家具の移動、引越し

引越し 大型家具

なんと無料!ベッド引越しの料金相場の調べ方

ベッドのサイズが大きいと引越しは大変?!おすすめのベッド引越しの方法

ベッド引越しの料金相場01
引越しの中でも大型の家具や家電は搬出、搬入、運搬などが大変です。

ここでは家具の中でも大きいベッドのおすすめ引越しについてまとめてみましょう。

ベッドの引越しは何が大変なの?!

ベッドは家具の中でも特に大型になるので、引越しなると非常に大変です。
自力での引越しを考えている場合でも、ベッドを自分の車で運ぶ…というのは難しいケースが多いでしょう。

ベッドと一言でいっても様々なサイズがあります。
ソファベッドやシングルベッドサイズ、さらには折りたためるようなベッドであれば引越しもそれほど大変ではありません。
しかしダブルベッド、クイーンベッド、キングベッドなどの大型サイズのベッドの場合は運搬の際にかさばってしまうため引越しが大変になります。

特に単身引越しの場合、荷物が少なければ単身パックなどの単身者向けの引越しで安く引越しをすることができます。
しかし、ベッドがある場合は単身パックでは引越しができず、ベッドだけ別途輸送したり、通常の引越しプランを利用したりすることになるので大変です。

ベッドの引越しにかかる料金、相場はどれくらい?!

ベッドの引越しはいったいどのくらいの料金がかかるのでしょうか?
ここではベッドを単体で引越しする場合にかかる引越し料金の相場をまとめてみましょう。

ベッドの引越しにかかる料金相場(同一県内での移動の場合)
シングルサイズ5,000~10,000円クレーン搬入料金
10,000~30,000円 別途必要
ダブルサイズ10,000~20,000円

さらに組み立て、分解に別途料金が必要になる場合もあります。

またダブルベッド、クイーンベッド、キングベッドの場合は、搬出、搬入時にドアや階段、エレベーター、廊下が通れないという場合があります。
その際にはクレーンを使ってつり上げて運搬することになるので、クレーン搬入の場合にはクレーン費用が別途必要となります。

ベッドの引越しは分解して搬出、搬入するのが基本的

引越 安子さん

ベッドはどうやって運ぶのですか?

教得 太郎さん

ベッドの引越しはそのまま運ぶとなると非常に大きいので、分解できるベッドであれば基本的には分解して運ぶことになります。

引越 安子さん

分解して運べば、ベッドの大きさは小さくなるので運びやすくなるのね。

教得 太郎さん

その通りです。
枠を分解してマットレスと別に運べば、スムーズにベッドの引越しが行えるでしょう。

引越 安子さん

分解ぐらいなら、自分でもできそうね。

教得 太郎さん

ベッドの解体、組み立ては引越し料金に含まれている場合もあれば、オプション料金になる場合もあります。
引越し料金に含まれているのなら、業社にお任せしたほうがいいと思います。

引越 安子さん

自分で分解する時のポイントを教えてください。

教得 太郎さん

分解、組み立てくらいは自分でできるという方は自力で行う方もいらっしゃいますが、あとで組み立てができなくなった…ということもありますので、いくつか注意点を挙げます。

  • 分解の仕方や元の形を写真で撮影して覚えておくようにしましょう
  • 分解、組み立てをする時にはドライバーなどの工具を使用することも重要です
  • 分解で出てきたねじは、紛失しないように袋などに入れて保管しましょう
  • 無理に分解してしまうと、組立てできなくなってしまうこともあるので諦めることも肝心です

ベッドの引越しを安くするには見積もり請求が重要

ベッドの引越しをできるだけ安くしたい!という時には、引越し見積もり無料一括請求サイトを利用するようにしましょう。
引越しを安くするには見積もりを請求して、複数の見積もりから安い業者をピックアップして選ぶことが大切です。

1社ずつ見積もりするなんて面倒くさい・・・という方へ

引越し業者に1社ずつ見積もりを請求するのは非常に面倒ですし、連絡を取るのもイヤ…という人もいるでしょう。
そんな方には引越し見積もり無料一括請求サイトがおすすめです。
引越し見積もり無料一括請求サイトなら、1回の請求で最大10社からの見積もり請求ができます。

忙しくて時間がない・・・という方へ

引越し見積もり無料一括請求サイトなら、一度必要な情報を入力すれば後は自動的に見積もりが送られてくるので時間がない方にもぴったりです。
早い業者であれば見積もり請求から30分以内に見積もりが届く場合もあり、引越しまでに時間がないという時でも効率よく利用できます。

見積もり請求自体は24時間365日対応してくれるので、引越し前で準備が忙しい人にもおすすめです。
引越し見積もり無料一括請求サイトを使うことで高い料金が必要なベッドありの引越しもお得に引越しできます。

お得な特典がついてるといいな・・・という方へ

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すれば、特典や割引制度が適用になる引越し業者も多いですよ。

引越し見積もり無料一括請求サイトには200社以上の業者が提携しているので、安心です。

単身引越しでベッドの荷物がある場合どうしたらよい?!

ベッド引越しの料金相場02
単身者の荷物の中には冷蔵庫、洗濯機など生活に必要な家電の他、机やベッドなどの家具もありますね。
単身での引越しの場合、荷物はそれほどかさばるものは少ないですが、ベッドは家具の中でも大型になるため単身引越しでベッドがある場合、引越しが大変になってしまう場合もあるでしょう。

ここでは単身でのベッドの引越しについてまとめてみましょう。

単身でのベッド引越しはどのくらいの料金がかかる?!

単身で利用するベッドはシングルサイズやセミダブルサイズまでの大きさのものが多いでしょう。
単身の引越しでトラックチャーター便を利用した引越しであれば荷物量はそれほど関係ないので、ベッドがあってもなくても料金はそれほど変化しません。
しかし単身パックなど単身者向けの引越しプランを利用した場合は、単身パックではベッドを輸送できない場合もあります。

もしも単身パックでベッドが輸送できない場合にはベッドだけは別途輸送するという形になります。

ベッド引越しの料金相場04ベッド単体での配送料金は引越しする時期や引越しする移動距離によって前後しますが、同一県内でのシングルタイプのベッドの引越しであれば13000~16000円前後が相場と言われています。
単身引越しでベッドがある場合には、トラックチャーター便と単身パック+ベッドの輸送のどちらの方が安いのかをしっかりと見極めるべきでしょう。

単身パックではシングルベッドは輸送できない?!

単身パックとは単身者向けの引越しプランになります。
単身パックはトラックをチャーターするチャーター便とは異なり、料金設定が非常にリーズナブルです。
同一県内での引越しの場合、一般的なトラックチャーターでの引越しの場合は20,000~30,000円前後はするところ、単身パックを利用すれば15,000円~20,000円前後で引越しができてしまうので、その料金の安さはお墨付きです。

単身パックは専用のコンテナボックスに荷物を詰め込んで、混載便として輸送します。
つまりコンテナボックスより大きい荷物やコンテナボックスに入りきらない荷物に関しては運ぶことができないため、荷物のサイズには気を付けなければなりません。

単身パックで利用されるコンテナボックスは、各引越し業者によってそのサイズは異なりますが、100×100×170センチ程度になっています。
このサイズの場合、ベッドのマットレスはコンテナボックスよりも大きいサイズになってしまうため、単身専用パックでは運ぶことができません。

つまりベッドがあるのに単身パックを利用したい!という時には単身パックとは別にベッドの輸送だけを依頼する必要があります。

単身引越しではベッドだけの単品運搬もできる

単身者用の引越しプランを利用している場合、ベッドなどの大型家具は引越しできない場合が多いでしょう。
そのような時にはベッドだけの単体引越しを依頼するとよいでしょう。

クロネコヤマトなどでは、ベッドなど大型の家具を1つから配送してくれるプランを用意してくれています。
大型家具の配送はベッドやソファなどの大型家具1個単位から対応してくれるので、単身引越しでも利用しやすいです。
またベッドだけ、ソファだけ引越ししたい!といった時にもおすすめです。

ベッド単体の輸送+単身パックと、通常のトラックチャーター便ではどちらが安い?

ベッドだけの単品での引越しは、大手引越し業者であればほとんどが対応可能となっています。
クロネコヤマトでも家財宅急便というプランで、単身者用のベッドを1台から引越ししてくれます。
ベッド単体の輸送費用は15,000円前後になる場合が多いので、単身パックとベッドの輸送を合わせて30,000~35,000円前後が相場となるでしょう。

一方トラックチャーター便の場合、同一県内での単身引越しであれば25,000~30,000円前後が相場と言われていますので、単身者でベッドの荷物がある場合には、単身パックを利用して別途ベッドを輸送するよりも、トラックチャーター便で一度に荷物を全て運んだ方がお得に引越しができるのです。
基本的に単身パックは荷物の少ない単身者向けの引越しプランになりますので、荷物が多い単身者の場合、単身パックを利用して引越しをしてしまうと逆に高くついてしまうこともあるので注意が必要です。

クイーンサイズのベッドの引越しについて

ベッド引越しの料金相場03
クイーンサイズのベッドとなると、ベッドサイズの中でもかなり大きなものになります。
ここではクイーンサイズのベッドの引越しについてまとめてみましょう。

クイーンサイズってどれくらいの大きさなの?

引越しをする際に大変になるのが大型家具に搬出、搬入です。
特にベッドやソファなどはサイズが大きいので、引越しの際には大変になることが多いです。
廊下やエレベーター、階段などを通れない場合、搬出、搬入が難しく、クレーンを使った作業に切り替わることもあります。

ベッドと一言でいっても様々なサイズがあります。
ソファベッドやシングルベッドなど1人用のベッドであれば幅もそれほど大きくないので、運びやすいです。
また分解、解体できるベッドであれば、ベッドの枠を解体して運び、マットレスも別で搬出、搬入するという流れが一般的です。

ベッドのサイズとして大きいのがダブルベッド、クイーンベッド、キングベッドなどになります。
クイーンベッドのサイズは、幅が160㎝もあります。
この幅サイズはシングルベッドが97㎝になるので1.5倍以上になりますね。

クイーンベッドであれば、大人2人でもゆったりと眠ることができますし、マットレスが2枚使用になっているので2人で寝ていても振動が伝わりにくいです。
またクイーンベッドであれば、小さいお子さんと家族3人であれば問題なく寝ることができるでしょう。

逆にいうと、幅が大きいクイーンベッドは引越し時には運搬が非常に大変になるということです。
クイーンベッドを購入する時には引越し時の搬入、搬出はできるかどうかを確認してから購入するのがよいでしょう。

クイーンサイズのベッドを引越しするとなるとどれくらいの料金がかかる?

一人暮らしでクイーンサイズのベッドを持っている人はそれほどいないと思いますが、家族であればクイーンサイズのベッドのある家庭が引越しをするケースも少なくありません。
ではクイーンサイズのベッドの引越しはいったいどのくらいの料金がかかるのでしょうか?

クイーンサイズのベッドの引越しは、全ての荷物と一緒に引越しをしてしまうとどのくらいの料金がかかるのかわかりにくいですが、クイーンサイズのベッド単体で引越しをした場合、同一県内での引越しであれば15,000~25,000円前後が相場となっています。
もちろん引越しする時期などの条件によっても金額は多少前後します。

またこの料金には、ベッドの解体料金が含まれている業者もあれば、そうでない業者もあります。
別途解体料金が必要な場合には3,000~5,000円程度の料金を支払うことになるでしょう。

さらに先ほどお話しした通り、クイーンサイズのベッドは横幅があり、廊下やドア、エレベーター、階段などを通れない場合も少なくありません。
その場合はクレーンを使って運搬をしなければなりませんので、クレーン使用料金が発生します。

クレーン使用料も条件によって異なりますが30,000円前後が相場と言えるでしょう。

つまりクイーンサイズのベッド単体の引越しであってもかなりの料金が必要ですし、クレーン使って運搬するとなるとさらに料金は増大します。
クイーンサイズのベッド単体での引越しは割高になってしまうことも多いのですが、全ての荷物の引越しをする場合には、単体に比べれば安く済ませることができるでしょう。

クイーンサイズのベッドの引越しを安くするには?

クイーンサイズのベッドの引越しを安くするには、まずは見積もりを依頼してみましょう。
クイーンサイズのベッドだけの単体引越しであっても、全ての引越しであっても同じように引越し見積もりを請求するのがおすすめです。

引越し見積もりでは、引越しにいくらくらいの料金がかかるのか?の概算をしてくれます。
引越し料金は各引越し業者によって価格設定が異なります。
また基本料金などもないので、見積もりを請求してみなければ自分の引越しがどのくらいの料金がかかるのかよくわからないんです。

また引越し業者によって見積もり額にばらつきがあるため、引越し料金を安くしたい!と考えるのであればまずは引越し見積もりを請求するのがおすすめです。

クイーンサイズのベッドは引越し料金が高くなりがちなので、引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して少しでもお得に引越しできるようにしたいですね。

まとめ

引越しの時に頭を悩ませるのが、大きな家具やベッドの移動です。
家具に傷をつけずに移動させるには、養生をきちんとしてくれる良心的な引越し業者を見つけたいですね。
大きな家具やベッドは階段やエレベーターでの搬出・搬入ができない場合もあるので、クレーンを使っての高額な引越しになってしまうことも・・・。

できるだけ引越し料金を抑えたいなら、引越し見積もり無料一括請求サイトの利用をおすすめします。
引越し見積もり無料一括請求サイトなら、その名の通り見積り依頼は無料でできるので安心です。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 【必見!】本棚の引越し準備や梱包方法 相場より料金を安くする

  2. ドレッサーの引越し方法(分解、梱包)と料金を安くする秘訣!

  3. 格安業者は?アップライトピアノの吊り上げ、吊り下げ料金の相場

  4. 【必見!】本棚の移動料金を相場より安くなる業者の見つけ方

  5. 机の引越し料金はどれくらい?損せず安くするには?

  6. もう迷わない!物置の引越し、配送料金の相場と分解方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP