地域別

都内での引越し料金を格安にする7つの秘訣

都内というと、どうしても引越しの料金が高くなるイメージがあるかもしれません。

教得 太郎さん

ですが、格安で引越しをするポイントがいくつかあります。

できるだけ引越し費用を抑えるためにも格安で引越しできる方法をチェックしてみましょう。

引越し料金を抑えるには?

教得 太郎さん

荷物量をできるだけ少なくすることも大切です。

ただ、家族の人数が多い場合にはどうしても捨てられないものなどもあるでしょう。

それに、洗濯機や冷蔵庫、テーブル、布団などの最低限必要になるものはどうしても持っていかなければなりませんよね。

こういったもの以外で不要なものがあった場合、積極的に処分してみてください。
実際に不用品をたくさん持って行ってしまい、無駄な費用がかかった方もいるようです。

荷造りを始めるタイミングが遅かったりするとうまくまとめられず、どれが不要なのかわからずに結局荷物が多くなることもあります。

無駄な費用をかけずに引越しをする

引越し業者に支払う費用のほかにも、かかってくる費用はいろいろあります。

ダンボールはできるだけ無料で揃える!

引越しダンボール

荷物をまとめる際には段ボールが必要ですよね。
その段ボールを用意する方法についてもしっかり考えておかなければなりません。

ホームセンターでも一枚数百円程度で段ボールが販売されていますが、引越しが終わったら捨てるものなのであえて有料のものを購入する必要はないでしょう。

 一人暮らし 2人暮らし 3人家族4人家族
 10~15枚 20~30枚 30~50枚 50~80枚
引越 安子さん

結構必要になるのね

教得 太郎さん

これをすべて有料で用意しようと思ったら家族の人数が多ければ多いほど段ボール費用が高くかかるわけです。

引越 安子さん

それはちょっと困る…

そのため、スーパーなどで無料で配布されている段ボールを用意しておくのがおすすめ。
ただし、枚数制限があったり、買い物をした人しか持ち帰れない段ボールもあるので、できるだけ早くから準備を始めておかなければなりません。

また、引越し業者の中にも段ボールを無料で配布してくれるところがあるので、引越し料金だけでなく、段ボールの無料配布枚数などにも注目しながら業者選びをすることが大切です。

100円ショップを利用する!

他にも、荷造りに必要な段ボールやガムテープ、梱包材などは100円ショップなどを利用して安く準備しておきましょう。
細かい事ではありますが、こういったところで費用がかさみ、自分でも気づいた頃にはかなりの費用になっていた…といったケースも少なくありません。

自分で運べるものは運んでしまおう

都内の引越し料金を抑えるポイントはいろいろありますが、荷物量は少ない方が良いです。
例えば、引越し先が自宅からそれほど遠くない場合、自分で運べる荷物を運んでしまってはどうでしょうか。

何人にもお手伝いをお願いしなければならないような状態だとかえってお礼が高くついてしまうこともありますが、1人でも運べるような簡単な荷物だけ運んであとは引越し業者の方にお任せするのもおすすめ。

教得 太郎さん

ただし、冷蔵庫や洗濯機など非常に重いものは素人が運ぼうと思うと失敗して落としたり、けがをしてしまうリスクがあります。
そのため、専門的な技術などが必要になるものは引越し業者の方にお任せしてみてはどうでしょうか。

 

自力引越しの方が安い?

都内で引越しを検討している方の中には、自分の力だけで引越しをしようと思っている方もいるかもしれません。
単身者の方でも友だちに手伝ってもらえれば自力引越しは不可能ではないでしょう。

ファミリーでの引越しになる場合も男手が足りていれば自力引越しは可能です。

引越 安子さん

じゃあその方が料金安くで出来そう

教得 太郎さん

必ずしも自力引越しの方が安く済ませられるわけではありません。

引越しをするとなればトラックが必要になるので、トラックを持っていない場合はレンタル費用についても考える必要がありますよね。

また、家族以外にお手伝いをお願いした場合、ある程度お礼も用意しなければならないでしょう。

教得 太郎さん

素人が荷物を運ぶと壁や床に傷を付けてしまう恐れがあり、賠償を請求される可能性もありますよ!

それよりも、都内で安い引越し業者を探し、作業をお願いすることを検討してみてはどうでしょうか。
引越し作業を自分たちで行うのは非常に大変なことなので、労力の問題や安全性の問題を考えても自力引越しではなく、プロにお願いするのが理想的です。

引越しのタイミングについて考える

引越し業者によって料金は違うのですが、1年の中でどの時期に引越しをするのかによっても料金設定は大きく異なります。

引越し料金が高くなる時期

例えば、3月から4月といった時期は引越し料金が跳ね上がる傾向にあるので、できる限りこの時期を避けておきましょう。

引越 安子さん

どれくらい高くなるの??

教得 太郎さん

他の時期に比べると1.5倍以上の費用が必要になるようケースもあります。

引越 安子さん

すごい高くなる…

教得 太郎さん

基本的に引越しを検討する人が多いタイミングは高くなると思っておきましょう。

3月から4月といった時期の他にも土日や祝日は仕事や学校が休みの方が多いため、このタイミングで引越しをする方が多数います。
時間を問わずに土日や祝日は基本的に料金が高くなるものだと思っておきましょう。

引越し料金が安くなる時期

反対に、引越しを検討する方がほとんどいないようなタイミングで引越しができれば料金がかなり安くなります。

梅雨の6月や、引越し業者にとって閑散期と言われている11月~1月の時期は特に料金が安めに設定されているのでおすすめです。
引越し業者側にしても他から依頼がなければトラックや人員を無駄に余らせることになってしまうので、多少料金を抑えてでもお客さんを見つけようと努力しているのです。

引越 安子さん

なるほどね~

教得 太郎さん

値引き交渉もしやすくなりますよ!

できるだけ都内での引越し料金を格安に抑えたいと思っているのであれば、タイミングについてもよく検討してみてくださいね。
ただ、平日でも相場より高い料金設定の業者もありますし、人によっては引越しのタイミングを調整できないようなケースもあるでしょう。

曜日と時間帯も考える!

どうしてもシーズン中にしか引越しできない方もいるかもしれませんが、この場合も土日や祝日を避け、平日を選んでおくと多少料金が抑えられます。

また、引越しの時間帯も非常に大切で、作業開始時間を指定しないフリー便が選択できると料金を大幅に抑えられるでしょう。
作業開始の時間帯がわかりにくいデメリットはありますが、荷物量が少なく、短時間で引越し作業が終えられる方などはぜひチェックしてみてくださいね。

引越しの料金とトラックのサイズについて

ある一定の荷物量を超えると、引越し料金が急に高くなります。
これは、トラックのサイズが変わるからです。


荷物量が少ない方の場合、軽トラックで運ぶことができるためトラック費用が安く済むのですが、軽トラックに収まらない場合は2トントラックを準備しなければなりません。
荷物量が多い2人暮らし以上の方などは軽トラックではなかなか積み込むことができないでしょう。
2トントラックが必要になった場合、作業員の数も1人では足りないことが予想されます。
すると作業員もプラスしなければならず、結果的に引越し料金は高くなっていくのです。

教得 太郎さん

荷物量を抑えることはトラックのサイズを抑えることだけでなく、作業員の人数にも関係してくるので、ぜひ意識してみてくださいね。

不用品はあらかじめ処分しておこう!

それから、不用品の処分についてもしっかりと考えておきましょう。
引越しで処分しようと思っている荷物の中には使わないけどまだ使えるものもあるかもしれません。

教得 太郎さん

不用品の処分にはフリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップなどを利用してお金に換えるのがおすすめです

粗大ゴミ扱いになるものなどは捨てる際にもお金がかかりますし、例えそれ程高額査定にならなかったとしても売った方がお得ですよね。
こういったポイントを押さえながら、できるだけ都内で安く引越しができるように工夫してみましょう。

引越し業者はどこが良い?

教得 太郎さん

都内の引越し料金を抑えるためには、業者選びが最大のポイントになってきます

引越し業者を探す際に、「できるだけ安いところが良い!」と第一希望をあげる方が多いです。
ですが、どの業者を選択すれば最も安く引越しができるかは人によって違うのです。
大手の方が安く引越しができる方もいれば、地元密着型の中小の業者の方が安く抑えられる方もいます。
そのため、知り合いからの情報をすべて鵜呑みにしないようにしましょう。

どの業者に依頼すれば最も安く済ませられる?

引越しの時期やタイミング、条件などによっても安い業者は変わってきます。

例えば、平日に引越しができる方と、土日や祝日でなければ休みの取れない方とでは最適な引越し業者は変わってきます。

平日と土日祝日でどれくらい料金の差があるかは業者によって異なるので、自分に向いている引越し業者は比較してみなければわからないのです。

通常料金は安いもののオプション料金が高いような業者もありますし、他の業者では行っていないような格安プランを多数用意してくれているようなところもあるのです。

それから、どれくらいの荷物量を得意としているのかも業者によって差があります。
少量の荷物を運ぶのが得意な業者に対してファミリーで大量の荷物をお願いすると高くつくでしょう。
反対に、ファミリーでの引越しが得意な業者に単身者の方が申し込んだとしても格安で引き受けてもらうのは難しいはずです。

引越 安子さん

引越し業者いっぱいあるからわかんない…

教得 太郎さん

そうですね。引越し業者はたくさんありますしどの業者が安いというよりも、その人によって安い業者は異なるんです

引越 安子さん

じゃあどうすればいいの??

教得 太郎さん

一般的に安いと言われている業者に対してだけ問い合わせをするのではなく、必ず複数の業者に対して問い合わせをしましょう。

知り合いからおすすめされて安い業者を選択したものの、相場より高くかかってしまった…という方もいるため注意しておきましょう。
その人の条件によって安い業者も違ってくるため、必ず自分自身でしっかり比較することが大切です。

都内で格安引越しができる業者を比較

比較する際には無料で利用できる一括見積もりサービスを使ってみてはどうでしょうか。

一般的に複数の業者に対して見積もりを依頼する場合、1社ずつ問い合わせをしなければなりません。

引越 安子さん

なんかすごくめんどくさそう…

教得 太郎さん

そうですね。1社ずつに問い合わせるのはすごく大変で面倒です。
しかし一括見積もりサービスを使うと一度の入力情報を複数の業者に送信できるため、面倒な入力作業が一度で済むのです。

引越し 女性 スマホ

一括見積もりサービスはインターネット上から無料で利用できるサービスのことで、一度の申し込みで複数の業者に対して仮見積もりの依頼ができます。

こういったサービスを使えばあとは届いた仮見積もりを比較するだけでどこの業者が都内で最も安く引越しができるのかがわかるのです。

方法もとても簡単で引越しをするのが初めて…といった方でも問題なく使えるものなので役立ててみましょう。

都内で引越し料金を格安にする方法についてのまとめ

都内で引越し料金を格安にする方法について調べたことをまとめました。

  • 引越し費用を抑えるにはダンボールを無料で集める
  • 自力で運べるものは自力で運ぶ
  • 引越し繁忙期を避けて引っ越しをする
  • 必ず複数の引越し業者の見積もりを取る
  • 見積もりを比較して値引き交渉をする

少しでも安い金額で引越しができるように無駄な出費を抑えて格安の引越し業者を探しましょう!

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 中野区内 引越し料金 相場

    脱引越し貧乏!中野区内の相場を知れば引越し料金は安くなる

  2. 東京 名古屋 引越し 料金 相場

    東京~名古屋の料金相場を把握して最安引越し業社を探せ!

  3. これで安心!広島市内の引越し料金と引越し手続きについて

  4. すぐにできる!神戸のベッドの引越し費用を安くする方法

  5. 姫路市内 引越し料金 相場

    姫路市内の引越し料金相場、知らなきゃ損!損!

  6. 練馬区 引越し

    相場を知れば変わる?練馬区内の引越し料金を安くするコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP