引越し料金

【知らなきゃ損する!】引越し料金の年間の月別を徹底比較!

時期によって引越し料金って違ってくるって本当?

引越し料金は時期によって金額の変動が非常に大きいですよ。

同じ荷物量、同じ引越し距離であっても、引越しする時期によって価格が2倍~3倍にもなる場合があるのです。
つまり引越しする時期は引越し料金を決める重要な要因となるのです。
では引越し料金は月別にみるとどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは月別に見た引越し料金についてまとめてみましょう。

引越し料金の年間の月別の相場をチェックしてみよう

引越し料金は1年を通していつでも同じ値段というわけではありません。
時期によって値段の変動がしやすく、安い時期に引越しをするのと高い時期に引越しをするのでは2~3倍もの料金を請求される場合もあるのです。
つまり引越し料金が高くなる時期に引越しをしてしまうのは非常にもったいないですし、逆に引越し料金が安くなる時期に引越しをすればお得に引っ越しをすることができます。

引越しする時期や月によって価格が全く違うので、月別によってどれくらい引越し料金が変わるのかを知っておくことは、引越し料金を安くする上で重要なポイントとなるでしょう。
ここでは月別にみた引越し料金の相場を見ていきましょう。

月別の引越し料金の相場(単身~家族)

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
1月34,152円58,350円75,705円63,999円66,145円
2月39,911円70,258円73,059円71,790円104,729円
3月60,374円102,012円122,595円122,958円109,518円
4月52,716円80,211円99,245円102,368円121,679円
5月39,732円78,202円79,990円96,868円80,447円
6月32,500円57,000円53,900円61,750円86,000円
7月54,147円80,237円94,893円100,786円97,102円
8月36,104円46,935円46,500円54,667円46,500円
9月40,270円73,453円70,203円73,118円96,841円
10月37,659円79,255円71,553円76,933円85,307円
11月38,010円63,177円78,576円80,584円81,400円
12月38,719円69,150円81,050円86,067円90,047円

引用元:引越し侍

※掲載している相場料金は引越し侍の利用ユーザーのアンケートから算出しております。

この推移から分かるように、3月は1月、2月、8月、6月、11月の1.5倍前後の料金が掛かります。
これはあくまでも平均的なものなのでこれ以上に料金が高くなってしまう可能性もたくさんあるのです。

時期によってすっごく費用が変わってくる。

月別から分かる引越し料金の違い

月別にみてみると、どの月が引越し料金が高くなるのかがよく分かります。

最も引越し料金が高くなる月は?

月別で最も引越し料金が高くなるのは「3月」であり、ついで「4月、7月」が高くなっています。

最も引越し料金が安くなる月は?

月別でみて引越し料金が安くなるのは「1月、2月、6月、8月、11月」です。

この時期に引越しをすればかなりお得に引っ越しができるでしょう。

引越し料金はこのように年間で安い時期と高い時期があります。

この時期をしっかりと覚えておくことで引越し料金を安く抑えることができるでしょう。

3月は年度末で卒業シーズンです。
また入学を控えた時期でもあります。
企業においても転勤が多いですし、新入社員であれば入社する時期ですね。

4月からの新生活に向けて3月末に、引越しをするというケースが非常に多いです。
新年度に向けた新体制を準備する時期である3月は、人の移動に伴った引越しが非常に増加します。

引越し件数が少なくなる1月は月別にみると1年の中で引越し料金が安くてすみます。
最安値の1月、8月と最高値の3月では、割増料金の差額が発生します。

例えば、1月に引越しをした場合であれば10万円で済む条件であっても、3月に引越しをした場合、同じ条件でも15万円の引越し費用を請求されてしまうということです。
これは時期による割増料金が追加されているからなのです。

引越し料金が月別にみて3月に高騰してしまうのは、3月に引越し件数が重なってしまい、人件費がアップするためです。作業スタッフのニーズがピークに達するため、人件費が高騰し、引越し料金に直接影響してくるのです。

引越し料金が高くなる月

3月、4月、7月

引越し料金が安くなる月

1月、2月、6月、8月、11月

1月~12月の月別の引越し料金の特徴

1月~12月の月別の引越しの特徴を教えて。

ここでは、1月~12月の月別の引越しの特徴を紹介していきます。

1月の引越し料金の相場との特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
1月34,152円58,350円75,705円63,999円66,145円

引用元:引越し侍

1月は1年の中で最も引越し件数が少ない時期なので引越し料金も割安ですし、業者側も様々なサービスを特典としてつけてくれます。
また値下げ交渉も行いやすいです。
ただこの時期は雪などが降る場合もあるので注意が必要です。

1月で費用が高くなりやすいのは、1月1日~3日と成人の日あたり、1月下旬は、高くなりやすいです。

1月1日~3日は、営業している引越し業者が少ないので、値引き交渉もしにくい為です。

成人の日は、1月の第二月曜日になるので、土日が休みの人は、3連休になるので、引越ししやすい日時になるため、件数が増えて費用が上がる傾向があります。

1月の前半の平日は、引越し件数が極端に少ないので安くなる傾向があります。

1月で引越し料金が高くなる日

1月1日~3日

成人の日あたり

1月で引越し料金が安くなる日

1月の前半の平日

2月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
2月39,911円70,258円73,059円71,790円104,729円

引用元:引越し侍

2月の前半は、1月に続き引越し件数は、まだ少ない時期です。
2月の前半であれば、引越し料金の値引き交渉は、しやすいです。

2月の下旬になると、学生が引越しをし始め為、段々と引越し件数が増えていき、引越し料金が徐々に高くなっていきます。

2月で引越し料金が高くなる日

2月後半

2月で引越し料金が安くなる日

2月前半

3月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
3月60,374円102,012円122,595円122,958円109,518円

引用元:引越し侍

3月は、1年中の中でも、最も引越し件数が増える時期なので、引越し料金もかなり高額になります。

とくに3月中旬から後半にかけては、通常期の倍以上になる事もあります。

2018年、2019年と続き引越し業界は、人手不足が続き、引越しできない「引越し難民」が増えて社会問題にまでなりました。

2020年の3月も引越し業界での人手不足は、続いているので、3月は、引越し料金が超高額になるのは避けられないかもしれません。

3月に引越し業界が忙しくなるのは、

社会人の人事異動で3月末に引越しする人が多い

学生生活の終了とともに引越しをする人が多い

新生活を始めるために引越しをする人が多い

ということがあります。

3月に出来るだけ引越し費用を抑えるには、引越し予約サービスを利用して安くなる日を探したり、荷物を減らしたり、荷造りを自分でするなどの工夫をして少しでも安く抑えられる工夫をしてみましょう。

3月で引越し料金が高くなる日

3月下旬

3月後半の土日

3月で引越し料金が安くなる日

3月前半の平日

4月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
4月52,716円80,211円99,245円102,368円121,679円

引用元:引越し侍

4月は、3月に次いで1年の中で最も引越し料金が高くなる月です。
特に引越し料金が高くなるのは、学生さんなどが新学期が始まるまでの4月の上旬です。
4月の第一週目までは、3月の後半に次いで1年の中で最も引越し費用が高くなってしまいます。
4月の中旬は、引越しの繁忙期もいったん落ち着き、引越し費用が通常通りの引越し費用に落ち着いてきます。
4月の後半は、ゴールデンウィークの前半に引越しをしたいと考える人も多く、引越し費用は高くなります。

4月で引越し料金が高くなる日

4月上旬

4月29日前後の土日祝日

4月で引越し料金が安くなる日

4月中旬の平日

5月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
5月39,732円78,202円79,990円96,868円80,447円

引用元:引越し侍

5月は、ゴールデンウィークがあります。

ゴールデンウィークは、3月、4月に引越しが出来なかった人が引越しをしたり、大型連休に引越しをしたいと考える人が集中するため、引越し件数が増えてきます。

ゴールデンウィーク中の引越しは、3月や4月の繁忙期と比べると、そこまで引越し料金は高騰しませんが、5月の中では、最も引越し料金が高くなりますので、引越し料金を抑えたいなら避けておいた方が良いです。

ゴールデンウィークを過ぎた5月の中旬、下旬の平日は、引越し費用が安くなってきます。

5月で引越し料金が高くなる日

ゴールデンウィーク

5月で引越し料金が安くなる日

5月後半の平日

6月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
6月32,500円57,000円53,900円61,750円86,000円

引用元:引越し侍

6月は、引越しの閑散期なので1年の中でも引越し料金が最も安い月のうちの一つです。

また、梅雨の時期も重なり、6月の引越しを控える傾向もあり、引越し業者同士での価格競争も起こり、引越し費用の値引き交渉もしやすい時期です。

6月は、平日は、値引き交渉次第では、引越し費用をかなり安くできる日です。

6月の土日は、平日よりは、少し引越し費用が高くなる可能性があります。

6月で引越し料金が高くなる日

土日

6月で引越し料金が安くなる日

平日

7月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
7月54,147円80,237円94,893円100,786円97,102円

引用元:引越し侍

7月は、繁忙期と比べ閑散期になります。

ですが、7月前半と後半では引越し費用に大きな差が出やすくなります。

なぜなら7月の後半になると、夏休みに入る大学生の引越し件数が増えるからです。

また小学生~高校生くらいのお子さんがいる家庭も夏休みは、引越ししやすい時期になるので、引越し件数が増えます。

特に7月20日以降から引越し費用が高くなっていきます。

逆に7月18日くらいまでは、梅雨の時期も重なり、引越しを控える傾向があり、料金が安くなります。

7月で引越し料金が高くなる日

7月20日以降

7月で引越し料金が安くなる日

7月18日まで

8月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
8月36,104円46,935円46,500円54,667円46,500円

引用元:引越し侍

8月は、引越し閑散期になりますが、その中では比較的高くなりやすい月になります。

8月は、夏休みやお盆などがあり、小さなお子さんがいる家庭や転勤をする人が引越しをしやすい時期になります。

夏休みに入ってから引越しをしようとする人は、夏休みに入ってすぐの7月後半か8月のお盆を過ぎてからを考えます。

ですので、8月の中でもお盆までの前半は、引越し費用が安くなる傾向があります。

引越し料金が高くなるのは、8月の中でもお盆が一番高くなり、その次は、お盆後が高くなる傾向があります。

また、8月は、1年の中でも最も暑い時期ですので、引越しの準備や引越し当日など、熱中症に十分に注意する必要があります。

それから、8月は、エアコン工事が非常に込み合う時期なので、引越し業者に前もってエアコンの工事が日程通りに出来るのか?しっかり確認をしておく必要があります。

8月で引越し料金が高くなる日

お盆

8月後半

8月で引越し料金が安くなる日

8月前半

9月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
9月40,270円73,453円70,203円73,118円96,841円

引用元:引越し侍

9月は、引越し件数が繁忙期の次に増えやすく、ちょっとした繁忙期ともいえる月です。

なぜなら企業が下半期に向けた人事異動があって4月ほどではないですが、転勤する人が多いからです。

あとは、9月の連休は長くなることがあるので、引越しの需要が高まります。

更には、秋入学の大学生の単身の引越し件数も増えてきます。

9月の中旬から後半にかけては、引越しの需要が高まるので、料金は高くなります。

9月の第1週目の平日は、引越し費用が安くなります。

9月で引越し料金が高くなる日

9月中旬から下旬

9月で引越し料金が安くなる日

第1週目の平日

10月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
10月37,659円79,255円71,553円76,933円85,307円

引用元:引越し侍

10月は、引越しの閑散期ではありますが、前半は、引越しの需要が比較的高くなる時期です。

なぜなら9月の後半に引き続き、人事異動による社会人の引越しが増えるからです。

また10月前半は、秋入学の学生もいるので、引越し件数が閑散期の中では増える傾向があります。

というわけで、10月前半は、件数が増えるために引越し料金は高くなります。

10月後半になると、引越し費用も安くなるので、10月に引越しをするなら後半がおすすめです。

10月で引越し料金が高くなる日

10月前半

10月で引越し料金が安くなる日

10月後半の平日

11月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
11月38,010円63,177円78,576円80,584円81,400円

引用元:引越し侍

11月は、1年の中でも最も引越し件数が少なく、引越し料金も一番安くなる月です。

秋口の人事異動や秋入学の学生の引越しは9月後半から10月前半に終わり、11月は、人の流れも止まり、引越しの需要も少なくなります。

また、不動産も初期費用が安くなりやすい月なので、秋に引越しを考えている場合は、11月が一番おすすめです。

11月の中でも引越し料金が比較的高くなりやすいのは、土日になります。

11月の平日は、1年間の中でも引越し料金が一番安くなりやすいでしょう。

11月で引越し料金が高くなる日

11月の土日

11月で引越し料金が安くなる日

11月の平日

12月の引越し料金の相場と特徴

 単身2人家族3人家族4人家族5人家族
12月38,719円69,150円81,050円86,067円90,047円

引用元:引越し侍

12月は、下旬になると学校の休みや企業の冬休みになるので、引越し件数が増えてきます。

また年末までに引越しを終えたいということで12月の下旬は需要が高くなります。

その為、12月の下旬は、12月の上旬から中旬に比べて1.5倍から2倍近く引越し料金が高くなります。

特に高くなるのは、12月の下旬の土日です。

12月で引越し料金が安くなるのは、上旬から中旬の平日です。

12月に引越しをする注意点は、何かと忙しい月なので手続き関連が滞る事があるので注意が必要です。

12月で引越し料金が高くなる日

12月下旬

12月で引越し料金が安くなる日

12月上旬の平日

3月などピーク時の引越しは作業の質が落ちることもあるので要注意

繁忙期は、サービスの質が落ちるって本当?

3月、4月など引越しがピークになる時期は引越し料金が高くなるというデメリットだけではなく、作業の質やサービスの質が落ちてしまう可能性が非常に高いです。

作業スタッフ不足が深刻になるハイシーズンの引越しでは、作業スタッフも正社員だけではなく、パートやアルバイトの作業スタッフは増えるという現状があります。

アルバイトの作業スタッフは、通常の作業スタッフに比べて作業に慣れていません。

そのため、作業の質が落ちることが多く、トラブルも発生しやすいです。

引越し料金は高くなるのに、作業のクオリティが落ちてしまうので、依頼者側としては納得がいきませんが、季節的な市場動向には逆らえなないので、どうしてもこの時期にしか引越しができないという人は、ある程度覚悟して引越しをしなければなりません。

3月などの引越しハイシーズンであっても引越し作業の質、サービスの質が落ちないような引越し業者を選ぶ必要があると言えるでしょう。

引越しハイシーズンのピークを避けて、オプションを充実させよう

引越し オプション

月別の料金推移を見れば、いつの時期が引越し件数が多く、混み合っている引越しハイシーズンなのか、いつの時期が引越し件数が空いていて、ねらい目の引越しオフシーズンなのかがすぐに分かるでしょう。

月別にみて引越しピークを避けることで、引越し料金を安く抑えることができますし、オプションサービスも充実させることができます。

引越しの時期を変えることができる場合であれば、ピーク時の引越しを避けて、安い1月などのオフシーズンに引越しをすることをおすすめします。

引越しオフシーズンに引越しをすれば、最高値よりも50%ほど安くできるケースも非常に多いです。
安くなったその差額分でオプションサービスを付け加えるのもよいでしょう。

またオフシーズンは作業スタッフの作業も丁寧でサービスや対応も申し分ない場合が多いです。
大切な荷物を丁寧に扱ってもらいたいという方は、ハイシーズンの引越しは避けて、オフシーズンの引越しを選んだ方が、ストレスなく引越しでいるでしょう。

例えばおすすめのオプションサービスとしては以下のようなものがあります。

エアコン設置、クリーニングサービス

エアコン取り付け取り外しは素人ではできませんので、オプションサービスで依頼する方がほとんどです。
またクリーニングを頼めるサービスも充実しています。

ハウスクリーニング&周辺清掃サービス

オプションサービスとして人気なのがハウスクリーニングです。
住まいのハウスクリーニングはもちろんですが、家の周囲まで徹底的に清掃してくれるサービスもあります。

電話盗聴チェックサービス

オプションサービスの中でも最近人気を集めているのが、電話盗聴チェックサービスです。
盗聴被害が増えている現在、新居先に盗聴器が仕掛けられていないかを確認する電話盗聴チェックサービスは人気のオプションサービスになっています。

耐震診断チェック、内外装の劣化チェックサービス

専門スタッフによる内外装の劣化、耐震性能をチェックしてもらうサービスも人気を集めています。事前にチェックしておくことでトラブル防止につながります。

布団丸洗いサービス

新居先で心地よ睡眠を満喫するため、引越しのタイミングで布団丸洗いのオプションサービスを選択される方は多いです。

引越し料金を格安にするポイントとは?

引越し料金を安くする方法を教えて!

引越し料金を格安にするポイントとしては、一番安い引越し業者を選ぶことでしょう。

引越し料金は同じ条件でも引越し業者によって異なります。

引越し業者ごとに人件費、トラック料金、オプションサービスなどの料金設定にも違いがあります。
そのため、引越し業者に見積もりを依頼する際には、1社だけの見積もりではなく、複数の引越し業者の見積もりを比較する必要があるでしょう。

複数の引越し業者の見積もりを比較する時に利用すると便利なのが、引越し見積もり無料一括請求サイトです。
引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。

10社の見積もりを請求するとどこの引越し業者が安いのか、高いのかがすぐに分かります。
安い業者だけをピックアップして引越し料金の値下げ交渉をすれば、引越し料金を安くすることができるでしょう。

また引越し料金は月別によって違いがありますが、曜日によっても価格は変動します。
引越し料金は曜日によっても変動するものであり、土日祝日はやはり引越し料金が高くなりがちです。
一方平日であれば引越し依頼の件数は少なく、リーズナブルな価格設定で引越しをすることができるでしょう。

特に火曜日、水曜日、木曜日は特売日に認定されることが多く、通常よりも安い時期に引越しができるとあって人気があります。
月を変えることはできない場合でも曜日程度であれば日程を調節できるという人も多いので、ぜひっチェックしてみてください。

memo

火曜日、水曜日、木曜日は特売日に認定されて安くなりやすい。

こちらの記事では引越し料金が安くなる時期、曜日などを紹介しています。

オススメ引越し一括見積もりサイト2選!

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 品川区内 引越し 料金

    川崎市内の引越し料金節約術!知れば知るほどお得です

  2. 部屋の階数が上がると引越し料金はどれくらい高くなるの?!

  3. 引越し時にクレーン、人による吊り上げ料金を安く抑えるには?

  4. 兵庫県内 神戸市内 引越し費用

    【お得情報満載】兵庫県内・神戸市内の引越し費用を抑えるコツ

  5. 引越し料金総額の目安は?単身、家族の相場一覧

  6. 品川区内 引越し 料金

    【ここだけの話】品川区内の引越し料金を安くする方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP