地域別

都内引越し手続き住民票

何をいつまでに提出?都内の引越し手続きチェックリスト!

県外へ引越しをする場合、様々な手続きが必要です。
ですが、都内での引越しだったとしても手続きが不要なわけではありません。
ここでは、どのような手続きを行えば良いのか、注意したいことは何なのかなどについてご紹介します。

都内引越しで必要になる役所関係の手続きとは?

引越し 手続き

手続きにも様々な種類があり、中には忘れやすいものもあります。

教得 太郎さん

手続きには期限が決まっているものがあります。
期限を前もってチェックしておきましょう。

都内の引越しでの住民票について

都内でも違う区で引越しをする場合は現在済んでいる区で転出届を提出し、引越して入る区で転入届けを提出しましょう。

同じ区内での引越しになる場合は転居届となります。

引越 安子さん

届出って住民票以外はなにがあるのか把握してないかも…

教得 太郎さん

主な住所変更の届出が必要なものは

  • 印鑑登録
  • マイナンバーの手続き
  • 国民健康保険関係
  • 国民年金関係
  • 児童手当

などがありますよ!忘れずにしておきましょう。

印鑑登録も変更しておかなければなりません。
ただ、同一区での引越しになる場合は転居届を提出すると同時に変更になります。

住民票の移動手続きについて

引越しをする際に気になるのが役所関係の手続きですよね。
都内での引越しならば住民票は移さなくてもいい?と疑問に思っている方もいるはず。

どのような手続きが必要になるのかについては、同一区内に引越しをするのか、区外になるのかによって異なります。
それぞれの場合についてご紹介しましょう。

引越し 住民票1

住民票の移動手続きは暇な時にやればいいやと思っている方もいるかもしれませんが、期限が定められています。

教得 太郎さん

住民票の手続きの期限は引越し日から14日以内!!
後片付けなどで忙しくしていると意外に短いんですよね…
あっという間に期限が過ぎてしまうから要注意ですよー

引越 安子さん

忘れてたらどうなるの?

教得 太郎さん

50,000円以下の罰則を受ける可能性もあるのでほんとに要注意ですよ!!

中には異動手続きを行わない方もいますが、何かトラブルが起きた際に面倒になりかねません。

手続きが必要になるのは他の区に引越しをする場合のみです。
同じ区に引越しをする場合、引越し元の役所に転居届を提出するだけで自動的に手続きが完了します。

簡単なことではありますが、忘れがちなので注意しておいてくださいね。

他の区に引越しをする場合、住民票の移動手続きは、役所で行います。
他の区に引越しすることになったのであれば、まずは引越し元の役所で転出届を提出しましょう。
すると、転出証明を発行してもらえます。

続いて引越しが終わってから14日以内に、受け取った転出証明書などの必要な書類をそろえて引越し先の役所で転入届を提出します。

ほんの短期間での都内の引越しでも住民票は移す?
引越 安子さん

3か月の仮住まいへの引越しとかでも住民票って移さなきゃダメ?結構面倒なんだけど…

教得 太郎さん

実は手続きをしなくても大丈夫な場合もあるんです。例えば

  • 転勤で一年以内に今の住所へ戻ってくる場合
  • リフォームなどで近くへ数か月の仮住まい

などの場合は手続きをしていなくても罰則となることはないでしょう。

人によっては、数か月間程度の転勤のために引越しをすることもあるでしょう。

特に転勤が多い方の場合、そのたびに住民票を移すのは大変なことです。

ただ、罰則が設定されているため、面倒だけど移さなければならないのか…と思ってしまう方もいるはず。

ほんの3か月程度で終わるとわかっている転勤の場合、転勤先に住民票を移動する必要はないということですね。

住民票を移動しないとどうなる?

もしも引越しをしても住民票を移動しなかった場合、どのような不便があるのでしょうか。

特に面倒な問題になりがちなのが、確定申告に関することです。
住民票の移動を行わなかった場合、旧住所を管轄している税務署で確定申告をおこなわなければなりません。

ただ、近年はインターネット上から手続きもできるようになっているので、それほど問題にはならないかもしれません。

 

他は、運転免許証などの手続きに関しては案内が旧住所の方に行ってしまうため、下手をすると必要な手続き関係の案内を見逃してしまう可能性があります。
更には新住所で選挙権が行使できないなどの問題もあるので、やはりきちんと忘れずに住民票を移動させておきましょう。

転居届の提出について

他の区に引越しをする場合は元の住所で転出届を出して新住所で転入届を行うといった少し面倒な手続きが必要ですが、同じ区に引越しをする場合、転居届を提出しなければなりません。

教得 太郎さん

同じ区内に引越しの場合は転居届を提出するだけなので簡単ですね。
但し、期限は守りましょう。引越しから14日以内ですよ!!

これを過ぎた場合には過料を受ける可能性があります。

旧住所地の役場で手続きをしましょう。窓口で本人確認書類や、国民健康保険証などを提出して手続きを行います。

都内の引越しで行わなければならない手続きはたくさんある!

手続きといっても、一つひとつはそれほど面倒なことではありません。
特に役所関係の手続きはまとめてできるものもあるため、自分の場合はどのような手続きをしなければならないのかよく確認し、一日で済ませられるものはまとめて済ませておきましょう。

郵便関係の手続きやインターネット関係の手続きなどを、忘れてしまいがちなものもあるので、どのような手続きをしなければならないのか、何が済んだのかについてまとめてリストを作っておくのがおすすめです。

ライフラインに関する手続きも忘れずに

都内で引越しをする場合、行わなければならない手続きはいろいろあります。

引越 安子さん

他には何をすればいいのか教えて~

教得 太郎さん

他に必要になる手続きですが

  • 携帯電話、スマートフォンの住所変更
  • 新聞
  • 電気、水道、ガスの手続き
  • 郵便物の転送手続き

などがあります。

引越 安子さん

結構色々あるのね…大変

教得 太郎さん

そうでもないですよ!!
今はたいていの手続きがいちいち窓口まで行かなくてもインターネットで出来るんですよ。

 

忘れがちなのが郵便物の転送に関することです。
転送をお願いしておかないと前の住所に届いて郵便物が新しい住所に届かなくなってしまいます。
知り合いには事前に新しい住所を知らせておいた方が良いのですが、知らずに前の住所に届いた郵便物に関しては郵便局で手続きを行うと無料で転送してくれるのです。

窓口まで行かなくてもインターネット上で申し込みができるのでぜひ役立ててみてくださいね。

インターネットの手続きはお早めに!

また、インターネットの引越し手続きも忘れてはいけません。

教得 太郎さん

インターネット回線の手続きは早めにしておいてくださいね!
工事が立て込んでいる季節だったりすると申し込みから工事完了まで1~2か月かかるなんてこともありますから。

また、年末年始や引越しシーズンなどはインターネット工事の予約が立て込み、希望通りのタイミングで工事を開始してもらえない可能性もあります。
通常よりも長い期間がかかる可能性もあるため、工事の予約はできるだけ早めにしておきましょう。

回線会社プロバイダのホームページから手続きが可能です。
余裕を持って引越しの1か月ほど前から始めておきましょう。

車関係の手続きも忘れずに!

車やバイク関係の手続きも忘れがちです。

引越し 免許証1

原付バイクの場合、同一区内であれば住所変更の手続きは必要ありません。
ただし、他の区に引越す場合は、転居元の市区町村で廃車証明書を発行してもらい、それを新住所の市区町村役場に提出し、新しいナンバープレートをもらいましょう。

軽二輪バイクの場合は同一管轄内での引越しでも住所変更が必要となり、他の管轄になる場合は更にナンバープレートの変更も必要です。

小型二輪バイクの場合も転居先の管轄の陸運局で手続きが必要となり、異なる管轄内へ引越した場合はナンバープレートの変更が求められます。

自動車の場合は変更登録と呼ばれる手続きをしなければなりません。
管轄の陸運支局が変わらない場合はナンバープレートに変更はありませんが、陸運支局が変わる場合は車を持って行き、ナンバープレートを変更してもらう必要があります。

教得 太郎さん

免許証の住所変更手続きと駐車場関係の手続きも忘れずに!

引越し先に駐車場がない場合、駐車場も事前に探しておかなければなりませんよね。

契約までに時間がかかる可能性もあるため、できるだけ早めに準備を開始しておくのがおすすめです。
他は、車庫証明関係の手続きや住所変更手続きなどもあります。

また、忘れずに行っておかなければならないのが運転免許の住所変更です。
身分証明書として使うことも多いため、忘れずに手続きをしておきましょう。

都内の引越し業者の比較も忘れずに

都内 引越し チェックリスト

ご紹介したように、都内の引越しでも行わなければならない手続きはたくさんあります。
他にも学校関係の手続きやペットの手続き、保険や銀行口座、パスポート関連などやらなければならないことは山ほどあるのです。

忙しい時期に簡単に都内の引越し業者を探す方法はあるの?

教得 太郎さん

忙しいと面倒で適当に決めてしまいがちですが引越し業者の比較も忘れずにね!

引越 安子さん

そんな時間もないし、どこでもたいして変わんないんじゃないの??

教得 太郎さん

そんなことはありません!!!
引越し料金は業者によって全然違います。

引越 安子さん

いや、ほんとに引越し業者の見積もりを比較してる時間ないんだけど…

教得 太郎さん

そんな忙しい人にぜひ利用してほしいのが引越し一括見積もりサービスです。

引越 安子さん

なにそれ?

教得 太郎さん

引越し一括見積もりサービスとは

  • 24時間いつでも好きな時間にスマホやパソコンで
  • 住所などの必要事項の入力は一度だけ
  • 最大10社までの見積もりを請求できる
  • 早ければ返信までの時間が30分
  • 利用は無料

という便利なサービスなんですよ!

引越 安子さん

簡単で便利そう~

各業者によって料金が異なるため、しっかり引越し業者の比較をしましょう。
手続きの事は覚えていたものの、引越し会社の比較をすっかり忘れていて、直前になってから焦ってしまう方もいるようです。

教得 太郎さん

出来れば引越しの一か月前ぐらいまでに一括見積もりをしておきましょうね!
引越しの多い季節だとぎりぎりの申し込みの場合は見積もり自体が断られてしまうこともあります。

 

都内の引越し手続きについてのまとめ

都内の引越し手続きについて調べたことをまとめました。

  • 同じ区内で引越しをする場合は転居届を提出
  • 違う区への引越しは転出届と転入届を提出
  • 印鑑登録、マイナンバー、国民健康保険、児童手当等の手続きも必要
  • 引越し日から14日以内に提出する必要がある
  • インターネットの移転手続きは早めに取り掛かる
  • 郵便物の転送届も忘れずにしておく

引越しが決まるとばたばたと忙しいので手続き類をうっかり忘れてしまうこともあるのでチェックリストなどを作って手続きの漏れがないように気を付けましょう。 

また忙しくても隙間時間にぱぱっとできる一括見積もりサービスなどを上手に利用して都内の引越し業者を比較して少しでも引越し料金を抑え新生活をスタートさせましょう!

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 引越し 江東区

    相場を知れば可能に!江東区の引越し料金を格安にする方法

  2. コツがある!千葉市内の引越し料金を相場より安くする方法

  3. 引越し 県外 手続き 手順 やること03

    【引越し県外】手続き手順やること知っておきたいルール

  4. 熊本市 引越し

    料金の相場を知ってれば出来る!熊本市内で安く引越しする技

  5. 引越し ペット

    県外引越しで転出届がいるってホント?住所変更手続きを快適にする方法

  6. 安くなる方法を知りたい!大阪の冷蔵庫の引越しの料金は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP