家具の移動、引越し

失敗しないロフトベッドの引越し方法 料金・解体・処分方法まとめ

いざ引越しが決まった際にどの家具を引越し先に持っていって、どの家具を処分しようか?色々考える事がありますよね。

特に大きな家具になれば、引越し先に持っていくのは大変ですし、引越し先のスペースが小さくなるので、処分しようか?考えたりもします。

大きな家具の中でとても気に入って使っていたロフトベッドがある場合も引越し先に持っていこうか?処分してしまおうか?色々と考える事でしょう。

ロフトベッドをもし引越し先に持っていくとしたら、自分で解体して引越し先で組み立てるのは、なかなか骨の折れる作業になってきます。

引越し先にロフトベッドを持っていくなら、引越し業者の方でロフトベッドの解体と再組み立てを依頼したいところですよね。

はたして、引越し業者は、ロフトベッドの解体や再組み立ては、してもらえるのでしょうか?

もしロフトベッドの解体と再組み立てをしてもらえるなら追加料金はかかるのでしょうか?

引越しを機にロフトベッドを処分する場合は、どのような処分方法があるのでしょうか?

このページでは、ロフトベッドの引越し方法、解体や組み立てについて、ロフトベッドの処分方法などを詳しく紹介させて頂きます。

目次

このロフトベッド、引越し先に持っていける?

ロフトベッドには、スチール素材の簡易なものもあれば、机とセットになっている木製のロフトベッドもあります。

パイプベッドのように作りが簡易でかつ、解体すれば、コンパクトになるので、引越しでも持っていきやすいです。

机とセットになっている木製のロフトベッドは、解体や組み立ても大変ですし、解体しても容量が大きくなってしまうので、処分してしまおうか?悩んでしまうロフトベッドもあります。

またIKEAのロフトベッドのように解体してから再組み立てをすると強度が弱くなる可能性があるロフトベッドもあります。

ここでは、様々なロフトベッドを紹介しつつ、引越し先に持っていけるのか?解体や組み立てに適しているのか?処分した方が良いのか?などを紹介します。

ニトリ スーパーロフトベッド・ローベッド(DBR)

参照:ニトリ

上記画像のロフトベッドは、ニトリのパイプ式のロフトベッドです。

組み立てた状態では、幅97×奥行220×高さ206.5cmあるので、引越し先に持っていくには、解体してからになります。

スチール素材で出来ていて重量は47kgなので、引越しで持ち運びも軽いですし、解体してから再組み立てもしやすいベッドになります。

ローベッドとしても使用できるので、引越し先に持っていきやすいロフトベッドと言えます。

ニトリ ロフトベッド(デニッシュT MBR/BK)

参照:ニトリ

上記画像のニトリのロフトベッドは、様々な組み換えが出来て、机、衣装入れ、本棚などがセットになっているロフトベッドです。

組み立てた状態では、幅203×奥行112×高さ173cmあるので、引越し先に持っていくには、解体してからになります。

子供部屋で重宝するロフトベッドですが、引越し先持っていく事は可能ですが、解体も再組み立ても大変になってきます。

引越し業者に解体・再組み立てを依頼する場合、追加料金がかかってきます。

処分をするにしても解体する手間は出てきます。

机もセットになっているロフトベッドとなると、引越し先に持っていくにしても、処分するにしても、何かと大変だね。

IKEAロフトベッド SVÄRTA スヴェルタ

参照:IKEA

上記画像は、IKEAのシンプルなロフトベッドです。

組み立てた状態では、幅97×奥行208×高さ186cmあるので、引越し先に持っていくには、解体してからになります。

スチール素材で出来ていますが、重量は100kgとなります。

組み立て式のIKEAの家具の中では、解体と再組み立てがしやすいロフトベッドです。

解体と組み立ては、自分でするとなると、多少の労力はかかりますが、引越しでも持っていきやすいロフトベッドと言えます。

IKEAの家具の解体と再組み立てを敬遠する引越し業者は、多いですが、スチール素材のロフトベッドは、木ネジを使っていないので、追加料金はかかりますが、引越し業者の方で解体と再組み立てをしてもらいやすいロフトベッドです。

IKEAロフトベッド SMÅSTAD スモースタード

参照:IKEA

上記画像は、IKEAの机や収納付きのロフトベッドです。

机やハシゴの位置を自由に組み替えられるので、子供が喜ぶような作りになっています。

組み立てた状態では、幅104×奥行207×高さ182cmあるので、引越し先に持っていくには、解体してからになります。

参照:IKEA

IKEAの組み立て式ロフトベッドの中には、上記画像のように部品と部品の接続部分に木ネジを使っている場合があります。

ロフトベッドを解体する際に木ネジがで固定していたネジ穴が大きくなってしまって、再組み立てをしても強度が保てなく可能性があって、引越し業者がIKEAのロフトベッドの解体と再組み立てを断る場合があります。

IKEAのロフトベッドは、解体と再組み立てが大変ですし、引越し業者によっては断る場合もあるので、引越し先に持っていくかどうか?よく検討する必要があります。

IKEAの家具は、何かと大変なんだね。

またIKEAのロフトベッドの引越しにおける解体と再組み立てを専門的にしている業者もあるので、引越し先に持っていくか?思い切って処分するか?は、解体と組み立て費用などを知った上でよく検討してみると良いでしょう。

ロフトベッドの種類と引越し出来るか?まとめ

スチール素材のロフトベッドは、解体や再組み立てがしやすい

スチール素材のロフトベッドは、解体してから引越ししやすい

木製の机がついているロフトベッドは、解体や再組み立てが大変

木製の机がついているロフトベッドは、引越しが大変

IKEAの木製のロフトベッドは、解体、再組み立てを引越し業者が断る事がある

引越し業者は、ロフトベッドの解体・再組み立てをしてくれる?

引越しの際にロフトベッドを持っていくかどうか?検討する際に知っておかなければいけない事は、依頼した引越し業者は、ロフトベッドの解体や再組み立てもしてもらえるか?という事です。

もし、引越し業者がロフトベッドの解体と再組み立てをしてもらえない場合は、自分でロフトベッドの解体や再組み立てをしなければなりません。

ただでさえ引越しの準備は、かなり労力がかかるのに、ロフトベッドの解体や再組み立ても自分でする必要が出てくると、引越しの準備にもかなり余裕をもったスケジュールを組む必要が出てきます。

引越し業者は、引越しの際にロフトベッドの解体や再組み立てもしてもらえるの?

殆どの引越し業者がロフトベッドの解体や再組み立てにも対応しています。ただし、追加料金は、殆どの場合、かかってきます。

大手の引越し業者の場合は、ロフトベッドの解体や再組み立てには、追加料金がかかります。

ただし、地域密着型の中小の引越し業者などは、スチール素材の簡易な作りのロフトベッドであれば、解体や再組み立ての追加料金は、かからないままでしてもらえる場合もあります。

ですので、もし、引越し先にどうしてもロフトベッドを持っていきたくて、かつ引越し業者に解体や組み立てを依頼したい場合は、解体や再組み立ての追加料金がかかるのか?それとも無料でしてもらえるのか?見積もりの際に事前に確認をしておきましょう。

ロフトベッドの解体、再組み立て、引越し費用を少しでも安く抑えたいなら、中小の引越し業者も含めた複数の引越し業者から相見積もりを取ることが大切です。

IKEAのロフトベッドの解体や再組み立ては、断られやすい?

参照:IKEA

IKEAのロフトベッドは、部品と部品の接続部分に木ネジを使っていて、再組み立てをした際に強度が弱くなってしまう可能性があります。

引越し業者によっては、IKEAのロフトベッドの解体や再組み立てを断る業者があったり、引越しの際に破損しても補償はしてもらえない場合もあります。

IKEAのロフトベッドの引越しを検討している場合は、「アップル引越センター」、「職人引越センター」、「カグッコシ」などのようにIKEAの家具の解体と再組み立てにもしっかり対応してもらえる引越し業者に依頼出来るので、検討材料として覚えておきましょう。

IKEAのベッドの引越し、解体、再組み立てについて詳しく知りたい場合は、下記ページをご確認下さい。

ロフトベッドの解体・再組み立ての追加料金の相場は?

ロフトベッドの解体や再組み立てを引越し業者に依頼する場合、ほとんどが追加料金が必要です。

前途したように中には、簡易なロフトベッドであれば、解体と再組み立てを無料でしてもらえる場合があるので、見積もりの際に確認をしてみましょう。

例えば、ムービングエスやアップル引越センターは、作りが複雑ではないベッドの解体や再組み立ては、無料でしてもらえるので、解体と組み立てが容易にできやすいロフトベッドであれば、無料で対応してもらえる可能性があるので、要確認です。

ロフトベッドの解体・組み立ての追加料金の相場
ベッドの種類解体・分解組み立て
鉄製ロフトベッド8,000~20,000円8,000~20,000円
木製ロフトベッド10,000~25,000円10,000~25,000円

ロフトベッドの解体・再組み立てを引越し業者に依頼した場合の追加料金の相場は、上記表になります。

スチール素材などのような鉄製のロフトベッドは、解体や組み立てがしやすいので、木製のロフトベッドと比べると追加料金が安くなりやすいです。

IKEAの鉄製・木製のロフトベッドは、解体や組み立てに手間がかかりやすく、費用が高くなりやすいです。

ロフトベッドは、解体して持っていく方が良い?処分して新たに買った方が良い?

スチール素材のロフトベッドは、解体や再組み立ての費用は、安いですが、もともとの商品の価格自体も15,000~20,000円くらいの安いロフトベッドもあるので、引越しを機に新たに買い換えるという選択肢も検討してみても良いですね。

引越し先で組み立てをする必要は出てきますし、引越しの際に今まで使っていたロフトベッドを無料で解体や組み立てをしてもらえる引越し業者が見つかれば、新たに買い換えるより良い場合もあります。

木製のロフトベッドの場合は、新たに買い換える場合も商品の料金が高くつくので、引越し業者に解体と再組み立てをしてもらった方が安くなる場合もあるので、どちらが安くなるか?を比較検討してみましょう。

memo

ロフトベッドを解体して持っていく方が安くなるか?引越し先で新たに買った方が安くなるか?よく比較検討しましょう。

ロフトベッドを自分で解体・分解をする

参照:YouTube

ロフトベッドを引越しの際に引越し先に持っていくにしても、引越しを機に処分するにしても、そのままの状態では、部屋から出せないので、解体作業が必須です。

引越し業者にロフトベッドの解体作業を依頼するにしても殆どの場合が追加料金がかかってしまいます。

少しでも引越し費用を安く抑えたいなら自分でロフトベッドを解体するという選択肢もあります。

自分でロフトベッドを解体するとなると、「時間と労力がかかる」「他の引越し作業と合わせてするので疲れがたまる」「上手に解体出来ない可能性がある」などのデメリットがあります。

ロフトベッドの解体・分解を自分ででするメリット

ロフトベッドの解体・分解料金を浮かせる事が出来る

ロフトベッドの解体・分解を自分でするデメリット

時間と労力がかかる

他の引越し作業と合わせてするので疲れがたまる

上手に解体出来ない可能性がある

ロフトベッドの解体は、自分でするのは、自信がないな~

少しでも引越し費用を抑える為に自分でロフトベッドを解体する事を検討している場合は、今から紹介する方法を参考にしてみて下さい。

ロフトベッドの解体・分解の際に用意するもの

ロフトベッドを解体・分解する前に事前に以下のものを用意しておきましょう。

ロフトベッドの解体・分解の際に用意するもの

ロフトベッドの取扱説明書(あれば)

ドライバー、六角レンチ

ネジをまとめる袋

ベッドフレームをまとめる紐・養生テープ・緩衝材(気泡緩衝材、古い毛布など)

ロフトベッドの解体・分解の流れ

ロフトベッドには、木製のものもあれば、スチール素材のロフトベッドもあります。

ここでは、スチール素材のロフトベッドの解体・分解方法を紹介させて頂きます。

ロフトベッドの解体・分解の主な流れは以下になります。

ロフトベッドの分解・解体の流れ

床板を外す

床板の下の支えの棒を外す

手すりを外す

サイドのフレームを外す

床板を外す

参照:YouTube

ロフトベッドの床板部分を取り外します。

床板は、軽く乗せている程度のものが多いので簡単に取り外しが出来ます。

床板の下の支えの棒を外す

参照:YouTube

床板を支えていた下の棒を取り外します。

固定しているネジは、六角レンチやドライバーなどで緩めて抜くことで、床板を支えていた棒が外れます。

手すりを外す

参照:YouTube

ベッドサイドの手すりを取り外します。

手すりも固定しているネジを六角レンチやドライバーなどで緩めて抜く事で、外すことが出来ます。

サイドのフレームを外す

参照:YouTube

残るパーツは、ロフトベッドの外側の枠になる縦の柱になるフレームとサイドのフレームのみになります。

まずは、サイドのフレームを外します。

サイドのフレームも固定しているネジを六角レンチやドライバーで緩めて抜くことで、サイドのフレームが外れます。

サイドのフレームを外すときは、できれば2人以上で解体するようにして、一人がネジを緩めて、もう一人はサイドのフレームを支えるようにすると解体しやすいです。

サイドのフレームを外せば、残りの全てのパーツが解体されます。

これでロフトベッドの解体は、終了です。

以下にロフトベッドの分解・解体する際に参考になる動画を紹介させていただきます。

引越し時のロフトベッドの処分方法

引越しを機にロフトベッドを引越し先に持っていくか?それとも処分して新しいベッドを購入するか?色々考えることがありますよね。

処分しようか?それとも新しく買い換えようか?悩むところなんだよね。

スチール素材の費用が安めのロフトベッドであれば、安いものであれば、15,000~20,000円くらいでも購入できるので、解体や組み立てを引越し業者に依頼して引越し先に持っていくのと、新たにベッドを買い換えても費用がそれほど変わらない場合があります。

ですが、木製のしっかりしたロフトベッドの場合は、解体と組み立てを業者に依頼した場合が40,000円の費用で済むのに対して、新しく同じクオリティーの木製のロフトベッドを購入すると、費用が倍の80,000円くらいかかる場合があります。

このようにロフトベッドの種類によって、引越しを機に処分してしまった方が良い場合もあれば、処分せずに解体をしてから引越し先に持っていった方が安く抑えられる場合もあります。

引越しを機にロフトベッドの処分を検討している場合は、まずは、引越し先でもまたロフトベッドを使いたいのか?処分した方が費用が安くなるのか?引越し先に持って行った方が安くなるのか?をまず比較検討してから決めるようにしましょう。

もし引越しを機にロフトベッドを処分する場合は、以下の内容を参考にしてみて下さい。

ロフトベッドの3つの処分方法

引越し時の家電の処分方法02

引越しを機にロフトベッドを処分するには、以下の4つの方法があります。

ロフトベッドの4つの処分方法

粗大ごみとして処分する

不用品回収業者、リサイクルショップで回収してもらう

引越し業者に処分してもらう

順番に説明をしていきます。

粗大ごみとして処分する

ロフトベッドを処分する際に一番費用が安く抑えられる可能性があるのが、自治体の粗大ごみとして処分する方法です。

粗大ごみとして処分するにしても、ロフトベッドを部屋の外に出すには、解体作業は、必要です。

粗大ごみとしてロフトベッドを処分する際の処分費用は、1,000~2,000円前後になってきます。

ただし、マットレスの処分に関しては、別途費用がかかる場合があります。

またロフトベッドの処分の手続きなどの時間を考慮すると、引越しの1週間まえくらいまでに処分を終えておく必要があります。

不用品回収業者、リサイクルショップで回収してもらう

ロフトベッドを処分する際に買取は、してもらえないの?

ロフトベッドは、残念ながら殆どの場合が買取対象には、なりません。

ロフトベッドは、寝具になるので、価値は非常に低く、買取対象にはならないのです。

無料で回収してもらえればありがたいですが、殆どの場合、処分費用がかかってきます。

不用品回収業者にロフトベッドの処分を依頼する場合、粗大ごみとして処分するよりは、費用がかかるのがデメリットです。

ただし、ロフトベッド以外にも処分したいものがあったり、自分でロフトベッドの処分の手間暇をかける余裕がない場合は、不用品回収業者に依頼する方法もアリです。

引越しを機にロフトベッドを含めた不用品の処分を検討していて手間暇をかけたくない場合は、不用品買取業者の一括見積もりがオススメの一つの方法です。

不用品回収業者一括比較の「エコノバ」なら最大5社に手間なく見積もりを取ることが可能です。

いくらかかるか不安な回収費用をしっかり検討できるうえに業者間の比較もできるため、一番安くロフトベッドを処分できる業者を見つける事が可能です。

不用品回収業者を探すなら!【エコノバ】

引越し業者に処分してもらう

ロフトベッドを処分する3つ目の方法は、引越し業者に処分してもらう方法です。

引越し業者によって対応は、様々ですが、ロフトベッドを有料で処分してもらえる場合もあれば、場合によっては、無料で処分してもらえる場合もあります。

引越しを引越し業者に依頼した際の総額が少額であれば、ロフトベッドの処分費用が有料になりやすいですが、家族で遠距離の引越しなどのように料金が結構かかる場合は、ロフトベッドの処分を無料でしてもらえる場合があります。

引越し業者にロフトベッドの処分を依頼するメリットは、引越しの見積もりや依頼の際にロフトベッドの処分もまとめて出来るので、ロフトベッドの処分のみの業者を探す手間がかからない点です。

ロフトベッドの処分費用を無料でしてもらえる引越し業者がみつかれば、粗大ごみとして処分するよりも費用は安くなりますし、処分も引越し業者の方でしてもらえるので、手間暇もかからないので、大分とお得になってきます。

ロフトベッドの処分を無料でしてもらえたら、ラッキーだね。

引越しと一緒にロフトベッドの処分もしてもらえる引越し業者を見つけるには、複数の引越し業者に「ロフトベッドの処分もしてもらえるか?」確認をする必要があります。

複数の引越し業者にロフトベッドの処分も対応してもらえるか?労力をかけずに探すには、引越し一括見積もりサイトを利用すると良いです。

ロフトベッドの引越し・解体・処分の費用を安くしてくれる引越し業者の探し方

引越し時のロフトベッドの解体や処分の料金は、引越し業者によっては、無料になる場合もありますし、有料だけど費用が安い業者があります。

逆にロフトベッドの解体や処分料金が相場より高い引越し業者もあります。

引越し業者によっては、ロフトベッドの解体や処分に対応していない業者もあります。

またIKEAやニトリのロフトベッドの解体・処分を断る引越し業者もありますし、柔軟に対応してくれる引越し業者もあります。

引越しの際のロフトベッドの解体・処分の料金が安くなる引越し業者を探すには、どうしたら良いの?

一社のみから見積もりを取るのではなく、複数の引越し業者から見積もりを取る事がオススメの方法です。

最低3社以上から見積もりを取る

引越し時のロフトベッドの解体・処分料金をできるだけ安く抑えたいなら、最低3社以上の見積もりを取った方が良いです。

またIKEA・ニトリのロフトベッドの引越しに対応してもらえる業者を見つける場合も複数の引越し業者に見積もりを取ると良いです。

仕事が暇で仕事をこなしたい引越し業者を見つけられた場合、費用を安くしてくれる場合があります。

でも複数の業者に見積もりを依頼すると言っても、インターネットで一つ一つ探すのも面倒だし、一つ一つの業者に建物の状況やロフトベッドの大きさなどを伝えるのも面倒なんだよね。

複数の業者に見積もりを依頼する手間を省いてくれる便利なサービスが実はあります。

引越し一括見積もりサイトを利用する

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域のロフトベッドの解体・組み立て・処分を無料or安くで請け負ってくれる業者を引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、引越し時のロフトベッドの解体・処分の費用が安くなりやすい引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、引越し時のロフトベッドの解体・再組み立て・処分の料金を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

無料で利用できる

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域のロフトベッドの解体・組み立て・処分を安くで請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

引越し時のロフトベッドの解体・処分の見積もりを取るのにオススメの一括見積もりサイト2選!

ロフトベッドの解体・処分の見積もりの取り方


後ほど紹介する引越し一括見積もりサイトにアクセスしたら、上記画像のベッドの部分に「1」と入力しましょう。

備考欄に「引越しの際のロフトベッドの解体と組み立てもお願いしたい」「IKEAのロフトベッドの引越し」などと入力をしましょう。

ロフトベッドを処分してもらいたい場合は、作業依頼内容の「不用品処分」の欄にチェックを入れて、備考欄に「木製のロフトベッドを引越しの際に処分してもらいたい」などと入力をしましょう。

以下にロフトベッドの解体・組み立て・処分の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. エレクトーン 引越し

    心配ご無用!エレクトーンだけでも引越しできる奥の手教えます

  2. タンスの吊り上げ、吊り下げの料金相場は?格安業者の見つけ方

  3. こんな時どうする?タンス、ベッドのみの引越しの場合

  4. テレビ台の引越し料金は?梱包や分解のコツ

  5. ベッド 分解 買取

    引越しでベッドは分解して持っていく?買取?損しないのは?

  6. 解決! 家具が玄関、階段から通らない、入らない場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP