ファミリーの引越し

同一市内の家族(3人、4人、5人)の引越し料金の相場を安くする!

同一市内間での引越しを行うケースは非常に多いです。
新しく家を建て替えて同一市内間で引越しをされる方、もっと便利のよい場所に同一市内間で引越しをされる方など、馴染みのある場所内で引越しをするケースは多いでしょう。

ここでは同一市内間の家族での引越しについて、料金相場などもチェックしながらまとめてみましょう。

目次

同一市内への引越し料金の相場を知ろう


同一市内間で家族で引越しをする場合、引越しする移動距離が長くなることはありません。

遠くても20キロ程度の移動となるので、引越し費用はそれほど高くならないだろうと安易に考える方が多いです。

しかし実際には同一市内での移動であっても、家族での引越しの場合は荷物量が多くなることもあるので、それほど安く設定されることはありません。

同一市内の引越しだから安く引越しができる!と甘くみていては出来ません。

そうなんだ~

同一市内での引越しであっても引越し業者によっては価格が高く設定されている場合も少なくありません。
まずは同一市内間の引越し料金相場を確認してから、引越し業者選びをするようにしましょう。

同一市内間での引越し料金相場は以下の通りです。

家族の同一市内の引越し料金の相場(通常期)

 15㎞以内
(同一市区内)
3人77,000円前後
4人86,000円前後
5人95,000円前後

家族の同一市内の引越し料金の相場(繁忙期)

 15㎞以内
(同一市区内)
3人100,000円前後
4人120,000円前後
5人130,000円前後

同一市内であっても家族での引越しの場合、それなりの価格が必要になってきます。
しっかりと相場を確認しておくことは重要です。

荷物の量、引越し時期を調整して、同一市内間の引越し料金を安くしよう!

引越し料金を安くするにはどうしたら良いの?

家族での同一市内間の引越しを安くするには、引越しする荷物量や引越しする時期を調整するとよいでしょう。

同一市内間での引越し料金は、以下の要因によって価格が変動します。

同一市内間の引越し費用が変動するポイント

引越しする荷物の量

引越しする時期

荷物の量を減らして引越し料金を安くしよう!

引越しする荷物量は、荷物量が多くなればなるほど、引越し時に使うトラックの大きさが大きくなるのでトラックチャーター費用がかかってしまいます。

また荷物量が多くなると、運びだしにも時間がかかるので、作業スタッフの人数の確保も必要になるため引越し費用は高くなります。

逆に荷物が少なく済めばトラックのサイズも小さくなり、スタッフの人数も少なく済むので引越し費用は安くなります。

荷物の量に比例した引越し料金は、間取りやダンボールの箱数がどれくらいになるか?で大体の目安はつきます。

以下にダンボールの箱数、間取りに比例する家族(3人、4人、5人)の引越し料金の相場を紹介します。

家族の近距離の引越し料金の相場(間取り、ダンボール箱数)
間取り引越し人数ダンボール枚数通常期繁忙期
2K~2LDK3人家族30~50箱68,000円前後96,000円前後
3K~3LDK3人家族~
4人家族
40~80箱82,000円前後113,000円前後
4LDK~4人家族~
5人家族
50~100箱97,000円前後129,000円前後

荷物の量が増えると、引越し料金は高くなるんだね(*_*)

どうしても引越し費用を抑えたい・・という場合は、いらない物を出来るだけ処分して荷物を減らしていく事が理想です。

引越し時期、曜日、時間帯を調整して引越し料金を安くしよう!

引越しする時期によっても引越し料金は変動します。

引越し料金は引越しする時期によって大幅に引越し料金が変動します。

同じ引越しする荷物量で同一市内間で引越ししたとしても、引越しする時期が少し違うだけで引越し料金は高くなってしまうのです。
引越しする時期は引越しハイシーズン(繁忙期)と引越しオフシーズン(通常期)があります。

引越しハイシーズン(繁忙期)

引越しハイシーズンは3月~4月上旬の時期のことを言い、この時期は1年の中でも最も引越し件数が多い時期になります。
入学や卒業、就職、転職、転勤などがよく起こる時期であり、新生活を始めるにあたり引越しをする人が多いのです。

そのため、引越し繁忙期は引越し件数が多くなるため、引越しの予約も取りづらく、引越し業者としても引越し料金設定が高く提示してくることが多いです。

同一市内間の引越しであっても、かなりの高額の引越し料金を請求されることがあります。

極端な話を言えば数百メートル先の家に引越しする場合でも、引越しハイシーズンに引越しをしてしまうと家族での引越しであれば10万円以上の引越し料金がかかってしまうのです。

引越しオフシーズン

逆に引越しオフシーズンは引越し料金が安くなる時期であり、この時期は引越し件数が極めて少ないです。
5月~2月の引越しオフシーズンは、引越し料金が安くなるので、同一市内間での家族の引越しも安くできるでしょう。

この時期は引越し自体の件数が少ないため、引越し業者としては引越しをしてもおうと必死です。

引越し料金を安くしたり、お得なプランを提案したり、特典やサービスを付けてくれたりすることも多いですし、値下げ交渉にも応じてくれやすいです。

また急な引越しであっても柔軟に対応してくれますし、丁寧な対応を受けられるので、気持ちよく引越しができるでしょう。

引越しオフシーズンの引越しは、引越しハイシーズンの引越しに比べて3分の1程度の費用で引越しが可能な場合もあります。

そんなに金額が変わってくることもあるんだ(*_*)

引越しハイシーズンであれば20万円以上する引越しであっても、7~8万円ほどで引越しできる場合もあるので非常におすすめです。

もしも相場よりも引越し料金を安く済ませたい方、同一市内間の家族での引越しを安くしたい方は、引越しオフシーズンの引越しがおすすめです。

曜日別による家族の引越し料金の相場
 県内へ引っ越し県外へ引っ越し
平日83,000円前後146,000円前後
土日85,000円前後153,000円前後

引越しは、土日に集中しやすい傾向がかるので、土日の方が引越し料金が少しだけ割高になる傾向があります。

時間帯別による家族の引越し料金の相場
希望する時間帯料金
午前115,000円前後
正午-15時92,000円前後
午後15時以降91,000円前後

午前中に引越しが集中しやすいため、午前中の家族の引越しは、割高になる傾向があります。

荷物量、時期を調整して引越し費用を安くするポイント

荷物の量を出来るだけ減らす

可能であればオフシーズンに引越しする

可能であれば平日に引越しする

可能であれば午後便、フリー便で引越しする

家族での同一市内間の引越し料金を安くするには相見積もりが重要

他に引越し料金を安くする方法を教えて!

家族での同一市内間の引越し料金を安くするには、複数の引越し業者から相見積もり請求をするようにしましょう。

相見積もりをとって比較すると料金が安くなる!

相見積もりをすることで引越し料金を安くすることができます。
これは1社だけの見積もりでは引越し料金がどのくらいなのが相場なのか分かりにくいからです。

引越し料金を知るためには、複数の引越し業者から見積もりを請求する必要があります。
特に家族での引越しとなると、荷物量も多いので引越し料金は高くなりがちです。

少しでも安くしたいのであれば、複数の引越し業者から見積もりを請求して、複数の見積もりを比較して相場をチェックしてみましょう。
相場をチェックしてみると、どこの引越し業者が安いのか、どこの引越し業者が高いのかがすぐに分かります。

安い業者をいくつかピックアップして、価格を比較すれば引越し料金は大幅に値下げすることができるでしょう。

いくつかピックアップして比較する事が大切なんだね。

引越し見積もりサイトを利用しよう!

引越し業者から見積もりを依頼する時には、引越し見積もり無料一括サイトを利用しましょう。

引越し一括無料見積サイトってどんなサービスなの?

引越し一括無料見積もりサイトのサービスは以下のような特徴があります。

引越し一括無料見積もりサイトの特徴

1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができる

簡単な登録で複数の引越し業者の料金の相場が分かる

引越し見積もりを比較して一番安い業者を見つけられる

簡単な一回の登録で最大10社からの見積もりを訴求できる

引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。

1社ずつ見積もり請求していると、必要な情報を入力するのを10回行わなければなりません。
これは非常に面倒ですし、全ての業者と何度も連絡をとらなければならなくなるので、引越し前で時間がない場合には難しいでしょう。

しかし引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すれば必要な情報を入力するのは1回だけでOKです。
さらに条件に合った引越し業者から見積もりが届くので、その中から比較して選べば自分の条件に合致した引越し業者を見つけることができるでしょう。

時間がない人には便利なサービスだね。

一番安い業者を見つけられる

安い業者がいくつかあって業者選びに迷った時には、引越し見積もり無料一括請求サイトで請求した引越し業者をいくつかピックアップして、そこから訪問見積もりを依頼するとよいでしょう。
訪問見積もりは、通常の見積もりに比べて、実際に荷物を見てもらって見積もりをしてもらうので、さらに正確な見積もりを提示してくれます。

引越し一括無料見積もりサイトを利用することで一番安い引越し業者を見つけられやすい。

家族での引越しとなると、単身者での引越しと比べて荷物量が多くなるので、訪問見積もりでしっかりと荷物量を確認してもらってから見積もりを請求した方が安心です。

24時間365日いつでも登録可能!特典がつく場合も!

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して、そこから引越し業者と契約をすれば、特典やサービスが付く場合もありますので非常にお得です。

引越し見積もり無料一括請求サイトは24時間365日いつでも見積もり請求が可能です。引越し前は準備などに追われて時間がない、忙しいという人も多いでしょう。

そういった場合でもいつでもどこでも、スマホやパソコンがあれば引越し見積もり無料一括請求サイトを利用して、見積もり請求ができるので、引越し業者選びが簡単にそして効率的に行えるようになります。

訪問見積もり時のコツ

上手くいく訪問見積もりのコツも教えて!

訪問見積もり時には、一番興味のある引越し業者との見積もりを最後にしてもらうようにしましょう。

A社、B社と見積もりをしてもらって、最後に本命のC社に訪問見積もりしてもらえば、A社やB社で提示された引越し見積もり額よりも、さらに安い価格で交渉することが可能です。

即決するので、安くして下さいなどの交渉術も使用することができるので、思った以上に引越し料金を安くできるかもしれません。

同一市内間の引越しでも、家族となると荷物量も多く、引越しは一大事です。
近距離だから引越し料金はそれほど高くならないと、安易に考えるのではなく、引越し業者選びは慎重に行うべきでしょう。

訪問見積もりのコツは下記ページをご覧ください。

同一市内間の引越しに伴う手続きは何が必要?

家族の同一市内間の引越しは手続きも結構あるの?

家族の同一市内間の引越しで必要な手続きは以下になります。

家族の同一市内間の手続きの種類

転居届の提出

転校に関する手続き

運転免許証、保険証、クレジットカード、銀行口座などの住所変更

電気、水道、ガスなど公共料金の手続き

転居届の提出

同一市内間の引越しで、手続きが必要になるのは転居届の提出です。
これは最寄りの役場に提出する手続きになります。

市外への引越しの場合には、転出届を提出して、新居先の役場で転入届を提出することになりますが、同一市内間での引越しに関わる手続きは転居届だけになります。

住所を変更する旨を伝える転居届を一度提出すればよいので、難しいことはありません。

転居届は転居日から14日以内に手続きをする必要があります。

転居届は忘れずに提出するようにしましょう。

転校の手続き

家族での引越しの場合、小さいお子さんがいる家庭も多いかもしれません。

小学校や中学校など義務教育機関に通っているお子さんがいる場合には、転校に関する手続きも必要になってきますので、学校に相談するようにしましょう。

運転免許証、保険証、クレジットカード、銀行口座などの住所変更の手続き

その他の手続きとして、運転免許証の住所変更、保険証、クレジットカード、銀行口座などの住所変更なども必要です。

運転免許証の住所変更は、新しい住所が記載されている住民票を持って、最寄りの警察署に行けば手続きを行うことができます。

電気、水道、ガスなどの公共料金の手続き

さらに電気、水道、ガスなど公共料金についての手続きも引越し前にきちんと済ませておく必要があります。
インターネットの手続きなども必要になるでしょう。

同一市内間での引越しであっても、家族で引越しをする場合、様々な手続きが必要となります。

引越し前にはリストアップして、何の手続きが必要かを明確にしておくことでやり忘れを防ぐことができるでしょう。

引越しの手続きの詳細は下記ページをご覧ください。

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 二人暮らしの引越し料金の相場は?初期費用はどれくらい?

  2. 意外とラク!市内間と市外、県外の引越し手続きの違いとは?

  3. 子供がいる家庭での引越し手続き、やることリストとは?

  4. ファミリーの引越しにおすすめプラン

    ホントはどれがいい?ファミリーの引越しにおすすめプラン

  5. 市内間の引越し費用を見積もりをして安くするコツを伝授!

  6. 家族の近距離or長距離の引越し料金の相場とおすすめプラン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP