単身引越し

品川区内 引越し 料金

川崎市内の引越し料金節約術!知れば知るほどお得です

川崎市内の引越し料金をいかにして節約するか?

川崎市内の引越し料金01
川崎といえば面積はそれほど広い都市ではありませんが、100万人を超える人口を誇る人気のエリアです。
新興住宅地もたくさんあるので、今後更に大規模な土地開発も期待できるでしょう。
他地域へのアクセスも良く、多くの商業施設もあることから非常に暮らしやすい地域だといえます。

川崎市内で引越しをする場合、費用についてもよく確認しておいた方が良いでしょう。
ここでは川崎市内で引越しをする場合の引越し料金を、少しでも節約するにはどうすれば良いのか考えてみましょう。

川崎市内を家族で引越す場合、料金相場はどれくらい?

引越し業者を決める前に、まずは相場についてチェックしておくと、自分が検討している引越し業者が高いのか?安いのか?ということもわかりやすくなります。
気になる相場についてですが、家族で引越しをする場合、家族構成によって引越し料金に大きな差が出てきます。
川崎市内での一般的な引越し料金相場をまとめてみました。

2人家族55,000~90,000円
3人家族65,000~110,000円
4人家族110,000円~

家族の人数が増えるとともに、引越しの荷物量も増えますよね。
4人家族でもかなりシンプルに少ない荷物量で生活している方であれば、3人暮らしでの引越しとそれほど変わらない料金になる場合もありますが、荷物量が多いと4人家族で250,000円を超える費用がかかる場合もあります。
いらない荷物は処分するなどして、できるだけ引越しの荷物を減らすようにしましょう。

相場よりも安く引越すためのポイント

引越 安子さん

引越し料金を安く抑えるコツはありますか?

教得 太郎さん

相場より安く引越したいのであれば、できるだけ繁忙期は避けるのがいいでしょう。

1年の中でも3月~4月は引越し業者を利用して引越す方が多いため、どの業者でも料金が高めに設定されています。
この時期は値引き交渉も難しくなるので、引越しの時期を自由に選択できるのであれば3月~4月は避けておきましょう。

転勤シーズンと言われているのが9月です。
この時期も引越し業者にとっては繁忙期ではありますが、3~4月ほどではないためそれほど極端に料金が変わるわけではありません。
できれば避けておいたほうが無難ではありますが、9月にしか引越せない場合は9月でも特に問題はないでしょう。

引越 安子さん

子どもの学校や仕事の都合で、引越しの時期は変えられません。

教得 太郎さん

そんな場合は曜日に注目してみましょう。

引越し業者は基本的に、予約が殺到する時の料金設定を高めにしています。
引越しシーズン以外で予約が殺到する時といえば、土日や祝日です。

引越しシーズン以外でも土日や祝日は料金が高めに設定されているので、できるだけ避けておきましょう。
時期によってはそれほど変わらないケースもありますが、これは実際に見積もりを取ってみなければわかりません。

できれば土日祝日に引越しをしたいと思っているけれど、あまりにも料金が違うようであれば有給を使ってでも平日の引越しを検討している…という方もいるでしょう。
このようなケースでは、実際に引越し業者に平日と休日の両方の見積もりを作ってもらい、双方を比較するとわかりやすいですね。

それから、曜日に関係なく大安は引越しを選択する方が多いので避けておいたほうが無難です。
反対に、仏滅は引越しを避ける方が多いことから引越し業者によっては仏滅割引を用意しているところもあるので、気にしない方は利用することも検討してみましょう。

教得 太郎さん

また、引越しの時間を検討することも効果的です。

午前中からの引越しはどうしても料金が高く設定されているので、フリー便を選択してみてくださいね。

フリー便は業者にとって都合の良い時間帯に来てもらうプランなので、朝一からの作業をお願いするのに比べると料金を大幅に抑えられます。

引越 安子さん

引越しの荷物が、思っていたよりも多くなりそうなのですが・・・。

教得 太郎さん

荷物量が多くなればなるほど料金が高くなるため、不要なものは事前にできるだけお得な方法で処分しておきましょう。

例えば、フリマアプリに出品するのも良いですし、それが面倒な場合はまとめてリサイクルショップに持ち込むのもおすすめです。
リサイクルショップに比べるとオークションやフリマアプリの方が高値が付きやすいので、できればこちらから検討してみてはどうでしょうか。

注意しなければならないのはオークションやフリマアプリを使って出品する場合は取引が完了するまでに時間がかかるということ。
引越しまで時間がなく、すぐにでも引越しの手続きをしなければならない方などには向いていません。

相場を正しく理解することが大事!

できるだけ相場より安く引越したいと考える方が多いのですが、そもそも自分の引越しの相場はどれくらいかを正しく理解できているでしょうか。

上記で一般的な相場についてご紹介しましたが、引越しをする時期や荷物量が違えば料金も大きく異なります。
大切なのは自分が引越した場合の正しい相場を知ることです。

ではそのためには何をすれば良いのか?というと、実際に引越し業者に見積もりをお願いしてみましょう。
といっても引越し業者はたくさんあるし、どの業者に依頼すれば良いのかわかりませんよね。
引越し業者は料金が高い=品質が良いというわけではないため、費用が安くて評判の良いところを見つけたいですね。

おすすめなのは、できるだけたくさんの引越し業者を比較することです。
比較する数が多いほど相場もはっきりわかるので、たくさんの業者に見積もりを依頼してみましょう。
ただ、見積もりを取る数が多くなればなるほど手間もかかります。

この手間を抑えるために役立つのが一括見積もりサービスです。
無料で利用できる引越しの一括見積もりサービスを使うと、たくさんの引越し業者に対してまとめて見積もりを依頼できるので、そこで提示された引越し料金を平均してみれば簡単に相場がわかります。
洗濯機のみの引越しの運送・設置・引き取り05
その相場と提示された引越し料金を比較して極端に高いところを避けておけば、間違って高い業者に依頼してしまうような心配もないでしょう。
引越し料金の見積り比較をせずに引越し業者を1社のみで決めてしまうと、引越し料金が高いところを選択してしまったのに気づけない可能性もあるので注意が必要です。

川崎市内の単身引越しの料金を節約するには?

川崎市内の引越し料金02
川崎市内を単身で引越しをする場合の引越し料金についても、きちんと確認しておきましょう。

引越しの移動距離が長くなればなるほど高い料金がかかるのですが、市内であればそれほど料金もかからないような気がしますよね。
果たして本当にそうなのでしょうか。

川崎市内の単身引越し料金相場はどれくらい?

川崎市内であればどこに引越すにしても、大体20キロ以内になるでしょう。
なので、20キロ以内の引越し料金相場をチェックすれば、いくらくらいの引越し料金がかかるのか大体予想できます。

荷物が少ない単身者30,000~40,000円
荷物が多い単身者35,000~60,000円

単身者はかなり安く引越しが済ませられるように思うかもしれませんが、大きなポイントになってくるのが単身パックが選択できるかどうかでしょう。

単身パックとは、荷物量の少ない一人暮らしの方に最適な引越しプランのことなのですが、運べる荷物量はそれほど多くないため、単身者でも荷物量が多くなると単身パックが選択できなくなる可能性があります。

一般的な一人暮らしで最低限必要になる程度の荷物しかない場合は単身パックが利用できる可能性もあるので、そちらもチェックしてみてくださいね。
単身パックが利用できた場合、10,000円台後半で引越すことも不可能ではありません。

かなり開きがありますが、引越しの時期や条件によっても料金は大きく変わってくるので、できるだけ余裕をもってお金を用意しておきましょう。

もちろん、一人暮らしだからといって必ずしも単身パックが安いとは限りません。
様々な業者と各プランを比較しながら、自分にとって最適な引越しプランを選択することが重要です。

川崎市内を単身引越しするならここがポイント!

川崎市内の単身引越をする際には、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
家族での引越しに比べると簡単な引越しで済むため、費用もそれほどかからないし準備も楽なのでは?と思ってしまいがちですが、単身の引越しだったとしてもしっかり準備をして取り組まないと失敗してしまう可能性があるので注意しなければなりません。

教得 太郎さん

ここで川崎市内での単身引越しで、注意しておきたいポイントなどについてご紹介します。

自力での単身引越しについて

お金にあまり余裕がない学生さんが選びがちなのが、自力引越しです。
それほど荷物量が多くない方の場合、友だちや親族に声をかけて手伝ってもらい、自力で引越しをしようと思うこともあるでしょう。
ただ、極端に荷物量が少ない方でも、自力引越しはおすすめできません。
なぜなら、家具や家電の中にはかなり大きくて重いものもあり、素人が運ぶのは難しいからです。

例えば、洗濯機や冷蔵庫だけでもかなりの重さがありますよね。
何人かで協力して運べたとしてもその最中に体を痛めてしまったり、床や壁を傷つけることもあるかもしれません。
そのような場合は弁償しなければならないので、思っていた以上に費用がかかる可能性もあるでしょう。
川崎市内の引越し料金03
さらにレンタカーを借りることになれば費用が5,000円前後かかります。
ガソリン代についても考えなければなりません。
無料の段ボールを用意しきれなかった場合は段ボール代も2,000~3,000円ほどかかるでしょう。

他に、手伝ってくれた人へのお礼として、1人あたり5,000円程度の謝礼を支払うのがマナーです。
そう考えると単身の引越しであっても、安くても20,000円以上の費用がかかることになるでしょう。

業者を利用した単身引越しについて

川崎市内で単身の引越しをする場合、業者を頼んでも20,000円~30,000円程度で抑えられる可能性があります。
場合によっては、業者に依頼して単身パックを利用した方が安く済むようなケースもあるのです。

当然ながらプロが作業をしてくれるので早く済みますし、安全性も高いですよね。
同じような費用をかけて自力引越しをするメリットはほとんどないといえるでしょう。

例えば、引越しを予定していた当日が雨や雪だった場合、天候が悪いからといって引越し予定日を変更するのは難しいですよね。
自力引越しだと慣れない作業に加えて悪天候の影響も大きくなって手間取ってしまいますが、引越し業者に依頼しておけば問題ありません。
川崎市内への引越しだったとしても、やはりプロである引越し業者に依頼した方が安全で確実だといえるでしょう。

引越し業者に依頼するのであれば、まずは単身パックを検討し、費用が安く抑えられないか検討してみましょう。
単身パックは一般的なプランよりも安い料金が設定されているので、これが選択できれば格安で引越しができます。

ただ、単身パックが選択できないからといって、極端に料金が跳ね上がるようなことはありません。
その場合は個人の荷物量に応じた単身プランが選択できるので、家族での引越しなどに比べると料金は抑えられるでしょう。

引越し業者の比較について

引越し業者も選択肢がたくさんありますよね。
川崎の単身引越しで失敗しないためには、自分にぴったりの業者を探すことが大切になります。

引越し業者を比較するポイントは料金だけではありません。
反応の速さや、対応の丁寧さなども気になりますよね。
どの引越し業者が自分に最も合っているのかを調べるためには、複数の業者に問い合わせをして反応を確認してみるといいでしょう。

引越し業者を調べて一社ずつ問い合わせをしていく方法もありますが、この方法ではどうしても時間がかかってしまいますよね。
引越し前は何かと忙しいので十分に比較の時間が取れない方もいるでしょう。

そこで、無料で利用できるインターネット上の一括見積もりサービスを使ってみてはどうでしょうか。
このサービスを活用すれば、たくさんの引越し業者の中から自分にとってピッタリの業者がわかります。

各社の料金の違いも一目でわかるので、安くて反応の早い業者を探すのにも役立ってくれるでしょう。
川崎市内の単身引越しで選択できる引越し業者はどこなのかわからない場合も、自動でピックアップしてくれるので安心です。

川崎市内の引越しに必要な手続きとは?

川崎市内の引越し料金03
引越しをする際には、様々な手続きが必要になります。
例えば、川崎市内で引越しをする場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

転居届の提出を忘れずに!

川崎市外に引越すのに比べると、必要な手続きは多くありません。
ですが、転居届の提出が必要なので、忘れないよう注意しておいてくださいね。

転居届とは何かというと、住民票を異動させるための手続きでもあります。
住民票は様々のタイミングで必要になる大切な書類なので、転居届の提出を忘れてしまうと、いざ住民票が必要になった時に面倒です。

転居届の提出をするのは、移転した日から14日以内と定められているので、できるだけ早めに手続きをしましょう。

届け出の窓口となるのは新住所地や旧住所地の区役所区民課、支所区民センターなどです。
これらの施設に本人確認書類として

  • 免許証
  • 写真付住民基本台帳カード
  • 通知カード又は個人番号カード
  • 国民健康保険被保険者証
  • 後期高齢者医療被保険者証

などを持って手続きに行きましょう。
川崎市内での受け付け時間は月曜日から金曜日は午前8時30分~午後5時、第2・第4土曜は午前8時30分~午後0時30分となっています。
ただし、支所区民センターは第2・第4土曜の受け付けは行っていないので注意しておいてくださいね。

教得 太郎さん

子どもがいる場合は学校や児童手当に関する手続きが必要になる場合があります。
こちらも一緒に確認しておきましょう。

川崎市内の引越し料金についてまとめ

川崎市内の引越し料金を少しでも節約するにはどうしたらいいのか、わかった点をまとめてみました。

  • 引越し料金の相場をチェックする
  • 引っ越し繁忙期(3月、9月)を避けて引越しする
  • 土日祝よりも平日を選ぶ
  • 時間指定しないほうが引越し料金は安くなる
  • 不要なものは処分する

川崎市内の引越し料金相場を調べ、正しく理解すれば、引越し業者を選ぶ際にきっとお役に立つはずです。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 意外とラク!市内間と市外、県外の引越し手続きの違いとは?

  2. 注意点!単身パックで運べる本棚のサイズ・梱包・中身まとめ

  3. 引越し料金総額の目安は?単身、家族の相場一覧

  4. 【保存版】快適な引越しのためのやることリスト一覧(手続き編)

  5. 荷物多め 荷物少なめ 一人暮らし 引越し

    荷物多め?少なめ?あなたはどっち?一人暮らしのお引越し

  6. 一人暮らし ポケット WiFi

    一人暮らしならポケットWi-Fiにしよう!その3つの理由とは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP