家具の移動、引越し

【解決!】金庫をクレーンで吊り上げ搬入 料金相場・格安業者は?

金庫には、様々な種類がありますが、据え付けの大型金庫は、かなり重量があるので、建物の2階へ搬入する際や3階から搬出する際には、クレーンを使って吊り上げ作業が必要になる事があります。

オフィス用の耐火金庫、防盗金庫は、500kgくらいあったりするので、搬入、搬出経路にエレベーターがなかったりすると、クレーンやユニックによる吊り上げ、吊り下げ作業がメインになったりします。

「金庫のクレーンによる吊り上げ作業は、どのような時に必要なの?」

「金庫のクレーンによる吊り上げ作業は、どのような業者に依頼すれば良いの?」

「クレーンやユニックを使って金庫を吊り上げする際にいったいどのくらいの料金がかかるの?」

など、様々な疑問が湧いてきますよね。

このページでは、金庫のクレーンによる吊り上げ作業の料金相場、オススメ業者などについて詳しく紹介させていただきます。

目次

クレーンによる吊り上げが必要な金庫は?

金庫には、家庭用の軽量の金庫やオフィス用の重たい金庫などサイズや重量も様々なです。

家庭用のサイズも小さくそれほど重たくない金庫であれば、人力で持ち上げて搬入や搬出が可能です。

しかし、オフィス用の500kgくらいある耐火金庫、防盗金庫は、かなり重量があるので、建物にエレベーターがなかったりすると、クレーンやユニックによる吊り上げ作業が必要になる場合があります。

大きくて重量がある金庫は、搬入作業、搬出・撤去作業が何かと大変ですね。

ここでは、金庫のサイズ・重量とクレーンによる吊り上げ作業の必要性を紹介します。

耐火金庫 100kg

参照:有限会社今井家具店

上記画像は、100kgの耐火金庫です。

横幅47×奥行き50.7×高さ66.7cmで容量は、約52L(リットル) です。

重量が100kgの金庫の場合は、大人2人で持ち上げることが可能なので、クレーンによる吊り上げ作業を行うことは、殆どありません。

中型 耐火金庫 300kg

参照:有限会社今井家具店

上記画像は、300kgの中型の耐火金庫です。

横幅59×奥行き60×高さ151.5cmで容量は、約176L(リットル) です。

300kgくらいの中型の金庫の場合は、サイズ的には、階段、エレベーター、玄関、廊下を通れますが、エレベーターが使えなかったりして、クレーンで吊り上げた方が条件が良いと判断した場合は、クレーンによる吊り上げ作業になる場合があります。

大型 防盗金庫 600kg

参照:オフィスバスターズ

上記画像は、600kgの大型の防盗金庫です。

横幅72×奥行き75×高さ130cmです。

600kgくらいある大型の金庫は、エレベーターが使える場合は、台車やハンドリフトを使って搬入作業・搬出作業をする場合もありますが、エレベーターを使えない場合などは、階段からの搬入・搬出作業をせずにクレーンによる吊り上げ作業を行う場合が多くなります。

また、600kgくらいの大型の金庫の場合は、搬入・搬出作業の際に経路のサイズがギリギリの場合もクレーンの吊り上げによる窓からの搬入・搬出作業になる事も多いです。

オフィス用の中型、大型の金庫を建物の2階以上の部屋に搬入・搬出する場合は、クレーンによる吊り上げ作業になる場合が多いんだね。

金庫のクレーンによる吊り上げ、吊り下げになる搬入・搬出経路の条件

金庫の搬入や搬出経路で、クレーンによる吊り上げ、吊り下げが必要なのは、どんなケースなの?

以下に金庫の搬入・搬出経路でクレーンによる吊り上げ、吊り下げ作業が必要になるケースを紹介します。

エレベーターがない、エレベーターが使えない

オフィスの3階の部屋にある金庫を撤去する場合やマンションの2階の部屋に金庫を搬入する場合で建物にエレベーターがなかったり、エレベーターが小さすぎて金庫が入らない場合などがあります。

また、金庫の重量が600kgあるのに対してエレベーターの耐荷重が500kgの場合もエレベーターからの搬出・搬入作業が出来ない場合もあります。

このように建物にエレベーターがなかったり、エレベーターがあっても小さかったり、重たさに耐えられなくて使えない場合は、金庫をクレーンで吊り上げ搬入・搬出の作業をする場合があります。

搬入経路に段差がある

参照:片倉隆幸建築研究室

中型、大型の金庫を建物の1階の部屋に搬入や1階の部屋に置いてある金庫を撤去する場合、段差がなければ、台車やリフトに載せて搬入・撤去作業が出来ます。

しかし、上記画像のように建物の入口部分に段差がある場合は、クレーンやユニック車で金庫を吊り上げて、1階の窓から搬入・撤去作業をする場合があります。

金庫が階段を通れない

戸建てや事務所の2階の部屋に階段を通って中型、大型金庫を搬入しようとする場合や2階にある金庫を搬出する場合、階段を通れるか?も重要になります。

大型の金庫になれば、とても重たいだけでなく、サイズも大きくなるので、階段の寸法が狭くて、金庫が通れない場合があります。

他にも階段が金庫の重たさに耐えられる設計になっていなかったり、階段が老朽化していて、金庫の搬入・搬出の際に床が抜けそうなケースもあります。

金庫が階段を通ることも可能だし、階段が金庫の重量に耐えられる設計になっていても、500kgくらいある金庫を階段を通って搬入・搬出するのは、とても困難な作業です。

このように中型、大型の重たい金庫は、階段を通れなかったり、階段が金庫の重たさに耐えられなかったり、金庫の搬出・搬入作業がとても困難になる事が多いので、クレーンやユニック車による吊り上げ作業を行う場合があります。

玄関・廊下・ドアの幅が狭くて金庫が通れない

金庫のサイズが大きくて、建物の玄関、廊下、部屋のドアから通れない場合があります。

金庫が建物の玄関、廊下、部屋のドアから通れない場合は、クレーンやユニック車で金庫を吊り上げて1階や2階の窓からの搬入・搬出作業になる場合があります。

金庫のクレーンによる吊り上げ、吊り下げになる搬入・搬出経路

エレベーターがない、エレベーターが使えない

搬入経路に段差がある

金庫が階段を通れない

玄関・廊下・ドアの幅が狭くて金庫が通れない

金庫の搬入・搬出作業を業者に依頼する場合は、クレーンによる搬入・搬出が必要か?見積もりの際に現場をしっかり見てもらいましょう。

金庫の移動、引越しに関しては、下記記事をご確認下さい。

金庫の吊り上げ、吊り下げ作業の3つの方法

金庫の吊り上げ、吊り下げ作業には、どんな方法があるの?

金庫の吊り上げ、吊り下げ作業には、以下のような方法があります。

金庫の吊り上げ、吊り下げ作業の種類

ユニック車、クレーン車での吊り上げ、吊り下げ作業

昇降機(スカイポーター)を使った吊り上げ、吊り下げ作業

電動リフト、荷揚げ機による吊り上げ、吊り下げ作業

順番に説明していきましょう。

ユニック車、クレーン車での金庫の吊り上げ、吊り下げ作業

参照:株式会社信太商店

金庫の吊り上げ作業でよく使われるのが、上記画像のようなクレーンやユニック車です。

クレーンやユニックは、段差や階段があって金庫の搬出・搬入が困難な場合やエレベーターを使えない場合などに使用する事があります。

クレーンやユニックは、金庫の吊り上げ作業に手慣れたオペレーターが慎重に操作しながら搬出・搬入作業を行ってくれます。

ただし、クレーンやユニックは、どんな条件でも使える訳ではなく、以下の条件を満たしていれば、使用する事が可能です。

クレーン、ユニックによる吊り作業が出来る条件

建物の4階くらいまでならユニック車

電線などの障害物がない

クレーン車を配置できるスペースがある

搬入経路(窓、ドア、廊下など)を金庫が通れる

ユニックなど小型のクレーンの場合は、戸建ての2階やオフィスビル、事務所の4階くらいまでなら吊り上げによる搬入・搬出作業が可能です。

ですが、マンションやオフィスビルの5階以上になると、小型ユニックでは届かなくなるので、大型のクレーン車によって吊り上げ作業を行います。

2tユニックなど小型のクレーンは、費用はそれほど高くないですが、大型クレーンを手配して吊り上げ作業を行う場合は、費用が高くなってしまいま。

金庫をクレーンで吊り上げて窓やベランダから搬入する際に電線などの障害物が多かったり、建物の前の道が狭くてクレーンが入れない場合は、ユニックやクレーンが使えない場合があるので、見積もりの際にユニックやクレーンが使えるか?確認をしておきましょう。

また建物が奥まっているところにあってユニックやクレーンが届かない場合もあるので、見積もりの際に同様に確認が必要です。

金庫の搬入経路となる窓、ベランダ、ドア、廊下を金庫が通れるか?などの確認もしておく必要があります。

昇降機(スカイポーター)を使った金庫の吊り上げ、吊り下げ作業

昇降機(スカイポーター)とは、上記画像のようなハシゴ車に荷物を載せられるボックス型の荷台が付いている特殊車両です。

昇降機(スカイポーター)は、サカイ引越センター、アート引越センター、100円引越センター、引越のプロロなど大手の引越し業者や中小の引越し業者では、自社で所有している事があります。

昇降機(スカイポーター)を使うことで重たい業務用の金庫をボックス型の荷台に載せてオフィスビルやマンションの4~7階くらいまでの高さの部屋に搬入・搬出が可能です。

昇降機(スカイポーター)もクレーンやユニック車と同様に吊り上げ作業ができる条件が揃っていれば、使用できます。

吊り上げ作業が出来る条件には、以下のような条件があります。

昇降機(スカイポーター)による吊り作業が出来る条件

1階部分に昇降機を置けるスペースがある

昇降機を業者が所有している

昇降機の届く4~7階くらいまで搬入、搬出が可能

搬入経路を金庫が通れる

昇降機は、ボックス型の荷台部分に金庫を載せて、クレーンのように吊り上げ、吊り下げ作業が出来ます。

もし、金庫の吊り上げ作業を引越し業者に依頼する場合は、昇降機を所有しているか?確認をしてみましょう。

電動リフト(荷揚げ機)を使った金庫の吊り上げ、吊り下げ作業

参照:モノタロウ

電動リフト(荷揚げ機)とは、荷台に荷物を乗せて電動でハシゴを上下に移動できるものです。

上記画像の電動リフト(荷揚げ機)であれば、120kgまでの金庫であれば、吊り上げが可能です。

電動リフト(荷揚げ機)の利点は、電線が多くてクレーンやスカイポーターが使えない、ベランダが家の裏にあるのでクレーンやスカイポーターが使えない、奥まった家なのでクレーンやスカイポーターが届かない、小さな窓なので金庫を立ててしか入れられないなど、クレーンやスカイポーターによる金庫の吊り上げが困難な場合に電動リフトによって電動リフト(荷揚げ機)の吊り上げが可能になる点です。

クレーンやスカイポーターでの吊り上げ搬入が困難で業者から断られた場合でも電動リフトがある業者にお願いすれば、金庫の2階への搬入は十分可能です。

電動リフトのデメリットは、電動リフトを所有している業者がまだまだ少ない事や、吊り上げ可能な重量が120kgくらいになったりするので、200kgや500kgなどの中型金庫、大型金庫の吊り上げは出来ないという点です。

電動リフトを所有している業者が少ないから料金の値下げの値引き交渉や相見積もりで安い業者を探すのは、多少困難なので、費用は値下がりしにくいです。

電動リフトによる金庫の吊り上げ搬入が出来る条件

建物の2階までなら金庫による吊り上げ作業が可能

重たい金庫は、吊り上げが出来ない

搬入するベランダや窓から金庫の搬入が可能

電動リフトを所有している業者を見つける

金庫の吊り上げを依頼する場合、どの方法が一番適しているか?業者さんに実際に現地を見てもらって確認をしてもらいましょう。

金庫の吊り上げ作業の料金は?

金庫の吊り上げ作業の料金は、いくらくらいが相場なの?

金庫の吊り上げ作業は、何で吊り上げ作業をするか?どの業者に依頼するか?で料金は、変動します。

ここでは、金庫の吊り上げ作業に対応してくれる業者(金庫専門業者、引越し業者、便利屋)の料金相場を紹介します。

金庫の吊り上げ料金の相場(金庫専門業者、引越し業者、便利屋)

 料金
2tユニックで吊り作業15,000円~30,000円
大型クレーンで吊り作業60,000円~100,000円
昇降機(スカイポーター)
で吊り作業
40,000円~60,000円
荷揚げ機(電動リフト)
で釣作業
20,000円~30,000円

金庫の吊り上げ作業の料金は、ユニックで吊り上げるのか?大型クレーンで吊り上げるのか?など使用する車両などによって、大きく変わります。

また、金庫専門業者に依頼するのか?引越し業者に依頼するのか?などによっても変わります。

引越し業者であれば、金庫の吊り上げを依頼する時期や曜日や時間帯によって料金が安くなったり、高くなったりする場合もあります。

金庫の吊り上げは、どの業者に依頼したら良いの?

結局のところ金庫の吊り上げは、どこに頼めば良いの?

結論から言いますと、金庫専門業者に依頼するのが一番オススメです。ですが、少しでも費用を安くしたいなら引越し業者なら安くなる場合があります。

金庫専門業者に金庫の吊り上げを依頼する場合

引越し業者

金庫専門業者は、金庫の移動・移設や設置、金庫の処分・解体、金庫の転倒防止、開けられなくなった金庫の開錠、壊された金庫の修理などの作業を専門的に行っています。

もちろん金庫をクレーンで吊り上げて、窓から搬入・搬出する作業にも手慣れている金庫専門業者は、いくつもあります。

金庫を搬出する際に金庫が床にボルトなどで固定されている場合は、金庫の取り外しや金庫の搬入後の金庫の取り付け作業もきちんと対応してもらえます。

金庫専門業者に依頼すれば、金庫のクレーンによる吊り上げ作業だけでなく、金庫の取り外し、取り付け作業も安心して依頼できます。

ただし、金庫専門業者は、便利屋や引越し業者と比べると、業者数が少ないため、あなたが住んでいる地域に金庫専門業者が存在しなかったり、金庫専門業者があったとしても1社しかなくて、料金の比較も出来ずに、少々高くても依頼しなければならないケースもあります。

金庫専門業者に依頼するメリット

金庫のクレーンによる吊り上げだけでなく取り外し・取り付け作業まで一括で安心して依頼できる

便利屋、引越し業者より金庫についてオールマイティーで対応してもらえる

金庫専門業者に依頼するデメリット

吊り上げ費用が便利屋や引越し業者より高くなりやすい

便利屋や引越し業者より業者数が少ないので、多くの業者間での比較が出来ない

便利屋に金庫の吊り上げを依頼する場合

便利屋とは、金庫などの家財1点からの吊り上げ、家具の解体・組み立てなどのサービスを請け負ってくれる業者です。

他にもハウスクリーニング、本の梱包、家具の移動作業などサービス内容は、多岐にわたります。

金庫1点のみの搬出・搬入の際に吊り上げ作業が必用になった場合は、便利屋に依頼するという選択肢があります。

便利屋の場合は、金庫専門業者のように金庫が床に固定されていた場合の金庫の取り外し、取付作業に対応していない場合があったり、500kgを超える大型の金庫の吊り上げ作業には対応していない場合もあります。

便利屋の料金設定は、作業員1名 1時間3,000円、出張費1名1,500円などスタッフの人数+作業時間+出張費のような料金体系をしている便利屋が多いです。

便利屋に依頼するメリット

金庫の吊り上げ作業以外についでにハウスクリーニングなどの作業もまとめて依頼できる

料金体系が明確で分かりやすい

便利屋に依頼するデメリット

500kgくらいの大型の金庫の吊り上げ作業は対応していない場合がある

引越し業者と比べると、値引き交渉に応じてもらいにくい

引越し業者に金庫の吊り上げを依頼する場合

引越し業者は、引越しの際に荷物を運ぶだけでなく、金庫などの重たい家財のクレーンによる吊り上げ作業、スカイポーターや荷揚げ機による吊り上げ作業にも対応しています。

また、引越し業者は、家具や家電などの荷物を持ち運ぶプロなので、大事な金庫を大切に扱ってもらえるので、安心して依頼できます。

引越し業者は、便利屋と同様に金庫専門業者のように金庫が床に固定されていた場合の金庫の取り外し、取付作業に対応していない場合があったり、500kgを超える大型の金庫の吊り上げ作業には対応していない場合もあります。

大手の引越し業者の場合は、特に大型金庫の吊り上げ作業は、重量物専門の業者に業務委託する場合があります。

ただし、中小の引越し業者であれば、500kgくらいある重たい金庫の吊り上げ作業に対応してもらえる場合もあります。

引越し業者に金庫の吊り上げを依頼する場合は、便利屋と違って吊り上げ料金の定価というものがなく、引越しが暇な時期(5月~2月)の平日の夕方などは、引越し業者が暇な事が多く、値引き交渉に応じてもらいやすく、吊り上げ料金が思ったより安くなる場合があります。

逆に引越しが忙しい時期(3月、4月)は、金庫の吊り上げ料金が高くなる場合があります。

引越し業者によっては、電動リフトを所有していて電動リフトで吊り上げをしてもらえる場合があったり、昇降機(スカイポーター)で対応してもらえる場合もあるので、金庫専門業者や便利屋と比べると、吊り上げの方法の選択肢が多いのも特徴です。

引越し業者に依頼するメリット

クレーン、ユニック、スカイポーター、荷揚げ機など様々な方法による吊り上げ作業に対応可能

値引き交渉に応じてもらいやすいので金庫専門業者や便利屋より費用が安くなりやすい

引越し業者に依頼するデメリット

3月、4月の繁忙期は、吊り上げの料金が高くなりやすい

3月、4月は、吊り上げ作業の対応を断わられる場合がある

引越し一括見積もりサイトを利用して吊り作業の格安業者を見つける

引越し業者の金庫の吊り上げ作業の見積もりを取りたいなら、引越し一括見積もりサイトを上手に利用すると、安く請け負ってくれる引越し業者を見つけやすくなります。

引越し一括見積もりサイトってどんなサービスなの?

引越し一括見積もりサイトは、複数の引越し業者に1度の簡単な情報入力で、最大で10社からの見積もりを無料で取ることができます。

また、あなたの地域の金庫の吊り上げ作業を請け負ってくれる業者を探す際に引越し一括見積もりサイトを利用すると、簡単に見つけることができます。

引越し一括見積もりサイトには、100社~200社位の引越し業者が登録しているので、金庫の吊り上げ作業が安くなりやすい引越し業者を見つけることも容易です。

さらには、引越し一括見積もりサイトに登録している引越し業者間で価格競争も起こりやすいく、値引き交渉も応じてもらいやすくなります。

このように、引越し一括見積もりサイトを利用することによって、金庫の吊り上げ作業を安く請け負ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。

引越し一括見積もりサイトを利用するメリット

無料で利用できる

一度の情報入力で最大10社の見積もり金額が分かる

あなたの地域の金庫の吊り上げ作業を請け負ってくれる業者が簡単に見つかる

価格競争が起こり、値引き交渉にも応じてもらいやすい

一番安い業者が見つかりやすい

金庫の吊り上げ作業にオススメの一括見積もりサイト2選!

金庫の吊り上げ作業の見積もりの取り方

備考欄に「業務用の200kg前後の金庫を2階の部屋に吊り上げ搬入」「300kgくらいの金庫をオフィスビルの5階の部屋から吊り上げで搬出」などと入力をしましょう。

以下に金庫の吊り上げ作業の見積もりを取る際にオススメの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

オススメ1位 引越し侍

引越し侍の特徴

引越し業者の提携数が業界No1なので一番安い引越し業者を見つけやすい!
最大10社の見積もりが可能!
引越し料金が最大で50%安くなることもある!

テレビでも有名な引越し見積もりサイト!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は、引越し侍がオススメ!
引越し侍なら一番安い引越し業者を見つけられます。

>引越し侍の無料一括見積もりはこちら

オススメ2位 SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴

電話番号の入力が必要ない唯一の見積もりサイト!
しつこい営業電話がいっさいない!
メールだけで引越し業者とやり取りできる!

見積もりの際にしつこい電話営業が嫌な方。
電話よりもメールだけでやり取りをしたい方にオススメ。
たった30秒で引越しの見積もりが可能です。

>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積もりはこちら

合わせて読みたい記事

関連記事

  1. まとめ!金庫の引越し費用、追加料金は必要?オススメ業者

  2. 【解決!】金庫の移動方法 料金相場が安くなるオススメ業者は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP