単身引越し

余裕を持って準備に!一人暮らしの引っ越しの準備期間は?

[記事公開日]:2018/04/09[最終更新日]:2020/06/26

一人暮らしの引越しであれば荷物も少なく、準備もそれほど時間がかからないだろう・・と考えがちです。
特に仕事や学校で忙しい一人暮らしの人は引越し準備にそれほど時間が欠けられないという人も多いです。
では一人暮らしの引越しでは、どのくらいの準備期間が必要なのでしょうか?
ここでは一人暮らしの引越しの準備期間についてまとめてみましょう。

一人暮らしの引越し準備~1か月前にやること~

引越 安子さん

引越しの準備って何時から何を始めればいいの??

一人暮らしの引越しをスムーズに行うためには、引越し準備のスケジュールを立てておくとよいでしょう。
引越しの準備期間は2週間~1ヶ月と言われています。
2週間前から引越し準備をすれば間に合いますが、余裕を見るのであればできれば1ヶ月前から準備するとよいでしょう。

教得 太郎さん

1か月前に始めておいた方がいいことは

  1. 引越しの手段を決定する
  2. 業者に依頼する場合は様々なプランを検討する
  3. 見積もりを依頼して比較してから業者を決める
  4. 引越しに伴う各種手続きをし始める

などがあります!

引越しの手段を考えよう!

一人暮らしの引越し準備をスムーズに効率よく行うためには、準備リストをまとめておくとよいでしょう。
引越し前に何の準備をどのタイミングで行うのかを、スケジュール立てておくと、慌てることなく引越し準備ができます。
またやり忘れてしまう・・・ということもないでしょう。

大家に連絡をしておく
教得 太郎さん

引越しが1ヶ月前には、現在住んでいる家に引越しする旨を伝えなければなりません。

すでに一人暮らしをしている方は賃貸物件に住んでいる方が多いでしょう。
そのような方は引っ越しが決まったらできるだけ早く、今住んでいる家の大家さんは不動産屋さんに引越しする旨を連絡します。

教得 太郎さん

連絡が遅くなってしまうと、旧住居と新住居の2つの家賃をダブルで支払うことになってしまうので注意が必要です!

引越 安子さん

きちんと早めに連絡しておかないとすごい出費になるね…

また月の途中で引越しをすることになった場合には、旧住居の家賃は日割り計算で支払うことになります。

自力引越しなのか業者なのか

また引越しが決まった時点で、引越し業者に依頼するのか、自力で引越しをするのかを決め手いきます。
引越しが多い引越しハイシーズンと呼ばれる2~4月、9月~10月は引っ越し件数が多いため、引越し業者に依頼するとなっても希望日に予約が取れない…なんてこともあります。

引越 安子さん

早めに決めておかないと駄目だね~

教得 太郎さん

そうですね。
引越しが決まった時点ですぐに引越し業者を抑えておくことが重要ですね!

また引越しまでに時間がある場合、引越し業者選びもじっくりと行うことができます。
時間がないと、1社に見積もりを依頼してそのまますぐに契約してしまう…というケースが多いのですが、これは非常にもったいないです。
引越し業者を選ぶ時には必ず複数の引越し業者に見積もりを依頼するようにしましょう。
複数の引越し業者に見積もりを依頼しなければ、引越し料金の相場をつかむこともできませんし、提示された見積もり額が適正なのかどうかも判断しづらいです。
最低でも4~5社から引越し見積もりを依頼するようにしましょう。

直前に引越し見積もりを依頼するとバタバタしてしまいますし、値下げ交渉などに応じてくれないケースが多いです。
時間があれば、値下げ交渉もできますし、早期割引などが適用される場合もあります。

特に単身引越しプランの場合、早期割引、平日割引などのお得な割引サービスなども豊富です。

引越 安子さん

引越しにあんまりお金かけたくないから割引サービスとか出来るだけ利用したいな~

引越し業者の選び方は?どうやって選ぶべき?

引越し業者はたくさんあるのでどこを選べばよいか分からない…なんてことも多いでしょう。
引越し業者の選び方としては、引越し見積もり無料一括請求サイトの利用がおすすめです。
引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社の見積もりを請求することができます。
10社の見積もりを請求すればどこの引越し業者の見積もりが安いのか、高いのか、サービス内容に違いがあるのか?など各引越し業者で比較することが可能です。
引越し見積もり無料一括請求サイトは無料で利用できますし、1回の請求で最大10社からの見積もり依頼が可能になっています。
非常に手軽に利用できるのでおすすめのサイトと言えるでしょう。

また引越し見積もり無料一括請求サイトで2~3社に引越し業者を絞って、そこから訪問見積もりを依頼するのもおすすめの方法と言えます。

おすすめの単身パックとは?

教得 太郎さん

一人暮らしの引越しの場合、単身者用の引越しプランがおすすめです。

単身者用の引越しプランは、単身パックと呼ばれており、荷物が少ない単身者におすすめの一人暮らし用の引越しプランになります。
単身パックは専用のコンテナボックスに荷物を詰め込んで輸送する引越し方法であり、コンテナボックスの大きさで価格が設定されているのでリーズナブルな価格での引越しが可能となっています。

一般的な引越しではトラックをチャーターして荷物を輸送する方法になりますが単身パックでは専用コンテナボックスに荷物を詰め込んだら、そのコンテナボックスごとトラックに詰め込んで混載便で輸送することになるので、トラックチャーター代がかからず輸送費を安く抑えることができます。
また人件費の削減にもつながるのでコストを抑えて引越しが可能なのです。

引越 安子さん

単身パック以外に安いプランってないのかな~

各種手続きも忘れずに行おう!

引越し前の準備として、各種手続きもしなければなりません。
一人暮らしの引越しでは各種手続きを忘れがちなのでわすれずに手続きするようにしましょう。

引越 安子さん

何の手続きが必要なの??

ネット関係の住所変更や新規契約、郵便物の転居転送サービス、電気、ガス、水道の契約手続き、役所関係の手続きなどになります。
郵便物の転居転送サービスは1年間旧住所に届いた郵便物を、新住所に転送してくれるサービスになります。
郵便局で転居転送サービスの手続き書に記入するだけでOKなのでとてもラクチンです。

電気、ガス、水道の手続き

電気、ガス、水道の契約については、各電力会社、ガス会社、水道局に自分で引越しする旨を伝えることになります。
旧住居と新住居で契約している電力会社、ガス会社、水道局が同じ場合であれば、旧住居での使用の停止と新居での開始時期を連絡すればOKです。その後住所変更をすれば手続きは完了です。
ただ長距離での引越し場合、管轄の電力会社、ガス会社、水道局は異なることが多いです。
その場合には、まずは旧住居で契約している会社に利用停止の連絡を電話やメールで伝えます。
料金に関しては日割り計算してもらい、精算すれば手続きは終わりです。
次に新住居で利用する電力会社、ガス会社、水道局に連絡を入れて引越し日を連絡して、使用できる状態にします。

またガスに関してはガス栓をしめる時、開ける時に立会いでの作業になるため早めに連絡しておくことをおすすめします。

役所関係の手続き

役所関係の手続きは転出届や、転入届になります。
その他、国民年金や国民健康保険に加入している人はそれらの住所変更も必要になります。
転出届は引っ越しまでに提出し、転入届は新居先の市区町村役場にて提出することになります。
引越しから14日以内に提出するようにしましょう。

その他、クレジットカード、銀行などの住所変更、生命保険の住所変更、運転免許証の住所変更などもあります。

1か月前にしておくことリストをチェック!

◆ 1か月前にしておくこと!
 大家さんに連絡は終わりましたか?
 引越し方法は決定しましたか?
 引越し業者は比較しましたか?
 割引プラン等も利用できるのか確認しましたか?
 ライフライン等の手続きについてもチェックしましたか?

一人暮らしの準備~2週間前にやること~

教得 太郎さん

2週間前に始めておいた方がいいことは

  1. ダンボールを確保する
  2. 使わないものから荷造りを始める
  3. 不用品は処分しておく

があります。

家具や家電に関しては基本的に引越し当日に引越し作業スタッフが梱包してくれるので特に準備は必要ありません。
ただ冷蔵庫と洗濯機は中身を空っぽにして水抜き作業をしておかなければなりません。

また食器棚、本棚を持っている一人暮らしの方は、棚に入っている物を全て取り出し、ダンボールに梱包しておく必要があるでしょう。

不用品の処分に取り掛かろう!

不用品の処分に関しては、様々な処分方法があります。
粗大ごみは役所の粗大ごみ回収サービスが一番安いですが、不用品回収業者やリサイクルセンターなどもあるので、どの方法で処分するのがよいのか検討するとよいでしょう。

引越 安子さん

不用品の処分にお金と手間をかけたくないんだけど…

また引越し前には新居先での家具配置を考えておきましょう。
配置先を考えておくこと、当日の搬入がスムーズになります。
ベッド、冷蔵庫、洗濯機など大きいものはサイズをはかっておくようにしましょう。

ダンボールの確保も忘れずに

利用する引越し業者によっては無料で梱包資材を用意してくれる業者もありますが、単身者向けの引越しプランの場合、ダンボールなどをもらえずに自分で用意しなければいけなかったというケースも少なくありません。

教得 太郎さん

ダンボールがないと荷造りできないため、ダンボールはしっかりと確保しておくようにしましょう。

またサイズが揃わない箱やダンボールを利用して荷造りしてしまうと、梱包したり荷ほどきしたりするのが大変になることもあるので、サイズのあった段ボールで梱包することがおすすめです。

ダンボールを確保したら、時間がないのでできるだけ早めに荷物を梱包していきます。

荷物を分別して梱包すると荷ほどきが楽になるので、新居先で置く場所を考えながらダンボールに仕分けして梱包していくようにしましょう。

2週間前にしておくことリストをチェック!

◆ 2週間前にしておくこと
 荷造り用のダンボールの準備は終わりましたか?
 季節外の物、使わないものから荷造りは始めていますか?
 ダンボールの外側に何が入っているのか記入していますか?
 不用品の処分を始めていますか?
 冷蔵庫の中を空にする準備は始めていますか?

 

一人暮らしの引越し準備~引越し当日にやること~

教得 太郎さん

当日に確認しておくことは

  • 全ての荷物を積み込んだのか

がとても大事ですよ!

引越し当日には最後に残った荷物の荷造りをします。
照明なども自前のものであれば、忘れずに取り外して梱包しておくようにしましょう。

忘れやすい物に要注意!

忘れやすいものとしては、自転車、物置に置いている荷物など部屋の外にある荷物は、忘れてしまいがちなので気を付けておきます。

貴金属など貴重品がある場合は、引越し業者にお任せするのではなく、自分でもっていった方が、トラブルを回避することができます。
また女性の一人暮らしの方は、下着などもしっかりと梱包しておくようにしましょう。

オプションなどをうまく利用すると楽に引越しできる

どうしても引越し準備に時間がないという人は、ハウスクリーニング業者やエアコンの取り付け取り外し業者などオプションを利用するとよいでしょう。
荷物の梱包はできても部屋の掃除まで時間がないという時には、ハウスクリーニング業者がおすすめです。
ハウスクリーニング業者の業務内容は様々であり、全面的な部屋のクリーニングをするコースもあれば、部分的な対応をしてくれるコースもあるのでおすすめです。
ハウスクリーニング業者選びも複数見積もり請求をするとより安く依頼することができるでしょう。

一人暮らしの引っ越し準備期間についてのまとめ

一人暮らしの引っ越しの場合の準備について調べたことをまとめました

  • 一か月前までに大家に転居の連絡をしておく
  • 引越しの方法について検討をしておく
  • 引っ越し業者に依頼する場合は早めに手配しておく
  • 手続きについても出来るものから早めにしておく
  • 2週間前ぐらいから梱包作業等を始める
  • ダンボールは早めにそろえておく
  • 当日は忘れ物がないのかチェックは入念に

引っ越し当日にばたばたしないためにも早め早めに余裕をもって準備期間を取っておきましょう!

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. トラブルにならないために!家電の引越し準備は入念に!

  2. 引越し費用

    土日より平日がお得って本当?これが引越し費用の真実だ!

  3. 慌てない!家族の住む家からの引っ越し準備で必要な期間は?

  4. 勉強机の引越し料金を安くするには?分解、組み立てのコツ

  5. もっと安くできる?!都内の単身引越しの見積もりのコツ!

  6. 引越し単身パックの費用と相場は?引越し業者を徹底比較!

    引越し単身パックの費用と相場は?引越し業者を徹底比較!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP