引越し業者選び

引越しの見積り メール 電話営業 注意点01

堅実で効率的な引越し見積りのためのメールや電話営業の注意点

引越しの見積もりメールや電話営業の注意点

引越しの見積り メール 電話営業 注意点02引越し業者選びをする場合、複数の引越し業者から見積もりを請求するのが一般的でしょう。
では引越しの見積もりを請求する際のメールや電話営業の注意点をまとめてみましょう。
どのような点に注意して見積もりを請求すれば、間違えずに引越し業者を選べるでしょうか?

引越し見積もりってどうやって請求するの?!

引越しの見積もりは、訪問見積もりが一般的です。
自宅を下見してもらって、間取りや実際の荷物量、周辺の道路の幅などの状況などを確認してから、引越し費用がどれくらいかかる業者側が計算して見積もりを出してもらいます。
しかし訪問見積もりの場合は自宅に、在宅しておかなければならないため、引越し前に忙しい時に何社もの訪問見積もりは受けられないという方も多いでしょう。
また一人暮らしの女性の場合であれば、部屋の中に男性のスタッフが入るのに抵抗がある…部屋の中を見られたくない・・という人もいるかもしれません。
もちろん引越し業者によっては訪問見積もりではなく、電話やメールでの見積もりに応対してくれるところもあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

電話やメールでの引越し見積もりはできるの?!

引越しの見積り メール 電話営業 注意点03

引越しの見積もり=訪問見積もりが一般的ではあるものの、メールや電話での引越し見積もり請求も可能な業者は増えています。
ただ多くの引越し業者では単身者の引越しのみ電話やメールでの見積もりに対応していることが分かりました。
単身者の引越しであればある程度荷物量は予測がつきやすいのですが、家族での引越しとなると荷物量もその家庭によってばらつきがあるため、電話やメールでのやりとりだけでは、正確な荷物量を把握することができない場合が多いんです。
各引越し業者の電話見積もりをする場合には、直接引越し業者に電話することになります。
引越し業者に電話見積もりをする際の流れとしては、電話での引越し見積もり請求は荷物量によって若干は違いがあるものの、15~30分程度で電話見積もりは完了します。
家具、家電の数さらにはそれらの大きさを電話を通して伝えななければならないため、5分程度で終わることはまずありません。
実は電話見積もりと言っても意外と時間がかかるんですね。

電話見積もりで伝える項目は各引越し業者によって若干の違いはあるものの、一般的には
・氏名
・電話番号
・引越しする人数
・引越し先の住所
・現在お住まいの住所
・現在住んでいる間取り
・現在住んでいる建物の階数、エレベーターの有無
・現在の住まいの建物に面する道路状況
・引越し先の建物に面する道路状況
・引越しを希望する日にち
・引越し希望時間
・引越し先に持っていく、家具や家電などの荷物の量と大きさ
・引越し先に持っていく、段ボールの数
これらの情報は正確に引越し業者に伝えなければならないので、しっかりと調べて電話する必要があります。

引越し見積もりを電話やメールでもらう時の注意点とは?

引越 安子さん

引越し見積もりを電話やメールでもらう時にはどのような点に注意したらよいのでしょうか?

教得 太郎さん

電話見積もりでは、引越し当日まで引越し業者のスタッフに家の中を見られることはない、部屋を片付ける必要がないため、利用する側としては非常にラクチンです。
ただし注意点もあります。
次に紹介する4つの点を覚えておきましょう。

教得 太郎さん

注意点1 見積もり連絡する時には家の中で電話を使って請求しよう

電話で見積もりを依頼する場合には、家の中で携帯電話で連絡をするとよいでしょう。
引越し見積もりは荷物量が非常に重要なキーとなります。
つまり荷物の量が分からなければ引越し見積もりの計算はできないのです。

そのため、外出先から連絡をしてしまうと、自分の家にどの荷物がどれくらいあるというのを正確に伝えることができなくなるため、電話をする場合には家の中で連絡するにしましょう。
家具や家電を確認できるように固定電話よりも、家の中の家具、家電をチェックしながら歩き回れるスマートフォンでの連絡の方がおすすめです。

教得 太郎さん

注意点2 事前に引越しする荷物量のだいたいを把握しておこう

引越し業者に電話で見積もりを請求する場合には、事前に引越しする荷物量をだいたいでよいので把握しておくとイメージしやすくなるでしょう。
訪問見積もりをする場合には、荷物量などは全て引越し業者が確認してくれることになるため、ある程度キレイにしておけばよいだろうと安易に考えてしまいがち。
しかし電話見積もりであれば引越し業者の営業マンは実際には家にいないのですから、自分が全ての荷物量を確認して、正確にその情報を引越し業者を伝えなければなりません。
特に自転車など部屋の中ではなく屋外に置いてある荷物は申告漏れが多いため注意が必要です。

教得 太郎さん

注意点3 電話する時にはメジャーを片手に持っておこう!

電話で見積もりを取る場合、業者側からサイズを聞かれることが良くあります。
そのため電話見積もりをする時には、手元にメジャーを用意しておくとよいでしょう。
家具や家電の大きさやサイズを測るのはもちろんですが、扉の大きさ廊下の幅の大きさなどを聞かれる可能性もあるので気を付けなければなりません。

教得 太郎さん

注意点4 電話見積もりをする前は携帯やスマホの充電はきちんとしておこう

引越し電話見積もりはある程度の時間がかかるため15~30分程度の余裕をみておくとよいでしょう。夕方などは充電がなくなってしまう…なんてトラブルも起こるのでスマホや携帯も充電できるような環境を整えておくことが重要です。

電話見積もりはメールでの見積もりに比べて引越し費用が割高になるって本当?!

電話による引越し見積もり請求は、訪問見積もりに比べると荷物量が正確に把握することができません。
そのため引越し業者としては当日荷物が入りきらなかったということがないように、高めの値段設定になっている場合が多いでしょう。
そのため電話見積もり書は通常の訪問見積もり書に比べるとどうしても値段が落ちてしまいます。

電話見積もりのメリット、デメリットとは?

引越 安子さん

電話見積もりのメリット、デメリットってありますか?

まずメリットから教えてください。

電話見積もりのメリットとしては、家の中を見られなくて済むということがあります。
特に女性の1人暮らしであれば引越し業者の人に部屋の中を隅々まで見られることに抵抗がある人もいるでしょう。
そしてもう1つ、訪問見積もりのためにわざわざ部屋を片付ける必要がないというのもメリットと言えるでしょう。
訪問する営業マンは男性がほとんどですので、女性では抵抗がありますし、片付ける必要もないのはありがたいですね。

引越 安子さん

次に覚えておきたいデメリットを教えてください。

デメリットとしては口頭で全ての情報を伝えるのが大変であるということです。
大きさなどサイズ感を伝えるのは非常に大変です。
また電話見積もりは意外と時間がかかるということや、対応してもらえる引越し業者も限られているという点もデメリットでしょう。
さらに通常の見積もり請求に比べて電話見積もりで請求した見積もり額は引っ越し料金が高くなる傾向があります。

引越し見積もり無料一括請求サイトで見積もり請求すると業者からの電話営業はあるの?

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すると、請求して10分もたたないうちに引越し業者から電話がかかってきます。
引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で複数の引越し業者から見積もりが依頼できるとあって非常に効率よく引越し業者選びができます。
手軽に引越し見積もり依頼ができるのですが、依頼した業者の数だけ見積もり結果の連絡が電話やメールがくるわけですから、その点はデメリットともいえるでしょう。
業者からの電話連絡を避ける方法がないわけではありません。
見積もりを請求する時に、「連絡は電話ではなく、メールでお願いします」と備考欄に追記しておけば、電話ではなく、メールで連絡がくる業者が多くなるでしょう。
しかし業者によってはメールでの見積もり結果を出すことができないという業者もありますし、確認と名目で電話連絡がかかってくる場合もあります。
不必要な営業電話を行ってくる悪質な引越し業者もあるので気を付けなければなりません。

どのような電話がかかってくるの?電話営業の内容とは?

見積もり依頼をすると各引越し業者から連絡がかかってきます。
電話連絡の内容は、見積もり依頼に対する確認や見積もり結果の報告であることがほとんどです。
営業用の連絡ではない場合多いでしょう。
見積もり後にかかってきた電話に関しては訪問見積もりの案内や訪問見積もりの日時確認などが多いでしょう。
一括見積の時点で、2~3社の候補に入らなかった業者に関しては早めに電話がかかってきた時点でお断りの旨を伝えておくべきでしょう。

しつこい電話は鳴りやまない場合もある?!

引越し業者の中にはしつこく何度も何度も電話をかけてくる場合があります。
また複数の業者にたくさん見積もりを請求してしまった場合、複数の業者から同じ時間帯に電話連絡が殺到してしまうことも…
見積もり依頼後この電話連絡攻撃がストレスになってしまうこともあるでしょう。

電話を無視し続けていても電話連絡は鳴りやみません。
相手からの電話連絡を回避したいのであれば、一度きちんと対応するのがよいでしょう。
興味のない引越し業者にはきっぱりと断りの連絡を入れておくべきなのです。

また電話での対応はできないので、メールでの対応に切り替えてほしいと言ってみるのも1つの手でしょう。

見積もりサイトの中には電話連絡なしで見積もり請求できるものもある?!

電話での連絡を取るのが億劫という人は多いでしょう。
電話連絡せずに引越し見積もりを請求したいという人は、電話番号入力が必須ではない、
引越し見積もり無料一括請求サイトを利用するとよいでしょう。
そうすれば電話番号を入力しないですむのでしつこい勧誘を免れることができます。

まとめ

単身の引越しでインターネットが苦手な人や電話連絡の方が良い人、訪問見積もりを避けたい人などは、電話やメールで引越し見積もりをしてくれる業者にお願いしてみましょう。
ファミリーなどの大きな引越しや、時間をかけずに多くの業者からの見積もり比較をしたい場合は、やはり引越し見積もり無料一括請求サイトの利用をおすすめします。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 全員自社スタッフで口コミ高評価のアーク引越センターとは?

  2. 都内の引越し、引越し業者と運送業者安いのどっち??

  3. 引越し 一括見積もり 比較 注意点01

    絶対見ておくべき、日本の引越し 一括見積もり比較の注意点

  4. 引越しにはどんな割引がある?

    引越しにはどんな割引がある?本気で解説します!

  5. 引越し 訪問見積もり 値引き交渉01

    今のうちに確認!引越し訪問見積もりの値引き交渉術

  6. 引越し相見積もりする時の知っておきたいメリットデメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP