで対応してもらえますが、こちら側の要望でベッドの解体や組み立てもしてもらう事が可能です。

ベッドの解体や組み立てを依頼する場合、追加料金は、かかります。

アーク引越センターの大物限定プランのベッドの配送料金

アーク引越センターの大物限定プランでのベッドの配送料金は、実際に見積もりを取って確認をする必要があります。

キタザワ引越センターの一発予約家財宅急便、全国家財宅急便でベッドを配送する

参照:キタザワ引越センター

キタザワ引越センターでは、一発予約家財宅配便や全国家財宅急便というサービスを利用することでベッド1点の配送に対応してもらえます。

キタザワ引越センターの一発予約家財宅急便、全国家財宅急便のサービス概要
発予約家財宅急便、全国家財宅急便
(キタザワ引越センター)のサービスの概要
取り扱いサイズ記載なし
大型家具・大型家電が対象
取り扱いの重量記載なし
大型家具・大型家電が対象
対応地域・首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)
・中京圏(愛知・岐阜・三重)
・関西圏(大阪・京都・兵庫)
・九州圏(福岡・佐賀)
基本サービス・簡易梱包、配送、設置
オプションサービス・分解・組み立ては、オプションサービスで対応
・古い家具や家電の引き取り、回収
・家具や家電の買い取り、個人のオークション代行

一発予約家財宅配便では、一人で運ぶことが困難なベッドなどを運んでくれるサービスで、梱包・搬出・配送・設置までしてもらえます。

全国家財宅急便では、トラックをシェアする混載便によって、ベッド1点からの配送を安くでしてもらえるプランになります。

全国家財宅急便の場合も梱包・搬出・配送・設置までしてもらえるので、自分でベッドを梱包する必要はありません。

ベッドフレームを分解・解体・組み立てをしてもらいたい場合は、オプションサービスになりますが、頼めば対応してもらえます。

キタザワ引越センターの全国家財宅急便のベッドの配送料金
机のサイズ

東京都内東京~大阪間東京~福岡間
シンブルベッド8040円11560円16840円

キタザワ引越センターの「全国家財宅急便」はベッドのサイズ【何㎥(幅×奥行き×高さ)】と移動距離によって価格が変動します。

ベッドの配送は、キタザワ引越センターの「全国家財宅急便」も格安で配送できる方法の一つです。

料金の算出は、下記ページからしています。

参照:キタザワ引越センター「全国家財宅急便」簡易料金見積

ムービングエスの小口引越しプランでベッドを配送する

参照:ムービングエス

ムービングエスでは、単身の引越し、家族の引越しやベッド1点のみの家具の配送などを専門にしている引越し業者です。

ムービングエスの小口引越しプランのサービス概要
ムービングエスの小口引越しプランのサービスの概要
取り扱いサイズ・高さ205㎝×奥行192㎝×幅147㎝以内
・容量:5.5立方メートル以内
取り扱いの重量・実重量が350kg以下
対応地域・北海道
・東北(青森、秋田、岩手、宮城)
・南関東(東京、神奈川)
・九州(福岡、宮崎)
基本サービス梱包・搬出・配送・設置
オプションサービス家具の解体、組み立て、処分、吊り上げ等は要問合せ

ムービングエスの小口引越しプランでは、ベッド1点からの配送に対応しています。

ムービングエスの小口引越しプランは、赤帽と同じように軽トラック便なので、ダブルベッドやクイーンベッドでも配送が可能です。

ムービングエスの小口引越しプランのベッドの配送料金

ムービングエスの小口引越しプランでは、ベッド1点の配送を8,000円~で対応しています。

8,000円~(距離によって料金は変わる)となっているので、ベッドの配送の距離が近い場合は、「らくらく家財宅急便」と比べると安くなります。

ベッドフレームの解体や組み立ては、依頼すれば、追加料金がかかりますが、対応してもらえます。

株式会社TPOの家具配送.comでベッドを配送する

参照:家具配送.com

家具配送.comは、株式会社TPOという引越し業者が提供している家具の配送サービスです。

株式会社TPOの家具配送.comのサービス概要
株式会社TPOの家具配送のサービスの概要
取り扱いサイズ・高さ200、幅180までの家具まで
取り扱いの重量・実重量が350kg以下
対応地域
全国
※荷物引き取りが可能なエリアは、
 東京都内、千葉県、神奈川県、埼玉県
 
基本サービス梱包・搬出・配送・設置
オプションサービス■家具の分解・組み立て
追加料金:2,000円
※1時間以内の家電家具の組み立て
※イケア組立家具は作業割増5250円がプラス

■家具の不用品引き取り

家具配送,conは、軽トラック1台と作業員1名でのサービスになります。

赤帽やムービングエスの小口引越しプランと同じように軽トラック便になるので、クイーンベッドまでの大きさなら配送可能です。

株式会社TPOの家具配送.comのベッドの配送料金
ベッドのサイズ
東京都内
組立シングルベット7350円
ソファーベット7350円
補助が必要でお客側の手伝い無しの場合は
作業助手+6,300円
分解組み立て1,050円
介護ベット
イケア組立ベット
作業割増5,250円

ソファーベッドや大型のベッドの場合で積み下ろしの作業補助も依頼する場合は、+6,300円でしてもらえます。

費用を抑えたければ、積み下ろしを手伝うことで追加料金がかからずにしてもらえます。

東京都内間のベッドの配送料金は、他の業者と比べても格安でしてもらえます。

ベッドの配送を業者別で比較

ベッドの配送方法を業者別で紹介させていただきました。

実際に色んな業者がある中で自分にとって最適な業者がどこか?沢山の選択肢があるので、分かりにくくなってきた。

確かにそうですね。沢山の業者があると、逆に選ぶのが大変になってきますね。

という事で次は、ベッドの配送料金やサービスの違いを出来るだけ分かりやすくなるように業者別で比較してみました。

ベッドの配送方法の業者別比較表

横にスクロールできます→

 利用できる人サイズ重量基本サービス近距離の配送費用遠距離の配送費用値引き交渉
飛脚ラージサイズ宅急便誰でもOK3辺の合計
160cm以上260cm以内
50㎏以下
梱包、設置は
自分でする必要がある
らくらく家財宅急便
(ヤマトホームコンビニエンス)
誰でもOK3辺の合計
450㎝以内
150kg以下
梱包、搬出、配送、
開梱設置、廃材回収
🔺
梱包・発送たのメル便
(メルカリ)
メルカリで
売った人だけ
3辺の合計
450㎝以内
150kg以下
梱包、搬出、配送、
開梱設置、廃材回収
🔺
カンガルー特急便誰でもOK3辺の合計
130㎝以上
20kg以上
梱包、設置は
自分でする必要がある
赤帽誰でもOK高さ140~200
奥行194㎝
幅141㎝以内
350kg以下🔺
作業員一人なので
手伝う必要がある
単品プラン
(SGムービング)
誰でもOK記載なし記載なし
梱包、搬出、輸送
要見積もり要見積もり
大物限定プラン
(アーク引越センター)
誰でもOK記載なし記載なし
梱包、搬出、輸送
要見積もり要見積もり
一発予約家財宅急便
全国家財宅急便
誰でもOK記載なし記載なし
簡易梱包、配送、設置
小口引越し便
(ムービングエス)
誰でもOK高さ205㎝
奥行192㎝
幅147㎝以内
350kg以下
梱包・搬出・配送・設置
🔺
家具配送.com
(株式会社TPO)
誰でもOK高さ200、幅180まで350kg以下
梱包・搬出・配送・設置
🔺🔺

ベッドをダンボールに梱包した状態の3辺の合計が260cm以内に収まる場合の配送は、飛脚ラージサイズ宅急便が安くなるので、おすすめです。

ベッドを梱包した状態の3辺の合計が260cmを超える場合で、近距離の配送は、赤帽、ムービングエスなどのような軽トラック便の配送が費用は、安くなります。

ベッドを梱包した状態の3辺の合計が260cmを超える場合で、長距離の配送は、らくらく家財宅急便やカンガルー特急便、全国家財宅急便などが安くなります。

引越し業者の場合は、ベッドの配送の相見積もりを出すと、価格競争が起きて、値引き交渉に応じてくれる業者が見つかり、費用がどこよりも安くなる場合があります。

3辺の合計が260cm以上のベッドの配送は、いくつかの業者からの見積もりをとって料金を比較してみるのも大切です。

注意

3辺の合計が260cm以上のベッドの場合は、いくつかの業者から相見積もりを取らないと損をする場合があります。

という事で次は、ベッドの配送を安く出来る業者選びや見積もり方法などを紹介します。

ベッドの配送が安い業者選び、見積もりのコツ

3辺の合計が260cm以上のベッドを配送する場合は、どの業者に配送を依頼するか?によって、料金は大きく違ってきます。

らくらく家財宅急便のようにベッドの大きさと配送距離によって料金が定額の場合もあれば、いくつかの引越し業者の場合は、トラックの空き状況や配送する日時によって料金が大きく変動する場合があります。

引越し業者の場合は、トラックに空きがあって仕事が暇なタイミングに依頼すれば、値引き交渉にも応じてもらいやすく、費用がかなり安くなる場合があります。

引越し業者は、ベッドの配送料金の値引き交渉に応じてくれて、費用を安くしてもらえるなんて知らなかった。

最低3社以上から見積もりを取る

ベッドの配送料金を安くしてもらえる引越し業者を見つけるには、最低3社以上の相見積もりを取る事が大切です。

3社以上の相見積もりを取ることで、配送料金の違いを把握出来ますし、業者間で価格競争が起こって、配送料金を値下げしてもらえる場合もあります。

一社だけの見積もりを取る場合は、配送料金の比較も出来ませんし、安いかどうかが分からないままなので、損してしまう場合もあります。

3社以上の相見積もりを取る事でトラックに空きがあって配送料金を値引きしてくれる引越し業者を見つけられる可能性が高まります。

でも複数の業者に見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒だし、一つ一つの業者に建物の状況やベッドのサイズなどを伝えるのも面倒なんだよね。

そこで以下にお伝えする複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービス「引越し一括見積もりサイト」を利用すると良いです。

引越し一括見積もりサイトを利用する

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

引越し一括見積もりサイトを利用すると、あなたの地域のベッドの配送を安くで請け負ってくれる業者を簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、ベッドの配送料金が安くなりやすい業者を見つけることも容易です。

ベッドの配送など家具の配送に特化している業者も引越し一括見積もりサイトに登録していたりします。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、ベッドの配送料金を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

無料で利用できる

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のベッドの配送を安くで請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

ベッドの配送の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

ベッドの配送の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のベッドの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「ベッドのみを配送」「ダブルベッドの分解・組み立てと配送」などと入力をしましょう。

以下にベッドの配送の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 単身パックで運べるタンスや衣装ケース 中身の対応の業者ごとの違い

  2. 【必見!】本棚の引越し準備や梱包方法 相場より料金を安くする

  3. エレクトーンの家の中の移動方法 料金相場・格安業者は?

  4. 大阪 ベッド

    意外に高い?大阪でのベッドの引越し料金を安くする方法!

  5. ピアノ 引越し

    ピアノの引越しで失敗しないために!ポイントは◯◯するだけ

  6. マッサージチェアの配送料、引越し料金を半額近く安くする裏技

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP