県外への引越し

引越し 県外 固定電話 手続き01

【引越しで県外へ】固定電話 手続きについてみんなが知りたいこと

県外への引越し時の固定電話の手続きとは?!

引越し 県外 固定電話 手続き02

引越しに伴う手続きはたくさんありますが、固定電話をもっている方は、固定電話の手続きはどうしたらよいのだろう…と心配になりますよね。
ここでは県外への引越し時の固定電話の手続きについてまとめてみましょう。

固定電話の住所変更

引越しに伴い固定電話がある場合には、固定電話の住所変更が必要になってきます。
固定電話の住所変更は、電話での変更方法とインターネットでの変更方法があります。

■電話での変更方法
まず電話での変更方法としては、住所変更の手続き用の電話番号があるので、そちらに電話をしてもらえるとOKです。

116または、0120-166-166に電話をするようにしましょう。
NTT東日本であれば9時~19時まで、NTT西日本であれば9時~17時まで対応しています。

■インターネットでの変更方法
インターネット上での変更方法は、NTT東日本、NTT西日本それぞれのウェブサイトにアクセスして住所変更を行います。

同じ県内での引越しでも固定電話の手続き変更は必要になる?!

県外への引越しとなると、固定電話の手続きも必要となるだろうと感じるでしょう。
しかし同じ県内で、市外へ引越しする場合は固定電話を手続きするものなのか、どうなのかよくわからないという場合があるでしょう。
そこでここでは同一市内への引っ越しと、市外への引越し時の固定電話の引越し時の手続きについてもまとめてみましょう。

同一県内で市外へ引越しをする場合

また同一県内で市外へ引越しをする場合、NTT東日本かNTT西日本に電話やウェブサイト上での移行依頼をすることになります。つまり固定電話の手続きは必要となるのです。
市外へ引越しをする場合、NTT側の収容局が変更します。

そのため市外局番から電話番号の変更が必要となりますので、注意が必要です。
市外への引越し、県外への引越しは電話番号の変更が伴います。

同一県内、同一市内間での引越しの場合

次に同一県内、同一市内間での引越しの場合ですが、こちらも固定電話の手続きは基本的に必要となります。
電話番号は変わらずに使用できる場合もありますが、一度NTT側に確認が必要となるでしょう。
同一市内での引越しとなると、同じ電話番号を使用することもできますが、引越し前後でNTT側の収容局が異なる場合には、電話番号が変更となる場合もあります。
移行前にきちんと確認してみるとよいでしょう。

NTT東日本とNTT西日本では契約をし直す必要がある

県外へ引越しをされる場合、固定電話の管轄がNTT東日本からNTT西日本に変わる場合、反対にNTT西日本からNTT東日本に変わる場合もあるでしょう。
同じNTTではありますが、NTT東日本とNTT西日本は別の会社になります。
この2つの会社は連携していないため、管轄がNTT東日本からNTT西日本(逆も同じ)に変更する場合には、現在の契約を一度解約して、改めて契約しなおす必要があるのです。
ちなみにNTT東日本の管轄は、北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟です。
それ以外の府県はNTT西日本の管轄になるので覚えておきましょう。

 

固定電話の引越し時の手続きはどうやって行う?

固定電話の引越し時の手続きで必要な情報としては、現在の電話番号、電話の契約者氏名、現住所と新しい住所、請求書送付先の住所、工事の希望日などが必要となります。
引越しに伴う固定電話の移行には工事が必要になりますので、手続きを行う時に工事の予約をすることになります。
工事の日程は予約制になっており、すぐに工事の予約が取れない場合もあります。

引越しが決まったら、引越しの1ヶ月~2週間前までには、管轄のNTTに連絡をして工事の予約を取るようにするとスムーズに手続きが行えるでしょう。

過去で電話番号にかかってきた電話も転送サービスがある

引越しした後に知り合いなどが過去の電話番号に電話をかけてきた場合でも、移行の手続きをする時に3ヶ月間の電話転送サービスを受けることができるのです。
この電話転送サービスはうけるかどうかを自分で決められるますので安心ですね。

固定電話の移行費用はどれくらいかかるの!?

引越しに伴い、固定電話を移行させる場合、費用がかかります。
移行費用はまちまちですが2000~10000円前後が相場と言われています。
費用は工事の有無によっても異なり、新築一戸建てに引っ越しをする場合、電話線が引かれていないので、工事が必要となります。

一般的な賃貸のマンションやアパートは以前に電話線が引かれている場合が多いため、工事不要となり2000円程度の移行費用で済む場合もあるでしょう。
移行に伴い工事が必要かどうかはNTT側で調べてもらう必要があります。
またこの工事は居住者の立ち合いのもとで進められます。

引越しに伴う引越し業者選びは引越し見積もり無料一括請求サイトへお任せ

固定電話の移行手続きだけでも面倒な作業だと感じてしまうかもしれません。
引っ越し業者選びをする場合にはできるだけ簡単に行えるように引越し見積もり無料一括請求サイトなどの便利なサイトを利用してみましょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社の引っ越し業者から見積もりを請求することができますよ。

固定電話の引越し手続き まとめ

固定電話の引越しは手続き自体はそれほど難しくないですが、引越し先が県外だったりNTTの所管変更になる場合もあるので、1ヶ月~2週間前まで管轄のNTTに連絡して手続きの流れや費用などがどのようになるのかを事前にしっかり確認しましょう。

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 引越し やること 一覧03

    【保存版】快適な引越しのためのやることリスト一覧(時系列編)

  2. 品川区内 引越し 料金

    【ここだけの話】品川区内の引越し料金を安くする方法とは?

  3. 節約にはこれ!神奈川~都内の一人暮らし引越しのお悩み解決

  4. 都内引越し手続き住民票

    何をいつまでに提出?都内の引越し手続きチェックリスト!

  5. 東京 札幌 引越し 料金 相場

    そうだ、相場を調べよう!東京~札幌の引越し料金は安くなる

  6. 【これで解決!】引越し時の駐車場の解約と契約方法まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP