単身引越し

急な引越しでも大丈夫?!単身赴任の引越し準備をチェック!

単身赴任で引越しになると、仕事をしながら引越しの準備もしなければならないので非常に大変です。
また単身赴任は発令が出てから引越し日までに時間がほとんどないので、効率よく引越し準備を行っていく必要があります。

引越 安子さん

急いで準備するにはどうすればいいの?

やるべきことに優先順位をつけて、準備をするようにしたいですね。
ここではスムージーに引越しできるように単身赴任の引越しでやるべき準備についてまとめてみましょう。

単身赴任の引越しまでの流れ、準備を把握しておこう

単身赴任が決まったら引越しすることになります。
単身赴任の引越し準備をスムーズに行うためにも、準備はしっかりと把握しておくようにしましょう。

教得 太郎さん

引越し準備の手順として大きくは

  1. 新居を探す
  2. 引越し業者を決める
  3. 各種手続きをする

となります

新居探しから始める

一般的には会社からの転勤発令から赴任までにまずはじめにしなければいけないのが新居探しです。

教得 太郎さん

注意することとして会社によって新居探しの方法は異なります。

大手企業であれば独身寮に入寮する場合や、会社が保有する社宅に入居するケース、会社が用意している借り上げ社宅がある場合もあるでしょう。
この場合には自分で新居探しをする必要はありません。
それ以外のケースでは、自分で新居を探さなければなりません。
家族を残して単身赴任する場合には、家族の生活で単身赴任での生活でWで出費が増えてしまいます。

そこでできる限り家賃は抑えておきたいものです。

家賃を抑えるには?

一般賃貸で安い物件を探したり、家具家電付のワンスリーマンションのような賃貸住宅を利用するのもよいでしょう。
初期費用が安く済み、引越し荷物が少ない、引越し料金の節約にもなります。
さらに退去の際も、そのまま出ていけばよいので身軽に行動することができます。

ただ家具家電付の賃貸住宅は割高になる物件もあるので、その点は考慮するべきです。
短期でスムーズに効率よく引越しをしたい単身者や単身赴任の人にはおすすめの物件と言えるでしょう。

物件探しは、現地の不動産屋さんや、ネット情報で確認することができるので、ある程度物件を絞っておくとよいでしょう。
また単身赴任の場合、早急に新居先を決めて、引越しをしなければならないので、あまり猶予がありません。
必要書類などを事前に聞いて準備しておくと、物件見学から契約まで1日で完了するでしょう。

引越しする荷物量の確認と引越し業者選び

新居先が決まったら、引越し業者選びをすることになります。
単身赴任が決まって引越しまでに時間がないという時には、早急に引越し業者を選ぶようにしましょう。
引越し業者選びは時間があればあるほど、お得に引越しをすることができます。

教得 太郎さん

直前の契約になると、割引にも応じてくれませんし、引越し業者側も高い値段設定を提示してくるケースが多いです!

できるだけ早く決めれば価格交渉をする時間もありますし、いろいろな引越し業者と話をすることもできるでしょう。

引越しの荷物の量を把握しよう
引越 安子さん

何を持っていったらいいのかな?準備のし忘れとかありそうだな~

ベッド、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなど大型の家具や家電は家にあるものを持っていくのか?新居に入ってから購入するのか?などの条件によって引越しする荷物量も変わってきます。
引越しする荷物量が分かればだいたいの見積もり額も分かりますので、あらかじめ把握しておくことをおすすめします。

引越 安子さん

引越し業者ってどうやって選べばいいの?

教得 太郎さん

引越し業者を選ぶ時には、引越し見積もり無料一括請求サイトを利用しましょう。

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを依頼することができます。
1回必要な情報を入力すれば、見積もりが10社から届くのでとても便利です。

以前であれば1社ずつ引越し業者に連絡をして見積もり請求をしていたので、時間や手間がかかって非常に面倒な作業でした。
特に単身赴任で、引越しまでに時間がない社会人にとっては引越し業者に複数の見積もりを依頼するのは面倒なので、適当に引越し業者を決めてしまっているという人が多かったです。
しかしこの方法になると、引越し業者間での競争がなくなるので、高い値段設定をしている引越し業者に依頼してしまうことになるかもしれません。

引越し業者によって引越し料金は大幅に異なり、安い業者もあれば高い業者もあります。

値段もピンキリで、2~3倍の値段になってしまうこともあるので、引越し業者選びは非常に重要です。

引越し業者を手軽にそして効率よく選ぶためには引越し見積もり無料一括請求サイトの利用が欠かせません。
引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して複数の引越し業者から見積もりを依頼したら、その中で安い業者を2~3社ピックアップします。
そこから訪問見積もりなどで、価格交渉をしていけば、はじめに提示された金額よりも安く引越しができるかもしれません。

電気、水道、ガスのライフラインの手続きは自分で行うこと

単身赴任になったら、引越し当日から電気、ガス、水道が使えるように事前に手続きをしておく必要があります。
ライフラインの手続きは管轄の電力会社、ガス会社、水道局に電話やインターネットで申し込みをします。
引越しする日を伝えてその日から使用できるようにしておく必要があります。

ネットや電話での申し込みが可能なので、簡単にできますが、ガスに関しては開栓に立ち会いが必要になるので、
その点は注意しておかなければなりません。

単身赴任時の手続きは?!
引越 安子さん

単身赴任の場合でも転居届って必要なのかな??

単身赴任で家族が残る自宅があるという場合には、単身赴任先に夫の住民票を異動させるかどうかは迷うところです。
一般的に、単身赴任が1年未満の場合や、背かつの拠点が家族の家にある場合、つまり週末やシーズンごとに帰ってくるなどのケースであれば、住民票の転出、転入は義務とはなっていません。
つまりそのまま住民票を移さずにしておいても、特に問題はありません。

教得 太郎さん

ただ住民票を転入すると、単身赴任手当や行政サービスを受けられる場合もあります。

例えば単身赴任手当は住民票を転入すると支給されるケースがあります。
会社の規定によって異なりますので、単身赴任手当に関しては会社の総務部や人事部に確認するとよいでしょう。
また住民票を異動させると、引越し先の自治体で行政サービスを受けることができます。

引越 安子さん

住民票を異動しなかったら何か困ること他にある??

教得 太郎さん

住民票を異動させなかった時のデメリット

  • 運転免許証の更新
  • パスポートの取得
  • 選挙の場合は不在者投票となる

などがあります。

運転免許証の更新は住民票のある都道府県でしか更新手続きはできません。
ただ優良運転者(ゴールド免許の人)で誕生日前であれば、都道府県公安委員会経由で更新手続きが可能になっています。
またパスポート取得も、住民票のある都道府県での手続きになり、選挙に関しても住民票のある自治体で投票するので、住民票を異動させていない時には、不在者投票を利用することになります。

夫が単身赴任で、単身赴任先に住民票を転入させて場合には、自宅の世帯主は妻に変わります。
夫が転勤から自宅に戻った時には住民票を戻すことになるので、夫を世帯主に変更する手続きを行わなければなりません。

会社員の単身赴任の場合、住民票を異動させるかどうかは、会社の前例に従った方がよいでしょう。
手当支給の手続きをする部署などに相談してみましょう。

単身赴任先でこれだけは必要な物とは?!

単身赴任先で絶対にこれだけは必要なもの!と言えば、寝具一式、カーテン、トイレットペーパーなどの日用品になります。
これらは引っ越しした当日から必要になりますので、寝具(ベッドでも布団でもok)とカーテンか用意しておくといおでしょう。
現地で調達するというのもアリですが、周辺のお店事情が分からない中で買いに行くのは大変です。
引越し荷物として事前に準備しておいた方がよいでしょう。

また引っ越し当日にすぐに使いたいものとしては、歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、リンス、ボディーソープ、タオル、服などがあります。
すぐに出勤する場合には、スーツなど会社で使うものも必要になります。

 

単身赴任先で必要な生活用品、家電、家具とは?

単身赴任の引越し先で必要になるものは人によって異なりますが、最低限持っておくと便利なものとしては以下のものがあります。
・食器類1組ずつ(お茶碗、お椀、どんぶり、大小の皿、マグカップ、コップ、箸)
・なべ
・スポンジ、食器用洗剤、布巾、
・雑巾
・洗濯洗剤、ハンガー、洗濯用ピンチ
・電子レンジ
・冷蔵庫
・洗濯機
・テレビ
・ローテーブル
などです。
必要な家電は異なりますが、これらの家電は最低限持っておくとよいでしょう。
その他あると便利な家電として、掃除機やケトルなどもあるとよいでしょう。

教得 太郎さん

こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

単身赴任時に使えるおすすめのサービスとは?

単身赴任が急に決まると、困ることもたくさんあります。

荷物一時預かりサービスとは?

荷物一時預かりサービスでは急な発令で単身赴任先の新居が決まっていない場合、遠方への引越しで荷物が先に届いてしまう・・などの時に荷物一時預かりサービスは便利です。
引越し業者が梱包して保管配送の手続きが楽です。
ただ預けた荷物の一部が必要になっても自由に荷物を出し入れできないなどのデメリットもあります。

またトランクルームを使った荷物一時預かりサービスもあります。
この場合は、預けた荷物を自由に出し入れでき、温度、湿度も管理されているので大切なものでも安心して保管でいます。
ただ自分でトランクルームまで荷物を運搬しなければならないので面倒な点もあります。

転居手続き代行サービス

さらに単身赴任で手続きしにいく時間がない!という方には、転居手続き代行サービスがおすすめです。
単身赴任の引越しに伴い、必要となる様々な手続きを代行してくれるサービスであり、自分や家族ができない場合にはこのようなサービスを利用するのがよいでしょう。

単身赴任は急に決まることが多いので、何の準備もできていない、準備までに時間がない!というケースがほとんどです。
さらに仕事では引継ぎ作業もあるため、時間がたりません。
効率よく、すすめていくことが重要になるので、ポイントを押さえながら段取り良く引越し準備をしていきたいですね。

単身赴任の引越し準備についてのまとめ

急に決まることも多い単身赴任ですが引越し準備を効率よく進める為に何をすればいいのか調べたことをまとめました。

  • まずは新居探しから始める
  • 会社によっても違うが家賃を抑えられる家具付きマンションなども検討
  • 引越しで持っていくもの、購入するものをリストアップしておく
  • 引越しの荷物の量を把握したら業者を選ぶ
  • 住民票やライフラインなど手続きは早めにしておく
  • 荷物の預かりサービスや手続き代行などの便利なサービスもある

単身赴任は余裕をもって準備できないこともおいですが、リストを作成するなどして手続き、準備に漏れがないようにしていきましょう!

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. レオパレスへの引越しー準備はそれで本当に大丈夫ですか?

  2. クロネコヤマト

    引っ越し単身パックとは?これさえ覚えとけば達人になれる

  3. 準備は万全に!引越し前に粗大ごみの処分しておこう!

  4. 余裕を持って準備に!一人暮らしの引っ越しの準備期間は?

  5. トラブルにならないために!家電の引越し準備は入念に!

  6. 京都市内 引越し 料金

    賢い人はやっている!京都市内の引越し料金の抑え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP