同一市内の引越し

一人暮らしの同一市内間の引越し料金を安くする方法!相場は?

一人暮らしの引越し件数は非常に多いです。

一人暮らしで引越しする場合、費用の相場はいくら位なのか気になるところですよね。

確かに気になる。

一般的な一人暮らしの引越し料金の相場は30,000~80,000円くらいですが、単身パックというサービスを利用すれば15,000円前後に抑えられます。

ただし、一人暮らしの引越し費用は、引越しする荷物量や引越しする時期によって価格が大きく変動します。

ここでは一人暮らしの同一市内間の引越し料金の相場についてと、一人暮らしの引越しを安くするコツなどをまとめてみましょう。

目次

一人暮らしの引越しは安い?!

引越し時の家電の処分方法02
一人暮らしの引越しは、家族全員で引越しをする場合に比べて明らかに荷物量が少ないです。
特に一人暮らし用の家具や家電などは一人で生活する用に作られてるので冷蔵庫や洗濯機などの大型家電であってもコンパクトなものが多いです。

またダイニングテーブルなどがない家庭も多いですし、ベッドは荷物になるからといって置かない人も多いです。
一人暮らしの引越しは入学、卒業、就職、転職、転勤、単身赴任など色々な理由のもと行われますが、荷物量に応じて引越し料金にはばらつきが出やすいです。

荷物量が非常に少ない一人暮らしの人であれば、引越し料金が高くなることはありません。

特に同一市内など、移動距離が短い場合には引越し料金も安くなるでしょう。

ただ一人暮らしであっても荷物量が多いケースであれば、二人暮らしや家族暮らしと同様、まとまった引越し料金が必要になる場合もあります。

一人暮らしの引越しでは、多くの引越し業者では「単身パック」などのように一人暮らし用専門の引越しプランを用意しています。

この単身者専用の引越しプランは荷物が少ないことを想定してプランを組んでいるため、荷物量が多い単身者の場合、専門の単身者用の引越しプランを利用することが難しくなります。

荷物量が少ない一人暮らしの方であれば、お得に引越しできる単身者専用の引越しプランを賢く活用することで、引越し料金をお安く抑えることができるでしょう。

一人暮らしの引越し料金は何できまる?!

引越し 荷造り 準備 期間
一人暮らしの引越しで、しかも同一市内間の移動であれば、絶対に引越し費用は安い!と安易に考えてしまいがちです。

確かにそう思ってしまうかも。

しかし実際には、一人暮らしの引越し料金は、以下の要因によって価格が大きく変動します。は引越しする荷物量、移動距離、引越しする時期によって料金は大きく変動します。

一人暮らしの引越し費用が変動するポイント

引越しする荷物の量

引越しする移動距離

引越しする時期

荷物の量と同一市内間の1人暮らしの引越し料金の相場

一人暮らしの引越し料金はまずは荷物量で決定します。

荷物量が多くなればなるほど、引越し料金は高くなります。

荷物の量は、大切なポイントなんだね。

荷物の量が引越し料金に影響するのは、一人暮らしの引越しだけに限らず全ての引越しにおいて同じことが言えます。

特に一人暮らしの引越しでは、後述する「単身パック」など一人暮らし専用のお得な引越しプランがたくさんあります。

「単身パック」で引越しをしたいのであればある程度荷物は限定させる必要があります。
荷物量が多くなると、単身者用の引越しプランではなく、通常のトラックチャーター便での引越しになりますので、引越し費用を安く抑えることは難しくなってしまうでしょう。

安さにこだわるのであれば、一人暮らしの引越しは単身者専用の引越しプランの「単身パック」を利用するべきでしょう。

同一市内間の一人暮らしの引越し料金の相場(ダンボール、間取り別)
間取り引越し人数ダンボール箱数通常期繁忙期
1K単身10~15箱36,000円前後48,000円前後
1LDK単身~
2人家族
15~20箱54,000円前後75,000円前後

上記表は、間取り、ダンボール別の同一市内間の1人暮らしの引越し料金の相場になります。

引越しする荷物量が多くなればなるほど多くのダンボールが必要になります。

ダンボール数が増えるとなると人件費アップにつながってしまうので、人件費が増えると引越し料金全体もたかくなってしまいます。

荷物の量が多くなると費用が高くなるんだね。

引越しする移動距離と1人暮らしの引越し料金の相場

次に引越しする移動距離です。
移動距離が長くなればなるほど、引越料金は高くなります。

東京~福岡などの遠距離引越しの場合、一人暮らしでの引越しであってもある程度の費用がかかることを忘れてはいけません。

同一市内間の引越しであれば移動距離は数十キロ程度になるので、移動距離による価格のアップはないでしょう。

移動距離が2㎞と15㎞では引越し費用はそれほど大きく変わりません。

引越しする時期、曜日、時間帯と1人暮らしの引越し料金の相場


引越し料金を決定する最後の要因となるのが、引越しする時期と時間帯です。
実はこの要因によって大きく引越し料金は変化してしまうのです。

引越しする荷物量と移動距離に関してはなんとなくイメージがつきやすいです。
しかし引越しする時期や時間帯でそれほど料金は変わるの?!とよくわかっていない人って意外と多いんです。

引越しする時期は非常に重要です。

なるほどね~

引越しする時期は1年の中で、引越しハイシーズン(繁忙期)、引越しオフシーズン(閑散期)に分けることができます。

引越しハイシーズンは3月末~4月上旬にかけて、引越しオフシーズンは5月~2月頃のことを言います。

引越しハイシーズン(繁忙期)は引越し料金が高くなる

引越しハイシーズンは1年の中でもこの時期に引越し件数が集中するため、引越し業者側は価格設定を高くしてきます。

価格設定を高くしても引越しをしてほしいというお客さんが多いので、引越しハイシーズンの時期はなかなか予約が取れなくなります。

どうしてもこの時期に引越しをしたい!というのであれば、できるだけ早急に引越しの予約を取るようにしなければなかなか引越しできなくなってしまうでしょう。

また直前に引越し予約をすると、さらに引越し料金は高くついてしまうので、予定が決まっているのであれば早めに予約を取っておくようにしましょう。

引越しオフシーズン(閑散期)は引越し料金が安くなる

引越しオフシーズンは1年の中でも引越し件数が比較的落ち着いている時期なので、引越し業者側としてはなんとか引越し件数を増やすために、値下げをして引越しを行ってくれたり、サービスや特典を付けてくれたりすることが多いです。

このオフシーズンに引越しをすれば、引越し業者の対応もよいですし、作業スタッフも丁寧に作業をしてくれるので、気持ちよく引越しをすることができるでしょう。

引越しハイシーズンとオフシーズンでは2倍以上の値段の差がついてしまうこともあるので注意しなければなりません。

同一市内間の1人暮らしの引越し料金の相場(繁忙期、閑散期別)
 同一市内
(繁忙期)
同一市内
(閑散期)
単身60000~80000円前後30000~50000円前後

同一市内間の1人暮らしの引越し料金の相場(繁忙期、閑散期別)は上記表になります。

時期が違うだけでかなり料金が変わってくるね(*_*)

引越しする時間帯によって料金が変わる

引越しする時間帯によっても価格は変動します。

引越しする時間帯は、午前便、午後便、フリー便の3つの時間帯に分かれているのが一般的です。

午前便は午前から搬出を行うプランでわり、午後便は13時頃からの搬出になります。

さらにフリー便は引越し業者の時間が空いたタイミングで搬出がスタートするので、当日まで何時に引越しが始まるのか、何時に引越しが終わるのかが分かりません。

この3つの時間帯の中で一番人気のあるのは午前便です。
逆に時間の目安が分からないフリー便などは人気がないため、費用も安く設定されています。

ただ一人暮らしの引越しで、同一市内間での移動であれば、引越しにかかる作業時間は非常に短いです。

そのためわざわざ午前から引越しを始めなくても、午後便やフリー便でも十分に引越しは1日で済むでしょう。

引越しする曜日によって料金が変わってくる

引越しする曜日によっても料金は変動します。

土日は、人気が高く引越し料金は高くなりやすく、平日は、引越し料金が安くなりやすいです。

同一市内間の1人暮らし引越し料金の相場(時間帯×曜日別)
 午前午後
平日51,000円前後41,000円前後
土日55,000円前後45,000円前後

上記の表は、平日と土日の時間帯別の同一市内間の1人暮らしの引越し料金の相場になります。

引越し費用が高くなる、安くなるポイント

荷物量が多いと高くなり、荷物量が少ないと安くなる

繁忙期は高くなり、閑散期は安くなる

土日は高くなり、平日は安くなる

午前便は高くなり、午後便、フリー便は安くなる

単身パックを利用して同一市内間の引越し費用を安くする

一人暮らしの市内間の引越しを安くするには、一人暮らし用の引越しプランをうまく利用してみるとよいでしょう。

一人暮らし用の引越しプランには単身パックや単身プランと呼ばれるものがあります。

単身パックとは?

単身パックってどんなサービスなの?

単身パックは専用のコンテナボックスに荷物を詰め込み、コンテナボックスごと混載便で輸送する引越し方法になります。

トラックを貸し切って荷物を運ぶ引越し方法とは異なり、運べる荷物量は決まってしまいます。

単身パックを提供している引越し業者とboxサイズ、料金一覧

単身パックのコンテナサイズと1boxの料金の業者さんごとの一覧を紹介します。

引越し業者サービス名料金コンテナのサイズ
日本通運単身パックS16,000円~横幅108㎝
奥行74㎝
高さ155㎝
単身パックL18,000円~横幅108㎝
奥行104㎝
高さ175㎝
サカイ
引越センター
小口便
引越サービス
要問合せ横幅105㎝
奥行75㎝
高さ144㎝
ハトのマーク
の引越社
小鳩パック要問合せ横幅110㎝
奥行80㎝
高さ170㎝
ヤマトホーム
コンビニエンス
わたしの引越14000円~横幅104㎝
奥行104㎝
高さ170㎝
佐川急便カーゴプラン21,000円~横幅100㎝
奥行75㎝
高さ145㎝
西濃運輸カンガルー
単身MAX+1
1.1立方mタイプ
20,000円~横幅103㎝
奥行74㎝
高さ144㎝
カンガルー
単身MAX+1
2.5立方mタイプ
23,000円~横幅115㎝
奥行128㎝
高さ170㎝
三八五
引越センター
シングルパック
Mサイズ
15,000円~横幅110㎝
奥行80㎝
高さ150㎝
シングルパック
Lサイズ
18,000円~横幅110㎝
奥行110㎝
高さ170㎝

単身パックを提供している引越し業者には日本通運、クロネコヤマトの引越サービス、サカイ引越センターなどの大手引越し業者があります。

単身パックは荷物量が少ない人が向いている

運べる荷物量は通常の引越しプランと比べると少なくなってしまうものの、定額制になり市内間の引越しであれば1万円台での引越しも十分に可能なのでかなりお得に引越しができるでしょう。

運べる荷物量が少なくなってしまうので、大型の家具や家電がある人にはあまり向いていません。

単身パックがおすすめな人は以下になります。

単身パックがおすすめな人

荷物が少ない人(大型家具や大型家電が少ない)
これから一人暮らしを始める人
家具付の物件に引越しをする人
実家などから荷物をあまり持ってこない人

単身パックのメリット、デメリット

単身パックのメリット、デメリットについても紹介していきましょう。

単身パックのメリット

引越し費用が安くなる

訪問見積もりをしてもらわなくて良い

単身パックのメリットとしては何よりも料金が安いことでしょう。
さらに単身パックであれば訪問見積もりが不要になるケースが多いです。
訪問見積もりに来てもらうと正確な引越し料金がわかるものの、時間はかかってしまいます。

単身パックののデメリット

運べる荷物量に制限がある

梱包資材をもらえない

単身パックであれば値段が決まっているので、入らなかった分は別途運ぶしかありません。

運べる荷物量やサイズには制限があり、梱包資材などに関しても引越し業者が用意してくれない場合も多いため、その場合は自力で用意する必要があります。

荷物が少ないなら単身パックがおすすめだね。

単身パックについてより詳しく知りたい場合は、下記ページをご覧ください。

一人暮らしの引越しでは学生割引などもあるのでチェック!


社会人には関係ない話にはなってしまいますが、学生で一人暮らしをしている場合、引越し業者によっては引越しプランを学生割引にしてくれるところもあります。

アート引越センターの学割パックでは基本コース、ハーフコース、フルコースがあります。

学割がつかえることでお得に引越しをすることができるでしょう。

同一市内間の1人暮らしの引越しを安くする方法とは?

同一市内間の1人暮らしの引越しを安くするにはどうすればよいの?

いくつかポイントがあるのでまとめてみましょう。

相見積もりをする


見積もりを請求する時には1社だけではなく、複数の引越し業者から見積もりを請求する必要があります。

1社だけの見積もりを見ても、その費用が安いのか高いのかは比較しにくいです。

引越し業者ごとに料金って変わってくるんだね。

比較対象ができるように引越し見積もりを請求する際には複数の引越し業者から見積もりを請求するようにしましょう。

引越し一括無料見積もりサイトを利用する

複数の引越し業者から見積もりを請求する際には、引越し無料一括見積もりサイトを利用すると非常に便利です。

引越し無料一括見積もりサイトの特徴は、以下になります。

引越し無料一括見積もりサイトの特徴

簡単な登録作業のみで最大10社の見積もりを取ることが出来る

見積もり費用をすぐに比較できる

一番安い引越し業者を見つけやすい

引越し無料一括見積もりサイトは、1分前後の簡単な登録作業で最大10社の見積もりをスマホやパソコンからすぐに取ることが出来ます。

その中から安い業者を3つほどピックアップして訪問見積もりをしてもらうことで一番安い引越し業者を見つけやすくなります。

引越し料金の安い時期、日時、曜日を選ぶ

タンスの引越し01

さらに安くするポイントとしては、引越し料金の安い時期や時間帯、曜日を選ぶようにしましょう。

時期や時間帯、曜日によって引越し料金が大きく変わるのは、前途したとおりです。

荷物量を減らして引越し料金を安くする

荷物量が多いと引越し料金が高くなり、荷物量が少ないと引越し料金が安くなるのは、前途したとおりです。

一番処分しやすいのが、衣類、バッグ、靴類です。もう何年も使用していない衣類、バッグ、靴は、意外と沢山あるものです。

10年以上使用している家電なども処分して新しい家電に買い替える事も検討しましょう。

家電の処分方法に関しては、下記ページをご覧ください。

同一市内間の1人暮らしの引越し料金を安くするポイント

相見積もりをする

引越し無料一括見積もりサイトを利用して一番安い引越し業者を見つける

引越し料金の安い時期、曜日、時間帯を選ぶ

衣類、食器、家電など要らない物を出来るだけ処分する

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. 同一市内間の2人暮らしの引越し料金の相場はいくら?

  2. 都内の引越し、引越し業者と運送業者安いのどっち??

  3. 静岡市内 引越し 料金 相場01

    静岡市内引越料金の相場をサクッと知るテクニック教えます!

  4. 品川区内 引越し 料金

    【ここだけの話】品川区内の引越し料金を安くする方法とは?

  5. 引越し料金安いのは?単身プラン?単身パック?学割プラン?

  6. もっと安くできる!近距離の引越しのおすすめプランは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP